西郷 輝彦。 西郷輝彦の病気は癌で現在は?若い頃の浮気相手が大物歌手?子供は?息子は?

西郷輝彦の病気は癌で現在は?若い頃の浮気相手が大物歌手?子供は?息子は?

西郷 輝彦

西郷輝彦さんが病気!癌になった当時は??? 歌手で俳優の西郷輝彦さんは2011年、体調不良があり検査入院していました。 当時は「周囲に迷惑と心配をかける」との事で公表していませんでした。 西郷輝彦さんの意向で事務所関係者にでさえ伝えていなかったとの事。 なので私達、世間一般人が知る由もありませんでした。 妻も悲痛!!西郷輝彦さんが病気の癌再発を公表 2011年に検査入院とされていますが、実はこの時に前立腺を全摘出したのでは?との声もあります。 6年が経過した2017年の癌再発の際は、マスコミ各社へファックスで「6年前になりますが、前立腺癌と診断され。。。 」と今回、癌が再発した事を報告しました。 前立腺癌の初期症状とは??? そもそも前立腺癌って何?って方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に説明させていただきます。 前立腺癌とは前立腺の外線の線上皮から発生する率が高く、初期には全くと言ってよいほど自覚症状はないようです。 癌が進行すると尿道が圧迫され、排尿困難、頻尿、残尿感、夜間の頻尿などの症状がでます。 前立腺癌が進行すると??? 前立腺癌が尿道や膀胱に広がると排尿痛、尿漏れ、血尿の症状があらわれ、更に癌が進行すると尿が出なくなったり、精嚢腺(せいのうせん)に広がると精液が赤くなるようです。 リンパ筋の転移では下肢のむくみ、脊椎、骨盤骨に転移では体の激痛や下半身まひの症状があります。 現在、癌は全摘出すれば完治するのでは??? ひと昔前では癌になってしまうと、もう死んだも当然っと思われるほど、魔の病と言われていました。 しかし現代では癌は早期発見では部位にもよりますが、ほとんど治ると言われています。 しかし稀に癌を全摘出したにも関わらず、再発してしまう場合もあるそうです。 西郷輝彦さんの妻もショック!癌再発の原因とは??? 西郷輝彦さんのように前立腺癌を根治するために全摘出手術をおこなったのにも関わらず、再発してしまいました。 5年再発しないと完治と言われている癌ですが、再発したその原因は手術や放射線治療をしても、目に見えない小さな癌細胞が残っていて、その癌細胞が成長していったのでは?と言われているそうです。 現在の西郷輝彦さんの癌ステージは??? 西郷輝彦さんの前立腺癌は全摘出手術をして6年経過しているので、完治したと思われますが、今回のケースは人間の目ではわかりにくく、なおかつ放射線が届きにくい場所に小さな癌が残っていたのが再発した可能性が高いとの事です。 転移ではなく、今回も早期発見できたようで、早い段階で治療を再開しているようです。 癌再発で仕事にも支障が。。。 西郷輝彦さんの癌再発が早い段階で見つかってよかったと思います。 しかし来年2019年3月に博多座での舞台に出演予定であった「舞子(まいこ)はレディ」は、治療に専念するために降板するようです。 西郷輝彦さんにとっては悔しい気持ちがあるかと思いますが、やはり「命優先」です!!! 病気が再発した西郷輝彦さんの心境 癌が再発してしまった、俳優の西郷輝彦さん。 