ドコモから楽天モバイル 手続き。 楽天モバイル・スーパーホーダイ→UN

楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)から楽天回線への移行方法

ドコモから楽天モバイル 手続き

楽天モバイルの最新情報は下記の記事を参考にしてください。 ドコモから楽天モバイルに乗り換えする前に知っておきたいこと ここではドコモから楽天モバイルに乗り換えるとき、事前に知っておくべきことをお伝えします。 更新月以外で解約すると違約金がかかる ドコモだけでなく、大手キャリアには「2年間」の契約期間があります。 ドコモでの更新月は、 契約期間後の1か月間 25か月目 を示します。 例えば2016年8月に契約した場合の契約期間は~2018年8月、更新月は2018年9月となります。 もし更新月以外で解約した場合は、 9,500円 税抜き の違約金がかかります。 2年間の契約のため、更新月は忘れやすいものです。 以下の方法で確認できますので、試してみてください。 My docomoで調べる場合 My docomoにログインし、画面下部の「契約内容・手続きのメニュー」から、「ご契約内容確認・変更」をタップします。 ドコモでの契約内容やプランなどがこの画面で確認可能です。 電話で調べる場合 ドコモでは電話でも契約内容を確認できます。 しかし、契約内容の確認をするためだけに繋がりにくい電話を使うのはおすすめしていません。 My docomoなら24時間いつでも契約内容を確認できるので、できればそちら経由でチェックしましょう。 ドコモの端末からダイヤル:151 受付時間 9:00 ~ 20:00• 一般電話からのダイヤル:0120-800-000 受付時間 9:00 ~ 20:00 MNP転出手続きには手数料が発生 ドコモから楽天モバイルに乗り換える際に、MNP番号を取得しなければいけません。 ドコモの場合、MNPの転出手数料として3,000円 税抜 が請求されます。 MNP予約番号には有効期限がある MNP予約番号は取得してから15日間有効です。 取得日が8月1日であれば、8月15日まで利用できます。 あらかじめMNP予約番号だけを取得しておくのではなく、乗り換える直前になってから取得することを推奨します。 理由は、Webから楽天モバイルに申し込む場合は、 MNP約番号の有効期限が10日以上残っているものでないと受け付けてもらえないからです。 そのため、Web経由で楽天モバイルに申し込む方は、8月1日に取得した場合8月5日までに手続きを済ませましょう。 MNP予約番号の取得方法 ドコモでMNP予約番号を発行してもらうには、次の3つの方法のいずれかから選択できます。 電話で転出手続きをする:0120-800-000 受付時間 9:00 ~ 20:00• ドコモショップで手続きをする• My docomoから手続きをする 受付時間:9:00 ~ 21:30 ネットから手続きをする場合はアカウントやパスワード入力が必要です。 ショップでは店員からの引き留めにあう可能性もあるので、そういったのが嫌な方はMy docomoからの手続きをおすすめしています。 また、電話は時間帯によっては繋がりにくいので、よほど時間に余裕がある以外はネット経由でのMNP予約番号取得が良いでしょう。 なお、My docomoからのMNP予約番号発行の場合でも受付時間が存在するので注意してください。 ドコモから楽天モバイルに乗り換えるにはSIMフリー化が必要? ドコモ、auやソフトバンクなどの大手キャリアでは、スマホに独自のSIMロックをかけているため、基本的にそのロックを解除しないと楽天モバイルで端末をそのまま利用することが出来ません。 楽天モバイルのSIMを使うにはSIMフリー化が可能な端末 SIMフリー端末 でないと利用できないのですが、 楽天モバイルはNTT docomoの回線を使っているため、SIMフリーの必要はありません。 Androidのみならず、iPhoneでもSIMフリー化をしなくても大丈夫です。 ただし、SIMフリーにしなくてもよいことと、端末が楽天モバイルを使えるのか確認済みであることは、別の問題です。 万一に備えて利用したい端末が楽天モバイルでの動作確認が済んでいるかを楽天モバイル公式で確認しましょう。 公式サイト: 個人的にはドコモであってもMNP前にSIMフリー化をすべきだと考えています。 理由は、もし楽天モバイル以外にUQモバイルなどにMNPしたくなった場合、au回線を使うのでドコモ端末だとSIMロック解除しないと利用できないからです。 楽天モバイルに申込 SIMや端末の購入 利用するプランや端末、SIMカードのサイズに間違いがないよう購入します。 ネット申し込み時に必要な書類などは下記となります。 本人確認書類 免許証、保険証など• MNP予約番号 有効期限10日以上 3. SIMカードの受け取りと初期設定 申し込みが完了すると、早ければ2日ほどで自宅に楽天モバイルのSIMカードやスマホが届きます。 それらが揃ったら楽天モバイルで通信を行うためにAPNの設定を真っ先に行いましょう。 楽天モバイルのAPN設定方法は下記記事にてiPhone、Androidスマホ別にまとめているので参考にしてください。 ドコモから楽天モバイルへのMNPでこんなに節約可能 ドコモで提供されている最安値プランと、楽天モバイルの最安値プランを比較してみます。 2年継続 ドコモ 楽天モバイル 基本料金 カケホーダイプラン:2,700円 スーパーホーダイ S:1,480円 インターネット接続 spモード300円 ー データ通信の定額 1GB:2,900円 3GB:4,000円 5GB:5,000円 ー プラン合計 5,900円 docomo with適用時:4,400円 1,480円 ドコモで提供されている最安値のプランは、「カケホーダイプラン」の1GB/月で5,900円 税抜 です。 ただし、これにdocomo withを適用させていた場合は月額料金が1,500円引かれるので、最安値は4,400円となります。 楽天モバイルのスーパーホーダイ Sは、1回10分間の国内通話無料サービス込み、 毎月のデータ通信量が2GBで2年間は月額1,480円から利用することが出来ます。 さらに楽天会員がダイヤモンド会員である場合は、1年間980円で使えます。 ドコモを2年間フルに使ったとした場合、月の料金差は2,920円。 2年間のトータルに直すと、70,080円の料金差が生まれます。

