ソーヴィニヨン ブラン 2018。 ソーヴィニヨン・ブランのおすすめワイン(フランス7選・ニュージーランド8選)

Te Mania Sauvignon Blanc(テ・マニア ソーヴィニヨン・ブラン)

ソーヴィニヨン ブラン 2018

ソーヴィニヨン・ブラン種のブドウ 色 ブラン 種 別名 ソーヴィニヨン・ジョーヌ、ブラン・フュメ フランス 、ムスカート=ジルヴァーナー ドイツとオーストリア 、フュメ・ブラン他多数 原産地 フランス 主な産地 南アフリカ、チリ、ニュージーランド、カリフォルニア、ロワール渓谷、ボルドー、ウクライナ 主なワイン 、 病害 、 ()、 ()、 ソーヴィニヨン・ブラン(:Sauvignon blanc)は、の地方を原産地とする、緑色の果皮をもつの品種である。 名前の由来は、フランス語で野生を意味する"sauvage"と、白を意味する"blanc"であると考えられているが、これはフランス南西部に古来から土着であったためである。 また、ソーヴィニヨン・ブランはの子孫である可能性が高い。 ソーヴィニヨン・ブランは世界中のワイン産地で栽培されており、多くは爽やかな辛口白ワインとなる。 やでは甘口のにも使われる。 フランスの他、、、、、、のやで広く栽培されており、カリフォルニアなどの一部のニューワールドではフュメ・ブランと呼ばれることもある。 これは、が考案した造語であり、プイィ・フュメになぞらえた販売戦略である。 ソーヴィニヨン・ブランで作られるワインの香りは、栽培される地域の気候によって、明確な草の香りから甘くトロピカルな香りまで幅がある。 冷涼な気候では、この品種は強い酸味と草や、のような「青い香り」を持つ傾向がある。 のようなトロピカルフルーツや、のようなフローラルな香りが感じられることもある。 温暖な気候ではトロピカルフルーツの香りがより際立つが、過熟すると香りが失われる可能性があり、そうなるとわずかに桃のような樹果やグレープフルーツの香りが残るだけになってしまう。 やニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを表現する言葉として、"crisp, elegant, and fresh" といった形容詞が使われることがある。 やや冷やしたソーヴィニヨン・ブランには魚料理やチーズ(とりわけ)が良く合うされる。 と合うワインのひとつとしても知られる。 とともに、ソーヴィニヨン・ブランはスクリューキャップのボトルで商業展開された最初のワインである。 これは特にニュージーランドの生産者が実施した。 ソーヴィニヨン・ブランのワインは若いうちに飲まれることが多く、そういったワインは熟成しても品質が良くならないものもあるが、なかには熟成によってやを思わせる植物性の香りを持つようになるものもある。 で熟成された、ボルドーのペサック・レオニャンやグラーヴ産辛口白ワイン、ボルドーの甘口ワイン、やなどのロワール産ワインは熟成のポテンシャルがある。 歴史 [ ] ソーヴィニヨン・ブランの起源を辿ると、フランス西部のおよびボルドー地方にさかのぼることができる。 ただし、この地域が真の起源かどうかは明確ではない。 この品種はサヴァニャン種の子孫である可能性が示唆されており、さらにとの関係もあると言われている。 18世紀に、この品種とを掛け合せてが生み出された。 19世紀のボルドーでは、 (チリではソーヴィニノナスと呼ばれる)がソーヴィニヨン・グリ とともに部分的に植えられていた。 禍以前に植えられていたは苗木としてチリに持ち込まれ、現在でも栽培が続いている。 ロワール川流域で栽培されているソーヴィニヨン・ロゼは、名前は似ているもののソーヴィニヨン・ブランとの関係性は知られていない。 ソーヴィニヨン・ブランの苗木がカリフォルニアに初めて持ち込まれたのは1880年代のことである。 の創設者であるチャールズ・ウェットモアが、ソーテルヌのに植えられていたソーヴィニヨン・ブランを苗木にして持ち込み、リバーモア・ヴァレーに植樹したが、これはうまくいった。 1968年にロバート・モンダヴィによりフュメ・ブランと名付けられ宣伝されることになった。 ニュージーランドへの伝播は1970年代のことであり、ミュラートゥルガウとの混醸用に試験的に植えられたのが始まりである。 適した気候・地理的条件 [ ] ソーヴィニヨン・ブランは芽吹くのは遅いが成熟は早い傾向にある。 そのため、晴天が続く気候においても過剰な高温に晒されなければ良好に栽培が可能である。 