引っ越し 業者 単身パック。 埼玉県の単身引越し業者人気ランキング(満足度順)|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引っ越しの単身パックのサービス内容!各社の差は?

引っ越し 業者 単身パック

一人暮らしなら単身パックが格安! 単身パックとは、 「荷物が少ないときに利用できる格安の引越しプラン」です。 引越し業者のコンテナボックスに全ての荷物が入るなら格安で引越しすることができます。 引っ越し単身パックのメリット ・荷物が少なければ 「料金が安い」 ・荷物がなくなる 「リスクが低い」 ・見積もりのための 「訪問がない」 引っ越し単身パックのデメリット ・荷物が多ければ 「料金が高い」 ・荷物の大きさや量に 「制限がある」 ・梱包用の 「ダンボールがもらえない」 業者によって料金や条件はかなり違いますので、以下の 「単身パックまとめ」から自分の引越しに合うプランを選びましょう。 引越し単身パックランキング(安い順) 第1位 ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」 プラン名 料金 条件 小鳩プチトラパック 11,000円〜 ・同一の市内もしくは都道府県内の引越し 小鳩パック 21,000円〜 ・移動距離が200km以上あること ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅110cm/奥行80cm)に入ること 小鳩スカイパック 36,000円〜 ・引越し先が空港から50km以上あるときは相談 青春引越便 見積もり ・移動距離が200km以上あること 安い単身パック1位は ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」です。 小鳩プチトラパックは確かに安いですが、 扱っていないエリアが多すぎるので地方が絡む引っ越しだとほぼ使えません。 自分が引っ越しするエリアで最安の業者を見つけたいなら、 という一括見積もりサイトをおすすめします! 引越し侍から見積もり依頼すると、複数の業者からメールなどで引っ越し料金を提示してくれるので、その中から一番安いところと契約するだけ。 ちなみに引越し侍を使うのは無料で、後で何か請求されるとかもないのでご安心を。 引越し侍なら地元の安い引っ越し業者からも見積もりをもらえるので、少しでも節約したいなら小鳩プチトラパックを契約する前に試してみましょう。 第2位 赤帽「引越しサービス」 プラン名 料金 条件 赤帽 11,800円〜 ・移動距離は20km以内 ・作業時間は2時間以内 2位は 赤帽「引越しサービス」です。 赤帽は 「20km以内かつ2時間以内の引越し」という厳しい条件になっています。 ただ、料金は 「11,800円〜」と格安なので、近くて荷物が少ないミニ引越しのときはいいですね。 ちなみに赤帽は作業員1人で来るため、大きな家具や重たい荷物は運び出しを手伝う必要があります。 そのため、力のない女性は引っ越し業者に依頼したほうがよいでしょう。 また、赤帽は個人事業主です。 もし家具などを運び出したときに部屋のカベなどを傷つけられても、弁償に応じてくれない可能性があります。 大手の会社じゃないとクレーム対応も慣れていないですからね。 それに 「個人事業主だと文句も言いづらい」という人は多いでしょう。 なので筆者は個人的にあまり赤帽をおすすめしません。 第3位 クロネコヤマト「わたしの引越し」 プラン名 料金 条件 わたしの引越し 14,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ること 3位は ヤマトホームコンビニエンス「わたしの引越し」です。 宅急便で有名なクロネコヤマトですが、引越しもやっています。 大手の引越し業者なので 「14,000円〜」と安くても不安にはならないですね。 クロネコヤマトは2018年の夏に「引越し料金の過大請求」が発覚し、すべての引越しサービスを休業していましたが、2019年9月から再開しました。 そして、2020年2月から対象エリアを28市区から101市区へ拡大しましたが、結局のところ都市部でしか単身引越しサービスを展開していません。 5㎥タイプ) 23,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅115cm/奥行128cm)に入ること 4位は 西濃運輸「カンガルー引越便」です。 