グラン メゾン 東京 かん いちろう。 グランメゾン東京『芹田公一』役は寛一郎【アルバイト】|Lyfe8

寛一郎の読み方は「かんいちろう」で本名!父は佐藤浩市で未熟児だった!

グラン メゾン 東京 かん いちろう

元SMAPの木村拓哉さん(47)が主演する「グランメゾン東京」(TBS系)の第8回が、2019年12月8日に放送された。 同作で木村さんは、再起をかけるフランス料理の天才シェフ・尾花夏樹を演じる。 第8回では、尾花が師匠の潮卓(木場勝己さん)を「グランメゾン東京」に招いて料理を振る舞うも、潮は散々な評価を下すなど波乱含みの様相。 その後、尾花が潮の店を訪ね、店自慢の牛タンのビーフシチューを食し、その結果、潮に起きていた「異変」を察知する...... という展開が描かれた。 そんな第8回には、ほかの放送回と同様に、厨房での尾花と同僚や部下たちの姿も併せて描かれていたが、実は、第8回を含め、「グランメゾン東京」の放送終了後にはツイッター上を中心に、とある反応が広がっているのである。 放送のたびに「えっ、息子なの」 第8回終了後、あるツイッターアカウントは、「え!グランメゾン東京の芹田くんは佐藤浩市の息子だったんか!びっくり衝撃!ほえー」とツイート。 別のアカウントも、「芹田くんって良い役者さんだなと思ったけど、佐藤浩市の息子さんなのそりゃぁ... 」と、やはり、驚きをツイートしている。 「芹田くん」とは、「グランメゾン東京」のバイト店員・芹田公一を演じる俳優の寛一郎さん(23)のこと。 寛一郎さんといえば、俳優の佐藤浩市さんの息子であり、2017年に俳優デビュー。 それから2年後となる2019年の「グランメゾン東京」に出演が決まった際には、各メディアで、「佐藤浩市の息子・寛一郎が木村拓哉と共演」といった趣旨の記事で同作への出演が決まったことを報じられるなどしていた。 そのため、寛一郎さんが佐藤さんの息子であることを知る視聴者はすでにそれなりの数に達しているようで、ツイッター上には「寛一郎、父親(佐藤浩市)にそっくりすぎるな」といった声も続々。 ただ、そのことを知らない視聴者もまだ相当数いるとみられ、「グランメゾン東京」が放送されるたびに前述のような声が上がり続けているのだ。 「髪が多い感じが似ている」 なお、寛一郎さんが佐藤さんの息子であることに気付いたとするツイートの中には、 「佐藤浩市さんのご子息なのかー 髪が多い感じが似ている」 「グランメゾン東京の下っ端の子、『毛量すごいな~』と思ってたら、本日彼が佐藤浩市の息子と知って、『遺伝!』と感慨深くなった」 と、寛一郎さんの髪の量について、その量の多さと佐藤さんとの共通点を指摘する声も。 確かに、同ドラマに出演中の寛一郎さんを見てみると、その豊富な髪の量に気付く。 佐藤さんも58歳という年齢とは思えない、実に豊かな頭髪であることで有名だ。 そもそも考えてみれば佐藤さんの父親は2013年に亡くなった俳優の三國連太郎さんであり、寛一郎さんは俳優としては三代目。 芸能界の「サラブレッド」だけに、「毛並みの良さ」は当然のことなのかもしれない。 (J-CASTニュ-ス編集部 坂下朋永).

