サラダチキン レシピ アレンジ。 コンビニのサラダチキン時短アレンジレシピ3選

サラダチキンの食べ方アレンジ15選!サラダチキンがダイエットに良い理由

サラダチキン レシピ アレンジ

サラダチキンは単品で食べても美味しいですが、サンドイッチにするとアレンジの幅が広がってさらに美味しくいただけます。 作り方はとても簡単なので、バタバタと忙しい朝の時間帯でもサッとつくれて重宝するアレンジレシピです。 ホットドッグ用のパンを用意しましょう。 パンを開いてから、ケチャップとマヨネーズを塗ります。 大人用にはマスタードを加えてもアクセントになって美味しいですよ。 1cmほどの厚さにカットしたサラダチキンを挟んでから、トースターで数分パンがこんがりとするまで温めます。 仕上げにトマトやきゅうり、レタスなどを挟んで食べましょう。 食べたいと思った時に短時間ですぐに作れるので、夜食や子供のおやつにもぴったりのアレンジ方法ですね。 ヘルシーなので、ダイエット中の方にもおすすめです。 噛みごたえがあって、少量でも満腹感を得やすいですよ。 サラダチキンは食べやすい大きさに手で裂いておきます。 ミニトマトは適当な大きさにカットして、かいわれは根本を落として洗っておきます。 めんつゆ、水、すりごま、ねりごまを合わせて調味料を作っておきましょう。 好みの量のそばを茹でて、しっかりと水で冷やしておきます。 お皿に水気を切ったそばを盛り付けて、合わせた調味料をかけてから、サラダチキン、トマト、かいわれをのせて完成です。 食欲がない時や、夏バテしやすい暑い時期でもサッパリと食べられるアレンジレシピ。 淡泊なチキンサラダはどんな野菜とも相性が良いので、野菜の種類を変えれば色々とアレンジが楽しめますよ。 そばをそうめんやうどんに変えても美味しくいただけます。 短時間で作れて工程も少ないレシピなので、お子様と一緒に楽しみながら作るのもおすすめです。 合わせ調味料の味をポン酢やめんつゆに変えてアレンジしたり、ごまを多めにしたりと、自分好みに味付けを変えながら楽しみましょう。 お豆腐と合わせればさらにカロリーオフになりますよ。 木綿豆腐を用意してフォークなどで潰してから片栗粉を合わせて混ぜておきます。 レンコンをさいの目切りにカットして、サラダチキンもみじん切りにしておきましょう。 潰した木綿豆腐にレンコンとサラダチキンを加えて良く混ぜてから、丸く成型していきます。 フライパンに油を敷いて、ハンバーグを並べて焼きましょう。 柔らかめの生地なので、上手に成型できない時は片栗粉の量を増やして調整するのがおすすめ。 味付けはしていないので、仕上げにポン酢やめんつゆで味付けをしてから食べましょう。 お肉が苦手なお子様でも、サラダチキンを細かくカットすることで食べやすくなっています。 お豆腐の柔らかさと噛みごたえのあるチキンサラダの組み合わせて、ボリューム満点のメインおかずが作れます。 レンコンのシャキシャキ感がアクセントになって、さっぱりとした味付けで最後まで飽きずに食べられますよ。 冷蔵庫に余っている野菜を使っても美味しくできますよ。 玉ねぎやニンジンなど、お好みの野菜をさいの目にカットしましょう。 サラダチキンは手で適当な大きさに裂いておきます。 オリーブオイルをフライパンに入れて、カットした野菜を炒めていきます。 キャベツを加えてしんなりしてきたら水を加えて、サラダチキンを入れて煮込んでいきます。 塩こしょう、コンソメ、あれば ナツメグを加えると本格的な味に仕上がりますよ。 わざわざ材料を買いに行かなくても、サラダチキンがあれば冷蔵庫の残り野菜と合わせていつでも美味しいアレンジスープが作れます。 時間がない方は野菜を炒めずに水を入れて煮込んでいく作り方もできます。 じっくりと野菜を炒めることで、野菜の旨みが出てくるので、時間がある時は野菜を炒めてからじっくりと煮込んでいく作り方がおすすめです。 食べたい時にすぐに作れますよ。 お米を二合分炊飯器に入れて研いでおきましょう。 水はいつもの加減よりも少し少なめにしておきます。 しめじは石づきを取ってからほぐして、ニンジンは短冊切りにします。 炊飯器にしょうゆ、酒、みりん、ほんだし、ごま油を加えてから、ニンジンとしめじを入れてスイッチを押します。 炊き上がったご飯に手でほぐしたサラダチキンを加えてから混ぜて、少し蒸らしましょう。 できたてのご飯の温かさでサラダチキンが蒸されてホクホクになります。 仕上げにかつお節をかけると味がグッと引き締まりますよ。 簡単にできるアレンジレシピで、思いたった時にすぐに作れますね。 ご飯と一緒に炊く野菜を変えれば色々とアレンジの幅が広がります。 季節に合わせて旬の野菜を取り入れるのもおすすめです。 冷蔵庫の残り物野菜を使っても美味しくできますよ。 ダイエット中でも美味しいご飯をお腹いっぱい食べたいですよね。 