ジャンレノ ドラえもん。 実写『ドラえもん』役にジャン・レノを起用

ジャン・レノの出演するおすすめ映画11選|意外と知らない『レオン』以外のキャリアを紹介

ジャンレノ ドラえもん

ジャン・レノといえば、映画『レオン』でナタリー・ポートマンと共に主演し、一流俳優の仲間入りをしました。 『レオン』の名演が印象的すぎて、ジャン・レノのことを「レオンの人」と認識している方も多いのではないでしょうか。 しかしジャン・レノの役の振り幅はとても広く、70歳を超えた今でも新たな役どころに精力的に挑戦しています。 昔、トヨタのCMにドラえもん姿で登場したジャン・レノのことを、筆者はいまだに忘れられません。 そして後半は、筆者おすすめの ジャン・レノ出演映画から、彼のキャリアを振り返ってみましょう! 出典:• 生年月日 1948年7月30日(71歳)• 出生地 モロッコ• 国籍 フランス• 身長 187cm ジャン・レノの両親はスペイン人。 当時、独裁体制だったスペイン政権から逃れ、モロッコへ移住した両親から生まれたのがジャン・レノです。 ジャン・レノはフランス人俳優として活躍していますが、ルーツを辿ればアフリカ大陸で生まれたスペイン系ということになります。 ジャン・レノは17歳の時に家族でフランスへ移住し、フランスの名門演技学校へ通い始めます。 ジャン・レノといえばこの人!リュック・ベッソン監督の映画に多数出演 出典: ジャン・レノを語る上で外せないのが、映画監督リュック・ベッソンの存在でしょう。 ジャン・レノとリュック・ベッソンは、1980年という同時期にキャリアをスタートさせます。 キャリアの初期からリュック・ベッソンは、ジャン・レノを自分の作品に頻繁にキャスティングしています。 彼の監督した映画『グラン・ブルー』でジャン・レノは一気に知名度を上げ、それから華々しいキャリアを築いていくことになります。 新進気鋭の若手監督と、移民の若手俳優のタッグ。 どちらかが優位というよりも『お互いを有名にし合いながら、ハリウッドにその名を轟かせていった』という、ちょっと青春ぽい印象です。 あとでも紹介しますが、そのキャスティングのセンスに2人の熱い友情が感じられることもしばしば。 サブウェイ(地下鉄)で社会不適合者たちがさまざまなジタバタを繰り広げる内容で、ごちゃっとしているのですが、とにかく画面がハイセンス。 監督自身も若く、出演している俳優陣ものちにヒットする若きスターたち。 脚本はスタイリッシュな犯罪アクション。 しかし演者が若いこともあり、青春の憂鬱のようなものが端々に感じられるのです。 もし10代の方が観たら、共感して夢中になってしまうかも。 ジャンレノは主役ではありませんが、ドラマー役として出演しています。 身体が大きいからなのか演出なのか、とにかく存在感抜群です。 若きジャン・レノのドラムソロは一見の価値あり! 【 グランブルー 】 出典: 原題:Le Grand Bleu 公開:1988年 監督: リュック・ベッソン 時間:132分 ジャン・レノ、ブレイク前夜の作品。 監督はリュック・ベッソンです。 通常、ダイビングといえばシュノーケルなどの道具を使用しますが、『フリーダイビング』という道具を一切身につけないジャンルが存在します。 フリーダイビングに魅了された2人の男の友情と、そこにヒロインも交えた複雑な恋愛模様を描いた物語。 ジャンレノは準主役で、主人公の幼馴染を演じています。 2人は対照的な性格でありながら、内心ではお互いを信頼しあい、互いにフリーダイビングに人生を懸けてゆきます。 単なる青春活劇では終わらない切なさが、この映画の魅力です。 【 ニキータ 】 出典: 原題:Nikita 公開:1991年 監督: リュック・ベッソン 時間:115分 こちらもリュック・ベッソン監督作品。 『政府お抱えの殺し屋』になることを余儀なくされた不良少女が主役の物語です。 この少女、不良ではあるのですが、いざ殺しとなると本来の柔らかい性格が邪魔をしてしまい、ひどく葛藤することになります。 彼女のギャップと、苦悩について丁寧に描写された、ヒューマン要素の強いアクション映画です。 ジャン・レノは終盤少ししか出演していないのですが、存在感抜群。 ちなみに、この映画から『ジャン・レノ=殺し屋』をいうインスピレーションを得た監督が、のちに映画『レオン』をジャン・レノ主演で製作するのです。 【 紅の豚 】声の出演 出典: 原題:紅の豚 公開:1992年 監督:宮崎駿 時間:93分 ジャン・レノは吹き替え声優としても活躍しています。 ポルコのダンディな雰囲気はもちろん、あのニヒルな感じもジャンレノの声にマッチしていて、フランスで絶賛されました。 日本のレビューでも「フランス語版のポルコが最高で、キャストを見たらジャンレノだった・・・」という声がちらほら。 【 レオン 】 出典: 原題:The Professional 公開:1994年 監督: リュック・ベッソン 時間:133分 言わずと知れた名作『レオン』。 一度は観たことがある方がほとんどかと思います。 孤独な2人の、恋人でも親子でもない不思議な関係は、観るものを惹きつけます。 