近く の カレー うどん。 名古屋でカレーうどんが美味しい5軒!栄の『錦』など名古屋で訪れたい店

豊橋駅近くの豊橋カレーうどんが美味しい3店舗

近く の カレー うどん

もくじ• 博多あかちょこべ|冷泉町 冷泉町にある人気店『博多あかちょこべ』。 「うどんがやかんに入って出てくるお店」と言えば、ピンとくる人が多いだろう。 あかちょこべで、やかんに入った「ずぼらうどん」と肩を並べる人気メニューが、この「元祖キーマカレーうどん」。 特徴的な麺は、小麦の胚芽が入った「古式胚芽うどん」。 細麺でモチモチとした食感。 この麺と、挽き肉たっぷりのキーマカレーが見事に絡み合い、抜群の相性だ。 鰹節の香ばしさもその美味しさを際立たせてくれる。 そして、食べ方もユニーク。 まずはそのまま食べて、次に、エビの粉末と粗挽きコショーが入った揚げ玉を入れて、味の変化を楽しむ。 筆者はエビアレルギーなので楽しめない。。 そして、最後は、櫃まぶしのように出汁を入れる。 3段階で楽しめるカレーうどん。 福岡が誇る人気の一品だ。 そもそも、うどん屋さんでもカレー屋さんでもない居酒屋なのに、ランチのカレーうどんが人気のお店。 偶然にも、あかちょこべと同じ通り沿いにある。 写真は、カレーうどんに、オススメのとり天トッピング。 ドロっとしたルーは、程よくスパイスが効いていて、コクがある。 一度食べたら間違いなく癖になる美味しさだ。 とり天をトッピングしても、おにぎり付きで600円という良心的な価格も嬉しい。 うどん|博多駅前 革新的な侍魂あふれるロックなうどん屋さん。 その名も『侍. うどん』。 そしてこちらが「侍. カレー」。 名前からするとシンプルな見た目だが、カレーもうどんも完成度が半端じゃない。 しっかりとコシのある麺はもちろんだが、このカレーは、カレー屋として出しても一流の味。 野菜やお肉の深い旨みとスパイスのバランスが抜群。 カレーうどんもここまで来たかと唸る美味しさだ。 ___________ 侍. 流行りのうどん居酒屋『麦衛門』 麦衛門のカレーうどんは、なんと「グリーンカレーうどん」。 ゴロゴロ野菜と骨付き鶏肉付き。 グリーンカレーと言っても、いわゆるタイ料理のグリーンカレーとは少し異なる。 麺との相性を考えてアレンジされているのだろう。 麺だけでなく、ゴロゴロとした野菜や鶏肉との相性も良く、斬新で満足度の高い新しいカレーうどんだ。 このお店も、カレーうどんに力を入れているお店のひとつだ。 こちらは、期間限定 復刻メニューの「マッサマンカレーうどん」。 コシの強い讃岐うどんの上にかかっているのは、プリッキーヌという青唐辛子で辛みをつけた本格的なタイ風カレー。 スパイスの香りとココナッツミルクの甘いコクが、エスニックな美味しさを生み出している。 期間限定と言わず、レギュラーメニューにしてほしい絶品カレーうどんだ。 が、実は隠れファンがいるという噂を聞きつけ食べてみた。 これだ。 いろいろとツッコミどころが豊富だが、まず驚くのはその大きさ。 ご飯が小さいのではない。 カレーうどんが大きいのだ。 これで普通サイズ。 そして、なんとも「カレーライス」そのもののような見た目。 カレーは甘めで、万人受けしそうな味わい。 やっぱり牧のうどんでは肉ごぼうを食べたいが、でもいつかまたきっと注文してしまうであろう、不思議なカレーうどんだ。 ん、そば処? カレーうどんがあるなら、カレーそばがあってもいいよね。 さらに、カツカレーがあるんだから「カツカレーそば」があってもいいよね。 そう発想したかどうかは定かではない。 みすゞ庵の「カツカレーそば」。 食べる前は、誰もが少し戸惑う。 しかし、食べた後、「これ、アリやん!」となる。 ちなみに「カツカレーうどん」もあるが、せっかくなのでここでは「カツカレーそば」を一度食べてみてほしい。

次の

東京で食べられる絶品カレーうどん12選!