サラダチキンを使ったアレンジレシピの中華サラダは、低カロリーなのにお腹が膨れやすいレシピで、ダイエット中に方におすすめです。 もやしは洗ってからレンジで軽く火を通してから水気を切っておきます。 きゅうりは縦に4等分に切ってボールに入れましょう。 そこに、水気を切ったもやしと手でほぐしたチキンサラダを入れて、鶏ガラスープの素、豆板醤、酢、こしょう、オイスターソース、ごま油などの調味料を加えてから良くあえます。 冷蔵庫で数時間冷やしてから食べるとさっぱり感が増して美味しく食べられます。 キムチなどのパンチが効いた素材や、ハムや卵を加えてアレンジするのもおすすめ。 色々な食材の食感が一度に味わえ噛みごたえ抜群です。 彩りも良いので、見た目にも楽しめますよ。 そんな人におすすめのアレンジレシピが、サラダチキンを使ったグラタンです。 食パンを手で9等分になるようにちぎっておきましょう。 サラダチキンの水気を切ってから手で食べやすい大きさにカットします。 耐熱皿を用意してバターを塗ったら、パンとサラダチキンを並べていきます。 その上からミートソースをたっぷりとかけて、とろけるチーズをかけましょう。 最後にお皿の中央を少しくぼませて、生卵を落としてからオーブンで焼いていきます。 こんがりと表面が焼けてきたらアレンジレシピが完成です。 サラダチキンの味に飽きてしまった時や、ダイエット中でも少し贅沢をして美味しいものが食べたい時におすすめのアレンジレシピです。 溶けたチーズがチキンに絡んで絶妙な味わいです。 家にカレー粉があればすぐに作れますよ。 適当な大きさにカットしたチキンサラダにカレー粉を適量まぶしてよく 揉みこんでおきましょう。 フライパンに油をしいて、チキンサラダを入れて焼いていきます。 お皿にレタスやトマト、キュウリなどのお好みの野菜を盛り付けてから、こんがりと焼いたチキンサラダをのせていきます。 ヨーグルト、レモン汁、塩、オリーブオイルを合わせて作ったドレッシングを上からかければ出来上がり。 スパイシーなカレー味のチキンサラダとマイルドなヨーグルトがマッチして食べやすいですよ。 いつものチキンサラダの味に飽きてしまった方でも、パンチが効いたカレー味で飽きずに食べられます。 脂肪分やカロリーが気になるという方は、ヨーグルトを無脂肪のものに変えるとさらにヘルシーになっておすすめ。 夜食や遅い晩御飯でもカロリーが低いサラダなら食べられますね。 シンプルなのにネギの風味で最後まで飽きずに食べられるダイエット中におすすめのアレンジレシピ。 サラダチキンを使って簡単にアレンジ料理を作りましょう。 サラダチキンを好みの厚さに切ってお皿に盛りつけておきます。 長ネギをみじんぎりにして、ごま油、鶏ガラスープの素、豆板醤、お湯と一緒に合わせてタレを作ります。 サラダチキンの上からたれをたっぷりとかければあっという間に完成です。 ネギの風味が食欲をそそるアレンジレシピで、材料はサラダチキンとねぎというシンプルな組み合わせが、低カロリーでダイエット向きですよ。 お子様も一緒に食べたいという時は豆板醤をなくしてアレンジしましょう。 淡泊な味のチキンサラダも強めの味の調味料と合わせれば飽きがきにくくなりますね。 簡単なのに見た目が豪華に見えるので、おもてなし料理としてもおすすめです。 工程も少なく、時間がない時でも簡単に一品作れてしまいますよ。 お酒のおつまみとしても最適のアレンジレシピです。 よだれ鶏を一から作ろうと思うと時間も手間もかかって大変ですが、チキンサラダを使ってアレンジすれば、短時間で完成です。 野菜と一緒に合わせて食べれさらにヘルシーな料理になりますね。 栄養価が高いトマトと、たんぱく質が豊富な卵をチキンサラダと合わせてアレンジしましょう。 トマトを一口サイズにカットしておきます。 卵に鶏ガラスープを入れて、軽くほぐします。 フライパンに油をいれて、ほぐした卵を入れて大きめの炒り卵を作ってから一度お皿に取り出しましょう。 今度はチキンサラダとトマトをフライパンに入れて炒めていきます。 先ほどの卵をフライパンに戻して、塩こしょう、ごま油を加えて炒めれば完成。 卵をふわふわにするために、混ぜる時にほぐしすぎないところがポイントです。 少ない材料でも満腹感が得やすいアレンジレシピなので、ダイエット中の方でも満足できる料理ですよ。 味付けは塩こしょうとごま油、鶏ガラスープとシンプルです。 いつでも食べたい時にすぐに作れる簡単アレンジレシピですよ。 朝ごはんの準備やお弁当作り、子供の世話などでバタバタな朝。 忙しい朝でも5分もあれば作れてしまう簡単なサラダチキンを使ったアレンジレシピです。 使いたいお弁当カップを用意しましょう。 使い捨ての物でも、何度も繰り返し使えるシリコン製のものでもどちらでも構いませんが、トースターで温めるので耐熱性があるものを選びましょう。 