パッヘルベル の カノン。 パッヘルベル「カノン」解説と名盤、無料楽譜

カノン (パッヘルベル)

パッヘルベル の カノン

パッヘルベルってどんな人? パッヘルベルという作曲家について音楽の授業で習いましたか?音楽室の壁にパッヘルベルの絵がはってありましたか? 教科書には載っていないので皆さん記憶にないと思います。 カノンは誰でも知っている超有名な曲なのに、作曲者のパッヘルベルについては全く知られていないのです。 パッヘルベルのフルネームはヨハン・パッヘルベルと言います。 ドイツ出身の作曲家です。 彼はオルガン奏者や教師としても活躍していたようです。 活躍していた時期はバロック時代です。 パッヘルベルは1653年に生まれ1706年に亡くなっています。 バロック時代で有名な作曲家には同じくドイツ出身のバッハがいますね。 バッハは1685年に生まれ1750年に亡くなっていますからバッハの先輩ということになりますね。 バッハはバロック時代の後期の作曲家なので、パッヘルベルはバロック時代の中期に活躍した作曲家だったということになります。 バロック時代の作曲家は宗教曲を多く書いていますが、パッヘルベルは宗教曲以外の曲も書いており、多くの器楽曲を残しています。 生前からオルガン奏者としてまた教師、作曲家として成功していたパッヘルベルは多くの弟子がいたようで作品も人気だったようです。 バッハもパッヘルベルの作品に影響を受けていると言われています。 これらのことは皆さんが学ばれた音楽の教科書だけではなく、音高や音大で使われている音楽史の教科書にもほぼ載っていません。 実は私のように音楽を専門的に学んできた人たちも彼についてはほぼ知らないのです。 カノンって何? カノンという言葉には「規則」という意味があります。 カノンは輪唱と同じと言われることもありますが、少し違います。 輪唱は「かえるのうた」のように始まるタイミングを少しずつずらして同じメロディーを歌うことです。 カノンは輪唱と同じではなく、輪唱よりも複雑です。 カノンには 単純に同じメロディーを演奏させる「平行カノン」だけでなく 音符の長さを変えてリズムを変更させる「拡大 減少 カノン」 音型が上下逆になっている「反行カノン」 音型の始まりと終わりが逆になる「逆行カノン」などがあります。 カノンはルネサンスやバロックのポリフォニー(多声)音楽が中心だった時代に多く書かれていた様式の1つでした。 パッヘルベルのカノンってどんな曲? 先ほどカノンにはいろんな種類があると書きましたが、このパッヘルベルのカノンは同じメロディーをくり返す平行カノンが用いられています。 (同じタイミングで終わっていますので最後は省略されています。 ) 楽譜を見て頂くとわかると思いますが、4つのパートが書いてありますね。 上3つのパートはヴァイオリンで1番下のパートはチェンバロやチェロなどの楽器が担当します。 1番下のパートは3小節目の頭までしか書かれていません。 支えているバスだけ聴くととても単純なのですが、その上に3つのヴァイオリンパートがタイミングをずらしながら同じ旋律を演奏することで単調に聴こえないようにしていています。 音楽のジャンルは違いますが、このバスの動きはJ-POPにも多く使われているようでカノン進行と呼ばれているようです。 現在でも使われているなんてすごいですよね! カノンの難易度は楽譜によって様々 先ほど書いたように、カノンは元々ピアノの曲ではありません。 本当は4つあるパートを無理やり1人だけで演奏できるように編曲するわけですから、全てのパートを弾こうと思うと難易度は上級となります。 難しい楽譜になればなるほど、3パートのカノンの再現率が高くなると思います。 初級編 初級レベルで弾けるように書かれている楽譜はこの楽譜のようにバスと先行するメロディーだけが書かれているものになっていると思います。 この楽譜の編曲では8分音符までしか速い音符が出てきません。 (この部分が出て来ない編曲になっています。 ) 1番動きがあって華やかな部分がこの楽譜の編曲ではカットされているのでちょっと物足りなさはありますが、初歩の方でも弾ける編曲だと思います。 有料になりますが「ぷりんと楽譜」というサイトでレベルごとの編曲の楽譜を買うことができます。 初級編にもいくつかの編曲があり、楽譜のサンプルも見ることができます。 弾いている動画も少し見られるようになっているので思っていたより難しい楽譜だったなどの失敗が防げると思います。 「ぷりんと楽譜」の初級編の楽譜ではこちらがオススメです。 先ほどの編曲ではカットされていた部分がちゃんと入っている楽譜になります。 動きの速い部分は指使いをちゃんと守ってゆっくりよく練習すれば弾けないことはありません。 中級編 この楽譜の編曲では途中からレベルがグッと上がります。 左手がとても動くので弾きにくい部分になります。 この後右手も和音を弾く部分が出てきていて初級レベルよりも難しい編曲になっています。 中級レベルで弾けるように書かれている楽譜は先行するメロディーと遅れてくるメロディーをハモリのように入れながら編曲されているものなど、ピアノらしさを取り入れて編曲している場合が増えてきます。 他の楽器では和音は1人で演奏できないですし、ハモって演奏するのも難しいですよね。 ピアノらしさを出した編曲になってくると右手で3度などの音程を連続して弾くことになったり、右手(あるいは左手)で2つのパートを弾きわけたりする必要があると思います。 そのようなところが弾きにくい部分となると思います。 3度が弾きにくいのであれば、まずは練習曲で3度の練習をしてみてはいかがでしょうか。 ツェルニー「100番練習曲」の28番、38番や難易度は上がりますが同じくツェルニー「125のパッセージ練習曲」の24番(右手のみ3度)、26番 24番を両手にしたもの は3度の練習ができます。 ここまで練習をしておけば中級レベルではそれほど長く3度を弾かせ続ける編曲はあまりないと思いますので、余裕を持って弾けると思います。 