「17,000円〜」と少し割高ですが、セイノーは引越しのときに出る 不用品(コミック、CD、DVD、ゲーム、ブランド品、家電など)を 買取してくれるサービスがあります。 売りたいものや処分したいものがたくさんある方は、もしかしたら引越し費用がチャラになるかも。 第5位 日通「単身パックS」 プラン名 料金 条件 単身パック当日便 見積もり ・移動距離は車で30分前後 ・作業開始から4時間以内に終わる引越し 単身パックS 26,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)に入ること 単身パックL 31,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)に入ること 5位は 日本通運「単身パックS」です。 料金は 「26,000円〜」と少し高めですが、エアコン工事などのオプションもあります。 単身パックXというプランは無くなりました。 安い単身プランがあるその他の引っ越し業者 以下の業者でも単身プランはあるのですが、 料金を公表していません。 ・アーク引越センター ・アート引越センター ・アリさんマークの引越社 ・カルガモ引越センター ・サカイ引越センター ・SGムービング(佐川引越センター) ・ダック引越センター ・ハート引越センター ・ファミリー引越センター 公表していないから高いというわけではないため、 を使い、 まとめて見積もりをもらってコスト比較してみましょう。 この一括見積もりサイトを使えば、1万円代の引っ越し業者はすぐに見つかりますよ。 引越し業者を使わないで費用を抑える方法 引越し業者のように交渉して値引きすることはできませんが、大きい荷物・重い荷物がないときは、 「ゆうパック」で送ってしまうという方法もあります。 プチ引っ越しならゆうパックで郵送 上記の料金はダンボール代金のみのため、別途ゆうパックの送料がかかります。 単身パックのコンテナより少しだけ荷物がオーバーしたときは、それだけ郵送するのもアリですね。 まとめになりますが、エリアによっては単身パックを使えないことがありますので、 で一括見積もりして最安値のところに頼むのが一番スムーズかつ格安な引越しができます。

次の

一人暮らしの引っ越しは単身パックが格安!料金が安い業者ランキング

引っ越し 業者 単身パック

このページの目次 CLOSE• 業者ごとにサービス内容を比較してみよう! 説明がしやすいからか、一人暮らし世帯の引っ越し向けのサービスを単身パックということがあります。 しかし実は、単身パックという名前がついているものは日通だけで、他の引っ越し業者では、それぞれ異なった呼び名がつけられています。 今回は、なかでも大手業者5つについて紹介します。 業者名 サービス名 料金 訪問見積 ヤマト 単身引越サービス 固定 不要 ヤマト 単身引越サービスmini 固定 不要 日通 単身パックS 固定 不要 日通 単身パックL 固定 不要 日通 単身パックX 固定 不要 サカイ パンダロジスティックス 変動 不要 アート 一人暮らしのお引越し 変動 要 アリさん 超ミニ引越しプラン 変動 要 アリさん 特ミニ引越しプラン 変動 要 アリさん ミニ引越しプラン 変動 要 これらのサービスについて、タイプ別に次で詳しく見ていきましょう。 翌日以降に新居に配達!時間に余裕がある人向けのコンテナタイプ 指定のコンテナに載る範囲内なら、固定の料金で利用できるタイプです。 料金は、選ぶプランと移動距離によって異なります。 荷物の運び方は宅配便のシステムと同じようなもので、集荷してもらったら翌日以降に新居に配達されます。 トラックを貸し切りにしない分、割安で利用できるのが、このタイプの特徴です。 荷物が少なくて、引っ越し作業が一日で終わらなくてもかまわない人におすすめです。 ヤマトホームコンビニエンス「単身引越サービス」 単身引越サービスには、スタンダードなタイプとminiタイプの2つが用意されています。 小さめ2ドアの冷蔵庫と4kgの洗濯機、電子レンジといった必要最低限の電化製品と、ダンボール10箱、衣装ケース3つ程度と布団ワンセット、スーツケース1個を入れてちょうどくらいの大きさです。 ダンボール15箱と衣装ケース3つ程度、布団ワンセットが入るくらいの大きさなので、電化製品は引っ越し先でそろえるという人は、こちらのタイプを検討すると良いでしょう。 スタンダードのものより、1,000円ほど安くなります。 ただし、取り扱いエリアが限られているため、ヤマトホームコンビニエンスのサイトで事前に確認しておきましょう。 