大川 眼科。 おおかわ眼科クリニック

大川眼科(四日市市/近鉄四日市駅)|ドクターズ・ファイル

大川 眼科

ご予約またはお電話にてご確認の上、ご来院ください。 物足りなかった点:まだスタッフが不慣れな印象を受けました。 医師やスタッフについての感想 病院が新しくなったことでスタッフもかなり入れ替わりました。 私が行ったときは5月でまだ不慣れだったのか、もう少し笑顔があってもいいかなと感じました。 治療や診察についての感想 診察は前院長、何故か以前より生き生きしているようにお見受けしました。 ただ検査する方が、私が検査時に外したメガネを返すことをこちらが言うまで忘れていたりと、ちょっと不愉快でした。 病院内の雰囲気について 前院長の息子さんが新しい院長に就任したと同時に建て替えたので見違えてしまいました。 待合ロビーも明るく、会計もスムーズでした。 来院からお帰りまでに掛かった時間について 何年ぶりかに行きましたが、相変わらず院内処方なので会計時に目薬も受け取れました。 受付から呼び待合に呼ばれるまで5分程度。 診察、検査、会計と含めても一時間未満でした。

次の

四日市市の大川眼科|朝8時より診察。木曜も診察。近鉄四日市駅西口から徒歩5分の眼科。

大川 眼科

はじめまして、院長の大川亜椰です。 平成25年12月に、生まれ育ったこの大阪市西淀川区におおかわ眼科クリニックを開院いたしました。 はじめてのクリニックに不安を感じながらも当院を見つけてきていただいた患者様おひとりおひとりと誠実に向き合い、丁寧な説明後に安心して治療を受けていただけるよう心がけています。 当院では眼科一般に加えて、糖尿病網膜症や網膜裂孔に対するレーザー治療、眼瞼痙攣に対するボトックス治療等も行っております。 また、クリーン設備を備えた手術室で日帰り白内障手術を受けていただくことも可能です。 クリニックでの対応には限界もありますので、網膜剥離等の緊急を要する場合やお体に不安があって入院をご希望される方に対しては近隣の病院をご紹介させていただきますので、目に異常を感じましたら、まずは当院にご相談ください。 おおかわ眼科クリニック 院長 大川亜椰 略歴• 平成14年 3月 神戸大学医学部卒業• 平成14年 4月 大阪大学医学部付属病院眼科勤務• 平成16年 4月 NTT西日本大阪病院眼科勤務• 平成20年 4月 西眼科病院勤務• 平成25年12月 おおかわ眼科クリニック院長 資格• 日本眼科学会専門医• 身体障害者福祉法による視覚障害認定医• 難病指定医• 学校医(御幣島小学校・歌島中学校・淀商業高校).

次の

整形外科・眼科大川クリニック,新潟市西区,整形外科,眼科,リハビリテーション科

大川 眼科

特徴 近鉄四日市駅から徒歩約5分の「大川眼科」。 40年以上続く歴史あるクリニックで、大川親宏先生が2009年に院長就任後、バリアフリーに改修し増築を重ねて院内を広く、また待合室には水槽や飲み物コーナーを用意するなどして、快適性の向上にも力を入れてきた。 ユニークな「スタッフ紹介」や「なぞなぞ」など、壁の掲示物も飽きさせない。 「病院はできれば来たくないところだからこそ、少しでも心を癒やして帰ってほしい」というのが大川院長の考えだ。 その実現に力を添えるスタッフたちは、常に笑顔で患者の気持ちに寄り添うことを大切に、クリニック全体で心配りを欠かさない。 大川院長は三重大学医学部附属病院勤務時代、糖尿病網膜症や緑内障の患者を専門に診療し、より専門的な治療にも携わってきた。 OCTなどの各種検査設備を備え、2階には、黄斑変性症に対する注射や翼状片の手術を行う手術室も。 コンタクトレンズも処方している。 プライマリケアを基本に、病気の早期発見に力を入れ、丁寧な診療を信条として診療を行うクリニック。 往診可• 日本眼科学会眼科専門医• バリアフリー対応• 駐車場あり• 駅徒歩5分圏内• 予約可 ドクターズファイル トピックス• 対応できる検査内容• アムスラー検査• シルマー検査• パネル検査• 角膜検査• 眼位検査• 眼科検査• 眼科検診• 眼球運動検査• 眼軸長の測定• 隅角検査• 蛍光眼底造影• 顕微鏡検査• 光干渉断層計(OCT)検査• 色覚検査• 生体染色検査• 調節近点検査• 両眼視検査• 緑内障検査• 涙液層破壊時間検査 アクセス情報 交通手段• 近鉄名古屋線 近鉄四日市駅• 内部線 赤堀駅• 近鉄名古屋線 新正駅• 駐車場 有.

次の