サラダチキンを袋から出したらキッチンペーパーなどで水分をしっかりとふき取ります。 お弁当カップに合わせて小さめにほぐしておきましょう。 お弁当カップにほぐしたチキンサラダを入れてマヨネースを上からかけてからとろけるチーズをかけます。 オーブンで焼いてチーズが溶けたら完成です。 パセリを振りかけると彩りが出ておしゃれになりますよ。 あと一品お弁当のおかずが欲しいという時でもすぐに作れるアレンジレシピ。 少ない材料で短時間で作れるので、お弁当レシピとして最適です。 お弁当用に一口大のサイズにサラダチキンをカットしましょう。 卵を溶きほぐしてから、粉チーズを入れて良く混ぜ合わせておきます。 カットしたチキンサラダを卵液にくぐらせます。 フライパンに油を入れて、弱火で焼いていきましょう。 ひっくり返す時に卵液を少し足すとキレイに衣が付きますよ。 ケチャップを付けたり、シンプルに塩こしょうだけで食べても美味しいです。 焼く時に卵液が周りに垂れてしまっても、 お箸で卵液を寄せながら焼くようにすると上手に衣が付きますよ。 小さめサイズで作ればお弁当用に、大きくカットして作れば夕飯などのメインおかずにもなりますね。 たくさん作って冷凍しておけば、いつでもお弁当に入れられて便利なアレンジレシピです。 材料は卵とチキンサラダの二つだけなので、リーズナブルに作れて材料費もほとんどかかりません。 レモンをかけるとサッパリと食べられます。 夏の食欲がない時におすすめアレンジの食べ方です。 サラダチキンを使って美味しいアレンジカツを作りましょう。 お弁当箱のサイズに合うようにサラダチキンをカットします。 小麦粉と水を合わせた液にサラダチキンを漬け込んで、パン粉をしっかりとまぶします。 フライパンに油をしいてから、衣をつけたサラダチキンをこんがりするまで焼いていきます。 油の量を減らしてさらにヘルシーにしたい場合は、アルミホイルにサラダチキンを並べて、スプレーでオリーブオイルを吹きかけてからオーブントースターで焼くと、 余分な脂が落ちてさっぱりとした仕上がりになりますよ。 スモーク風味のサラダチキンや、ハーブ系のサラダチキンで作っても美味しくアレンジできます。 焼いた後でキッチンペーパーに油をしっかりと吸わせるとサクサクの仕上がりになります。 サラダチキンは火が通っているので、あまり火を通しすぎず、中火で短時間でカリッとさせてアレンジするのがおすすめですよ。 まとめて作って冷凍しておけば、お弁当にそのまま入れられて時短になります。 大きめにカットしたブロッコリーの噛みごたえがクセになるアレンジ料理です。 ブロッコリーはしっかりと洗って、少し大きめの一口大サイズにカットしておきましょう。 サラダチキンも同様に大きめのサイズにカットします。 フライパンにオリーブオイルを入れて、ブロッコリーを炒めていきます。 ブロッコリーに火が通ったらサラダチキンを入れて白ワインを入れてアルコールを飛ばしながら混ぜ合わせましょう。 塩こしょうで味を整えて、 ブロッコリーの水気を飛ばしたら完成です。 お弁当用にはシンプルな材料で作るアレンジがおすすめですが、夕飯やメインおかずとして出したいときは、海老を使って中華風にアレンジしたり、野菜の種類をさらに増やして作るとヘルシーになりますよ。 さらに時短をして作りたいという時は、ブロッコリーをあらかじめ電子レンジで温めて少し火を通しておくのがおすすめ。 温めすぎてしまうと歯ごたえがなくなってしまうので注意しましょう。 子供が喜ぶコロンとした丸い形で食べやすいところがおすすめです。 はんぺんを使うと衣替わりになって、まとまりやすくなりますよ。 サラダチキンは小さめのサイズにカットします。 手で裂いても、包丁でカットして小さくしてもどちらでも大丈夫です。 ボールにサラダチキンと、ピザ用のとろけるチーズ、片栗粉、手でほぐしたはんぺんを入れて、手で良くこねていきます。 お弁当におさまるサイズに丸く丸めてからパン粉を全体にまぶしましょう。 フライパンにオリーブオイルを入れて、コロコロと転がしながら全体を焼いていきます。 はんぺんならバッター液を付けなくてもパン粉がしっかりと付いてくれます。 衣が油を吸いやすいので、中火でサッと揚げ焼きをしましょう。 コロンとした形で、どんなお弁当にも入れやすくおさまりが良いアレンジレシピです。 ふわふわの食感で子供にも人気です。 お弁当用としてもおすすめですが、たくさん作って作り置きとしておくのも良いですよ。 冷凍しておけば取り出して自然解凍で食べられて便利です。 子供のおやつとして出しあげても喜びそうですね。 お友達が集まった時でも、冷凍しておけばすぐに出しておもてなしできるアレンジレシピです。 手作りなら既製品を買うよりも、材料費がかからずたくさん作れてお得です。 材料はこちらになります。 