お互いがお互いの人生に不可欠な存在になってから、やっと物語は大きく動き出すのですが・・・。 あまり、書くと止まらなくなりそうなので割愛しますが、とにかくこのジャン・レノ、はまり役! 長い間共に作品を作ってきたリュック・ベッソンだからこそ引き出せた、ジャン・レノの新境地がここにあります。 ナタリー・ポートマンが可愛いのは周知の事実。 ちなみに彼女が作中かぶっていた、ぴったりと編まれたシースルーの帽子。 とても素敵で憧れるのですが、どうしても筆者がかぶると八百屋の果物みたいになってしまうんですよね。 【 ミッション:インポッシブル 】 出典: 原題:Mission:Impossible 公開:1996年 監督: ブライアン・デ・パルマ 時間:110分 映画『ミッション:インポッシブル』といえば、シリーズ化された人気作品ですが、もともとアメリカで人気を博していたTVシリーズ『スパイ大作戦』の映画版なのです。 そんなTVシリーズからの往年のファンも納得させたのが、映画版第1作目の今作。 この頃には、ジャンレノはハリウッドでも人気俳優の地位を獲得していました。 フランツは、作品の要となる重要な役柄。 当時「日本版レオンだ!」との触れ込みで、日本ではとても話題になったそうですが、実際はコメディ映画。 ジャンレノと広末涼子は実の親子だし、新宿のチンピラはみんなフランス語ペラペラです。 今作、脚本をリュック・ベッソンが担当しており、どこかぶっ飛んだような、特徴的な非現実感が常に漂います。 日本を舞台に、遺産目当てに命を狙われる実の娘(広末)を、守り通す父親(ジャン・レノ)の物語と、一見シビアな設定ですが、あまり難しいことは考えず、とにかく画面を楽しむのがオススメです。 ちなみにジャン・レノは、ヒュー・ジャックマン、ロバート・デニーロに並ぶ親日家で、熱燗が大好きなのだそうですよ! 【 ダ・ヴィンチ・コード 】 出典: 原題:The Da Vinci Code 公開:2006年 監督: ロン・ハワード 時間:149分 ベストセラー小説『ダヴィンチ・コード』の映画版。 日本でも公開当時は特番が組まれるなど、大々的に宣伝されましたよね。 ジャン・レノはフランス司法警察の警部役で、主役のトム・ハンクス演じる『疑惑の教授』を追い詰めるという役どころ。 ちょい役ではありますが、登場すると例えようのない安心感があります。 キリスト教や西洋美術史に通じていないと今作を深く理解するのは難しく、それでも作中に親切な解説があるのですが、かえってそれが作品を難解にしているというか・・・。 これきっと監督も、映画にするのが大変だったと思います。 この事件をユダヤ人の子供達目線で描いた作品で、実際に検挙されながらも生き残った子供達の証言をもとに制作されている今作。 黄色い星、とは当時ユダヤ人が胸につけること義務付けられた印のことを指します。 ジャン・レノは彼らを助けようとするフランス人医師の役です。 主演に名を連ねているジャン・レノですが、この作品のメインは過酷な環境に置かれた可愛い子供達。 背景はホロコーストの頃であり食糧難の時代なのですが「ジャン・レノがぽちゃぽちゃしている」と、各方面からツッコミがあったのだとか。 確かに、おじいちゃんになってきましたよね。 【 シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ 】 出典: 原題:Comme un chef 公開:2012年 監督: ダニエル・コーエン 時間:85分 「このためにぽっちゃりしたのでは?」というほど、コック帽がしっくりきていますね。 ジャン・レノは、三ツ星レストランの有名シェフを演じています。 しかしながら彼は、店の審査を前にして大きな問題を抱えてしまい、三ツ星存続の危機に陥っていました。 そこに登場するのが、あらゆるレシピを舌のみで記憶できる特殊能力を持つ元シェフのペンキ職人(すごい設定)ジャッキー。 2人で力を合わせて、レストランを再起するぞ!という物語。 とにかく、ユルい! 映画なので当然、それなりに危機もあるのですが、基本的にはギャグ連発の作品で終始ニコニコしながら観られます。 【 ザ・スクワッド 】 出典: 原題:The Squad 公開:2015年 監督: バンジャマン・ロシェ 時間:92分 少し前までは、大好きなコメディに多数出演していたジャン・レノ。 近年は、また無骨なアクション映画に駆り出されることが増えてきました。 おそらく本人の希望というよりは彼の年齢も考えて、『ハードボイルドなジャン・レノがまもなく観られなくなる?!』という、制作側の焦りによるキャスティングなのかな、という感じもします。 しかしそこは、求められたら答えるジャン・レノ。 今作には、銃撃戦やカーチェイスが盛りだくさんなので、ジャンレノを案じる鑑賞者は、違った意味でハラハラすること請け合いです。 「やっぱりジャン・レノといえばこんな感じだよね〜!」と思いたい、観客のために作られた印象の作品です! まとめ ハリウッドに進出してからは、助演ばかりが目立っていたジャン・レノ。 しかし、近年になってようやくジャン・レノ主演の映画が増えてきています。