2つのパートを弾き分けなければいけない部分が上手くいかないのであれば、まずはパートごとの練習をして合わせるという練習をされるといいと思います。 中級レベルの編曲はバッハのインヴェンションが弾けて、シンフォニアが少し弾ける程度であれば無理なく弾けると思います。 「ぷりんと楽譜」での中級編のオススメ楽譜がこちらです。 上級編 上級レベルのものは原曲に近い構成の編曲が多いと思います。 そして中級レベルのものよりもさらにピアノならではの編曲になっていると思います。 和音で弾くところやアルペジオなどが盛り込まれている場合もあると思いますし、ピアノの最大の特徴は幅広い音域ですから音域を広く使って派手な編曲というものもあると思います。 原曲に近い構成になっているということは中級レベルの楽譜よりも複雑になっているということです。 パートごとの動きを理解していないときちんと弾き分けることができませんのでそのパートがどのような動きになっているのかをよく確認することが大切です。 バスは左手で弾きますが、残りのパートは右手だけでは各パートをカバーできない部分というのが編曲によっては出てくると思います。 右手で弾いていたのに途中から左手で弾いていかなくてはいけない部分というものも出てくるかもしれません。 1人で複数のパートを弾くというのはこのような点がとても難しいです。 これができるようになるにはバッハのシンフォニアや平均律クラヴィーア曲集のフーガを練習するとできるようになると思います。 上級レベルで書かれている楽譜もいろいろあると思いますが、皆さんが1番手に入れやすい楽譜は全音のピースのカノンではないかなと思います。 この楽譜の難易度は中級と書いてあります。 カノンは多くの皆さんが知っている超有名曲なので、編曲も多くあります。 それぞれのレベルに応じた編曲があると思いますのでカノンは多くの方達が弾くことができると思います。 ぜひ挑戦してみて下さい。 連弾の楽譜も出版されています。 カノンの構成をより感じたいのであれば連弾に挑戦されるのもいいかもしれませんね。 結婚式などでよく使われるのはなぜなのか を書いたときに結婚式でよく演奏される曲というものを挙げ、その中にパッヘルベルのカノンも入っているということを書きました。 なぜこの曲がよく使われているのでしょうか? この曲は先行する旋律はどんどん変わっていきますが、後からまた同じ旋律が追いかけてくるので聴いたことのある部分が必ず聴こえてくるという形になります。 次の展開がどうなるのかだいたい予想がつくので安心して聴くことができます。 バスもずっと変わらないので、それも安心感を与えてくれます。 どんな展開になるのかワクワクさせる音の響きや音楽の構成はとても惹きつけられますし魅力的ですが、落ち着いた気持ちにはなれません。 結婚式や卒業式など式で使われる音楽というのは変化があまり多くないもので、音楽に集中しすぎなくてすむようなBGM的なものが多く使われているように思います。 結婚式や卒業式などで使用される場合、音楽はあくまで演出の1部であってメインとなるのは式の方なのです。 パッヘルベルのカノンはこの条件にはまっていると思います。 ブライダル奏者の視点から言うとこの曲はとてもありがたい曲です。 通常、曲は和音がどんどん変わっていき、別の調の和音を借りてきたり、それをきっかけに転調したりしながら進んで行きます。 そのような変化をしている部分で、もし音楽をストップさせないといけないとなると、すぐには止まれない部分というものも出てくるのです。 そこに行かないような工夫をすればすむのですが、通常の曲の場合はどこにどう飛ぶかという演奏順序を考えなくてはいけません。 カノンの場合はどこでも終らせることができるので、そのような演奏順序を考える必要がありません。 カノンになっているということは先行した旋律を後から追いかけてくるということですよね。 先行した旋律が展開していって調が変わってしまったら、追いかけてきた旋律と上手く調和できなくなる部分が出てきてしまいます。 先行する旋律はいろいろと変わっているように聴こえますが、バスの進行からはみ出さないようにしながら、しかし退屈にはならないように前とは違う旋律にちゃんと変化させているのです。 この曲のバスの動きは4小節(楽譜によっては2小節のこともあります)で1つの区切りとなっています。 この曲の場合、基本的には1小節または2小節ごとで終わらせることができます。 何も変えないで終われる部分もあればメロディーラインを少し変えたり、カデンツを作って終わらせたりする部分もありますが、どこに飛んで終わらせようかと悩まなくてもすむのです。 例えばこの部分では2小節目の頭の左手をD Fis Aの和音にすることで右手のDの音で止まることができます。 2小節目から右手をD Cis D(左手は同じくD Fis A)に持っていくことでも終わらせることができます。 和音の進行はずっと一緒でパターンが決まっているので終わりたいところで主和音(D Fis A)に持っていけるように調整するのも簡単なんです。 そのためどこでも不自然にならずに止まれるのです。 この曲はピアノだけではなく他にもいろんな楽器の編曲があります。 ギター 結婚式で演奏する場合は新郎新婦さんや式場さんのご希望でいろんな楽器編成になりますが、どんな編成になったとしても違和感なく聴けると思います。 パッヘルベルのカノンはとても昔に作られた曲ですが、現在の私達が聴いても素敵だなと思える曲だと思います。 流行に左右されることもなく、古臭いと感じさせないこのカノンの旋律は本当に素晴らしいなと思います。 何百年も前に作曲された曲が現在でも演奏され、クラシック以外のジャンルの音楽にも影響を与えているなんて本当にすごいことですよね! この曲の凄さは演奏してみるとよりわかります。 先行していた旋律と追いかけてきた旋律が重なっていくのがこの曲のおもしろいところです。