見積もりの取り方 新居や旧居の住所と荷物量、希望の作業日と時間帯をサイトで入力すると、見積もりを取ることができます。 荷物の容量はコンテナの大きさによるため、訪問見積もりの必要はありません。 距離にもよりますが、10,000円~20,000円程度かかります。 インターネットで申し込むと割引が適応されるweb割や平日割引など、各種割引が用意されています。 すべて利用できれば5,000円以上割引になることもありますが、繁忙期は利用できないものがあるので注意しましょう。 できれば繁忙期を外して発着作業を依頼できるよう、調整すると良いでしょう。 日通「単身パック」 こちらも、指定のコンテナに積み切りで、宅配便のように荷物を届けてくれます。 サイズはS・L・Xの3種類で、それぞれ以下の大きさです。 X:Lサイズの約3倍 SサイズとLサイズはそれぞれ、ヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービスのminiとスタンダートと同じくらいの大きさです。 それでは足りない人のためにXサイズも設けている点に、日通の特徴があります。 すでに一人暮らしを経験していて、ソファやベッドなどの大型家具も運びたいという人は、こちらのタイプを検討してみましょう。 自転車など、コンパクトに折りたためない荷物があっても安心です。 ただし、Xサイズのものは、鉄道を利用する関係で150km以上離れた場所への引っ越しにしか対応していないので、気をつけましょう。 見積もりの取り方 見積もりは、日通のサイトで住所や連絡先、荷物量、配達希望日などを入力して取ります。 距離や割引によって変わりますが、相場は20,000円前後です。 単身パックXに関しては、料金表が用意されているので、参考にすると良いでしょう。 サカイ引越センター「小口のお引越し:パンダロジスティックス」 パンダロジスティックスも、指定のコンテナに載せて荷物を運んでもらいます。 他のコースより料金が安めに設定されているため、梱包資材のサービスはついていません。 必要な場合は有料になるので、注意しましょう。 まだサービスを開始して日が浅いため、関東から関西エリア、関西から関東エリアの引っ越しのみしか対応していません。 利用を検討している場合は、公式サイトで対応エリアをチェックしてみましょう。 見積もりの取り方 見積もりは、電話やインターネット経由で取ることができます。 インターネット経由の場合は、その場で料金が表示されるわけではなく、メールで返信が受けられます。 ただし、こちらは固定の料金ではなく、顧客ごとに荷物の量から判断して見積もりを取る方式を採用しています。 そのため、同じような量の荷物で複数の人が依頼したとしても、それぞれ違う金額が提示される場合があります。 個別に見積もりを取ってもらうプラン 普通の引っ越しと同じように、訪問してもらって見積もりを取るタイプです。 単身パックと銘打ってはいますが、普通の場合と同じように考えても良いでしょう。 値段が固定でない分、交渉次第で安くできる可能性が高いです。 アート引越センター「一人暮らしのお引越し」 以前は単身パックが用意されていたアート引越センターですが、現在は「一人暮らしのお引越し」用の見積もりフォームが設置されただけで、普通の引っ越しとあまり変わりません。 見積もりの取り方 ネットで申し込むフォームはありますが、荷物量を入力する項目がないので、訪問見積もりを頼まなければなりません。 また、単身引っ越し用のスマホアプリもあります。 こちらには、家財の内容を入力する項目があるので、訪問見積もりなしで大まかな料金を知ることができます。 アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」 超ミニ引越しプラン、特ミニ引越しプラン、ミニ引越しプランの3つが設けられていて、荷物量によって決まります。 それぞれの荷物容量は、以下の通りです。 超ミニ引越しプラン ダンボール10個まで• 特ミニ引越しプラン ダンボール15個までと、小さめな荷物2個くらい• ミニ引越しプラン ダンボール20個までと自転車、その他必要最小限の電化製品くらい 通常プランよりも安く引っ越しできる分、制限がいくつかあります。 まず、引っ越し先は同一区内、もしくは同一市内の5km圏内でなくてはなりません。 また、日にちや時間の指定もできません。 さらに、ダンボールの大きさは、3辺の合計が150cm以内のものに限ります。 