次の

グランメゾン東京

グラン メゾン 東京 かん いちろう

グランメゾン東京のアルバイト役の芹田公一の俳優は寛一郎! さて、この豪華俳優陣の中で、見慣れない青年が出演しています。 前職 居酒屋アルバイトの青年、芹田公一 せりた こういち を演じている若手の俳優さんです。 いったい名前は何ていう俳優なのでしょうか? もしかすると、キムタクの後輩のジャニーズJr. なのでしょうか? アルバイト役の芹田公一は、現在23歳、若手俳優の 寛一郎さんでした。 今回は、寛一郎さんについて深堀りしてみました。 寛 一 郎のプロフィール 寛一郎さんは、2017年に俳優デビューし、その年に出演した映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で第27回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞しました。 その後も様々な作品に出演し、力をつけてきているようで、今回の『グランメゾン東京』での飛躍に期待のかかる注目株です。 佐藤浩市(さとう こういち)俳優、大学教授。 本名同じ。 愛称は佐藤部長。 東京都新宿区出身。 テアトル・ド・ポッシュ所属。 身長182cm、体重67kg。 父は俳優の三國連太郎。 演技は再現できない。 でも、ちょっとイメージが変わったように感じます。 どんな作品に出ていたのか調べてみました。 キャリアの割には結構たくさんの話題作に出演しているではありませんか。 《これまでの過去出演作品》 『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実』(2018年)岡田昇太役 『青と僕』(2018年)あいつ役 『ドロ刑ー警視庁捜査三課ー』第3話(2018年)河原順平役 『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第8話・第9話(最終話)(2018年)守屋至役 『グランメゾン東京』(2019年) 芹田公一役 《映画出演作品》 『心が叫びたがってるんだ。 』(2017年)田崎大樹役 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2017年)幸平役 『菊とギロチン』(2018年)古田大次郎役 『チワワちゃん』(2019年) カツオ役 『君がまた走り出すとき』(2019年)主演・五十嵐翔太役 『雪子さんの足音』(2019年)湯佐薫役 『下忍~赤い影~』(2019年) 《吹き替え作品》 『空海ーKU-KAIー 美しき王妃の謎』(2018年)丹龍役 芹田公一の役柄 芹田公一は、以前は居酒屋で半年間働いていましたが、「グランメゾン東京」の従業員募集を見て応募してきました。 主人公のカリスマシェフ尾花夏樹に底しれぬ情熱を見抜かれたのか、はたまたタイミングがよかっただけのか、凡人にはまったくわかりませんが、尾花夏樹のお眼鏡に叶って即採用というよくありがちな出会いのパターンです。 唐突な登場の仕方ではありましたが、テンポがよく、嫌な印象もなく、なぜか妙に安心できる感じのシーンでした。 芹田公一は今後のドラマのカギを握るのか?? 寛一郎さんが演じる『芹田公一』は、単なるアルバイトで終わるのでしょうか? もしかすると、この彼が『グランメゾン東京』の救世主になったりして・・・ なんとなくですが、芹田公一が重要なカギを握る存在になるような気がしてなりません。 ドラマの今後の展開について さて、今後のドラマの展開ですが、第2話では、横槍が入り、暗雲が立ち込めたかのように思えた五千万円の融資もどういうわけか、すんなりと通ってしまいました。 何か影の力を匂わせるような意味深な演出でした。 『グランメゾン東京』は、なんとかオープンにこぎ着けたかのように見えますが、このまま何事もなく、うまくいくとは到底思えません。 果たして第3話以降はどうなるのでしょうか? 今後ますます目が離せない『グランメゾン東京』、面白い展開になりそうです。 まとめ 今回は、2019年令和最初のキムタク主演のドラマ『グランメゾン東京』のフレッシュなキャスト『寛一郎』さんにスポットを当てて、お話していきました。 キムタクをはじめ、そうそうたる俳優陣の中に、臆することなく、いい意味でちょっと異質で、浮いた感じで突然現れた青年を演じる寛一郎さんですが、今後の展開によっては、ドラマのいいスパイスになってくれることを期待したいと思います。 この『グランメゾン東京』をきっかけに寛一郎さんがブレイクするようなことになると面白いですね! 以上、『【グランメゾン東京】キムタクが雇ったアルバイト芹田公一は誰?』でした。

次の

『グランメゾン東京』を監修する「イヌア」と「カンテサンス」の凄さとは

グラン メゾン 東京 かん いちろう

主人公の尾花夏樹(木村拓哉さん)とシェフの早見倫子(鈴木京香さん)が三つ星レストランを目指すことになり、従業員を募集した際にいち早くやって来たのが芹田公一でした。 芹田は皿洗いや野菜の角切りだけをやらされる毎日に不満を持っており、努力をしても認めてもらえない焦りから、レシピを盗んでライバル店に渡してしまうスパイ行為をしてしまいます。 一度はレストラン「グランメゾン東京」を辞めた芹田でしたが、尾花たちの厳しくも優しい叱咤を受けて反省し、再び働くことになりました。 この回での寛一郎さんの演技が視聴者からは評価が高く、「見入ってしまった」「自然な演技で好きだな」「存在感出てきた」という声が上がっています。 幼い頃から父・佐藤浩市さんに連れられて、映画の現場を見て育ったということで、演技の基礎が知らずうちに身についていたのかもしれませんね! こうして見ていると似ている表情もあって、やはり親子だなぁと思いますね。 寛一郎さんは181cmと長身ですが、佐藤浩市さんも182cmと背が高いのでお二人で並ぶとさらに似ているかもしれません!いつか親子共演などする時が楽しみですね。 寛一郎のプロフィール 佐藤浩市の息子・寛一郎が俳優デビュー!20歳の新星 3代続く俳優家系に — シネマトゥデイ cinematoday 名前:寛一郎(かんいちろう) 本名:佐藤寛一郎 生年月日:1996年8月16日 出身:東京都世田谷区 身長:181cm 血液型:A型 所属事務所:T-artist 映画好きではあったものの俳優志望ではなく、俳優になることを決意したのは18歳の時で、2017年に俳優デビュー。 出演作品は2017年公開の映画『心が叫びたがってるんだ。 』2018年公開の映画『菊とギロチン』。 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』での演技が評価され、第27回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞。 『菊とギロチン』で第92回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞に輝き、第33回高崎映画祭の最優秀新進俳優賞、第28回日本映画批評家大賞助演男優賞 を受賞しました。

次の