ニセコ バブル。 もう日本人の出る幕なし?外国人だらけのニセコに見る日本の未来(高橋 克英)

経済低迷の北海道に地価上昇率が全国1位の街…ニセコ、世界的リゾート地の内実

ニセコ バブル

ニセコが世界的に注目されはじめたのは2000年頃からだ。 最初はオーストラリア人から人気に火がつき、その後、SNSなどを通じて評判が広がると、フランスを中心に、イギリス、ドイツ、北欧など、ヨーロッパ各国からもスキーヤーが訪れるようになった。 理由はズバリ、雪質にある。 ご存知の方も多いと思うが、ヨーロッパのアルプスなどの雪質は固く締まっており、初心者には荷が重いところが少なくない。 それに対し、ニセコはサラサラのパウダースノーで、しかも毎日のように雪が降るから常に新雪。 一度これを体験すると、その違いに病みつきになる人が続出するのも頷ける。 しかも、ナイター施設なども充実しているのに加えて、温泉や北海道の食と魅力に溢れている。 物価も「世界の高級リゾート水準」 さらに、ここ数年は、香港やシンガポール、マレーシア、台湾などの華僑を中心とした富裕層や、フィリピン、ベトナム、タイなど、雪が降らない国からの観光客も急増した。 大げさではなくニセコでは日本人を探すのが困難になるほど、外国人で賑わっている。 リッチな外国人客を相手にしているため、物価も世界の高級リゾート相場になっている。 ゲレンデ周辺では、ランチの海鮮丼でさえ5000円というのが、ごく標準的な料金だ。 すし盛り合わせになると松竹梅で、それぞれ1万円、2万円、3万円も珍しくない。 価格に、5000円、1万円といったキリのいい数字がやたらと多いのは、両替や換算を意識してのことだという。 これだけお金持ちが集まれば当然、地元経済にも恩恵が大きいだろうと思われそうだが、残念ながらそうでもないようだ。 まずショップやレストランだが、いまでは客はもちろん、従業員までも外国人が目立つようになり、日本人の姿がめっきり減っている。 私が毎年訪れているレストランでも、昨年までは地元の日本人女性2人が「May I help you? 」と慣れない英語で接客のアルバイトをしていたが、今回は、夏場はロンドンで働き、冬はニセコでスキーを楽しみながらアルバイトしているというフランス人青年と、職を求めて中国本土からやってきた20代女性の2名にとって代わられていた。 これだけ多くの国から観光客がやってくると、接客にも英語だけでなく、フランス語や広東語までが求められる。 これでは、普通の日本人が出る幕はないかもしれない。 「99. 9%お客さんは外国人。 今日もフランス人の団体と、香港やマレーシアからのグループの予約で満席です。 彼らが満足する接客は、日本人では難しいですね」と英語でアルバイトに指示を出しながら、日本人の料理長は話していた。