次の

【パッヘルベルのカノン】ソロギターTAB譜&楽譜

パッヘルベル の カノン

作曲 [ ] 生前パッヘルベルはオルガンほかの鍵盤楽器曲で有名だったが、現在ではやの重要な作曲家としても知られている。 しかしパッヘルベルの室内楽曲はほとんど残っていない。 『カノンとジーグ ニ長調』もそうした曲のひとつであり、にMus. この写本はあと2曲の室内組曲を含む。 かつてに別な写本があったが失われた。 作曲の経緯はまったく知られていない。 ハンス=ヨアヒム・シュルツェは1985年の著書で、1694年10月23日の ()の結婚式にパッヘルベルが出席しているので、この機会に作曲されたのかもしれないと述べている。 、パッヘルベルほかの友人・家族はこの機会に音楽を提供した。 ヨハン・クリストフ・バッハはの長兄で、パッヘルベルの門人だった。 別の学者のチャールズ・E・ブルーアーはパッヘルベルとの出版された室内楽曲の関連性を調査した。 彼の研究によると、このカノンはビーバーが Harmonia artificioso-ariosaの第3部として出版したカノン的要素をもつシャコンヌに反応して作曲されたのかもしれない。 そうだとすればパッヘルベルがこの曲を作ったのはビーバーの作品が出版された1696年以前にさかのぼらないことになる。 カノンの作曲年代については異なる意見、たとえば1680年にさかのぼるとする考えも提出された。 分析 [ ] が有名だが、カノンとで1組になっており、カノンの次にジーグが演奏される。 3つと()の編成で書かれている。 カノン [ ] 、4分の4拍子。 の同度カノンであるが、カノン声部だけで構成される純粋なカノンではなく、通奏低音の伴奏を伴う点が標準的なカノンとは異なる。 通奏低音は以下の2小節を繰り返す。 第1ヴァイオリンに現れる水色のカノン旋律Aが第2ヴァイオリン、第3ヴァイオリンへと順々に受け渡されていく。 緑色のカノン旋律B、桃色のカノン旋律C、橙色のカノン旋律Dがそれぞれ2小節の長さで現れた後、他のパートへ順に受け継がれていく。 ジーグ [ ] ニ長調、8分の12拍子。 風の処理で始められる。 再発見と名声の獲得 [ ] このカノン(ジーグ抜きで)は1919年に学者のグスタフ・ベックマンがパッヘルベルの室内楽に関する論文の中にスコアを載せる形ではじめて出版された。 ベックマンの研究を支持した古楽研究者で編曲者のマックス・ザイフェルトは、1929年にカノンとジーグを編曲して自分のオルガヌム・シリーズのひとつとして出版した。 しかしザイフェルト版には原曲にはない多数のとの記号が加えられていた。 さらにザイフェルトは自分が正しいと考えるを指定したが、後の研究ではこの速度は支持されていない。 カノンはによって1940年にはじめて録音された。 1968年、の室内管弦楽団によって録音された版がこの曲の運命を大きく変えた。 これはよりな演奏スタイルで、それまでの演奏よりも顕著に遅いテンポをとり、パイヤール本人によって書かれたのパートを含んでいた。 パイヤールの録音は6月にでからとしてリリースされ、によるのトランペット協奏曲ほかのパッヘルベルとファッシュの作品も含まれていた。 同年、通信販売用のレーベルであるMusical Heritage Societyから大量販売されたアルバムにもカノンは含まれていた。 1968年7月、ギリシャのバンドであるはシングル「雨と涙 Rain and Tears 」をリリースしたが、この曲はパッヘルベルのカノンのバロック=ロック翻案だった。 このバンドは当時フランスを中心に活動していたが、彼らがパイヤール盤を聴いたことがあったかは不明である。 「雨と涙」は成功し、ヨーロッパのさまざまな国でポップスのヒットチャートの1位に輝いた。 数か月後の1968年10月、スペインのバンドであるPop-topsはシングル「Oh Lord, Why Lord」をリリースしたが、これもパッヘルベルのカノンにもとづいていた。 この場合も彼らが同年の先行する録音を知っていたかどうかはわからない。 「Oh Lord, Why Lord」はアメリカのバンドが1970年のアルバム「オズミウム」の中でカバーしている。 1970年、のクラシック音楽ラジオ局がパイヤール版をかけたところ、リスナーからのリクエストが殺到した。 パッヘルベルのカノンは特ににおいて人気を獲得した。 1974年、この曲の人気を知ったは、1961年にによって演奏された『クリスマス協奏曲』のアルバムの中にたまたまパッヘルベルのカノンが収録されていたのを、『パッヘルベルのカノン:この曲を有名にしたレコード、および他のバロック名曲集』 Pachelbel Kanon: the Record That Made it Famous and other Baroque Favorites という名前に変えて再販した。 