見積もりの取り方 サイトで名前や連絡先、住所などの項目を入力すると、訪問見積もりのアポイントメントを取るための電話がかかってきます。 インターネット上で見積もり額が表示されるわけではありません。 訪問見積もりによって、ミニ引越しプランが利用できるかどうかが分かります。 利用できない場合は、適切なプランを教えてもらえます。 単身パックの料金相場は? 料金については荷物量や距離で変わりますが、20,000円~50,000円程度かかると想定しておきましょう。 一つ一つ料金を調べるのはかなり大変なので、一度入力すれば複数の会社に見積もりを申し込める「一括見積もりサイト」を利用するのがおすすめです。 まずは、単身パックで荷物を運ぶのにどれくらいの料金がかかるのか、見積もりを取ってみることが大切です。 予算と合わない場合は、荷物の量を調節したり、大きな荷物を新居で購入したり、いろいろ試してみるようにしましょう。 場合によっては、単身パックにこだわらず、その他の運び方も視野に入れてみることが大切です。 便利な「一括見積もりサイト」を早めに利用して、たくさんの業者を比較することが、引っ越しを成功させるカギになります。 引っ越し一括見積もりサイトランキング 引越し達人 「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。 長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。 登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。 引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。 そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。 他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。 どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

次の

単身パックで引っ越し

引っ越し 業者 単身パック

「単身で引越すことになったけど、あまりお金をかけたくない…」 「1人分の荷物でも自分で運ぶのは大変…少しでも安く業者に頼めないかな?」 引越し費用は、時期や距離、荷物の量によって変動するため、調べてもなかなかわかりませんよね。 この記事では距離別、時期別など、さまざまなシーン別におおよその相場がわかるよう情報をまとめました。 自分のパターンに当てはめれば、単身引越しのおおよその費用が見えてくるはずです。 単身引越しの費用について• 長距離の引越しは高くなりがち• 引越し繁忙期の3月、4月は特に高くなる• 梱包資材は、引越会社が提供する専用ボックスを活用しよう• 引越業者を選ぶ際は、一括見積りサイトを利用するとスムーズ 距離 通常期 繁忙期 3~4月 15km 20,000 円 25,000 円 50km 21,600 円 30,450 円 100km 30,000 円 47,260 円 200km 43,200 円 59,400 円 500km 54,000 円 80,000 円 コンテナボックスに入る量は決まっているので、コンテナボックスにすき間があっても、ぎっしり詰まっていても料金は同じです。 コンテナボックスからはみ出してしまう場合は、もう1台コンテナボックスを使うことになります。 割引が適用されますが、 コンテナ2台分の料金を支払う必要があります。 単身パックが安い2つの理由 単身パックが安い理由は2つあります。 1つ目は人件費がかからないこと。 単身パックは運べる荷物の量が少ないため、見積もりは電話のみで完了します。 そのため、引越業者のスタッフが自宅まで訪問見積もりに訪れるという人件費がかかりません。 引越し当日も大がかりな荷物の運び出しがないため、1~2人といった少人数で作業を進められます。 人件費をおさえられる分、単身パックの料金は低く設定されているのです。 2つ目の理由は、複数の荷物をひとつのトラックに詰め込む「混載便」であるためです。 通常の引越しであれば、トラック1台に対してひとり分の荷物しか入れられません。 しかし、単身パックは、1台のトラックに複数人の荷物(コンテナボックス)を積むことになります。 そのため、トラックのチャーター料金やガソリン代、高速料金の負担が軽減されるのです。 単身パックのコンテナに入る荷物の量ってどれくらい? 単身パックを利用するときに注意したいのは、専用コンテナボックスのサイズです。 