スナップ エンドウ 下ごしらえ。 スナップエンドウの正しい茹で時間!茹で方など下処理のコツから食べ方まで

スナップエンドウの筋の取り方はこうしよう!画像でわかりやすく解説

スナップ エンドウ 下ごしらえ

筋を取っておかないと、食べたときに口の中に筋が残って、食感が悪くなってしまいますので、おいしく頂くためには丁寧に筋を取っておきたいところ。 でも、取っている途中で筋が切れてしまったり、筋が細くてうまく取れなかったり・・・。 スナップエンドウの筋が途中で切れる。 しっかり貫通させます。 先端まで行ったら、スナップエンドウの外側のスジを剥がし取ります。 爪楊枝を使った方が取りやすければ、そのまま爪楊枝で取りましょう。 スナップエンドウ、つやつやに仕上がる茹で方は?• 小さめの鍋に水を500㏄と、塩を小さじ2程度入れる。 お湯が沸騰したら、スナップエンドウを入れる• 1分30秒で、お湯から上げる• すぐに冷水にさらす。 勢いよく流水でさらすと、サヤが開くことがあるので注意しましょう。 10秒ほどで冷水から取り出す 茹で時間の1分30秒というのは、食感の好みによるので目安程度に考えて下さい。 でも、茹で過ぎるとフニャっとしてしまって食感が悪くなるので、最初は1分~1分半くらいで様子をみることをおススメします。 お湯から上げてすぐに冷水にさらすのは、色鮮やかに茹で上がったスナップえんどうの色落ちを防ぐため。 1章でご紹介した方法であれば、内側のスジが残ることはほとんどありませんが、それでもたまに残ってしまうときも、あるにはあります。 そんな場合は、私は ペティナイフなどでその部分だけ削ぎ落としてしまいます。 つまようじで筋をほじくるようにしていたら、サヤがパカっと割れてしまったのですが、ナイフや包丁で部分的に削ぐのであれば、あまり割れる心配はしなくて大丈夫ですよ。 ちなみに、外側のスジはそれほど硬くないので、残ったスジがちょっとなら・・・見てみぬフリかな 笑 まとめ 左側のスナップえんどうは、つまようじでスジ取りをしたもの。 ヘタ部分も先端部分も、きちんと尖っていますよね。 右側は、手でスジ取りをしたものなのですが、どうしても先をちぎるので、そこからスナップエンドウの中にゆで汁が入りがち。 パリっと割って食べたときに、スナップエンドウの中から茹で汁が飛び出た!なんてことになるのは、両端に切り落とし部分があるからなんです。

次の

スナップえんどうレシピ【27選】つくれぽ1000以上の人気1位は?下ごしらえや保存方法も!

スナップ エンドウ 下ごしらえ

ごま和えを美味しく作るコツ 旬の野菜を単品、もしくは複数取り合わせて、香ばしい炒りごまを和えることで、野菜そのものを美味しく食べようというのがごま和えの基本となる考え方です。 しかも、ごまはいろいろな野菜と相性がよいので、「えっこれもごま和えにしていいの?」という野菜でもおいしいごま和えに仕上がることも。 ごま和えに適した野菜は 「いんげん」「ほうれん草」「小松菜」「春菊」などの定番の野菜はもちろん、春夏なら 「オクラ」「ピーマン」「スナップエンドウ」「キャベツ」「ミニトマト」「ズッキーニ」「そら豆」、秋冬なら 「里芋」「長芋」「にんじん」「ブロッコリー」「れんこん」「じゃがいも」「ごぼう」などの根菜類など、いろいろとあります。 こういったことも、いつものごま和えをよりおいしく仕上げる要素となってきます。 ここでは春夏野菜をいろいろと取り合わせた、ひと手間かけただけおいしくなってくれるごま和えを紹介したいと思います。 野菜の下ごしらえをする 今回は 「オクラ、いんげん、スナップエンドウ、ピーマン」の4種の野菜に、 「生姜、みょうが」の薬味を混ぜ合わせます。 野菜の切り方は基本的にひと口大でOKです。 仕上がりが水っぽくならないように、切ってからゆでたほうがいい野菜なのか、丸のままゆでた後に切ったほうがいい野菜なのか、 それぞれの野菜に合わせて下ごしらえをすることも大切です。 また、薬味を入れることでさわやかな風味をプラスすることができるので、ぜひ一度試してみてください。 生姜は細いせん切り、みょうがは小口切りにしました。 ともに切った後にさっと水にさらし、しっかりと水けを切っておきます。 オクラは切ってからゆでると水っぽくなりやすいためです。 また、みょうがは小口切りでも、せん切りでもどちらでもOKです。 和えたあとにすぐなじんくれるので。

次の

ごま和えを美味しく仕上げるレシピのコツ・工夫:白ごはん.com

スナップ エンドウ 下ごしらえ

ごま和えを美味しく作るコツ 旬の野菜を単品、もしくは複数取り合わせて、香ばしい炒りごまを和えることで、野菜そのものを美味しく食べようというのがごま和えの基本となる考え方です。 しかも、ごまはいろいろな野菜と相性がよいので、「えっこれもごま和えにしていいの?」という野菜でもおいしいごま和えに仕上がることも。 ごま和えに適した野菜は 「いんげん」「ほうれん草」「小松菜」「春菊」などの定番の野菜はもちろん、春夏なら 「オクラ」「ピーマン」「スナップエンドウ」「キャベツ」「ミニトマト」「ズッキーニ」「そら豆」、秋冬なら 「里芋」「長芋」「にんじん」「ブロッコリー」「れんこん」「じゃがいも」「ごぼう」などの根菜類など、いろいろとあります。 こういったことも、いつものごま和えをよりおいしく仕上げる要素となってきます。 ここでは春夏野菜をいろいろと取り合わせた、ひと手間かけただけおいしくなってくれるごま和えを紹介したいと思います。 野菜の下ごしらえをする 今回は 「オクラ、いんげん、スナップエンドウ、ピーマン」の4種の野菜に、 「生姜、みょうが」の薬味を混ぜ合わせます。 野菜の切り方は基本的にひと口大でOKです。 仕上がりが水っぽくならないように、切ってからゆでたほうがいい野菜なのか、丸のままゆでた後に切ったほうがいい野菜なのか、 それぞれの野菜に合わせて下ごしらえをすることも大切です。 また、薬味を入れることでさわやかな風味をプラスすることができるので、ぜひ一度試してみてください。 生姜は細いせん切り、みょうがは小口切りにしました。 ともに切った後にさっと水にさらし、しっかりと水けを切っておきます。 オクラは切ってからゆでると水っぽくなりやすいためです。 また、みょうがは小口切りでも、せん切りでもどちらでもOKです。 和えたあとにすぐなじんくれるので。

次の