鶏むね肉• マジックソルト• 片栗粉• ジップロック 鶏むね肉は皮を剥いておきます。 皮は色々な料理に使えるので、取っておいて他のアレンジに使いましょう。 鶏むね肉は厚みがありすぎると中まで火を通すのに時間がかかってしまうので、切り込みを入れて開いたり、薄目のそぎ切りするのがポイントです。 ボールに鶏のむね肉を入れて、砂糖を加えて良く揉みこんでいきましょう。 次にマジックソルトをさらに加えてまた揉みこみます。 砂糖と塩が鶏むね肉に馴染んでから、最後に片栗粉を加えて揉みこんで下準備が完成です。 ジップロックに鶏のむね肉を数枚ずつ入れて、空気をしっかりと抜いてから密閉しましょう。 沸騰した鍋に、ジップロックごと入れてお肉を漬けたら30分ほど蓋をして放っておけばできあがり。 手作りして冷凍しておけば、いつでも好きな時に食べられますね。 サンドイッチにしたり、サラダに加えて栄養をアップしたりと、色々な料理にアレンジできますよ。 サラダチキンの手作り方法を動画で解説 自宅でサラダチキンを手作りする時は、手作り動画を参考にすると簡単に作れますよ。 人気料理研究家のみきママのレシピを参考にすると、たったの3分でチキンサラダが作れてしまいます。 材料は、鶏むね肉が二枚と、おろしにんにく、砂糖、粗びき黒こしょう、塩で、家にある材料で簡単に作れてアレンジができますよ。 鶏のむね肉を観音開きにして薄く広げてから、フォークで穴を開けていきましょう。 片面だけではなく、両面しっかりと開けていきます。 おろしにんにく、塩、砂糖、粗びき黒こしょうの順番で、両面しっかりと揉みこんでいきます。 ラップを切って二枚同じ大きさの物を重ねてから、鶏むね肉を置いてしっかりと包みましょう。 一枚ずつ耐熱容器に入れて、レンジで1分半加熱したらひっくり返して、また1分半加熱します。 粗熱が取れるまで20分ほどそのまま放置して、余熱でしっかりと中まで火を通したら完成です。

次の

サラダチキンのアレンジレシピを紹介!ダイエットにもおすすめのレシピや手作り方法も解説

サラダチキン レシピ アレンジ

サラダチキンは単品で食べても美味しいですが、サンドイッチにするとアレンジの幅が広がってさらに美味しくいただけます。 作り方はとても簡単なので、バタバタと忙しい朝の時間帯でもサッとつくれて重宝するアレンジレシピです。 ホットドッグ用のパンを用意しましょう。 パンを開いてから、ケチャップとマヨネーズを塗ります。 大人用にはマスタードを加えてもアクセントになって美味しいですよ。 1cmほどの厚さにカットしたサラダチキンを挟んでから、トースターで数分パンがこんがりとするまで温めます。 仕上げにトマトやきゅうり、レタスなどを挟んで食べましょう。 食べたいと思った時に短時間ですぐに作れるので、夜食や子供のおやつにもぴったりのアレンジ方法ですね。 ヘルシーなので、ダイエット中の方にもおすすめです。 噛みごたえがあって、少量でも満腹感を得やすいですよ。 サラダチキンは食べやすい大きさに手で裂いておきます。 ミニトマトは適当な大きさにカットして、かいわれは根本を落として洗っておきます。 めんつゆ、水、すりごま、ねりごまを合わせて調味料を作っておきましょう。 好みの量のそばを茹でて、しっかりと水で冷やしておきます。 お皿に水気を切ったそばを盛り付けて、合わせた調味料をかけてから、サラダチキン、トマト、かいわれをのせて完成です。 食欲がない時や、夏バテしやすい暑い時期でもサッパリと食べられるアレンジレシピ。 淡泊なチキンサラダはどんな野菜とも相性が良いので、野菜の種類を変えれば色々とアレンジが楽しめますよ。 そばをそうめんやうどんに変えても美味しくいただけます。 短時間で作れて工程も少ないレシピなので、お子様と一緒に楽しみながら作るのもおすすめです。 合わせ調味料の味をポン酢やめんつゆに変えてアレンジしたり、ごまを多めにしたりと、自分好みに味付けを変えながら楽しみましょう。 お豆腐と合わせればさらにカロリーオフになりますよ。 木綿豆腐を用意してフォークなどで潰してから片栗粉を合わせて混ぜておきます。 レンコンをさいの目切りにカットして、サラダチキンもみじん切りにしておきましょう。 潰した木綿豆腐にレンコンとサラダチキンを加えて良く混ぜてから、丸く成型していきます。 フライパンに油を敷いて、ハンバーグを並べて焼きましょう。 柔らかめの生地なので、上手に成型できない時は片栗粉の量を増やして調整するのがおすすめ。 味付けはしていないので、仕上げにポン酢やめんつゆで味付けをしてから食べましょう。 お肉が苦手なお子様でも、サラダチキンを細かくカットすることで食べやすくなっています。 お豆腐の柔らかさと噛みごたえのあるチキンサラダの組み合わせて、ボリューム満点のメインおかずが作れます。 