カビゴン。 【ポケモン剣盾】カビゴンの型・調整・育成論まとめ

【ポケモンGO】カビゴンのマスターリーグ最適技と対策ポケモン!耐久型として活躍!|ポケらく

カビゴン

図鑑説明 、、 1にちに ものを 0キロ ないと きが すまない。 おわると ってしまう。 、 ぐうたらで ては ねるだけ。 だから どんどん ふとっていき ますます なまけてしまうらしい。 たしょう が はえていても きにしないで まくる。 おなかを こわしたりもしない。 、 なきごえ とおもっても じつは き だったり へった おなかが なりひびく おと だったりする。 、 いぶくろの しょうかえきは どんな どくも しょうか できる。 おちているものを ても へいき。 がんじょうな いぶくろは の はえたものや くさったものを ても こわれることはない。 て ねての くりかえしで 1にちが おわる。 おおきな おなかの うえを あそびばに している たちも いるほど い だ。 、 が はえていても くさっていても だいじょうぶ。 カビゴンの いぶくろは なんでも しょうか できるのだ。 っているとき いがいは エサを つづける。 1にちに 0キロ ないと に ならない。 、 になると ゆら うごかすのが めんどうに なるので おなかに のっても だいじょうぶ。 さいきょうの いぶくろを もつと いわれる。 の どくでさえ カビゴンの したには なのだ。 まいにち 0キロの エサを くう。 くってるはじから いりを はじめ ったままでも くっている。 くうか ねるかしか していないが なにかの きっかけで ほんきをだすと を はっきするらしい。 ること いがいに きょうみが ない。 ちゅうに おなかのうえに のっかっても まるで きにしないぞ。 界のだが外見から憎めないである。 発刊()の「図鑑」というによれば、になったのはの人物で、社員で「」ではナーを担当した開発の二氏。 同氏はの生えた物でも食べるという大食であったことから内から"カビゴン"という称で呼ばれており、それがそのままとして採用されたとのこと。 「が子のようなカビゴンです」というを付きで添えており、顔から体格まで二つである。 体重は4kgもあり、第代までは最重量であった。 この重さゆえ「けたぐり」に弱い。 「」や「(含む)」「」では固定する。 前者二つではの端で眠っており、を塞いでしまっている。 「」ではのの上で寝ている。 どれものを吹いて(「」及びでは「の」を流して)起こして戦うことになる。 野生のカビゴンはを持っている。 ただし「」のものはカゴの実を持っていて、終了後にカビゴンがいた場所を調べると入手できる。 「」ではが使用。 では戦のである状態では必中となるを覚えているが、特攻が低いので弱点をつかれない限りたいしたにはならない。 「」で前のが登場。 の持っているが最終的にする。 では複数の個体が登場しており、そのうちの1体をがしている。 詳しくは後述。 ではか出現するの一体であり、上からの垂直落下によって大を与える。 特殊が高い。 攻撃も高く所謂「物言う特殊受け」。 きあいだまやのせいで実際に特殊受けをするのは難しいこともあるが、下記の、覚える技を活かして今も特殊アタッの脅威となっている。 は" あついしぼう"と" めんえき"の2種類。 氷と炎を半減できる前者を採用するが多い。 また、めんえきは版カビゴンの特殊でもある(同じような例にの等がある)。 は "くいしんぼう"。 が4分の1以下になってから使用するなどを半分以下で使用するというもの。 