南アフリカ、オーストラリア、カリフォルニアなど温暖な国や地域においては、カリフォルニアのアレキサンダー・ヴァレーなど、比較的冷涼な気候の場所で多く栽培されている。 高温に晒される地域では、ブドウが急速に過熟し香りの弱く酸味の単調なワインになってしまう。 地球温暖化の影響で、ソーヴィニヨン・ブランの収穫時期はかつてに比べて早まっている。 ソーヴィニヨン・ブランの原産地はボルドーないしはロワール川流域であるが 、カリフォルニア・オーストラリア・ニュージーランド・チリ・南アフリカにおいてもさかんに栽培されており、ワインの人気もシャルドネに代わって上昇している。 イタリアやヨーロッパ中部での栽培例もある。 生産地域 [ ] フランス [ ] ロワール川流域で作られるプィイ・フュメ。 フランスでは、海洋性気候のボルドー(特に辛口ワインの産地として、、ペサック・レオニャンなど、甘口ワインの産地としてソーテルヌなど)や大陸性気候のロワール (、、など)で生産される。 これら地域の気候はではブドウはゆっくり成熟するため酸と糖分のバランスがとれた状態で成長することができる。 酸と糖分のバランスは、香りの優れたワインには必要不可欠である。 フランスでは、ワインづくりにおいて土壌やその他ワインに影響するテロワールの特徴に極めて重大な注意が払われる。 サンセールやプイィのように、とキンメリジャンというから成る土壌においては豊かで複雑性のあるワインが産出され、特に細かな白亜質土壌ではよりフィネスと芳香が感じられるワインになる。 ロワール川およびその支流付近の砂利が多い土壌では、スパイス、花、ミネラルの香りのワインとなる。 これはボルドーにおけるよりフルーティーなタイプのワインとは対照的である。 土壌がチャートの場合は、最も酒質が強く長期熟成に耐えるワインになる傾向がある。 ボルドーでは、白ワイン用ブドウとして使用が許可されているのは、ミュスカデル、およびソーヴィニヨン・ブランの4種だけである。 概ねこれらはブレンドされて使われるが、ソーヴィニヨン・ブランは4種の中でも主要なブドウ品種であり 、でも主要な品種として使われる。 ボルドーの辛口白ワインでは、主にソーヴィニヨン・ブランとセミヨンがブレンドされて使われる。 ソーテルヌにおいては、遅摘みのであるソーテルヌを作る際にセミヨンにブレンドされることがある。 伝統的にソーテルヌにおいてはセミヨンを植えた列のなかに1本だけソーヴィニヨン・ブランを植える、ということがなされる。 しかし、ソーヴィニヨン・ブランはセミヨンよりも1~2週間早く成熟するため、長く果実が成ったまま放置されてしまい香りの強さが失われてしまいかねない。 そのため現在では区画を分けて栽培する生産者が増えている。 プイィ・フュメは、地域の名であるプイィ・シュル・ロワールに由来しする。 この地域は、サンセールからロワール川をはさんで対岸の位置にあり、石灰を含み、の極めての多い土壌である。 その影響でワインには煙やのような香りがあると言われており、それゆえフュメ(フランス語で「煙で燻したような」の意)という名前が付いた。 北部では、ソーヴィニヨン・ブランはトレサリエとブレンドして使われることがあり、酸味の強いワインになる。 シャブリの外れに位置するという地域のAOCではソーヴィニヨン・ブランが使われ、注目が高まっている。 オーストラリア [ ] オーストラリアでは、特にマーガレットリバー地区において、セミヨンとブレンドされることが多い。 ヴァラエタルワイン(ソーヴィニヨン・ブラン1種だけから作るワイン)としては、アデレード・ヒルやパザウェイで作られるワインがあるが、ニュージーランド産のものとは異なるスタイルを持っており、比較的酸が高くやのような熟した香りがあることが多い。 チリ・ブラジル [ ] 1990年代初頭から、ワイン学者はチリで栽培されていたソーヴィニノナスとソーヴィニヨン・ブランを区別し始めた。 チリ産のソーヴィニヨン・ブランは、ブレンドを行っていない場合、典型的にはニュージーランド産よりもはっきりと酸味が弱く、むしろフランスに近いスタイルである。 は比較的冷涼な気候であり、チリの他の地域よりもブドウの収穫を6週間ほど遅らせることができるため、チリで最もソーヴィニヨン・ブランに適した産地である。 ブラジルでは、かつてソーヴィニヨン・ブランであると言われていたブドウが、調査によりセイベルであることが判明した。 