コンテナボックスのサイズは引越業者によって異なります。 以下の表で確認してみましょう。 単身パックで運べる荷物量 クロネコヤマト ・冷蔵庫(2ドア) ・洗濯機(4km) ・電子レンジ ・段ボール10箱 ・衣装ケース3箱 ・布団袋1袋 ・スーツケース1個 日通 ・日通ダンボールMサイズ5個 ・薄型テレビ(小) ・衣装ケース3箱 ・冷蔵庫(2ドア) ・洗濯機(4km) ・テレビ台 ・電子レンジ ・掃除機 ・衣装ケース ・姿見 ・布団 ハトのマークの引越センター ・冷蔵庫(2ドア) ・テレビ(小) ・ビデオデッキ ・ミニコンポ ・衣装ケース(小) これを見てもわかるように、 大型の家電家具や、ベッドを運ぶことはできません。 ベッドや大型家電家具のみ運びたい方は、クロネコヤマトのらくらく家財サービスを利用しましょう。 運ぶ荷物の大きさで料金は変動しますが、たとえばベッドを同一県内で運ぶ場合、1万5000円ほどです。 高いと感じる方は、ベッドや自転車等の単身パックで運べない荷物は回収処分してもらい、引越し先で新しいものを買うという選択肢もあります。 単身プランもある!単身パックとの違いは一体何? 荷物が多すぎて単身パックのコンテナボックスに入らないという方は「単身プラン」を利用しましょう。 一見大差ないように見えますが、サービスの内容は異なります。 単身プランとは、スタッフの数やトラックの大きさが単身者向けにアレンジされたプラン。 単身パックは無料の梱包資材が付きませんが、単身プランだとダンボールやガムテープ、布団袋などの梱包資材を無料で提供してもらえたり、洋服をハンガーにかけたまま運べるハンガーボックスなども借りたりすることができます。 ダンボール箱も数が多くなると、自分で用意するのは大きな負担です。 目先の料金だけでなく、無料で資材が利用できることを考えると、大きい家具・家電がある人や、荷物が多い人は単身プランを利用したほうが単身パックにオプションサービスをつけるよりも割安になる可能性があります。 クロネコヤマトの単身パック サービスの種類や料金は? クロネコヤマトの単身パックは「単身引越サービス」と「単身引越サービスmini」の2種類です。 料金は最安値(関東の同一市内、割引特典3つ適用の場合)が1万2000円(税抜)。 料金は利用する日時と、距離によって変動します。 単身引越サービスminiは、単身引越サービスと同じ条件で最安値は1万1000円(税抜)です。 ただし、 単身引越サービスminiを利用できるエリアは限定されているため、あらかじめクロネコヤマトのホームページで確認しましょう。 クロネコヤマトの特徴は、Web割引2000円、平日割引2000円、早期申込割引1000円、複数BOX割引1000円を利用できるという点です。 日通の単身パック サービスの種類や料金は? 日通の単身パックは「単身パック・S」と「単身パック・L」の2サイズです。 単身パックSの料金は、Web割引を適用した際の最安値が1万5000円(税抜)です。 一方、単身パックLのコンテナの料金は、Web割引を適用して最安値が1万6000円(税抜)です。 日通の割引特典は、パソコン、モバイル、スマートフォンのいずれかから申し込めば2000円のWeb割引を受けられることと、2ボックス以上利用すると複数ボックス割引として1ボックスあたり1000円の割引を受けられる上に、エリアや集荷日によってはエリア割引1000円も受けられるという点です。 ただし、3月20日から4月5日までは2000円、18時~21時の夜間配達は2000円、土日祝日は2000円、土日祝日の夜間配達は4000円という割増設定がある点は要注意です。 しかし、割増料金の設定があっても、夜間に引越しを頼める点は人によっては重宝するでしょう。 また、トラックに他のものと混載して輸送するため、コンテナ1個あたり200万円の運送保険が付けられている点は心強いポイントです。 ハトのマークの引越センターの単身パック サービスの種類や料金は? ハトのマークの引越センターの単身パックは「小鳩パック」と「青春引越便」の2種類です。 小鳩パックの専用ボックスで運べる荷物は、• 2ドア120リットルの冷蔵庫1台• 小型テレビ1台• ビデオデッキ1台• ミニコンポ1台• 衣装ケース1台 を想定しています。 一方、青春引越便は小鳩パックよりも多めの荷物が想定されています。 2ドア109リットルの冷蔵庫• 4kgの洗濯機• 20インチの薄型テレビ• テレビ台• 電子レンジ• 掃除機• 3段のカラーボックス• 衣装ケース• ダンボール箱 という組み合わせは日通の単身パック・Lとほぼ同じ内容といえるでしょう。 