次の

5億円以上の別荘が飛ぶように売れる北海道ニセコ お金持ちの外国人激増の一方で日本人離れも

ニセコ バブル

オーストラリア人のジャスティンさん(BLOGOS編集部) 「数多くの雪山に旅行で訪れたが、どこもすでにホテルや観光施設などが開発されリゾートとして完成していた。 ニセコのように開発が現在進行形で進んでいるリゾートは世界を見渡してもありません」と移住の決め手を語る。 ショップ利用客のうち日本人はほぼゼロ。 「日本語ができなくて困るのは、行政の手続きで英語の書類がない時くらい。 それ以外は、買い物をするときも英語のまま生活できるので快適です」と話す。 10年間で外国人の住民は4倍に急増 町の人口1万6693人(2019年1月末時点)のうち、外国籍の住民は2048人と過去最高の12%となった。 日本人は2009年からの10年間で、1万4968人から1万4645人へと微減しているが、外国人は449人から2048人へと約4倍の増加。 いま日本の地方では人口減少が共通の課題となっている中、この町全体としては約1000人増えている。 BLOGOS編集部 ゴミ捨てのマナー違反で地元住民とトラブルも 文化や言葉の違いで発生した諸問題にも町は細かな対応を重ねてきた。 たとえば、日常生活をする際に文化の違いが現れやすい「ゴミ」。 ひらふ地区では以前、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「産業廃棄物」などの区別がわからず、ゴミの日になると全く分別されていない様々なゴミが山のように回収場所に捨てられていたという。 日本人の住民の反発の声もあり、町はエリアごとに分けていたゴミ回収場所を撤廃。 現在は、6ヶ月以上滞在する住民を対象に町営で戸別の回収を行うほか、ホテルなどの事業者には清掃センターに直接搬入や収集業者と委託契約するように指示している。 また、スキーやスノーボードなどでは転倒による怪我がつきものだ。 緊急時に119番で呼ばれ救急車が出動したのはいいものの、現場でお互いの言葉が通じずコミュニケーションが図れないなど、命にかかわる重大な状況に陥る可能性もあった。 町は2006年に日英の通訳が可能な医療従事者配備に対する補助事業を開始。 また、医師、看護師含めスタッフ全員が日英のバイリンガル対応可能な民間の医療機関「ニセコインターナショナルクリニック」が2017年にオープン。 町だけではなく、民間でも外国人旅行者や移住者にとってのサービス充実が進んでいる。 5万円のウニ、1万円のいちごが飛ぶように売れる こうした町を挙げた環境整備により、日本屈指の国際リゾート地となったニセコから学ぼうと、国内の自治体からも多くの視察団が訪れるようになった。 しかし、地元で長らく暮らしてきた日本人の生活の暮らしぶりに、影を落としている側面があることも事実。 そのひとつが物価や不動産の高騰だ。 1万人規模の小さな町に大型スーパーマーケットが3店営業するという異例の事態となっているが、これらのスーパーは冬場になると超高級スーパーへと変貌。 店頭には、「5万円のウニ」や「1万円のホワイトいちご」など高級品がずらりと並ぶという。 地元に長く住む50代の女性は「『こんな高いウニ、誰が買うんだろうね』と近所の人と話していたそばから、外国語を話している家族がさっと現れて、ほとんど値段も見ないで買い物カゴの中に入れていく姿を見たときは、初めはびっくりしました」と話す。 不動産価格も、ほとんどの日本人には憧れることすらできないほどの値段で販売されている。 ひらふ地区の不動産購入価格は、1980年代ごろはコンドミニアム1棟が2000万円ほどだったというが、現在はペントハウス1部屋で5〜8億円が平均だ。 ひらふ地区には高級コンドミニアムがずらりと立ち並ぶ(BLOGOS編集部) 短期滞在の場合でも、冬場は1泊40〜50万円で1週間以上からが相場だといい、同エリアで不動産販売を手がける男性は「今では、不動産の購入で連絡してくる中で日本人はまずいない。 ゲレンデでは、日本人を探す方が難しいと言われているぐらい外国人だらけです」と話す。 また、ひらふ地区のようなリゾートエリアの不動産価格の高騰は、日本人の大半が暮らす市街地にも影響し始めている。 市街地ではリゾートエリアのホテルで働くスタッフ向けの住宅需要が高まり、従業員宿舎の建設が急増。 それに伴い、市街地のアパートの月額平均賃貸は約5〜6万円と札幌の4万円を超えるまでになった。 同町で約30年間カフェを経営する女性(59)は「日本人スタッフを採用するのが年々難しくなってきています」と話す。 パウダースノーはもうない?町は閑散期の観光客増狙う 今後、現在建設中の大型ホテルが次々に開業を迎えるほか、町内の「倶知安駅」は2030年には北海道新幹線の新駅の停車駅となる予定で、さらに観光客が増えることが予想される。 一方で、雪は自然の産物であり、雪山の広さには限りがあるのも事実だ。 「ゲレンデはいつも人でごった返すようになり、パウダースノー(新雪の粉雪)はない」との声も上がり、リフトの待ち時間などによりユーザーの満足度が下がることで観光客離れが進むことも懸念される。 その打開策として町が狙うのは閑散期の観光客増だ。

次の

もう日本人の出る幕なし?外国人だらけのニセコに見る日本の未来(高橋 克英)

ニセコ バブル

このルールは、スキー場コース外の事故防止のために設けられています。 ニセコはかつて、国内で最も雪崩による死亡事故の多い山でした。 ニセコは新雪滑走の自由を尊重すると共に、みなさんの安全に重大な関心を持っています。 安全な滑走のために、以下のルールを守って下さい。 スキー場コース外へは必ずゲートから出なければならない。 ロープをくぐってスキー場コース外を滑ってはならない。 スキー場コース外ではヘルメット、雪崩ビーコンを装着するよう強く推奨する。 これは2020-2021年冬期から義務化される。 ゲートが閉じられている時はスキー場コース外に出てはならない。 立入禁止区域には絶対に入ってはならない。 なお、捜索救助と調査活動は除外される。 小学生のみのスキー場コース外滑走を禁止する。 <補足> ・スキー場コース外での救助捜索には費用(最低10万円 が請求される。 ・上記ルール違反者はリフト券の没収、販売停止などでスキー場利用を拒否される場合がある。 ・事故は吹雪など悪天候時に多く起こる。 知識や技術、道具を過信しないこと。 常に用心すること。 パトロールの指示に従うこと。 亀裂転落、立木衝突に注意。 雪山に100パーセントの安全はない。 ・ニセコ雪崩情報は地域の公式情報でありニセコ雪崩調査所が独自の手法で当日の危険を予測している。 ・雪崩ビーコン、プローブ、ショベルの携行を強く勧める。 これらの道具は万一の時にあなただけではなく仲間の命も救えるかもしれない。

次の