ニュージーランド [ ] ニュージーランド、マールボロ産のソーヴィニヨン・ブラン 1990年代、ニュージーランドの海洋性気候の地域(とりわけ)で産出されるソーヴィニヨン・ブランはワイン市場で人気となった。 では、上に砂質の土壌が堆積しており、そのため水はけが良く痩せた土になる。 痩せた土では収量が減る分ブドウに香りなどの成分が集中するため、この場所はワイン生産にとって望ましい条件を備えている。 このような土地は、ワイラウ川の氾濫原に沿ってマールボロ地区の東西に広がっている。 このため、南北で各ワイナリーの個性は大きく異なる。 重粘土質の土壌で作られたブドウは成熟が遅く、ワインはハーブのような香りが際立つが、砂利の多い土壌で作られたワインは早く成熟し、ふくよかでトロピカルな香りになる。 土壌の差異だけでなく、生産者がいつ収穫を実施するかという決定もニュージーランド産ソーヴィニヨン・ブランの特性に影響を与える。 ニュージーランドの南島は細長い形をしているため、全てのワイナリーの海岸からの距離は80マイル(130km)以下である。 冷涼な海洋性気候のおかげでブドウが成長できる期間が長く、その間の気候も安定している。 したがってブドウは十分に成熟でき、酸と糖分のバランスがとれる。 ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランの香りと強さはこのようにして生まれるのである。 さらに近年では、南島のワイパラ、のやのソーヴィニヨン・ブランが、マールボロ産とは微妙に異なる特徴を持つとして注目されている。 ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランで一般的なやなどの青い香りは、という化学物質に由来するが、この物質は冷涼な気候においてより顕著に発生する。 やのようなより熟した香りは、の蓄積によるものだと考えられている。 北米 [ ] ワシントン州産のソーヴィニヨン・ブラン。 ラベルにプィイ・フュメと表示されている。 北米大陸においては、ソーヴィニヨン・ブランの栽培はカリフォルニアで最も成功しているほか、ワシントン州やカナダのやでも栽培例がある。 のやオハイオ川の周辺でもわずかに栽培されている地域がある。 カリフォルニアで作られるソーヴィニヨン・ブランは、フュメ・ブランの名でも知られる。 最初にカリフォルニアで作られたソーヴィニヨン・ブランは、1968年のロバート・モンダヴィによるものであるが、彼はブドウ農家から非常に良いソーヴィニヨン・ブランを買い受けることができた。 ところが、当時カリフォルニアでは、ソーヴィニヨン・ブランは青臭くて強すぎる香りがあるとして評判が悪かった。 そこで、モンダヴィは樽熟成により香りを穏やかにし、フランスのプイィ・フュメを思わせる「フュメ・ブラン」の名前で売り出すことにしたのである。 現在では、マーケティングの観点から、生産者が好きな方の名前を用いることができる。 また、フュメ・ブランの名前で売られているワインのなかには、オーク樽熟成させたものもさせていないものもある。 カリフォルニア産のソーヴィニヨン・ブランは2つのスタイルに分かれる。 ニュージーランド産のワインに影響を受けたスタイルでは、控え目なトロピカルフルーツの香りとともに、やパッションフルーツのような香りが感じられる。 モンダヴィのプイィ・フュメのスタイルでは香りがよりはっきりとしていて、のような香りがある。 その他の地域 [ ] 南アフリカのやダーバンヴル、のコリッロ・ゴリツィアーノでは優れたソーヴィニヨン・ブランが作られるようになってきた。 また、イタリアの甘口ワインのなかでも特に優れたものとして知られるムッファート・デラ・サラでは主要品種として使われる。 栽培と醸造 [ ] ニュージーランドやチリでは、ソーヴィニヨン・ブランを間隔をあけて何度か収穫することがある。 これは、熟度によって特徴が変わってくるため、異なる特徴になったブドウをブレンドするためである。 あまり熟していない状態ではが強い。 果実が熟すにつれ、赤トウガラシやピーマンのような香りが生まれ、糖度とのバランスも良くなる。 このピーマンのような香りはメトキシピラジンという化学物質によるものである。 マールボロのワイラウバレーでは、起伏のある地形のためワイナリーのなかでも熟度の段階が異なることがあり、間隔をあけて収穫するのと似た効果がワインに現れる。 ソーヴィニヨン・ブランから成るワインは、醸造の仕方にもおおいに影響される。 ひとつは果汁をどの程度ブドウの果皮に接触させるかというものである。 