次の

“実写版ドラえもん”新作で出来杉くん役&ジャン・レノの思いが明らかに!|ウォーカープラス

ジャンレノ ドラえもん

最近ではCMのドラえもん役でちびっ子ファンが急増中のフランスの名優、ジャン・レノ(64)。 来日回数30回以上という超親日家でもある。 先週末封切られた新作映画『シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜』(ダニエル・コーエン監督)では、自らの提案でサムライ姿まで披露している。 1988年の「グレート・ブルー」で頭角を現し、94年「レオン」の殺し屋役で世界的なスターに。 ハリウッドにも進出し、「ミッション;インポッシブル」「ダ・ヴィンチ・コード」などに出演してきた。 そんな彼がトヨタのCMの実写版ドラえもんシリーズで、ドラえもんに扮している。 よく引き受けたものだ。 「僕だってオファーされたとき、椅子から落ちそうになったよ。 でも、若者たちを助けるキャラクターだと聞いて、やってみようかなと思ったんだ。 猫をどう演じるか、役者として興味深い部分もあったしね」 キュートなドラえもんは子供たちに大人気だが、「シェフ!」では一転して大人の味わいを見せる。 演じたのは、パリにある三ツ星レストランの名シェフ。 最近はスランプで新メニューを開発できないでいる。 そこに現れるのが、ミカエル・ユーン演じる若きシェフ。 この男、舌は確かだがトラブルメーカーで、次々にレストランを解雇されてきた。 「自分を見失っていた男が若いシェフに助けられ、新しい人生に一歩踏み出すという話。 料理の世界を通して描いた人間ドラマなんだよ」 ライバル店へ偵察に行くシーンは必見だ。 レノはサムライ、ユーンはゲイシャに変装し、オペレッタ仕立てで笑わせる。 「あれは僕のアイデア。 非常に演劇的なシーンになったと思う」 日本酒、うなぎ、寿司、刺身が大好きというレノ。 日本語も「ちょっとした会話ぐらいならOK」だ。 映画はそんな親近感も漂う快作だ。