ただし、ハトのマークの引越センターの場合、 片道200km以上の遠距離輸送でしかこれらのサービスを利用できません。 その代わり、コンテナに積めない大きいサイズの荷物があっても、一緒に預かって輸送できるということがホームページに明記されています。 荷物の量が多めの場合や、大きい荷物がある人も安心して利用できるでしょう。 単身プランがおすすめの引越業者 アート引越センターには単身パックの設定はありませんが、単身向けの引越しプランが用意されています。 「レディースパック」や「学割パック」など、アート引越センター独自のオプションサービスと組み合わせて利用できます。 アーク引越センターは「ミニ引越しプラン」「ミニ引越し長距離プラン」「荷物多め単身プラン」というように、単身向けの引越しプランが充実。 なかにはほぼすべての作業をアーク引越センターのスタッフに任せられる「お任せフルフルプラン」なるものまで用意されています。 単身者の引越しと一口に言っても、理想の引越しのかたちは異なるはずです。 ですから、どんな条件で引越しをしたいのかを考えて、 複数の引越業者に同じ条件で見積もりを依頼して、比較検討することが大事です。 過去に見積もりを取ったことがある業者があっても、料金は時期によって大きく変動します。 引越しの時期が定まった時点で、改めて見積もりを依頼してみましょう。 何社分か集めて比較してみると、自分に合いそうな引越業者が見つかるはずです。 一括見積もりで単身引越しを安く済ませよう 複数の引越業者の異なるプランを比較して、自分にぴったりのプランを見つけるなら、一括見積もりサービスを利用すると便利です。 1社1社の見積もりを取るのが面倒な人でも、1回の入力で一気に見積もりを依頼できるので、それほど面倒には感じないはずです。 単身パックも引越業者によって微妙にボックスのサイズが異なるため、A社のボックスには入らない荷物も、B社のボックスには収まることもあります。 ボックスには入りきらなかったけれど、オプションを利用したら格安に引越しできる可能性もあります。 安く単身引越しをするなら、何社かに候補を絞った後、簡単な見積もりを取って、引越し料金の違いだけでなく、サービス内容もしっかり見比べましょう。 自分の引越しに合いそうな、なるべく安いプランを選ぶことが大事です。 長距離なら料金が8万円以上?単身引越しの相場は移動距離で変わる 単身での引越し料金を決める要素は、おもに 「距離」「時期」「荷物量」です。 どれくらい料金がかかるのか、「距離」から見ていきましょう。 長距離と短距離での料金の違い 料金は、距離によって変動します。 長距離の場合は、10万円を超えることもあります。 引越しの費用は、 荷物量や時期によっても変わるからです。 短距離の場合は、単純にガソリン費用が少なくて済むだけでなく、スタッフの拘束時間も短いため、料金が比較的安くおさえられます。 場合によっては 3万円以下で引越すことも可能です。 引越し先は市内or市外?・県内or県外?料金目安はどれだけ変わる? 距離別の料金の目安は、以下の表の通りです。 移動距離ごとの引越し料金 移動距離 相場 20km圏内(同じ市町村くらい) 37,000~44,000円程度 50km圏内(同じ都道府県くらい) 43,000~46,000円程度 200km圏内(同じ地方くらい) 60,000円~ 長距離である200km圏内(同じ地方くらい)の場合は、目安として6万円~かかることになります。 それ以上の距離となると、単身でも8万円以上かかることもあります。 繁忙期の3月は通常期の2倍?単身引越しの相場は時期で変わる 繁忙期とは? 通常期と比較してどれくらい違う? 次に、「時期」について見ていきましょう。 引越しには「繁忙期」呼ばれるシーズンがあります。 どの引越業者でも共通して忙しいのは、3月~4月で、一般的にこの時期が繁忙期です。 この時期は、就学や就職、あるいは転職や異動によって学生や社会人が一気に動く時期だからです。 そのため、繁忙期は引越し料金が値上がりします。 上がり幅は、場合によっては通常期の2倍近くになることもあるようです。 3月~4月以外の時期については、業者ごとに違いがあります。 繁忙期について詳しく知りたい方は、「」を参考にしてくださいね。 通常期に引越しをすると、相場はどのくらい? 繫忙期の設定は引越業者によって異なりますが、一般的には3月~4月や年末、長期休みを繁忙期とすることが多いようです。 