次の

ドコモから楽天モバイルに乗り換える手順|違約金のないMNPタイミングは?

ドコモから楽天モバイル 手続き

現在通信専用として利用している 楽天モバイル(MVNO)のプランを、スーパーホーダイから 楽天モバイル(MNO)プランの Rakuten UN-LIMITに、ついに変更手続きを実施してみました。 元々、楽天モバイルのMNOとしてのサービス開始に合わせて準備の意味で契約していたのですが、出てきたRakuten UN-LIMITに予想していたほどの魅力を感じなかったため、なんとなくそのまま変更することなく利用を続けていました。 MVNOとしての楽天モバイル(ドコモSIM)は、ドコモのエリアで普通に使えますし、高速通信OFFの状態でもドコモのギガホと比較した場合、むしろ使い勝手が良かったです(参考:「」)。 そのため、逆にこれをMNOプランに変更し、安定のドコモ回線と別れるメリットがあるのか、と感じていたわけです。 とはいえ、それではそもそも何のために楽天モバイルを契約したのかわからなくもなりますし、リスクは覚悟で変更に踏み切ってみようと思いました。 キャンペーン等で月額料金は当面、安くなりますしね。 ということで、実際に楽天モバイル(MVNO)から楽天モバイル(MNO)のRakuten UN-LIMITの申し込みをしてみた流れを解説していきます。 スーパーホーダイからの移行申し込み 楽天モバイル公式ページには、すぐ目立つところに「 スーパーホーダイ、組み合わせプランからの移行申し込み 」という項目が用意されています。 ここから入れば、手続き自体は簡単に完了させることができます。 現行のプランは「スーパーホーダイプランS」、変更後のプランが「 Rakuten UN-LIMIT」です。 料金は、どちらも変わらず2,980円ですが、各種割引等があるので実際には「スーパーホーダイプランS」では月額税込1,630円しかかかっていません。 各種割引等がなくなり通常料金に戻ると、Rakuten UN-LIMITの方が高くなりそうですが、当面、 1年間無料がありますし、そのままだとかかってしまう解約金も、Rakuten UN-LIMITにすればなくなるので、やめたくなったらいつでもやめられる点は大きなメリットです。 楽天モバイルのMVNOからMNOへの乗り換えにおいて、サービス、オプション、登録情報などは、ドコモ回線・au回線から楽天モバイル回線に移行できるものと移行できないものがあります。 私はオプション関係は一切利用していなかったのでほとんど影響を感じませんでしたが、細かい点は公式サイトでしっかり確認しておいた方が良さそうです。 そのため、楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)でドコモのスマホやauのスマホなど、対象外機種を利用している場合には、対象機種を購入する必要があります。 ただ、2020年6月17日午前8時59分までは、 Rakuten Miniを1円で購入できるキャンペーンが展開されています。 私は一応、以前MVNOとしての楽天モバイルの契約をした際に、Rakuten UN-LIMIT対応の OPPO AX7(未だ未開封)を購入しているため、改めて機種購入の必要はなかったのですが、せっかくポイント還元キャンペーンが実施されているのだからと思い、Galaxy A7を購入してみました。 ちなみに、Rakuten UN-LIMIT対応機種とされているGalaxy S10ですが、 ドコモなどの楽天以外で発売されているGalaxy S10については、動作保証対象外とされているため注意しましょう。 実際に使えるかどうか、本当にドコモのGalaxy S10では使えないのか、ちょうど私がGalaxy S10/S10+を所有しているので、確認後、別途記事にて報告しようと思います。 それぞれ内容をしっかり把握しておきましょう。 楽天モバイル内での変更のため、MNP予約番号は必要ありません。 Rakuten UN-LIMIT・プラン料金1年無料キャンペーン 楽天モバイルで現在実施されているRakuten UN-LIMITのキャンペーンとして一番恩恵が大きいのが、 プラン料金1年無料キャンペーンです。 プラン料金というのは、Rakuten UN-LIMITの基本料金となる 2,980円で、 1年間無料なので最大35,760円分お得になる、というわけです。 300万名が対象、とされていますが、増減の可能性も記載がありますので、今のところは問題なく対象になると考えられます。 せっかくRakuten UN-LIMITに変更するのであれば、このキャンペーンは是非活用したいところです。 