次の

注目のドラえもん役はジャン・レノ!『実写版ドラえもんCM』主要キャラの全貌が明らかに

ジャンレノ ドラえもん

2016年 本名 Juan Moreno y Herrera Jimenez 生年月日 1948-07-30 (71歳) 出生地 国籍 民族 身長 187cm 職業 ジャンル 活動期間 1980年 - 現在 活動内容 1980年:テレビ・舞台デビュー 1982年:映画デビュー 1990年:ブレイク 1995年:アメリカ進出 2000年:ヨーロッパ映画賞 配偶者 ジュネヴィエーヴ・レノ(1977年 — 1995年) ナタリー・ティシュキーエヴィチ(1996年 — 2001年) ゾフィア・ボルツカ(2006年 — ) 著名な家族 長女サンドラ(1978年 — )1人目の妻との実子 長男ミカエル(1980年 — )1人目の妻との実子 次男トム(1996年 — )2人目の妻との実子 次女セレーナ(1998年 — )2人目の妻との実子 三男シーロ(2009年 — )3人目の妻との実子 四男ディーン(2011年 — )3人目の妻との実子 主な作品 『』 『』 『』 『』 『』シリーズ 『』 『』 目次• 経歴 [ ] 出自 [ ] ・生まれ。 両親は・出で、政権を嫌い国外へ逃れていた。 家族でへ移住したのは1960年である。 フランスで ()設立の演劇学校に通った。 業績 [ ] 監督の多くの映画に出演。 同監督の『』(1988年)と『』(1994年)は彼に大きな成功をもたらした。 ブレイク後、の仕事が急増、『』(1995年)でとケビン・クラインと共演、『』(1996年)でと、『』(1998年)でと共演し、以降もハリウッド、フランス両方の作品に積極的に出演し続けている。 私生活 [ ] 1977年にGenevieveと結婚し2児をもうけるが1995年に離婚。 1996年にNathalie Dyszkiewiczと再婚し2児をもうけるが2001年に離婚。 2006年7月29日に女優のと再婚した。 2009年と2011年に息子が生まれている。 2003年に市民名誉賞を授与された。 丸縁のメガネを愛用しており 自身でメガネのデザイン(ジャン・レノ アイウェア)を立ち上げている。 「」のに出演(1996年〜)。 「」のに出演(1997年)。 「BREAK」のCMに出演。 地獄の役を演じている(1999年)。 「」のテレビコマーシャルに出演(2002年~2007年)。 のシリーズ「ジャン・レノ氏の3日間の恋」に出演(2000年)。 のBrilliaタワー東京のテレビコマーシャルでは、を着てで暮らす姿が放映された(2005年)。 2011年より再びの企業CMに出演。 CMは漫画『』の20年後を実写化しており、ジャンは青いスーツを着用し、を演じている。 翌2012年、新型のテレビコマーシャルに引き続きドラえもん役で出演。 ティザー編では、演じるの最期を見届けたドラえもんがで日本の歴史を、現代にビートたけしとして生まれ変わった秀吉が歴代クラウンの歴史を振り返るという内容になっている。 「猫の役をやってくれ」と頼まれた当初は「どうやって猫を演じることができるんだ、絶対に演じられない」と思ったが、後にドラえもんのキャラクターを理解しなりきることができるようになったことをインタビューで明かしている。 2015年)TORA役の と共演。 (2019年) その他 [ ]• 2004年、が製作した用『』の3作目に於いて主人公・のモデルに起用される。 またとしてキャラクターの声も担当。 『』に出演した縁で、本家ゴジラ最終作である『』において出演オファーを受けていた(結局、出演はしなかった) [ ]。 映画の公開や自らのプロデュースするの日本での発売など、事あるごとに来日を果たしており、『』などのにも積極的に出演。 同番組出演時には「むかつく」を表現するゲームで「ゆですぎたパスタ」と答え、場内を盛り上げた。 受賞歴 [ ]• Giraldillo de Oro賞(セビリア映画祭、2007年) 日本語吹き替え [ ] 大半の作品でが担当しており、ほぼ専属である。 脚注 [ ] []• Film. 2010年4月30日閲覧。 Eupedia 1994年4月19日. 2010年4月30日閲覧。 Movies. yahoo. com. 2010年4月30日閲覧。 シネマトゥデイ. 2006年7月31日. 2013年3月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2003年12月22日. 2013年3月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年7月28日閲覧。 映画ナタリー. 2016年11月15日. 2016年11月15日閲覧。 2011年11月18日. 2015年8月10日閲覧。 () 2012年7月13日. 2015年8月10日閲覧。 2007年11月10日. 2019年1月28日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の