ファンの方々へも「1日も早く皆さまの前に、完全復活した姿で、歌と芝居のパフォーマンスをご披露できるよう、心して病と向き合う所存でございます。 」と再発にも関わらず、明るく前向きにコメントを発表しています。 西郷輝彦さん自身のツイッターも元気に更新しています! 癌と向き合う気持ちが大切 誰しも「癌」と診断されただけでも目の前が真っ暗になり、周囲の音や声も聞こえなくなってしまう位にショックを受ける事でしょう。 しかし、現在、日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で死亡してしまうというデーターが国立がん研究センターが発表しています。 他人事ではない確率がデーターとして出ています。 癌は防げるの??? 現在、癌はこのような高い確率で誰しもがなる病気です。 「いつか癌になるかもしれない」と不安ばかり思っていては、身体が目にみえないストレスを受け、余計に悪影響です。 まず一番大切なのは毎年癌検診を必ず受診する事です。 もし癌が見つかったとしても、早期発見なら高い確率で根治できます! 癌を予防する!!! そして「自分がもし癌と診断されたら」と少しの心構えも必要かもしれません。 癌検診を受診するのは、「癌になっていないか見つける」事です。 日々の生活習慣の見直しが一番大切だと思います。 強い免疫力をつける為に適度な運動、睡眠、食事、過度なストレスを避ける!ストレスは本当に健康に危害を加えます! 癌の治療は日々研究されている!!! 昔に比べると、癌の早期発見も可能になり、そして癌の早期発見の段階だと根治する可能性は9割近くになるとの事。 もしも癌のステージが高い場合でも、高額な費用は要しますがトモセラピーという放射線治療の道もあります。 近い未来では「癌は怖くない病」になっている事に期待しましょう! 西郷輝彦さんのプロフィール 西郷輝彦さんの輝かしい経歴!• 1964年 レコード「君だけを」でデビュー(60万枚のセールス)• 1964年 レコード「十七才のこの胸に」大ヒット• 1964年 第6回日本レコード大賞新人賞受賞 当時の西郷輝彦さんのキャッチフレーズは「太陽の王子」だったそうです。 当時にしては高身長で彫の深い顔付き、イケメン王子そのものだったでしょう。 1965年に鹿児島で行われた帰郷ショーで観客が入口に殺到しすぎて、観客13名が負傷、警官1名が死亡という事故まで起こってしまったようです。 華やかな裏では所属していた事務所が解散し、当時のマネージャー、クラウンレコード、太平洋テレビ等と共同出資会社の社長も兼業していたようです。 さまざまなペンネームを使いわけ、当時人気があった「明星」という雑誌の連載小説などの執筆活動をされていたり、ご自身の曲である「傷だらけの天使」の作詞作曲を担当したりと、マルチに才能を開花されていました。 再発後の西郷輝彦さんと妻の現在 6年間とても良好で何事もなく過ぎた日々だったので、少し不安な気持ちも心にあったかもしれませんが、ここまでくれば再発しないと思いとても幸せだったと思います。 そんな中での今回の再発は西郷輝彦さんと奥様、ご家族にとってはとてもつらい事だと思います。 必ず完治すると思い応援しています! あなたにオススメ.