ニュージーランドでワイン造りが始まった当初は南島には醸造施設が無かったので、トラックやフェリーで北島、多くはオークランド まで運ばなければならなかった。 そのため果汁と果皮の接触時間は長くなり、ワインの味わいは強くて鋭いものになった。 現在、生産者によっては、意図的に果汁の一部を果皮に接触させ、後にブレンドに使うことがある。 これはもともとフランスのロワール地方で使われていた手法である。 逆に、カリフォルニアなどでは醸造したワインの風味が熟成によって変化しないように、一切果汁を果皮と接触させずに作ることも一般的に行われる。 また、醸造時の温度をどの程度にするかも重要な要素である。 ニューワールドではそれよりも低めの温度で醸造することが多く、ワインは果実味が強くトロピカルな香りになる。 ロワールではマロラクティック発酵を採用するのは少数の生産者にすぎないが、ニュージーランドでは比較的多い。 一般にオーク樽での熟成を行うと、香りに丸みが生まれ、強すぎる酸味が穏やかになるが、ニュージーランドやサンセールでは鋭い酸味と強い香りを生かすためにステンレスタンクで醸造することも好まれる。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Wine and Spirit Education Trust Great Britain 2nd rev. ed ed. 2012. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Robert. , Joseph, 2000. Rand, Margaret.. London: Dorling Kindersley. , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. 2018年4月2日閲覧。 , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. 2018年4月3日閲覧。 一般社団法人日本ソムリエ協会. 日本ソムリエ協会教本 2017• 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Jancis. , Robinson, 1987. Rev. reprint ed. Mitchell Beazley. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. , Robinson, 1987. Rev. reprint ed. Mitchell Beazley. Kramer Saved by Sauvignon The Wine Spectator pg 36 July 31st, 2007• 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Marais, J. ; Hunter, J. ; Haasbroek, P. 1999. South African Journal of Enology and Viticulture. 20 1 : 19—30. Tominaga, T. ; Baltenweck-Guyot, R. ; Peyrot des Gachons, C. ; Dubourdieu, D. 2000. American Journal of Enology and Viticulture. 51 2 : 178—181. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. 脚注 [ ]• ヴェールはフランス語で「緑」の意味• ソーヴィニヨン・ブランのピンク色突然変種である。 グリはフランス語で「灰色」の意味。 ロワール川下流域は海洋性気候であるが、ソーヴィニヨン・ブランが作られているのは大陸性気候の中上流域である。 オークランドは北島の中でもやや北よりに位置する。 オータムキング• オータムロイヤル• カッタクルガン• クリムゾン・シードレス• グローコールマン• サニードルチェ• 昭平紅• 瀬戸ジャイアンツ• 京早晶 チンチャオチン• トロリンガー• ニューナイ• バラディ• ピッテロビアンコ• ブラック・コリンス• ブラック・マスカット• マニキュアフィンガー• リザマート• ルビーオクヤマ• ロザキ• ロザリオビアンコ 北米種群 アメリカ・ブドウ ラブルスカ種.