レンコンのシャキシャキ感がアクセントになって、さっぱりとした味付けで最後まで飽きずに食べられますよ。 冷蔵庫に余っている野菜を使っても美味しくできますよ。 玉ねぎやニンジンなど、お好みの野菜をさいの目にカットしましょう。 サラダチキンは手で適当な大きさに裂いておきます。 オリーブオイルをフライパンに入れて、カットした野菜を炒めていきます。 キャベツを加えてしんなりしてきたら水を加えて、サラダチキンを入れて煮込んでいきます。 塩こしょう、コンソメ、あれば ナツメグを加えると本格的な味に仕上がりますよ。 わざわざ材料を買いに行かなくても、サラダチキンがあれば冷蔵庫の残り野菜と合わせていつでも美味しいアレンジスープが作れます。 時間がない方は野菜を炒めずに水を入れて煮込んでいく作り方もできます。 じっくりと野菜を炒めることで、野菜の旨みが出てくるので、時間がある時は野菜を炒めてからじっくりと煮込んでいく作り方がおすすめです。 食べたい時にすぐに作れますよ。 お米を二合分炊飯器に入れて研いでおきましょう。 水はいつもの加減よりも少し少なめにしておきます。 しめじは石づきを取ってからほぐして、ニンジンは短冊切りにします。 炊飯器にしょうゆ、酒、みりん、ほんだし、ごま油を加えてから、ニンジンとしめじを入れてスイッチを押します。 炊き上がったご飯に手でほぐしたサラダチキンを加えてから混ぜて、少し蒸らしましょう。 できたてのご飯の温かさでサラダチキンが蒸されてホクホクになります。 仕上げにかつお節をかけると味がグッと引き締まりますよ。 簡単にできるアレンジレシピで、思いたった時にすぐに作れますね。 ご飯と一緒に炊く野菜を変えれば色々とアレンジの幅が広がります。 季節に合わせて旬の野菜を取り入れるのもおすすめです。 冷蔵庫の残り物野菜を使っても美味しくできますよ。 ダイエット中でも美味しいご飯をお腹いっぱい食べたいですよね。 サラダチキンを使ったアレンジレシピの中華サラダは、低カロリーなのにお腹が膨れやすいレシピで、ダイエット中に方におすすめです。 もやしは洗ってからレンジで軽く火を通してから水気を切っておきます。 きゅうりは縦に4等分に切ってボールに入れましょう。 そこに、水気を切ったもやしと手でほぐしたチキンサラダを入れて、鶏ガラスープの素、豆板醤、酢、こしょう、オイスターソース、ごま油などの調味料を加えてから良くあえます。 冷蔵庫で数時間冷やしてから食べるとさっぱり感が増して美味しく食べられます。 キムチなどのパンチが効いた素材や、ハムや卵を加えてアレンジするのもおすすめ。 色々な食材の食感が一度に味わえ噛みごたえ抜群です。 彩りも良いので、見た目にも楽しめますよ。 そんな人におすすめのアレンジレシピが、サラダチキンを使ったグラタンです。 食パンを手で9等分になるようにちぎっておきましょう。 サラダチキンの水気を切ってから手で食べやすい大きさにカットします。 耐熱皿を用意してバターを塗ったら、パンとサラダチキンを並べていきます。 その上からミートソースをたっぷりとかけて、とろけるチーズをかけましょう。 最後にお皿の中央を少しくぼませて、生卵を落としてからオーブンで焼いていきます。 こんがりと表面が焼けてきたらアレンジレシピが完成です。 サラダチキンの味に飽きてしまった時や、ダイエット中でも少し贅沢をして美味しいものが食べたい時におすすめのアレンジレシピです。 溶けたチーズがチキンに絡んで絶妙な味わいです。 家にカレー粉があればすぐに作れますよ。 適当な大きさにカットしたチキンサラダにカレー粉を適量まぶしてよく 揉みこんでおきましょう。 フライパンに油をしいて、チキンサラダを入れて焼いていきます。 お皿にレタスやトマト、キュウリなどのお好みの野菜を盛り付けてから、こんがりと焼いたチキンサラダをのせていきます。 ヨーグルト、レモン汁、塩、オリーブオイルを合わせて作ったドレッシングを上からかければ出来上がり。 スパイシーなカレー味のチキンサラダとマイルドなヨーグルトがマッチして食べやすいですよ。 いつものチキンサラダの味に飽きてしまった方でも、パンチが効いたカレー味で飽きずに食べられます。 脂肪分やカロリーが気になるという方は、ヨーグルトを無脂肪のものに変えるとさらにヘルシーになっておすすめ。 夜食や遅い晩御飯でもカロリーが低いサラダなら食べられますね。 シンプルなのにネギの風味で最後まで飽きずに食べられるダイエット中におすすめのアレンジレシピ。 サラダチキンを使って簡単にアレンジ料理を作りましょう。 サラダチキンを好みの厚さに切ってお皿に盛りつけておきます。 長ネギをみじんぎりにして、ごま油、鶏ガラスープの素、豆板醤、お湯と一緒に合わせてタレを作ります。 サラダチキンの上からたれをたっぷりとかければあっという間に完成です。 