ニュータイプの時代 感想。 山口周「NEWTYPE ニュータイプの時代」|川野 隆史|note

山口周「NEWTYPE ニュータイプの時代」|川野 隆史|note

ニュータイプの時代 感想

『ニュータイプの時代』 『ニュータイプの時代』。 サブタイトルに「新時代を生き抜く24の思考・行動様式」と書かれている。 著者は電通やボストンコンサルティングのあとに独立された山口周さん。 この本では、これまでの資本主義社会で優秀と評されてきた人物像を「オールドタイプ」と定義している。 そして、今まさに起きている社会構造の変化を生き抜くためには思考や行動様式をアップデートしなければならないとして、今後の望ましい人材である「ニュータイプ」となることを推奨している。 その「ニュータイプ」の具体的な思考や行動について解説している本である。 あらすじ まずこの本では、社会の変化を6つの視点から解説し、その社会の変化に伴って起こる人材要件の変化についてを7つの切り口から説明している。 社会の変化の6つの視点 まず、社会の変化を下記の6つの視点で説明している。 (一部、私の好きではない表現方法が使われているが、原文ママで表記する) ・飽和するモノと枯渇する意味 ・問題の希少化と正解のコモディティ化 ・クソ仕事の蔓延 ・社会のVUCA化 ・スケールメリットの消失 ・寿命の伸長と事業の短命化 (社会の変化だけではなく、それに伴い求められる人材がどう変化しているかがこの本の主題なので、この章の個々の説明はとても短い。 ) 人材要件の変化 人材要件の変化を以下の7つの切り口で説明している。 ・価値創造 ・競争戦略 ・思考法 ・ワークスタイル ・キャリア戦略 ・学習力 ・組織マネジメント それぞれの切り口は、いくつかの項目で構成され、それぞれ「オールドタイプ」と「ニュータイプ」で比較されている。 例えば、「競争戦略」の章には「ポジショニング」という項目があり、そこにはこう書かれている。 オールドタイプ:「役に立つ」で差別化する ニュータイプ:「意味がある」で差別化する その説明として、いくつか例が挙げられている。 車は、快適に走ることで、役に立っている。 そういう意味では、日本車はとても優れている。 しかし、イタリア車といったメンテナンスが必要な車を好んで乗っている人も多い。 「走る」というお役立ち度合いより、フェラーリやマセラティが持つ歴史やストーリーといった「意味」に惹かれて車を選ぶ人がいるのだ。 そして、意味に惹かれて購入する人は、高い値段を出すことを惜しまない。 他のものでは代替不可能な価値を、その意味に見出しているのだ。 この世はモノで溢れている。 そういった時代に選ばれるのは、意味のあるものなのだ。 特に心に残った部分 この本は全体的に、肌感覚で気がついていたことを言語化してくれていると感じたのだが、特に「ワークスタイル」の部分には勇気づけられた。 今、私が活動のメインに置いているストレングスファインダーの考えと通じるところが多いのだ。 ・自分の価値が高まるレイヤーで努力する ・内発的動機とフィットする「場」に身を置く これなどまさに、私自身が会社員時代に生き延びるためにとった生存戦略であり、今個別セッションで伝えていることでもある。 「努力すれば夢は叶う」と闇雲に努力するのではなく、適切な場所で適切な努力を模索する必要があることなど、まさに全世界に訴えたいことである。 感想 この本は、これまでの社会に適応できずに評価されなかった人が読んだら、救いになるだろう。 今はそこそこうまくやれているがこの先が不安だという人が読んだら、道標になるだろう。 これまでうまくいっていたやり方が、この先もうまくいくとは限らない。 このことを頭で理解していても、何を切り替えればいいのかわからないことが多いだろう。 そんなときに、自分の視野を広げてくれる本である。 しずか みちこ 経営ビジネストレーナー Gallup認定ストレングスコーチ/二級ファイナンシャル・プランニング技能士 経営者の生き方やビジョンを共有した上で、経営数字を直感的に理解できるようにキャッシュフローを可視化し、自信を持ちつつ経営に集中できる環境作りをサポートします。 また、ストレングスファインダー・クリフトンストレングス専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出せるよう、ストレングスファインダーをベースにした、個人向けコーチングと法人向けのチームビルディング研修をしています。 趣味:野球観戦、旅行、美味しいものを食べること。 Gallup認定ストレングスコーチとしての知識をベースにしていますが、個別セッションにて200人以上の方の資質にじっくり向き合った経験と、カウンセラーとして得た心の知識を組み合わせ、より理解しやすいように踏み込んだ解説をしています。 Gallup社の承認を受けたものではない点、ご了承ください。

