記者 会見 宮迫。 宮迫の会見は演技で嘘くさい?本当に反省している?

宮迫博之が続けた“嘘の上書き”に記者会見しても「もう手遅れ」の非難殺到! (2019年7月17日)

記者 会見 宮迫

宮迫博之のTwitterより 19日に反社会的勢力への闇営業問題で吉本興業からマネジメント契約を解消された 宮迫博之(雨上がり決死隊)と、同問題で吉本から謹慎処分を受けている 田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は、20日15時から会見を開く。 騒動の発端は6月4日、反社会的勢力の会合に複数の芸人たちが闇営業で参加していたことを理由に、営業を斡旋した入江慎也(カラテカ)との契約を吉本が終了させたことにさかのぼる。 宮迫はその会合に出席していたものの、金銭の授受はなかったと発表。 その後、100万円のギャラをもらっていたことが発覚し、6月下旬に謹慎処分が発表されていた。 吉本は宮迫のマネジメント契約解消の発表に際し、「会見の予定はございません」としていたが、テレビ局関係者は語る。 「18日には局のほうに、翌19日の昼頃に吉本が会見を行う方向だという情報が入ってきていました。 さらには宮迫本人も自身の口で経緯を説明したいという意向を示しており、本人が出席することも検討されているようでした。 結局、吉本が宮迫の会見を見送ったのは、宮迫が会見で何を言うかわからないという点もありますが、何よりもテレビをはじめマスコミで大々的に報じられて、さらには宮迫の一つひとつの発言が取り上げられることで、よりいっそう世間の関心を集めて大ごとになってしまうことを恐れたためですよ」(19日付当サイト記事より) 急転直下で会見が開催されることとなった背景について、週刊誌記者は語る。 「宮迫らがマスコミ各社に宛てた会見開催通知のFAX文書には、『本人達主導で準備期間も少なく、不慣れな記者会見となりますこと、ご容赦頂ければ幸いです』『生放送など、配信の方法はメディア様のご意向にお任せいたします』と書かれていることから、これまでのマスコミ報道や吉本の発表では出てこなかった真相を洗いざらい語るつもりではないでしょうか。 会見の内容が注目される。 契約解除処分となった入江慎也(カラテカ)の仲介による詐欺グループへの闇営業で、宮迫が100万円のギャラを受けとっていたことを公表していた。

次の

宮迫博之が引退も「記者会見」が開かれない理由

記者 会見 宮迫

謝罪会見 色んな感情で全て観ました。 二人の偽りのない会見だと思う。 亮のファミリー発言が全て。 お偉いさん 生放送で記者会見をして下さい お二人の為に、僕たち吉本芸人の為に、詐欺被害に遭われた方々の為に。 僕たちは笑いが大好きで大好きで お笑いの日本一だと信じた吉本興業に入ったんです。 マンボウやしろさん マンボウやしろさんは「個人的には社長辞めて欲しい」と。 吉本の社員には仲良しの人も嫌いな人もいる。 会社が大きければ色々あるし良い人も悪い人もいる ただ「全員くびに〜」「テレビ局が株主で〜」とか本当に社長が芸人に圧力として言ったなら、個人的には社長辞めて欲しい。 もしくは僕が辞めたい。 僕くらいの石っころは辞めても圧力もかからないだろうし トータルテンボス大村朋宏さん.

次の

松本人志さん「松本動きます」と発信 宮迫さんらの謝罪会見に芸人たちの反応

記者 会見 宮迫

岡本社長の会見を受けた世間の声は…まぁ仕方ないなw しかし・・・ 2019年7月26日発売のFRIDAY そんな宮迫さんに対して追撃が起こった。 FRIDAYが例の 【金塊強盗犯とのギャラ飲み問題】の実行犯・野口和樹被告に直接インタビュー!! 会見では宮迫さんは 『トイレから出てきた所で席に無理矢理連れていかれ撮影させられた』『反社会的勢力・金塊強盗犯とは分からなかった』『ギャラは受け取っていない』『証拠を語ってくれる人物が居る』と発言したが 野口和樹被告 『無理矢理席に連れて行っていない』『自分の入れ墨ははっきりと見えていた』と答えています。 犯罪を犯した人物の発言なので・・・どこまで信じるべきかは定かではありませんが。 しかし、2019年7月19日発売のFRIDAYで出た 【現場の目撃者】にも改めてインタビューしていた。 『宮迫さんは同席者 金塊強盗犯 から5~10万円受け取っていた』と発言。 一般人からの発言でもあるので信憑性は高いと思えます。 ですがFRIDAYは吉本興業に対して嘘を付かない。 それは以前『島田紳助引退問題』で裁判沙汰になり、大きく争った、そして吉本興業とも険悪な仲に言われている。 そんな争いもあった事からFRIDAYは吉本興業に対して常に強く照準を当てている。 そして、問題があったからこそ 『絶対に嘘を書かない』としている。 そして何だかんだで闇営業問題に関して誇大表示はあったにせよ 『嘘は付いていない』、金銭受領の額だってピタリと当たっている。 FRIDAYは怒っている だからこそFRIDAYは宮迫さんらの会見を見て『ゾッとした』はず。 世間の声は『宮迫頑張れ!!』『宮迫を守れ』 間違った世間の声にFRIDAYは宮迫さんに対して怒っている。 意地でも真実を伝える。 その結果FRIDAY7月26日発売の記事内容となった。 決して嘘は付いていないのだ。 宮迫さんの謝罪会見の発言について言及した。 まず振り返るが・・・ 会見でFRIDAY報道に対して否定し続ける宮迫さんに対して、記者から『これだけ宮迫さんに対して嘘の報道をし続けるFRIDAYを訴えるべきですよ!するべきだ!』とコメントしたが宮迫さん『FRIDAYを訴えたりはしない』と発言した。 ・・・なぜか?その会見の雰囲気では 『これ以上事を荒立てて世間に迷惑をかけたくないとする宮迫の配慮』と映ってしまったが実際は違う。 ひろゆきさんはこう発言 『真実を知りたかったら、FRIDAYを訴えれば裁判の中でFRIDAYが証拠を出さなければならない。 だからすぐ解決するんですよ。 』 この【フライデーVS宮迫】問題を早く解決したいと思っているならばさっさとFRIDAYを訴え裁判でFRIDAYに証拠を出させれば真意が即分かって、即解決すると言う意味。 つづけてひろゆきさん 『なのに宮迫さんは『訴えない』って言ってるんですよね。 真実が知りたいときに『俺、真実知りたくないんだよね』って言ってる人はだいたい嘘つきなんですよ』 宮迫さんが裁判をやりたくないのは『真実を知られるとまずい』と思ってるって言いたい訳ですね。 宮迫さんは謝罪会見に賭けていた 宮迫さんはあの謝罪会見がどう転ぼうとも賭けていたのです。 吉本態勢暴露も盛り込んだのもその為です、7月19日のFRIDAYが報道したギャラ飲み報道の件に対して 嘘を付いてでも乗り切るつもりで、それでダメなら自分は終わりだ!のつもりで起こした会見だったのです。 FRIDAYは嘘を書いていない。

次の