次の

アーラー グラッドストーン ソーヴィニヨン・ブラン 2018 |ワイン通販|東京虎ノ門 ワイン専門店 カーヴ ド リラックス

ソーヴィニヨン ブラン 2018

エラスリス エステート ソーヴィニヨン・ブラン 2018 ステンレスタンク内で低温醗酵。 フリーラン・ジュースのみ使用。 テイスティング・コメント グリーンがかった淡いストローイエロー。 粘性は中程度より高め。 アロマは新鮮で、ライムやマンダリンオレンジ、白桃、トマトの葉、アスパラガス、ジンジャー、そしてムスクにジャスミンなどアロマティックな香り。 キリリと締まった爽やかな酸味が心地よく、口中にジューシーな味わいが染み渡る。 豊かな香味の広がりに、抜群の透明度と持続性。 このクラスとしては上質な酸がありキレの良さとクリアーなアフター、全体のバランスがとれている。 味わい深くドライ感がありリフレッシュに最適の白ワイン。 合わせるお料理は、サラダ、サーモンのカルパッチョ、海老のアヒージョ、他 シーフード・貝料理、麻婆豆腐など。 2019年4月試飲 ヴィーニャ・エラスリス ドン・マキシミアーノ・エラスリスは1870年にヴィーニャ・エラスリスを設立しました。 将来への素晴らしいヴィジョンを持ち、革新的で開拓精神に溢れていたドンは、最初のフランスのブドウ品種をアコンカグア・ヴァレーに植えたのでした。 彼のイニシアティブと創造力は、後の世代にも受け継がれ1世紀以上経った今日、彼の子孫たちがワイナリーをまとめ、エラスリスを世界中で最も注目されるワインに成長させるまでに至りました。 現在、6代目のエドアルド・チャドウィックがワインビジネスの指揮にあたっています。 ただひたすら上質のワインを作るワイナリーとして、ヴィーニャ・エラスリスは、ワールドクラスの技術とプロフェッショナルな醸造チームで、ワインメイキングの近代化をリードしてきました。 革新 ヴィーニャ・エラスリスはその革新的な特徴や、卓越した様々な功績をおさめているワイン業界のリーダーとして知られています。 1991年 丘の中腹に位置する畑であるドン・マキシアーモ・ヴィンヤードに、点滴灌漑 ドリップ・イリゲーション を取り入れた初めてのワイナリー• 1993年 チリにシラーを紹介した初めてのワイナリー• 1995年 自生のイーストで発酵を始めた初めてのワイナリー• 1995年 ヴィーニャ・セーニャの誕生で、チリのワイン業界において初めての国際的なジョイントベンチャーとなる• 2004年 チリで初めてスクリューキャップを採用したワイナリーの一つ• 2010年 グラヴィティーフロー ポンプを使わず重力でワインを移す方法 、地熱温度安定システム、耐熱窓、ソーラーパネルといった最新技術と最も進んだサステイナブル農法 持続的農業 を取り入れたドン・マキシミアーノ・アイコン・ワイナリーを新しく開設 2005年、エラスリスは太平洋からわずか12キロの美しい土地に位置するアコンカグア・コスタにて、革新的なプロジェクトを新しいベンチャーとして始めました。 アコンカグア・コスタは、ヴィーニャ・エラスリスが120 haのブドウ畑を所有する場所ですが、ここは多くのマイクロクライメイトや土壌の種類、多様な日照条件、畑の向きとなだらかに続く丘陵地など、実に驚くほど多様性を持つユニークな土地となっています。 この地域は海の近くにブドウ畑がある為、涼しい風が吹くこと、年間降水量が少ないこと、比較的肥沃な土地であること、主に海岸山脈由来の変成岩地質であることから、特にシャルドネなど白品種及びピノ・ノワール種を育てるのに最適な、冷涼な気候地区となっています。 2014年 ラス・ピサーラスの初リリース。 ヴィーニャ・エラスリスの最も新しいアイコン・ワインであるラス・ピサーラスは国際的なワイン批評家たちから卓越した評価を獲得しています。 ラス・ピサーラスは少量限定のグラン・クリュに匹敵するレベルのワインで、この土地のテロワールであるスレート スペイン語でピサーラス という変成岩の大きな影響を受けた区画で作られます。 