近く の カレー うどん

もくじ• 博多あかちょこべ|冷泉町 冷泉町にある人気店『博多あかちょこべ』。 「うどんがやかんに入って出てくるお店」と言えば、ピンとくる人が多いだろう。 あかちょこべで、やかんに入った「ずぼらうどん」と肩を並べる人気メニューが、この「元祖キーマカレーうどん」。 特徴的な麺は、小麦の胚芽が入った「古式胚芽うどん」。 細麺でモチモチとした食感。 この麺と、挽き肉たっぷりのキーマカレーが見事に絡み合い、抜群の相性だ。 鰹節の香ばしさもその美味しさを際立たせてくれる。 そして、食べ方もユニーク。 まずはそのまま食べて、次に、エビの粉末と粗挽きコショーが入った揚げ玉を入れて、味の変化を楽しむ。 筆者はエビアレルギーなので楽しめない。。 そして、最後は、櫃まぶしのように出汁を入れる。 3段階で楽しめるカレーうどん。 福岡が誇る人気の一品だ。 そもそも、うどん屋さんでもカレー屋さんでもない居酒屋なのに、ランチのカレーうどんが人気のお店。 偶然にも、あかちょこべと同じ通り沿いにある。 写真は、カレーうどんに、オススメのとり天トッピング。 ドロっとしたルーは、程よくスパイスが効いていて、コクがある。 一度食べたら間違いなく癖になる美味しさだ。 とり天をトッピングしても、おにぎり付きで600円という良心的な価格も嬉しい。 うどん|博多駅前 革新的な侍魂あふれるロックなうどん屋さん。 その名も『侍. うどん』。 そしてこちらが「侍. カレー」。 名前からするとシンプルな見た目だが、カレーもうどんも完成度が半端じゃない。 しっかりとコシのある麺はもちろんだが、このカレーは、カレー屋として出しても一流の味。 野菜やお肉の深い旨みとスパイスのバランスが抜群。 カレーうどんもここまで来たかと唸る美味しさだ。 ___________ 侍. 流行りのうどん居酒屋『麦衛門』 麦衛門のカレーうどんは、なんと「グリーンカレーうどん」。 ゴロゴロ野菜と骨付き鶏肉付き。 グリーンカレーと言っても、いわゆるタイ料理のグリーンカレーとは少し異なる。 麺との相性を考えてアレンジされているのだろう。 麺だけでなく、ゴロゴロとした野菜や鶏肉との相性も良く、斬新で満足度の高い新しいカレーうどんだ。 このお店も、カレーうどんに力を入れているお店のひとつだ。 こちらは、期間限定 復刻メニューの「マッサマンカレーうどん」。 コシの強い讃岐うどんの上にかかっているのは、プリッキーヌという青唐辛子で辛みをつけた本格的なタイ風カレー。 スパイスの香りとココナッツミルクの甘いコクが、エスニックな美味しさを生み出している。 期間限定と言わず、レギュラーメニューにしてほしい絶品カレーうどんだ。 が、実は隠れファンがいるという噂を聞きつけ食べてみた。 これだ。 いろいろとツッコミどころが豊富だが、まず驚くのはその大きさ。 ご飯が小さいのではない。 カレーうどんが大きいのだ。 これで普通サイズ。 そして、なんとも「カレーライス」そのもののような見た目。 カレーは甘めで、万人受けしそうな味わい。 やっぱり牧のうどんでは肉ごぼうを食べたいが、でもいつかまたきっと注文してしまうであろう、不思議なカレーうどんだ。 ん、そば処? カレーうどんがあるなら、カレーそばがあってもいいよね。 さらに、カツカレーがあるんだから「カツカレーそば」があってもいいよね。 そう発想したかどうかは定かではない。 みすゞ庵の「カツカレーそば」。 食べる前は、誰もが少し戸惑う。 しかし、食べた後、「これ、アリやん!」となる。 ちなみに「カツカレーうどん」もあるが、せっかくなのでここでは「カツカレーそば」を一度食べてみてほしい。