ネギの風味が食欲をそそるアレンジレシピで、材料はサラダチキンとねぎというシンプルな組み合わせが、低カロリーでダイエット向きですよ。 お子様も一緒に食べたいという時は豆板醤をなくしてアレンジしましょう。 淡泊な味のチキンサラダも強めの味の調味料と合わせれば飽きがきにくくなりますね。 簡単なのに見た目が豪華に見えるので、おもてなし料理としてもおすすめです。 工程も少なく、時間がない時でも簡単に一品作れてしまいますよ。 お酒のおつまみとしても最適のアレンジレシピです。 よだれ鶏を一から作ろうと思うと時間も手間もかかって大変ですが、チキンサラダを使ってアレンジすれば、短時間で完成です。 野菜と一緒に合わせて食べれさらにヘルシーな料理になりますね。 栄養価が高いトマトと、たんぱく質が豊富な卵をチキンサラダと合わせてアレンジしましょう。 トマトを一口サイズにカットしておきます。 卵に鶏ガラスープを入れて、軽くほぐします。 フライパンに油をいれて、ほぐした卵を入れて大きめの炒り卵を作ってから一度お皿に取り出しましょう。 今度はチキンサラダとトマトをフライパンに入れて炒めていきます。 先ほどの卵をフライパンに戻して、塩こしょう、ごま油を加えて炒めれば完成。 卵をふわふわにするために、混ぜる時にほぐしすぎないところがポイントです。 少ない材料でも満腹感が得やすいアレンジレシピなので、ダイエット中の方でも満足できる料理ですよ。 味付けは塩こしょうとごま油、鶏ガラスープとシンプルです。 いつでも食べたい時にすぐに作れる簡単アレンジレシピですよ。 朝ごはんの準備やお弁当作り、子供の世話などでバタバタな朝。 忙しい朝でも5分もあれば作れてしまう簡単なサラダチキンを使ったアレンジレシピです。 使いたいお弁当カップを用意しましょう。 使い捨ての物でも、何度も繰り返し使えるシリコン製のものでもどちらでも構いませんが、トースターで温めるので耐熱性があるものを選びましょう。 サラダチキンを袋から出したらキッチンペーパーなどで水分をしっかりとふき取ります。 お弁当カップに合わせて小さめにほぐしておきましょう。 お弁当カップにほぐしたチキンサラダを入れてマヨネースを上からかけてからとろけるチーズをかけます。 オーブンで焼いてチーズが溶けたら完成です。 パセリを振りかけると彩りが出ておしゃれになりますよ。 あと一品お弁当のおかずが欲しいという時でもすぐに作れるアレンジレシピ。 少ない材料で短時間で作れるので、お弁当レシピとして最適です。 お弁当用に一口大のサイズにサラダチキンをカットしましょう。 卵を溶きほぐしてから、粉チーズを入れて良く混ぜ合わせておきます。 カットしたチキンサラダを卵液にくぐらせます。 フライパンに油を入れて、弱火で焼いていきましょう。 ひっくり返す時に卵液を少し足すとキレイに衣が付きますよ。 ケチャップを付けたり、シンプルに塩こしょうだけで食べても美味しいです。 焼く時に卵液が周りに垂れてしまっても、 お箸で卵液を寄せながら焼くようにすると上手に衣が付きますよ。 小さめサイズで作ればお弁当用に、大きくカットして作れば夕飯などのメインおかずにもなりますね。 たくさん作って冷凍しておけば、いつでもお弁当に入れられて便利なアレンジレシピです。 材料は卵とチキンサラダの二つだけなので、リーズナブルに作れて材料費もほとんどかかりません。 レモンをかけるとサッパリと食べられます。 夏の食欲がない時におすすめアレンジの食べ方です。 サラダチキンを使って美味しいアレンジカツを作りましょう。 お弁当箱のサイズに合うようにサラダチキンをカットします。 小麦粉と水を合わせた液にサラダチキンを漬け込んで、パン粉をしっかりとまぶします。 フライパンに油をしいてから、衣をつけたサラダチキンをこんがりするまで焼いていきます。 油の量を減らしてさらにヘルシーにしたい場合は、アルミホイルにサラダチキンを並べて、スプレーでオリーブオイルを吹きかけてからオーブントースターで焼くと、 余分な脂が落ちてさっぱりとした仕上がりになりますよ。 スモーク風味のサラダチキンや、ハーブ系のサラダチキンで作っても美味しくアレンジできます。 焼いた後でキッチンペーパーに油をしっかりと吸わせるとサクサクの仕上がりになります。 サラダチキンは火が通っているので、あまり火を通しすぎず、中火で短時間でカリッとさせてアレンジするのがおすすめですよ。 まとめて作って冷凍しておけば、お弁当にそのまま入れられて時短になります。 大きめにカットしたブロッコリーの噛みごたえがクセになるアレンジ料理です。 ブロッコリーはしっかりと洗って、少し大きめの一口大サイズにカットしておきましょう。 サラダチキンも同様に大きめのサイズにカットします。 フライパンにオリーブオイルを入れて、ブロッコリーを炒めていきます。 ブロッコリーに火が通ったらサラダチキンを入れて白ワインを入れてアルコールを飛ばしながら混ぜ合わせましょう。 