はらだいこからのカ発動はがあるが、前述の通りなにかと安定感のあるあついしぼうの方が採用されやすい。 第7世代で「のみ」や「ウイのみ」等のが変更され、「が4分の1以下になった時に最大の半分回復する」という効果になったことでくいしんぼうにも十分な採用価値ができた。 というのも、がくいしんぼうであればが半分を切った時点でこれらのの効果を発動できる上、「」を使えば何度もを発動できるため「じこさいせい」と同じような感覚で扱うことができるのである。 今まで回復技を「る」くらいしか覚えなかったカビゴンにとってこれは非常にありがたい効果と言えるだろう。 また、を半分削る「はらだいこ」との相性がいいのも嬉しいところ。 ただし「」はの基本技であり、させてしまうと教え技でしか覚えられなくなる点には注意。 覚える技が多く好みで出来る。 「」や三色など様々なの攻撃技に加え、一撃技「」もある。 補助では「」「」が一般的。 したが一致「じばく」もある。 第7世代では期購入特典として配信されるとともに入手できる「カビゴンZ」を介して専用の「ほんきをだすこうげき」を使うことができる。 ただしにできる技は全般ではなく、のみとなっている。 第代ではの特殊に加え、決定とを同時補強する""、当時はでるも発動可だったために性だったねご、凄まじいを得られる"はらだいこ"、第1世代から大幅強化された"じばく"などで劇的な強化を遂げ、文句なしのとして君臨。 、とともに初代組の出世頭となった。 その後、強なの追加、変更などでにでは衰えた。 しかし鈍足を補うや範囲攻撃に設定されているじばく、パのであるを受けられるあついしぼうのおかげで以前のではと並ぶ最格の一体として君臨し続けていた。 サトシのカビゴン• 第話(編)で初登場。 ザ七のザを食いて住民を困らせていた。 も手持ちで撃退を試みるが全くが立たず、最終的にに協してもらい「うたう」で眠らせてした。 当初はや睡眠欲を優先しての言う事を聞かないこともあったが、後にのとしてのが上がったためか示を聞くようになる。 を「」の一撃で吹き飛ばす、の「きあい」を何発も耐えてしまうスタミナ、更にはカビゴンにあるまじきまでをも兼ね備えているという級の強さを誇る。 ではのと、ハヅキのとを倒すというにも並ぶ活躍を見せた。 編ではで登場し、苦手なであるとを立て続けに下す大を上げている。 手持ちに入っていた期間が短いため出番はあまり多くないが上述の通りでの活躍は覚ましく、出場した試合では確実に1体以上(高で2体)を持っていく実者である。 そのためや、や、等と並びのの一とも多い。 レッド(ポケットモンスターSPECIAL)のカビゴン• 第一章12話で登場。 こちらではのを巨体でふさぐような形で眠ってしまい、参加者たちを困らせていた。 色々試した末に最後の手段として、とある蜜をたっぷり被ったで誘惑して、理やり起こし、その後成り行きでの手持ちになる。 こちらはや睡眠欲を優先する描写がかなり少ない。 その代わり、のをずつきで砕く、のと過な攻撃合戦を繰り広げるなど、特殊受けというより受けとしての活躍が多く、こちらでも中々の強ぶりを発揮する。 (ちなみにのとの対決では結果的にカビゴンが負けたものの、に対するの発言もあいまって、のぶりに拍をかける要因をつくってしまったでもある。 第一章以降は登場回数自体は少ないが、高速で行き止まりにぶつかろうとしているを自慢のでとめるなど、の強い活躍を見せている。 ドット 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