次の

江戸を斬る (西郷輝彦)

西郷 輝彦

歌手の 西郷輝彦さんは、2017年11月、 前立腺がんが再発したことを公表しました。 歌手活動に加え、俳優としてこれまで時代劇やミステリードラマにも数多く出演してきました。 そんな西郷さんが闘病している前立腺がんとはどのような病気なのでしょうか? 今回は、西郷輝彦さんの闘病の経緯と、前立腺がんについてご紹介します。 同年日本レコード大賞新人賞、NHK紅白歌合戦に初出場(通算10回)。 著名な家族に、辺見えみり(長女)、今川宇宙(三女)がいる。 スポンサードリンク 目次• 全摘出手術を受ける。 また、6年前にがん闘病していたことを公表。 ブログで、抗がん剤治療による副作用で脱毛したことを明かす。 そして、再発の診断を受けた翌月も、予定されていたディナーショーをこなすほどの プロ魂! 現在は、復帰に向け治療に専念しているようです。 西郷輝彦さんが闘病している「前立腺がん」ってどんな病気? 西郷さんが闘病している前立腺がんは、男性特有のがんです。 どのような特徴のある病気なのか、確認していきましょう。 【前立腺がんとは】 前立腺がんは、前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。 早期に発見すれば治癒することが可能です。 また、多くの場合比較的ゆっくり進行します。 近くのリンパ節や骨に転移することが多いですが、肺、肝臓などに転移することもあります。 前立腺がんの中には、進行がゆっくりで、寿命に影響しないと考えられるがんもあります。 がんではない、ほかの原因で死亡した男性を調べた結果、前立腺がんであったことが確認されることがあります。 【症状】 早期の前立腺がんは、多くの場合自覚症状がありません。 しかし、尿が出にくい、排尿の回数が多いなどの症状が出ることもあります。 進行すると、上記のような排尿の症状に加えて、血尿や、腰痛などの骨への転移による痛みがみられることがあります。 【統計】 前立腺がんと新たに診断される人数は1年間に10万人あたり117. 9人です。 年齢別にみた罹患率(りかんりつ)は、60歳ごろから高齢になるにつれて顕著に高くなります。 男性では胃がん、大腸がん、肺がんに次いで4番目に罹患率が高いがんです。 【生存率】 治療については、手術(外科治療)だけではなく、放射線治療、薬物療法、その他の何らかの治療を受けた患者さんが対象となっています。 そのため、各施設で公表している、手術だけを受けた患者さんを対象とした生存率と、異なる場合があります。 前立腺がんの病期別5年相対生存率(対象:2006~2008年に診断を受けた患者さん) 引用: がん闘病した西郷輝彦さんの現在は? 前立腺がんは、2020年以降、男性のがんの中で1番目に多くなるとの予測もあるようです。 60代、70代のお父さんを持つ方にとっては、前立腺がんという病気について知っておいて損はありません。 一方で、 前立腺がんは、進行も遅く早期発見ができれば生存率・治癒率は高いがんと言われています。 実際に西郷さんは、2011年の前立腺の全摘出手術後、その経過は良好で仕事を順調にこなしていました。 西郷さん自身も、2018年現在、テレビ番組に出演するなど経過は良好のようです。 \がんへの備えが不安な方へ/.