この特別な気候と土壌が、ワインに垂直性、引き締まった辛口の風合い、バランスが取れたミネラルの味わいを持たせています。 因みに2位はセーニャ2001で、チリ産が圧勝し世界を驚かせたのは言うまでもありません。 その後も東京やロンドン、ニューヨーク、サンパウロなど15か国以上の都市で、フランスとイタリアにチリワインを含めたプレミアムワインのブラインド・テイスティング行われています。 エラスリスのワインはその都度、1~3位、乃至トップ5に名を刻み、ブランドとしての地位を確立しました。 さらに驚いたことにランクインしたワインは「ヴィニエド・チャドウィック」だけではなく、「カイ」「ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ」「ラ・クンブレ」、エラスリスのプレミアムワイン全てが選ばれています。 参考 2004年 ベルリン 1位 エラスリス ヴィニエド・チャドウィック2000 2位 セーニャ2001 3位 シャトー・ラフィット・ロートシルト2000 4位 シャトー・マルゴー2001 2008年 ベルリン 1位 エラスリス ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ2005 2位 エラスリス ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ2004 3位 サッシカイア2004 4位 エラスリス ヴィニエド・チャドウィック2004 5位 シャトー・ムートン・ロートシルト2004 2010年 ニューヨーク 1位 エラスリス・カイ2006 2位 オーパス・ワン2006 3位 シャトー・オーブリオン2006 4位 エラスリス ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ2006 5位 シャトー・ラフィット・ロートシルト2006.

次の

プティ・ブルジョワ ソーヴィニヨン・ブラン 2018年 アンリ・ブルジョワ 750ml (フランス ロワール 白ワイン) うきうきワインの玉手箱

ソーヴィニヨン ブラン 2018

栽培面積では食用ブドウも含めて世界で11番目のブドウ品種です。 赤ワイン用ブドウ品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの親であるとの研究結果が出ています。 ソーヴィニヨン・ブランの色 ソーヴィニヨン・ブランの実の特徴は、丸い卵型で明るい小さめの果実で明るい黄緑入りから熟すと黄金色の皮の色を呈します。 他の品種と比較すると栽培は容易で世界中で栽培されています。 ソーヴィニヨン・ブランの香り ソーヴィニヨン・ブランの一番の特徴はその個性的な香りです。 涼しい地域では、青い草、ハーブ、ライム、レモンの香りをもったワインとなります。 暖かい地域ではパッションフルーツ、洋ナシ、グレープフルーツの香りをもったワインとなります。 いずれの地域でもはつらつとした、一度香りを嗅いだら忘れられないほどのインパクトのある香りの強さをもっています。 ソーヴィニヨン・ブランの香りは時に「猫のおしっこ」とも表現されます。 比較的涼しい地域で採れたソーヴィニヨン・ブランの香りの表現に用いられます。 ソーヴィニヨン・ブランの味 心地の良いきれいな酸味をもち、搾りたての果実を想わせるような味わいがあります。 鮮烈な香りと同様、舌に残る印象も果実味があふれるものとなります。 ソーヴィニヨン・ブランと似た品種 ソーヴィニヨン・グリ ソーヴィニヨン・グリの「グリ」はフランス語で灰色という意味です。 皮の色に由来し、実際には灰色よりはピンク色をした皮をしています。 ソーヴィニヨン・ブランの突然変異です。 ソーヴィニヨン・ブランと比較するとふくよかでオイリーな印象です。 ソーヴィニヨン・ブランの主な産地 世界中で栽培されている人気者、ソーヴィニヨン・ブランの主な産地を解説します。 