このレコードは1976年のクラシック・アルバムでもっともよく売れた。 この成功によって他のさまざまなレーベルが独自の録音をリリースするようになり、それらもよく売れた。 1977年、のレッドシール・レーベルがエラート盤をほかで再販した。 アメリカでは同年6番目に売れたクラシック・アルバムになった(同年販売されたパッヘルベルのカノンを含むレコードのうち、シュトゥットガルト版は17位、同じパイヤール版を含む Go For Baroque! は13位だった)。 パイヤール版は1980年の映画『』で突出して使われた。 カノンは1980年のアメリカのテレビシリーズ『』の音楽としても使われた。 は The Music of Cosmosの題で1981年にRCAレコードからレコードが、2000年にはコスモス・スタジオのレーベルでCDがリリースされた。 ここで使われているカノンはグレン・スプリーンとの編曲による。 1982年、ピアニストのは、独奏ピアノアルバム Decemberの中に「ヨハン・パッヘルベルのカノンによる変奏曲」を含めたが、このアルバムは300万枚以上売れた [ ]。 脚注 [ ]• Ewald V. Nolte and John Butt, "Pachelbel: 1 Johann Pachelbel", The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell London: Macmillan Publishers, 2001. Welter, Kathryn J. 1998. "Johann Pachelbel: Organist, Teacher, Composer: A Critical Reexamination of His Life, Works, and Historical Significance", PhD diss. Cambridge, Massachusetts: Harvard University : p. 363. Schulze, Hans-Joachim. Johann Christoph Bach 1671—1721 Organist and Schul Collega in Ohrdruf , Johann Sebastian Bachs erster Lehrer, in Bach-Jahrbuch 71 1985 : 70 および注79。 Brewer, Charles E. 2013. The Instrumental Music of Schmeltzer, Biber, Muffat and their Contemporaries, p. 335. Ashgate Publishing, Ltd. Green, Thomas H 2004年5月27日. 2015年8月20日閲覧。 カノンは p. 271 に見える。 Perreault, Jean M. 2004. The Thematic Catalogue of the Musical Works of Johann Pachelbel, p. Scarecrow Press, Lanham, Md. Partitur und Stimmen, Dohr Verlag, ISMN M-2020-1230-7 ,• Daniel Guss, CD booklet to Pachelbel's Greatest Hit: The Ultimate Canon, BMG Classics RCA Red Seal• Hamburg Jahrbuch. David Luhrssen with Michael Larson 2017. Greenwood. Kristen Yoonsoo Kim 27 September 2012 , , Noisey ,• Knight-Ridder Newspapers. , 25 December 1976• , 24 December 1977• , Billboard, 15 May 1982• , Discogs , 2019年5月8日閲覧。 , SecondHandSongs , 2019年5月9日閲覧。 , Google Sites , 2019年5月9日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。 - ja. cantorion. org.