次の

メグのホームページ

西郷 輝彦

来歴 [ ] 幼少の頃から芸事に傾倒し、小学生時代は剣舞や絵画を習ったり、近所の子供を集めては自身で作った紙芝居を披露したり、地元の慈眼寺公園でチャンバラごっこに明け暮れる少年だった。 中学に入ると主としてスポーツに力を入れ、野球、テニス、バレーなど、あらゆるスポーツをそつなくこなす少年であった。 背が高かったこともあり、他のクラブから試合への参加を頼まれることもあったとのことである。 またジャズが好きだった兄の影響で音楽にも傾倒し、将来は歌手になりたいとの夢を抱いていた一方、、などダイヤモンドラインと言われた映画に憧れ映画俳優になりたいとの夢もあり、当時あった映画会社5社のニューフェイスに応募したが、結果は落選だった。 1962年に中退後、鹿児島からヒッチハイクで大阪に行く。 アルバイトサロン(略してアルサロ)でボーイをしながら、かねてから下見をしていた有名なジャズ喫茶のオーディションを受けるも落選し、途方に暮れていたところを、審査員の口利きでのバンドボーイとなる。 その後京都、名古屋などをぐるぐるまわりながら、バンドボーイ活動をしていたところを龍美プロに誘われ入社。 1964年2月、より「君だけを」でデビュー。 同曲は60万枚を売り上げた。 「十七才のこの胸に」もヒットし、両曲でその年の新人賞を獲得。 同年「十七才のこの胸に」で映画デビュー。 歌手として大人気であっただけでなく多くの映画に主演し、1960年代を代表する青春スターであった。 自ら我修院建吾 のペンネームで雑誌『明星』に連載小説を書き、映画にもなった自作曲「」もヒットした。 銀川晶子、五代けんも西郷自身の作詞作曲時のペンネームである。 またデビュー当時のキャッチフレーズは「太陽の王子」であった。 1965年5月10日に鹿児島市鹿児島体育館で行われた帰郷ショーで観客が入場口に殺到し、整理の警官1名が死亡、観客13名が負傷するという事故が起きている。 1966年に発売した「」は、30万枚を売り上げる大ヒットとなり 、いくつかの歌手によるカバーのほか、(曲名は「肉のフラメンコ」 )やなどにパロディー化もされている(本人出演のテレビCMでのセルフパロディーもあった)。 また、2008年には、の本場である出身の歌手・ ()が自身のアルバムでカバーした。 1970年代に入り「真夏のあらし」(作曲賞受賞曲)や「情熱」、「略奪」、「愛したいなら今」とロックポップス色を前面に出した曲が立て続けにヒットし、1971年2月には日生劇場でのロングラン公演を果たし大成功を収めた。 1973年、劇作家の誘いを受けテレビドラマ「(ヤツ)」(制作・系)に主演し、同番組は高視聴率を獲得し1977年までのロングランヒットとなる。 これ以降歌手活動を一時縮小する。 1975年からは時代劇にも進出。 特に国民的時代劇である「」の「」の第1話にゲストとして招かれ出演したことがきっかけで、同枠の時代劇「」の主演役に抜擢された。 同時代劇で京都映画祭新人賞を受賞。 また第4シリーズの初回において最高視聴率36. またあらゆる面でその後の人生に大きな影響を与えたに師事し、舞台「暖簾」、「孤愁の岸」、「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演する森繁ファミリーの一員でもあった。 「」の役や、時代劇「」(TBS系)の役、「江戸を斬る」の遠山金四郎役など時代劇俳優として名を馳せたが、近年では現代劇の映画やドラマにも多く出演。 また、としてもバラエティ番組に出演するなど、活動の幅を広げている。 1983年には自身がかねてから演じてみたいと切望していたを、映画「」で演じた(主演は森繁が演じた)。 また同年からはロート製薬提供の長寿クイズ番組である「新アップダウンクイズ」の司会にも挑戦した。 1994年、デビュー30周年を機に、「別れの条件」で歌手活動を再度本格化させる。 2000年10月からは橋幸夫、舟木一夫とともにG3K(御三家)ツアーとして、2001年12月まで全国100カ所以上においてコンサートを行い、好評を博した。 2003年、芸能生活40周年を記念したコンサートツアー「西郷輝彦 VICTORY」全国40公演を行う。 2005年よりブログを開設。 当初は関西弁で書かれ更新されていたが、現在では普通の口調になっている。 2009年、デビュー45周年を迎え、1月20日には東京千代田区の日比谷公会堂で昼夜2回の記念コンサートを開催。 私生活 [ ] にとで電撃結婚。 二児(一男一女)をもうけたが1981年に性格の不一致を理由に離婚。 離婚に至った発端は歌手、現代劇、時代劇で多忙を極めた活躍により自宅に帰るのは週に一度という生活だったと回想している。 