楽天回線エリアであれば、上記の料金で 高速使い放題ですし、パートナー回線エリアであれば、auのエリアでデータ容量は 5GB/月です。 ちなみにMVNOとしての楽天モバイルでは、月2GBで利用していたのでどちらにしても容量は多く使えるようになります。 通話に関しては、 Rakuten Linkアプリを使うことで、 国内通話かけ放題となります。 注意点としては、1年無料キャンペーンはお1人様1回線1度のみ、とされているため、もし同一名義で2回線目を作ったとしても、割引対象外になってしまう可能性があります。 また、キャンペーンによって1年間プラン料金が無料にはなるものの、それ以外の製品代や事務手数料、オプション料、通話料等は別費用となります。 さらにお得な楽天モバイル3つのキャンペーン Rakuten UN-LIMITプラン料金1年無料キャンペーン以外にも、3つのキャンペーンが実施されています。 このキャンペーンを利用して私は、Galaxy A7を実質2,000円で購入しました。 それに加えて、オンラインでの契約およびRakuten Linkの利用で、ポイントを合計6,300ポイントが獲得できます。 つまり、このキャンペーン合計で、21,300円相当の還元がある、ということになります。 プラン料金1年無料と合わせると、6万円近いお得です。 とりあえず今回私は、全てのキャンペーンの条件を満たしているため、全還元総取り、という形になります。 申込から到着までが非常に早かった Rakuten UN-LIMITへの変更申し込み手続きを完了させて、実際に購入したGalaxy A7と新しいSIMカードが送られてくるまでの期間は、2日ほどでした。 夜に申し込みして翌々日に届いたので、実質1日半くらいしかかかってない気がします。 実際に送られてきた、Galaxy A7とSIMカードです。 ちなみにこちらは以前楽天モバイル(MVNO)契約と同時に購入したOPPO AX7です。 結局開封するのを忘れて放置していたため、未開封です。 同封されていたSTART GUIDEに、「MNPの方/スーパーホーダイ・組み合わせプランから以降の方」向けの手続き方法としてSTEP1、「新しい電話番号で申し込みの方」向けのSTEP2の手続き方法が記載してあり、今回私はSTEP1のやり方で手続きを行いました。 以上です。 それまで利用していたSIMカードが通話不可になれば、転入手続き完了です。 ということで、実際にGalaxy A7を利用してみた感想や、Rakuten UN-LIMITの使い心地についてはまた別記事で解説することにして、今回はここでまとめます。 楽天モバイル(ドコモ回線)からRakuten UN-LIMITへの移行手続きは非常にカンタンだった 最初から最後まで、手続き自体は非常にカンタンでした。 細かいキャンペーンや月額料金などについては、全く把握していなかったので一から確認する必要はありましたが、概ねこの記事に書いた内容を押さえておけば問題ないのではないかと思います。 料金についても、一年間無料キャンペーンが実施されている間は確実に有利ですし、たとえ楽天回線エリアが自分の生活圏になかったとしても、パートナー回線エリアでも5GBは使えるので、スーパーホーダイプランSを利用している人にとっては普通に容量は増えてメリットがあります。 さらに、Rakuten UN-LIMITの対象機種の問題も忘れてはいけません。 対応機種を所有していない場合には、申し込み時に同時に購入しましょう。 対象外機種で使えるのかどうかは、後日実際に試してみたいと思います。 楽天のSPUを最大活用するために楽天カードは持っておきたい 楽天のポイントプログラム・SPU(スーパーポイントアッププログラム)では、楽天のサービスを利用していればしているほどポイント還元率が上がります。 そして、忘れてはいけないのが、楽天モバイルを利用しているのであれば合わせて必ず持っておきたい楽天カードです。 楽天カードは、年会費も無料ですし、非常に多くの方に使われているクレジットカードなので、既にお持ちの方も多いと思います。 が、もしまだ持っていないという場合にはすぐに確認しておきましょう。 単純に年会費無料のカードを持っているだけで還元率がこれだけ変わるのであれば、持たない方がおかしいですよね。 ドコモ利用中の方はdカード GOLDをお持ちだと思いますが、楽天モバイルを利用する場合にはやはり楽天カードです。 両方持っている私の場合は、メイン利用のカードをdカード GOLD、たまに楽天で買い物をするときのために楽天カードを持っている感じです。 非常にお得な楽天経済圏、最大限活用していきましょう。