次の

【書評】『ニュータイプの時代』山口周|問題が希少で予測不能な時代での考え方

ニュータイプの時代 感想

これからの時代に活躍するであろう「ニュータイプ」の人材要件を【24の思考・行動様式】に分けて説いている本。 内容が濃かったので読み終えるのにずいぶん時間がかかってしまいました。 2005年に発行されたダニエル・ピンク氏の「ハイ・コンセプト」と同じ匂いを感じました。 (この本も今読んでも得るものがあると思うので良かったらぜひ) まず【第1章:人材をアップデートする6つのメガトレンド】にあった ・クソ仕事の蔓延 ・社会のVUCA化(不安定化、複雑化) というキーワードに「おおっ」となりました。 「自分が日々あくせくやっていることに不要な仕事なんてない!」と反論したくなる人もいるかもしれせんが、僕は正直思い当たります。 通例、慣例、しきたり。 どこの会社や組織にも一つや二つあるんじゃないでしょうか。 「社会のVUCA化」というのは、これからの時代は「経験」や「予測」、「最適化」という概念は無価値になっていくという視点。 お医者さんや三つ星シェフ等、よほどの職人技が必要な仕事以外は「熟練の〜」というのはもう要らないんですよね。 より柔軟な考え方や行動が必要になっていくということです。 さて、ここからいよいよ24の思考・行動様式に入っていきます(だから長いって言いましたよねw)。 僕のアンテナに引っかかったセンテンスを抜粋して綴りたいと思います。 「足りないものを埋める」というようなことですね。 そして、それらの問題たちが科学や医学の発達などで次々と解決され尽くされたのが現代です。 その中で、「問題を見つける力」ー言い換えると既存の仕組みに疑問を持って改善したら、理想を掲げて邁進する力ということだと思います。 いまや「正解」は検索したりSNSで誰かに聞けば簡単に手に入る時代ですからね。 問題を提起する力の方がこれから先求められる能力なのでしょう。 【8:「直感」が意思決定の質を上げる】 「論理」一辺倒では、現代の企業や個人において必要不可欠な「意味」や「ストーリー」を生み出しづらいそうです。 これはもう、完全に僕もやってるやつです。 「命令を受けたエリート」VS「好奇心に突き動かされた起業家」 「上司からの命令で動くエリート」VS「内発的動機に駆動されるアマチュア」 いずれも後者が勝つという結果が公算としてあるそうなのです。 これを僕個人に落とし込んでみると、思い当たることがありました。 当時はキョトンとしながらそれを聞いていたのですが、今になってこういう話とかを聞くと「あーなるほど」と思ったりします。 翻って、自分の仕事に当てはめてもそうなりますもんね。 例えば僕が従事している業界のことが好きで好きで堪らなくて、誰から命令されることなく動きまくっている人がいたら僕らは足元にも及ばないと思うんです。 とても勝てないと。 まぁ、だからと言ってじゃあ僕がイベント会社に入ったら大成するかと言ったら必ずしもそうじゃないというか、それはそれで好きなことばかりはやれないだろうし、結果「仕事のためにやる」ってなると思うんです。 これはジレンマですね。 なかなか難しいところです。 【15:専門家と門外漢の意見を区別せずフラットに扱う】 いわゆる「よそ者」というやつですね。 東海道新幹線の開発やNASAの研究といった実例を挙げて、「よそ者」の参画がその仕事に大きな功績をもたらしたという話が書かれていました。 その業界にドップリ浸かってると見えないものってありますよね。 他部署の方の素朴な疑問から改善に繋がったらすることはよくある話です。 今、一応『ラジオ作家』をやらせてもらっていますが、この延長線上で例えばテレビのお仕事(作る側)とかちょっとやってみたいなぁなんて思うことがあります。 今の会社を辞めて転職するまではいかないんだけど、ちょこっとやってみたいなっていう。 もしも何かしらの成果を出せたらちょっと報酬をいただくとか。 いかがでしょうか。 大分のローカル局の皆さま、ご連絡お待ちしております(笑) 【22:「モビリティ」を高めて落下した組織を淘汰する】 「オピニオン(声を上げて変える)」と「エグジット(辞める)」という言葉を用いて解説していましたが、僕自身もこの要素の必要性は強く感じています。 この「とにかく空気を読むべき社会」の日本においてなかなか難しいだろうなと思っていましたが、近頃のこの状況の中で以前よりはずいぶん変わっていく気配というものは感じますね。 【24:システムに耽落せず脚本をしたたかに書き換える】 上手くいかないときは、何かしらの仕組みを変えようと考えがちですが、山口氏は「『これがダメだからアレに変えよう』という『代替』の考え方では問題の根本を解決することはできない」といいます。 ついつい何かを変えようと考えてしまいがちですが、そうではないと。 「したたかさ」や「しなやかさ」はこれからの時代のキーワードになるような気がしますね。 以上でございます。 読んでくださった皆さま、お疲れ様でした(笑) 実は今日の記事の9割以上はもうずいぶん前に書いていた記事だったのですが、最後まで書き切らずに現在に至っていました。 この間に世の中は大きく大きく変わっていて、でも、だからこそ、この本の内容はより腑に落ちるものになっているのではないでしょうか。 僕も改めて自分の身体に染み込ませ、明日からの仕事への考え方を見直してみたいと思います。