次の

お多やん(地図/写真/銀閣寺・北白川・出町柳/カレーうどん)

近く の カレー うどん

三ツ島 真打(新店舗) 新たな場所は、 門真市新橋町34-17 ロータリー門真1F です。 163号線を西から行った場合、近畿道の下を抜けてすぐの左側(北側)。 住所が三ツ島じゃなくなったけれど、親しまれてるその名前は残すようです。 営業時間が11~16時までと短くなった(夜営業はなくなった)ので注意して下さい。 あと電話番号が変わって、駐車場もなくなりました。 定休日は以前と変わらず月曜日。 ざっとメニューに目を通してみたけど、値段は特に変わってないようです。 本日のスペシャルにあった「とり天釜あつカレーうどん」(小ごはん付き、1000円)にメッチャそそられる…!! 行ったらまたレビューします! メニュー 一部抜粋。 とり天ぶっかけを食べてみた! 某大手グルメレビューサイトの大阪うどんランキングで上位をキープする「真打」に初来店。 午後6時頃という時間帯のせいかもしれないけれど、行列は無かったのですんなり入店できた。 店内で目に付くのは格闘技関連のポスター。 その多くは新極真会のもの。 店名にも「真」という字が入っているくらいだから、ここの主人も門下生なんだろう。 たぶん。 隣の席の人が食べていたカレーうどんも良い匂いをさせていたので惹かれたが、初回ということでここはシンプルにとり天ぶっかけ(税抜き900円)にする。 とり天ぶっかけと言えば自分の中ではやっぱり(初期の)たけうちうどん店なんだけど、果たしてここの出来は…!? 出てきてまず目に付いたのは器の高さ。 下がすぼまっているので余計に高く見える。 けれど全体として細かったり小さかったりといった感じは無くどっしりと安定感がある不思議な器。 色は新極真会代表の名字にちなんでなのか緑色だ。 とり天は大ぶりなものが3つ。 衣はサクッと中はプリッと揚がっており、初めてたけうちで食べた時のような感動こそ無いものの、十二分に旨い。 麺は噛んだ瞬間は柔らかいんだけど、すごく弾力があって容易に噛み切らせてくれないレベルの高いもっちり麺。 大阪にある讃岐系の人気店は今たいがいこのタイプ。 最初カウンターに案内されたが、テーブル席が空くと「良かったら移りますか?」とすぐに勧めてくれた接客も好印象。 近くに来ることがあれば次は是非カレーうどんを食べてみたい。 押忍! [ 2014年6月訪問 ] 三ツ島 真打 メニュー 冷たいうどん ぶっかけうどん 620円 とり天ぶっかけ 900円 とり天山かけ(卵黄入)950円 鹿児島豚の肉ぶっかけ 1060円 温かいうどん お子様うどん 300円 かけうどん 570円 きつねうどん 660円 ちく天うどん 670円 ちく天きつね 760円 鹿児島豚の肉うどん 930円 鹿児島豚の肉きつね 1020円 ちく天豚肉うどん 1030円 ちく天豚肉きつね 1120円 カレーうどん(15時まで小ごはん付) カレーうどん 820円 つるたま(山芋、卵黄入)910円 温玉ちく天カレー 950円 温玉とり天カレー 1030円 とり天・ちく天カレー 1060円 温玉ヘレカツカレー 1060円 釜抜き 釜玉うどん 680円 鹿児島豚の肉釜玉 950円 釜めんたいカルボ(小ごはん付)950円 定食(小鉢、小うどん付) とり天定食 950円 チキン南蛮定食 970円 一部抜粋。 この他ご飯ものも少しあり。 麺大盛りは+110円。 店舗情報 三ツ島 真打 住所:大阪府門真市三ツ島5-1-8 アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線 門真南駅4番出口より徒歩約8分 電話:072-884-4250 定休日:月曜(祝日でも休み) 営業時間:11:30~15:00、18:00~20:30 (麺切れ次第終了、昼で麺が無くなれば夜は休業になる場合も多々あり。 その後移転予定のようです。

次の