【ポケモンGO】カビゴンのマスターリーグ最適技と対策ポケモン!耐久型として活躍!|ポケらく

カビゴン

HP割合に応じて発動する木の実が、本来の割合ではなく体力が半分以下になったときに発動するようになる。 また、 ノーマルタイプは弱点が格闘タイプだけと受けとしての性能が優秀であるため、耐久の高さを存分に活かすことが可能です。 これらのおかげで どんなポケモンの前でも基本的に1回は行動できるため、対戦序盤で様子見ができるポケモンとして重宝されます。 技・型の多さ カビゴンは覚える技がとにかく豊富で、 攻撃技であればほぼ全てのタイプの技を覚えますし、 起点を作れる「あくび」や 要塞化を狙える「のろい」や「ドわすれ」、 崩し性能を得られる「はらだいこ」、さらには持ち物と合わせることで 回復技となる「リサイクル」まで習得することが可能です。 また、防御に努力値を振ること以外は特に推奨される育成方法がないため、 上記の大量の技に加え努力値振りの自由度も高く、様々な型が使われています。 短所 素早さが遅い 素早さが非常に遅いポケモンなので、通常のポケモンを相手にする時に発生する、 素早さ関係の確認や「こだわりスカーフ」の警戒をさせることができません。 ほとんどの対面で カビゴンよりも相手のポケモンの方が先に動くという共通認識の下対戦が動いていくので、技選択の自由度は相手の方が高くなってしまいます。 ・高耐久を活かして様子見 ・技「あくび」でダイマックス対策 努力値調整 HP:振り切り B:物理ポケモンが多い環境であるため特化 D:端数 役割 クッション、起点作り 解説 ダイマックス対策筆頭技「あくび」を軸に動かします。 上述した通り耐久が高い上に弱点が少ないため、環境のほとんどのポケモンに対して動くことができるため、 「あくび」を使った様子見、つまりは相手の選出や技などの情報の引き出しを対戦序盤に行うことができます。 その他にも対戦終盤の「あくび」+「まもる」による詰めや、こちらのエースの起点作りなどなんでもこなすことができるため、 パーティの潤滑油的存在、特にポケモン対戦では"クッション"と呼ばれている役割を担うことができる数少ない型です。 ・技「のろい」で要塞化 ・木の実を消費したら「キョダイサイセイ」で殴りながら回復 努力値調整 HP:振り切り B:物理ポケモンが多い環境であるため特化 D:端数 役割 積みエース、物理受け 解説 物理耐久の低さを技「のろい」で補い、元々持っている特殊耐久の高さと合わせて要塞化する型です。 この圧倒的な性能のおかげで 倒される方法が、特殊高火力技による強引な突破・呪い型のミミッキュによるハメ・一撃必殺技など限られているため、これらへの対処方法を確立することでポテンシャルを最大限発揮することができます。 上で提示した育成論はHBに特化していますが、AB振りにすることで特殊ポケモンに対しての性能を確保したり、早めに攻撃に移行し急所などの事故死を防ぐことができます。 参考パーティ 使用者:シンヤ 使用者:clover() ラム型 特性 あついしぼう 性格 いじっぱり 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:0 攻撃:252 防御:252 特攻:0 特防:0 素早さ:4 実数値 235-178-117-x-130-51 技 じばく ばかぢから アイアンヘッド DDラリアット 入れ替え候補技 すてみタックル かわらわり ヘビーボンバー ヒートスタンプ ほのおのパンチ じしん ・状態異常に邪魔されずに初手で暴れられる ・ダイマックスが切れたら「じばく」で退場することで起点にされるのを回避 努力値調整 A:特化 B:振り切り S:端数 役割 初手、ダイマックス 解説 初手のダイマックスは「おにび」や「あくび」などの状態異常に妨害され上手く動けないことが多いですが、このカビゴンは 「ラムのみ」を持っているおかげでそういった序盤の展開技を気にすることなくダイマックスで暴れることができます。 また、ノーマルタイプなので弱点が格闘しかなく技範囲も広いためタイマン性能が高く、「ダイアタック」で相手の素早さを下げることでその後の展開を有利にできたりと、対面構築と特に相性が良い性能となっています。 参考パーティ 使用者:くろもち() ねむカゴ型(キョダイマックス) 特性 あついしぼう 性格 いじっぱり 持ち物 カゴのみ 努力値 HP:0 攻撃:252 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 235-178-117-x-131-50 技 すてみタックル ヒートスタンプ のろい ねむる 入れ替え候補技 のしかかり ヘビーボンバー アイアンヘッド ほのおのパンチ じしん ・技「どくどく」によるカビゴン対策へのカウンター ・技「あくび」で流されない 努力値調整 A:1積みで倒せる相手を増やすために特化 B:撃ち合える相手を増やすために振り切り D:端数 役割 積みエース 解説 上で紹介した鈍い型と基本的には同じですが、 持ち物「カゴのみ」によって「あくび」への耐性を持っていたり、技「ねむる」によって「どくどく」など状態異常による対策を無効にできたりすることが違いです。 また、回復木の実型ではないため 特性を「あついしぼう」にでき、ガラルヒヒダルマなどの氷技の一貫を抑制することが可能です。 回復技としては「ねむる」よりも「リサイクル」の方が優秀であるため、上記の要素が構築に足りていないと判断された場合にこの型が採用されます。 警戒されにくい、いわゆる見えない崩し枠としては優秀ですが、 この型のカビゴンを採用すると残飯型や鈍い型といった一般的かつ超強力なカビゴンを採用できなくなるというデメリットを抱えています。 