フランス ソーヴィニヨン・ブランの代表的産地であるフランスでは、フランス国内だけでも複数の産地で素晴らしいワインが生産されています。 一つ目はロワール地方です。 ほかのブドウ品種とブレンドすることなくソーヴィニヨン・ブランを100%使用します。 その中でもプイィ・フュメとサンセールは特に品質の高いものを生産しています。 涼しい地域のソーヴィニヨン・ブランの特徴をもっており、駆り立ての草やハーブ、柑橘系のさわやかな香りをもっています。 酸味も果実味とのバランスがよいです。 ロワール地方では、このほかにもトゥーレーヌでも手ごろな価格ながら品質の高いソーヴィニヨン・ブランが生産されています。 二つ目の地域はボルドー地方です。 ボルドー地方ではセミヨンというブドウ品種とブレンドしてワイン造りをしています。 セミヨンの特徴はふくよかで厚みのある味で、ブレンドすることでボディを与えます。 またボルドー地方では、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのブレンドで甘口ワインも造らています。 霧の多い地域でカビ菌(貴腐菌と呼ばれる)がブドウの表面に発生するのを利用して、水分がなくなり甘さを凝縮させたブドウから甘口ワインを造りだします。 三つ目には南西地方です。 ボルドー地方のすぐそばの南の地域です。 ワインのスタイルもボルドーと似ており、名前はあまり知られていませんが質の高いワインを造っています。 ニュージーランド ソーヴィニヨン・ブランの世界基準ともいわれているのがニュージーランド・南島のマールボロで収穫されるものです。 仕上がるワインはパッションフルーツや洋ナシなど、鮮烈な香りをもつものです。 スペイン スペイン北西部のルエダでは、ヴェルデホが広く栽培されていますが良質なソーヴィニヨン・ブランも栽培されています。 生き生きとした香りが特徴で、ソーヴィニヨン・ブランの良さを感じることができる生産地域の一つです。 アメリカ アメリカ・カリフォルニアでも高い品質のワインが造られています。 カリフォルニアではフュメ・ブランという名前で呼ばれ、樽熟成でリッチな味わいに仕上がっているのが特徴です。 オーストラリア オーストラリアの南西部のマーガレット・リヴァーでは、ボルドーと土壌が似ているとの研究結果から良質のソーヴィニヨン・ブランのワインが生産されています。 そのほかの生産地域 上記の国々以外にも、イタリア北部、ドイツ、オーストリアでも生産されています。 またチリのカサブランカ、ルーマニア、南アフリカでも近年良質のものが生産されています。 ソーヴィニヨン・ブランで造られた有名なワイン ソーヴィニヨン・ブランから造られた有名なワインを解説します。 パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー フランス・ボルドー地方には珍しい、ソーヴィニヨン・ブラン100%で造られる白ワインです。 有名シャトーの一つである、シャトー・マルゴーで造られる生産量の少ない貴重なワインです。 コント・ラフォン ドゥ・ラドゥセット サンセール 樽での発酵を行わずソーヴィニヨン・ブランのもつフレッシュさと果実味を余すことなく表現しています。 クラウディ・ベイ テ・ココ クラウディベイはニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランドの成功の先駆けになった生産者です。 ヨーロッパのソーヴィニヨン・ブランしか知らなかった方がその常識を覆されるほどの印象があります。 ステラ・ソーヴィニヨン・ブラン オーストラリアを代表するワイン評論家荷も高い評価を得ているワイナリーです。 ドライな印象で樽発酵による複雑さをもっています。 まとめ ソーヴィニヨン・ブランはとにかく香りの印象が強いワインです。 柑橘系の香りに注目しても、ライム、レモン。 オレンジと地域により香りの違いがあります。 人気も高く世界中で栽培されているので、生産地域や醸造方法で違いを楽しむのもいいですね。 この記事が気に入ったらシェア•

次の