次の

【CD】パッヘルベルのカノン、月の光~ポップス・イン・ラヴ

パッヘルベル の カノン

作曲 [ ] 生前パッヘルベルはオルガンほかの鍵盤楽器曲で有名だったが、現在ではやの重要な作曲家としても知られている。 しかしパッヘルベルの室内楽曲はほとんど残っていない。 『カノンとジーグ ニ長調』もそうした曲のひとつであり、にMus. この写本はあと2曲の室内組曲を含む。 かつてに別な写本があったが失われた。 作曲の経緯はまったく知られていない。 ハンス=ヨアヒム・シュルツェは1985年の著書で、1694年10月23日の ()の結婚式にパッヘルベルが出席しているので、この機会に作曲されたのかもしれないと述べている。 、パッヘルベルほかの友人・家族はこの機会に音楽を提供した。 ヨハン・クリストフ・バッハはの長兄で、パッヘルベルの門人だった。 別の学者のチャールズ・E・ブルーアーはパッヘルベルとの出版された室内楽曲の関連性を調査した。 彼の研究によると、このカノンはビーバーが Harmonia artificioso-ariosaの第3部として出版したカノン的要素をもつシャコンヌに反応して作曲されたのかもしれない。 そうだとすればパッヘルベルがこの曲を作ったのはビーバーの作品が出版された1696年以前にさかのぼらないことになる。 カノンの作曲年代については異なる意見、たとえば1680年にさかのぼるとする考えも提出された。 分析 [ ] が有名だが、カノンとで1組になっており、カノンの次にジーグが演奏される。 3つと()の編成で書かれている。 カノン [ ] 、4分の4拍子。 の同度カノンであるが、カノン声部だけで構成される純粋なカノンではなく、通奏低音の伴奏を伴う点が標準的なカノンとは異なる。 通奏低音は以下の2小節を繰り返す。 第1ヴァイオリンに現れる水色のカノン旋律Aが第2ヴァイオリン、第3ヴァイオリンへと順々に受け渡されていく。 緑色のカノン旋律B、桃色のカノン旋律C、橙色のカノン旋律Dがそれぞれ2小節の長さで現れた後、他のパートへ順に受け継がれていく。 ジーグ [ ] ニ長調、8分の12拍子。 風の処理で始められる。 再発見と名声の獲得 [ ] このカノン(ジーグ抜きで)は1919年に学者のグスタフ・ベックマンがパッヘルベルの室内楽に関する論文の中にスコアを載せる形ではじめて出版された。 ベックマンの研究を支持した古楽研究者で編曲者のマックス・ザイフェルトは、1929年にカノンとジーグを編曲して自分のオルガヌム・シリーズのひとつとして出版した。 しかしザイフェルト版には原曲にはない多数のとの記号が加えられていた。 さらにザイフェルトは自分が正しいと考えるを指定したが、後の研究ではこの速度は支持されていない。 カノンはによって1940年にはじめて録音された。 1968年、の室内管弦楽団によって録音された版がこの曲の運命を大きく変えた。 これはよりな演奏スタイルで、それまでの演奏よりも顕著に遅いテンポをとり、パイヤール本人によって書かれたのパートを含んでいた。 パイヤールの録音は6月にでからとしてリリースされ、によるのトランペット協奏曲ほかのパッヘルベルとファッシュの作品も含まれていた。 同年、通信販売用のレーベルであるMusical Heritage Societyから大量販売されたアルバムにもカノンは含まれていた。 1968年7月、ギリシャのバンドであるはシングル「雨と涙 Rain and Tears 」をリリースしたが、この曲はパッヘルベルのカノンのバロック=ロック翻案だった。 このバンドは当時フランスを中心に活動していたが、彼らがパイヤール盤を聴いたことがあったかは不明である。 「雨と涙」は成功し、ヨーロッパのさまざまな国でポップスのヒットチャートの1位に輝いた。 数か月後の1968年10月、スペインのバンドであるPop-topsはシングル「Oh Lord, Why Lord」をリリースしたが、これもパッヘルベルのカノンにもとづいていた。 この場合も彼らが同年の先行する録音を知っていたかどうかはわからない。 「Oh Lord, Why Lord」はアメリカのバンドが1970年のアルバム「オズミウム」の中でカバーしている。 1970年、のクラシック音楽ラジオ局がパイヤール版をかけたところ、リスナーからのリクエストが殺到した。 パッヘルベルのカノンは特ににおいて人気を獲得した。 1974年、この曲の人気を知ったは、1961年にによって演奏された『クリスマス協奏曲』のアルバムの中にたまたまパッヘルベルのカノンが収録されていたのを、『パッヘルベルのカノン:この曲を有名にしたレコード、および他のバロック名曲集』 Pachelbel Kanon: the Record That Made it Famous and other Baroque Favorites という名前に変えて再販した。 