チョッキ型 特性 あついしぼう 性格 いじっぱり 持ち物 とつげきチョッキ 努力値 HP:0 攻撃:252 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 235-178-117-x-131-50 技 のしかかり ヘビーボンバー ほのおのパンチ かみなりパンチ 入れ替え候補技 ヒートスタンプ アイアンヘッド カウンター じわれ ・誰とでも幅広く撃ち合える高いタイマン性能 ・特殊相手ならばダイマックスにも撃ち勝てる 努力値調整 A:撃ち合い性能を高めるために特化 B:物理ポケモンとも戦えるように振り切り D:端数 役割 初手、タイマン 解説 ただでさえ高い特殊耐久を「とつげきチョッキ」でさらに高め、物理防御は努力値振りで補った、 殴り合いに特化した型です。 特殊ポケモン相手であれば、たとえ相手だけがダイマックスしてきた場合でも打ち勝てる可能性を持っています。 ただし、カビゴンが豊富に覚える変化技を使えないため「おにび」で完全に機能停止してしまったり、1体倒す以上の仕事ができなかったりと弱い点も目立ちます。 参考パーティ 使用者:まなとぽけ() カビゴンと相性が良いポケモン ゴーストタイプ• カビゴン唯一の弱点タイプである格闘タイプを無効化できます。 また、これらのポケモンは 技「おにび」や「のろい」でカビゴンの積み技をサポートすることができるため戦術的な相性も優れています。 「ダイジェット」持ち• これらのポケモンもゴーストタイプと同じく格闘タイプに耐性を持っています。 また、 カビゴンの「あくび」で作った起点を積み技+「ダイジェット」で最大限活かせたり、カビゴンが殴り合いに負けた後の倒れかけの相手を「ダイジェット」の起点にすることも可能なので、こちらも戦術的に相性が良いです。 カビゴンの対策 技「おにび」• カビゴンは物理型しか存在せず素早さも遅いため、技「おにび」が有効に働きます。 残飯型であれば「たべのこし」の回復量が相殺され回復する手段を失うため、火傷状態にするだけで機能停止に追い込むことができます。 ただし、 鈍い型のカビゴンは「からげんき」を覚えていることが多いため、ノーマル技に耐性があるポケモンも選出するなど工夫が必要です。 回復技+積み技対策• カビゴンが回復技持ちの相手を倒す方法は、技「じわれ」を除くと、積み技である「のろい」や「はらだいこ」しかありません。 そのため、その 積み技を相殺するような技、例えば「くろいきり」や「てっぺき」と回復技を持ったポケモンを突破するのは難しいです。 ただし、交代際にダイマックスして弱点技を撃ってきたり、素早さが異常に速い腹太鼓型である場合などは倒されてしまうので、これらを抑制するような対面を常に作ることが求められます。 超高火力で強引に突破 いくら高耐久のカビゴンといえど、 ガラルヒヒダルマの「ばかぢから」や、ウオノラゴン・パッチラゴンの先制補正の乗った「エラがみ」・「でんげきくちばし」を受け切ることはできません。 また、これらのポケモンを後出しで対処できるポケモンも限られているので、 カビゴンとの対面を上手く作り出すことができればそのまま試合に勝つことすら可能です。

次の

【ポケモン剣盾】「カビゴン」を使いこなせないんだけど… なんで自分で使うとこんなに弱いの???

カビゴン

ページ:• 投稿者:望影• コメント 40 みんなの評価 :• 投稿者:T• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:じゃくしゃ• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:ヨツカイドウ• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:いつみ• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:T• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者: 桜• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:はとこ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:さち• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:はごろもり• コメント 4 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:GOLDEN DARKNESS• コメント 47 みんなの評価 :• 投稿者:GOLDEN DARKNESS• コメント 32 みんなの評価 :• 投稿者:GOLDEN DARKNESS• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:大門• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:ヤシロ• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:暗黒神• コメント 5 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:弥群阿山• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:B 級• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:モーモーミルク• コメント 48 みんなの評価 :• 投稿者:チノレノ• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:黒翼• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:異群阿山• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:おーすけ• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:フレア• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:むは次郎•

次の