次の

ニュータイプの時代/ 山口 周 【書評・感想】

ニュータイプの時代 感想

「機動戦士ガンダム」世代には、たまらない本書のタイトル。 ニュータイプの時代と聞いて、「宇宙世紀がついに来たか!」と思う人は、もはやオールドタイプの40代・・・ アムロ、シャア、ララア・・・と肩を並べることが出来るかもしれない。 そんな妄想はしませんが、ワクワクして読み始めたのは事実。 ビジネスにおけるニュータイプの特性が書かれている。 本書を読めば、 ニュータイプの仲間入りができます。 実践できれば・・・ 「 新時代を生き抜く24の思考・行動様式」というサブタイトルが示しているように、思考だけでなく、それに伴う行動についても書かれています。 本書を読んで、あらためて感じたことは、今がまさに「時代の転換期」であることです。 第1章に書かれている6つのメガトレンドが、時代を変えていることは、日常生活でも明らかです。 想像できなかったことが、たくさん現実になっています。 さらに想像を超える未来が、すぐそこまで来ています。 そんな時代に、どう生きていくことが必要なのでしょうか? 新しい時代に対応出来ている人材こそ「ニュータイプ」 その「ニュータイプ」を定義している一冊です。 カバーを外すと、こんな感じです。 シャア専用の赤が良かった ニュータイプの時代を読みながら、頭に浮かんだ経営者が一人います。 メガネチェーンで世界12カ国300店舗を展開する「オンデーズ」の田中修治社長です。 下の動画で、4分過ぎから見てほしいですが、「 人生を楽しく生きるために仕事をしている。 」とおっしゃっています。 この発想で経営しているから、たった7年で300店舗に出店することが出来ているのではないでしょうか? というのは、仕事を楽しめる「意味」や「意義」を従業員はじめ取引先につたえられているのでしょう。 田中修治社長はニュータイプなリーダーであり、その人が経営しているオンデーズはニュータイプな組織なのかもしれません。 カバーを外した裏表紙 シンプルですね。 上の動画で田中修治社長も話をされていますが、ゲームにハマる要素はいくつかあります。 その要素を仕事に取り込んでしまえば、仕事が楽しくなり、ゲームになります。 ゲーム=仕事にしてしまえば、仕事は楽しくなります。 ゲームにハマる要素です• 収集:ポケモン• 育成:ポケモンのモンスターを育てる• 交換:ポケモンのモンスターを交換する• 成長:パズルゲームで難しい問題を解く• バトル:ホケモンで友達と戦う ほとんどポケモンで説明できてしまうのですが、ゲームにハマる要素を仕事や人生に取り込めば、楽しめるはずです。 ゲームを作る側になりたいと思う方は、をしましょう! 意味をみいだす ニュータイプの時代には、「意味」という言葉が頻出します。 今まで機能や役割重視だったオールドタイプの時代ではなく、「意味」や「意義」が問われ、重視されるニュータイプの時代になっています。 例えば、メガネ屋さんの「意義」を考えた場合、メガネを作る事でも、売る事でもなく、メガネをつけたお客様が喜ぶ事をしている。 これが働いている「意味」と捉えると働く意欲が湧いて来ませんか? この働く「意味」「意義」については、3人のがよく使われてきました。 レンガを積むのが目的ではなく、歴史に残る大聖堂を作っていると考える方が、モチベーションが高く、仕事を楽しめます。 仕事を楽しめる人は、転職でも有利になれます。 詳しくはをご覧ください。 では、副業と転職で楽しく働きながら、年収を上げる方法が書かれています。 副業を検討しているけど、会社でNGという方には、で探してみてはいかがでしょうか? ニュータイプの時代 カバー見返し表 左側がオールドタイプで、右側がニュータイプです。 この中で下から3番目の「 綿密に計画し実行する>とりあえず試す」発想は、ホリエモンの「」(ベストセラーになってます)で書かれていたことでもあります。 下から2番目の「 奪い、独占する>与え、共有する」はAirbnbやOYO、Uberといったシェアリングエコノミーがすでに世界を席巻していることで証明されています。 日本独特のシェアリングサービスの「」という傘をシェアするサービスが話題になっています。 また、最後の「 経験に頼る> 学習能力に頼る」に関しては、落合陽一さんの著書「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書」でも触れられています。 「ニュータイプの時代」では、今まで断片的には、なんとなく感じていた時代の変化を明確に言葉にしてくれています。 目からウロコがこんなに落ちるものかと思うくらい落ちます! 時代の変化に対応していくために、必要な考え方がまとめられている一冊です。 上の画像の「これから活躍する人材要件」の一覧で一つでも、左側の考え方をしていたら、読んだ方がよい本です。 ちょっと疲れたので、漫画でも読もうかなと思った方にオススメをまとめました。

次の