次の

格安SIMの楽天モバイルから楽天アンリミットへ移行する方法

ドコモから楽天モバイル 手続き

3 名義変更の審査 送付いただいた書類をもとに、名義変更の審査をさせていただきます。 審査には、 10営業日ほど頂戴しております。 審査通過の場合 審査通過後、2~3営業日でご自宅に書面をお送りします。 審査が通過しなかった場合 書類再提出のご案内を、これまでのご契約者(譲渡者)の登録メールアドレス宛にお送りします。 メールのご案内にしたがって、書類の再提出をお願いいたします。 4 書面を受け取る 契約住所等の確認のため、名義変更後のお客様(譲受者)宛に、書面をお送りします。 書留・転送不要でお送りします。 お客様が書類をお受け取りいただけず、楽天モバイルに返送された場合は、これまでのご契約者(譲渡者)、名義変更後のお客様(譲受者)に、メールにてご案内します。 5 名義変更手続き 書面のお受け取りが確認でき次第、楽天モバイルで名義変更手続きを開始いたします。 お手続きには、 10営業日ほど頂戴しております。 6 名義変更完了のお知らせメールを受け取る 楽天モバイルでの名義変更手続きが完了次第、名義変更後のお客様(譲受者)のメールアドレスに名義変更完了のお知らせメールをお送りします。 以上で名義変更のお手続きは完了となります。 引き続き、Rakuten UN-LIMITへの移行お手続きをお願いします。 Rakuten UN-LIMITへの移行お手続き• データSIMのお客様は移行いただけませんので、新規にお申し込みください。 7 メンバーズステーションにログイン 名義変更後のご利用者(譲受者)が、下記「メンバーズステーションへ」ボタンより電話番号でログインしてください。 初回ログイン時は、これまでのご契約者(譲渡者)が設定されたパスワードになっております。 リセット後は、SIM電話番号でログインをお願いします。

次の