このレコードは1976年のクラシック・アルバムでもっともよく売れた。 この成功によって他のさまざまなレーベルが独自の録音をリリースするようになり、それらもよく売れた。 1977年、のレッドシール・レーベルがエラート盤をほかで再販した。 アメリカでは同年6番目に売れたクラシック・アルバムになった(同年販売されたパッヘルベルのカノンを含むレコードのうち、シュトゥットガルト版は17位、同じパイヤール版を含む Go For Baroque! は13位だった)。 パイヤール版は1980年の映画『』で突出して使われた。 カノンは1980年のアメリカのテレビシリーズ『』の音楽としても使われた。 は The Music of Cosmosの題で1981年にRCAレコードからレコードが、2000年にはコスモス・スタジオのレーベルでCDがリリースされた。 ここで使われているカノンはグレン・スプリーンとの編曲による。 1982年、ピアニストのは、独奏ピアノアルバム Decemberの中に「ヨハン・パッヘルベルのカノンによる変奏曲」を含めたが、このアルバムは300万枚以上売れた [ ]。 脚注 [ ]• Ewald V. Nolte and John Butt, "Pachelbel: 1 Johann Pachelbel", The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell London: Macmillan Publishers, 2001. Welter, Kathryn J. 1998. "Johann Pachelbel: Organist, Teacher, Composer: A Critical Reexamination of His Life, Works, and Historical Significance", PhD diss. Cambridge, Massachusetts: Harvard University : p. 363. Schulze, Hans-Joachim. Johann Christoph Bach 1671—1721 Organist and Schul Collega in Ohrdruf , Johann Sebastian Bachs erster Lehrer, in Bach-Jahrbuch 71 1985 : 70 および注79。 Brewer, Charles E. 2013. The Instrumental Music of Schmeltzer, Biber, Muffat and their Contemporaries, p. 335. Ashgate Publishing, Ltd. Green, Thomas H 2004年5月27日. 2015年8月20日閲覧。 カノンは p. 271 に見える。 Perreault, Jean M. 2004. The Thematic Catalogue of the Musical Works of Johann Pachelbel, p. Scarecrow Press, Lanham, Md. Partitur und Stimmen, Dohr Verlag, ISMN M-2020-1230-7 ,• Daniel Guss, CD booklet to Pachelbel's Greatest Hit: The Ultimate Canon, BMG Classics RCA Red Seal• Hamburg Jahrbuch. David Luhrssen with Michael Larson 2017. Greenwood. Kristen Yoonsoo Kim 27 September 2012 , , Noisey ,• Knight-Ridder Newspapers. , 25 December 1976• , 24 December 1977• , Billboard, 15 May 1982• , Discogs , 2019年5月8日閲覧。 , SecondHandSongs , 2019年5月9日閲覧。 , Google Sites , 2019年5月9日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。 - ja. cantorion. org.

次の