塩こしょうで味を整えて、 ブロッコリーの水気を飛ばしたら完成です。 お弁当用にはシンプルな材料で作るアレンジがおすすめですが、夕飯やメインおかずとして出したいときは、海老を使って中華風にアレンジしたり、野菜の種類をさらに増やして作るとヘルシーになりますよ。 さらに時短をして作りたいという時は、ブロッコリーをあらかじめ電子レンジで温めて少し火を通しておくのがおすすめ。 温めすぎてしまうと歯ごたえがなくなってしまうので注意しましょう。 子供が喜ぶコロンとした丸い形で食べやすいところがおすすめです。 はんぺんを使うと衣替わりになって、まとまりやすくなりますよ。 サラダチキンは小さめのサイズにカットします。 手で裂いても、包丁でカットして小さくしてもどちらでも大丈夫です。 ボールにサラダチキンと、ピザ用のとろけるチーズ、片栗粉、手でほぐしたはんぺんを入れて、手で良くこねていきます。 お弁当におさまるサイズに丸く丸めてからパン粉を全体にまぶしましょう。 フライパンにオリーブオイルを入れて、コロコロと転がしながら全体を焼いていきます。 はんぺんならバッター液を付けなくてもパン粉がしっかりと付いてくれます。 衣が油を吸いやすいので、中火でサッと揚げ焼きをしましょう。 コロンとした形で、どんなお弁当にも入れやすくおさまりが良いアレンジレシピです。 ふわふわの食感で子供にも人気です。 お弁当用としてもおすすめですが、たくさん作って作り置きとしておくのも良いですよ。 冷凍しておけば取り出して自然解凍で食べられて便利です。 子供のおやつとして出しあげても喜びそうですね。 お友達が集まった時でも、冷凍しておけばすぐに出しておもてなしできるアレンジレシピです。 手作りなら既製品を買うよりも、材料費がかからずたくさん作れてお得です。 材料はこちらになります。 鶏むね肉• マジックソルト• 片栗粉• ジップロック 鶏むね肉は皮を剥いておきます。 皮は色々な料理に使えるので、取っておいて他のアレンジに使いましょう。 鶏むね肉は厚みがありすぎると中まで火を通すのに時間がかかってしまうので、切り込みを入れて開いたり、薄目のそぎ切りするのがポイントです。 ボールに鶏のむね肉を入れて、砂糖を加えて良く揉みこんでいきましょう。 次にマジックソルトをさらに加えてまた揉みこみます。 砂糖と塩が鶏むね肉に馴染んでから、最後に片栗粉を加えて揉みこんで下準備が完成です。 ジップロックに鶏のむね肉を数枚ずつ入れて、空気をしっかりと抜いてから密閉しましょう。 沸騰した鍋に、ジップロックごと入れてお肉を漬けたら30分ほど蓋をして放っておけばできあがり。 手作りして冷凍しておけば、いつでも好きな時に食べられますね。 サンドイッチにしたり、サラダに加えて栄養をアップしたりと、色々な料理にアレンジできますよ。 サラダチキンの手作り方法を動画で解説 自宅でサラダチキンを手作りする時は、手作り動画を参考にすると簡単に作れますよ。 人気料理研究家のみきママのレシピを参考にすると、たったの3分でチキンサラダが作れてしまいます。 材料は、鶏むね肉が二枚と、おろしにんにく、砂糖、粗びき黒こしょう、塩で、家にある材料で簡単に作れてアレンジができますよ。 鶏のむね肉を観音開きにして薄く広げてから、フォークで穴を開けていきましょう。 片面だけではなく、両面しっかりと開けていきます。 おろしにんにく、塩、砂糖、粗びき黒こしょうの順番で、両面しっかりと揉みこんでいきます。 ラップを切って二枚同じ大きさの物を重ねてから、鶏むね肉を置いてしっかりと包みましょう。 一枚ずつ耐熱容器に入れて、レンジで1分半加熱したらひっくり返して、また1分半加熱します。 粗熱が取れるまで20分ほどそのまま放置して、余熱でしっかりと中まで火を通したら完成です。

次の

【みんなが作ってる】 サラダチキン アレンジのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

サラダチキン レシピ アレンジ

コンビニで気軽に手に入る【サラダチキン】。 糖質制限ダイエットにもってこいの食品として大人気です。 食べごたえもあるので我慢している感じがせず続けていらっしゃる方多いのではないでしょうか。 ただ…味がたんぱくなので飽きてしまったという方や薬っぽいにおいが気になるという方も多くいるようです。 また、特に女性はあの袋から直接かじりついて食べるというのは人前でするにはちょっとワイルド過ぎて抵抗ありませんか? 今回はダイエットの優秀食品【サラダチキン】をより美味しく食べ続けやすくなるようなレシピをご紹介します! サラダチキンがダイエットいい理由 改めて【サラダチキン】がなぜダイエットにいいかをおさらいしてみましょう。 サラダチキンは鶏の胸肉の皮を取り、柔らかく煮込んで味付けをしたシンプルな食品。 