そのため、費用をおさえたいならこれらの時期は避けた方が無難でしょう。 「通常期」や「閑散期」は、繁忙期よりも費用が下がることが多く、スケジュールも融通がききやすいでしょう。 ときには繁忙期の半分程度の金額で引越せることもあります。 さらに安くしたいなら、複数の引越業者の料金を、無料の一括見積もりで比較してみましょう。 箱のなかにプラスチック製の仕切りが入っており、手早く食器を入れられます。 なかに何が入っているのかわかりやすいというメリットに加えて、箱自体が緩衝材としての役目を果たすため、一つひとつ梱包する手間がかからないのも魅力です。 仕切りは調節可能なので、サイズが合わなくて困ることもあまりないでしょう。 なお、ボックスは原則使いまわすものなので、マジックなどで商品名などを直書きするのはNGです。 料金が安いのはどちら? このような便利なボックスは、「料金が高いのではないか」と思う人もいるかもしれません。 しかし多くの場合、 ボックスは無料で貸し出されています。 梱包材も引越し料金に含まれていることに加え、「何回でも使いまわしができる」という業者側のメリットもあるからでしょう。 そのため、引越しを考えているのなら、専用ボックスを積極的に利用しましょう。 ただし、ボックスの数には限りがあったり、地域によっては貸出に制限があったりすることも考えられます。 利用したい場合は、早めに引越業者のスタッフに確認をとっておきましょう。 単身引越し向きの引越業者を探す方法 単身引越しでオススメの業者は? 単身の引越しのオススメの引越し業者はこちらです、とは一概には言えません。 なぜなら、引越しの条件は人によって異なるためです。 これまでにあげた距離や荷物の量、時期以外にも、「夜に引越したい」「ピアノを運びたい」など、特殊な条件の引越しもあります。 自分の状況に合った引越業者を見つけるためには、 一括見積もりをオススメします。 ただし、複数の一括見積もりサイトを利用すると、多くの引越業者からの連絡に対応するのが大変です。 見積もりを依頼をするサイトは、なるべく絞るとよいでしょう。 ここからは、引越業者選びの実例を紹介します。 参考にしてみてくださいね。 「とにかく安く済ませたい」という人は、 赤帽のサービスを検討しましょう。 赤帽は軽トラックで運搬するため、費用面が期待できます。 「ライフポーター」は女性向けのサービスを展開しています。 「女性限定パック」では、あらゆる電気配線や、掃除も行うサービスを提供しています。 「クロネコヤマト」は、引越業務も行っています。 単身向けの比較的リーズナブルなプランも提供しています。 レンタカーで自分で引越しをすると安くなる? そもそも引越業者に頼らず、レンタカーや自家用車での引越しを考えている人もいるでしょう。 人件費がかからないため、場合によっては安く済むこともあります。 よほど長距離でない限り、多くの場合レンタカーを利用する方が安くなるでしょう。 引越しに慣れていて、運転にも自信のある人は、レンタカー・自家用車での引越しも検討しましょう。 ただし、自力での引越しにおいて気をつけてたいことが3つあります。 引越し費用としてガソリン代も含めて考える• 積み下ろしで荷物や車を傷つけるおそれがある• 重い荷物を載せた状態で運転して、事故を起こすリスクがある こうしたリスクを十分検討することが大切です。 単身引越しを安く済ませたい…確認したい2つのポイント お得なプランやパック、割引をうまく活用しよう 相場よりも安く引越すには、 パックプランの利用がおすすめです。 パックプランは、引越業者の指定するカートに荷物を詰めて運ぶプランです。 カートの形が一定であるため、引越業者側の負担が少なくなり、その分が「金額」として還元されています。 クロネコヤマトなどで利用されています。 一部引越業者は、学生に向けて「学割」サービスを提供していることもあります。 見積もりで「上手に」交渉しよう 引越しに限ったことではありませんが、何かを安く買おうとするときは、 複数の会社から見積もりをとった方がよいと言えるでしょう。 複数の会社から見積もりを取ることで、相場を知ることができます。 また、他社の見積もりを価格交渉の材料とすることもできます。 1社に訪問見積もりを依頼して、その場で即決するのではなく、できれば事前に相場を調べた上で、訪問見積もりにのぞむとよいでしょう、「他社では〇〇円ぐらいだったのですが…」と切り出せば、値下げをしてくれる可能性もあります。 マナーを守りつつ、ぜひ予算の範囲内での引越しを実現させてくださいね。

次の