そもそも鶏の胸肉自体にヘルシーな印象がありますよね。 その栄養素を鶏モモ肉と比較してみましょう。 <鶏ムネ肉>エネルギー290kcal・タンパク質42. 6g・脂質11. 8g・糖質0. 2g <鶏モモ肉>エネルギー408kcal・タンパク質33. 2g・脂質28. またタンパク質が多く、脂質・糖質が低いので高タンパク・低糖質・低脂質の三拍子が揃った優秀なダイエット食品と言えます。 さらにサラダチキンは皮部分も取り除いています。 皮アリの鶏ムネ肉(200g から皮部分を取り除き残った身 170g においては脂質が3. 2gにまで減少します。 サラダチキンの種類 さて現在 2016年9月 発売中のサラダチキンをご紹介します。 実際にセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3店舗を回り調査してきました。 プレーン <セブンイレブン> 容量115g エネルギー:120kcal タンパク質:27. 3g 脂質:1. 3g 炭水化物:0. 3g <ローソン> 容量125g エネルギー:131kcal タンパク質:28. 0g 脂質:2. 0g 炭水化物:0. 1g <ファミリーマート> 容量120g エネルギー:135kcal タンパク質:24. 9g 脂質:1. 8g 炭水化物:3. 4g 各社さ程変わりませんが、ローソンがサイズとしては一番大きいです。 また、セブンイレブンとローソン・ファミリーマートの真空パックの力が強い印象でした。 ハーブ <セブンイレブン> 容量115g エネルギー:124kcal タンパク質:26. 6g 脂質:1. 7g 炭水化物:0. 3g <ローソン> 容量125g エネルギー:131kcal タンパク質:27. 5g 脂質:1. 6g 炭水化物:1. 4g <ファミリーマート> 容量110g エネルギー:133kcal タンパク質:26. 1g 脂質:2. 6g 炭水化物:1. 2g こちらも同じくローソンがサイズは1番大きいです。 ファミリーマートが急にサイズダウンしましたね。 ただ、ハーブの付き方はファミリーマートが一番しっかりしていて美味しそうです。 その他各店オリジナル セブンイレブン<マイルドカレー> 容量115g エネルギー:133kcal タンパク質:28. 6g 脂質:1. 6g 炭水化物:1. 0g ローソン<スモーク> 容量115g エネルギー:131kcal タンパク質:28. 5g 脂質:1. 6g 炭水化物:0. 5g ファミリーマート<アルペンザルツ岩塩> 容量120g エネルギー:198kcal タンパク質:27. 4g 脂質:9. 5g 炭水化物:0. 8g ファミリーマート<ゆず胡椒> 容量110g エネルギー:114kcal タンパク質:22. 6g 脂質:1. 8g 炭水化物:2. 0g ファミリーマート<タンドリーチキン> 容量110g エネルギー:146kcal タンパク質:25. 1g 脂質:3. 6g 炭水化物:3. 2g 種類の多さではファミリーマートが圧倒的でした! ネーミングにも凝っていて高級感があります。 ローソンでは同じスモークのタイプでささみの商品も出ていました。 取り扱いの種類については店舗によって異なります。 サラダチキンレシピ サラダチキンだけでもかなりの種類があるとはいえ、やはりあの触感に飽きてきてしまいますよね。 そこでサラダチキンを使った簡単レシピを10つご紹介します。 乗せて焼くだけ誰でも簡単メニューです。 野菜を添えて召し上がってください。 切るだけで触感が変わり全く違う風味になります。 ピリッとした辛さがたまりません。 ネギをトッピングしたら完成。 にんにく醤油を入れもみ込む。 パーティーにももってこいのメニューです。 具は何でもOK!餃子の皮の糖質が気になる方は油揚げを代用したり、おからを使って生地を作ることもできます。 市販の商品のにおいが気になる方は手作りするのもおススメです。 ひっくり返してもう1分加熱したら余熱で火を通す。 鶏肉の大きさやレンジの種類によって火の通りが異なるので、赤みが残るようなら加熱時間を追加してください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回実際にコンビニを回ってみて筆者自身も改めて「こんな味のも出てたんだ!」「見た目も随分違うんだなー」など新たな発見がありました。 アレンジするといってもサラダに乗せるくらいで焼いたり揚げたり万能なアイテムなんだなと再認識しました。 もともと中まで火が通ってる商品なのでアレンジしても失敗が少ないので料理が苦手な方でも気軽に挑戦できますよ! あなた好みのアレンジでサラダチキンダイエットを楽しく続けていきましょう!•

次の