長男はミュージシャン・プロモーターの、長女はタレントのである。 に自身の事務所に勤務していた19歳年下の女性と再婚。 現在夫人との間に三女がいる。 、娘のえみりが夫のとの間に第1子授かり、妊娠5カ月であることを発表した際、そのことに触れてマスコミに対し、喜びのコメントを寄せている。 また、西郷にとって初めての孫となる。 2013年6月13日、えみりが第一子である女児を出産する。 娘夫婦から母子ともに健康で無事出産したことをメールで報告を受けた。 2013年より三女の(旧芸名、天川宇宙)がフリーモデルとして芸能活動を開始し、2016年より芸能事務所に所属。 人物 [ ] 芸名の「西郷」は尊敬する郷土の英雄・「大西郷」こと西郷隆盛にちなむ。 の「」(系)では「小西郷」こと役を演じた。 新春に放送された「」(開局40周年記念ドラマ)で、ついに念願の西郷隆盛役を演ずることになった。 また「輝彦」の名前については、当初「一」(はじめ)という候補があったそうだが、頭でっかちで倒れそうということで父親に命名してもらったそうである。 の大ファンで自身のコンサートやライブでも「アメリカの祈り」などを披露する。 の商品の大ファンで、「」の「」特集(2009年2月8日放送)では「芸能界一のアップルマニア」として出演。 VTRを見て感涙してしまい、司会のから「好き過ぎ」と言われてしまった。 の発表会でスティーブ・ジョブスが封筒からMacBook Airを取り出すパフォーマンスに感銘し、MacBook Air購入後に封筒に入れてみたことがある。 故郷・鹿児島に対する思いから、地方博覧会であった1989年開催の「サザンピア21」のテーマソングを歌唱するだけでなく作詞も手がけ、コマーシャルにも出演。 「」では、PRも兼ねて生出演し、ネイティブの鹿児島弁でインタビューに答えていた。 音楽 [ ] シングル [ ] 発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 クラウンレコード 1960年代 1 2月15日 EP CW-35 2 1964年 4月15日 EP CW-55 チャペルに続く白い道 水島哲 北原じゅん 3 1964年 6月1日 EP CW-80 星空のあいつ 水島哲 北原じゅん 4 1964年 8月1日 EP CW-110 十七才のこの胸に 水島哲 北原じゅん 5 1964年 8月1日 EP CW-123 青空の下夢がいっぱい 水島哲 北原じゅん 6 1964年 10月5日 EP CW-145 君と歌ったアベマリア 水島哲 北原じゅん 7 1964年 11月1日 EP CW-180 J. Leonard C. Sandford 81 11月21日 EP TP-17791 面影グラス 川口真 82 3月21日 EP PZA-774 誰がために夜は明ける 阿久悠 西郷輝彦 川口真 1990年代 クラウンレコード 83 3月21日 8cmCD CRDP-10 旅はさすらい 浜口庫之助 1992年 12月16日 8cmCD CRDN-5068 ふるさとは宗谷の果てに 84 9月21日 8cmCD CRDN-198 別れの条件 荒木とよひさ 85 8月21日 8cmCD CRDN-289 時に抱かれて 荒木とよひさ 都志見隆 川村栄二 86 9月3日 8cmCD CRDN-392 銀河のはてに 西郷輝彦 若草恵 87 2月15日 8cmCD CRDN-528 星月夜 西郷輝彦 青木望 88 2月1日 8cmCD CRDN-584 桜花のとき 荒木とよひさ 中川博之 2000年代 89 8月23日 CD CRDN-697 90 2000年 10月21日 CD CRDN-702 星の涙 91 2月25日 CD CRCP-532 sora -空- 西郷輝彦 西郷輝彦 辺見鑑孝 2010年代 92 5月11日 CD CRCN-1533 オリオン急行 都志見隆 若草恵 93 4月4日 CD CRCN-1606 旅のあかり 都志見隆 若草恵 94 2月15日 CD CRCN-1677 燃えろ夜明けまで 西郷輝彦 オリジナル・アルバム [ ]• ヒットパレード 君だけを(1964年)• テルちゃんと踊ろう(1967年)• 青春(1970年1月1日)• 坂道の教会 〜さよならはいわなかったのに〜(1971年6月25日)• 恋人たちの時間 〜オリジナル'72〜(1972年1月25日)• ACT I(1976年10月25日)• Road Show(1980年9月25日)• Souther(1983年3月21日)• Twilight Time(1984年6月20日) ライブ・アルバム [ ]• 輝かしい未来へ テル!(1970年10月20日) 1970年7月2日、東京・におけるライブレコーディング• テルの絶叫 日生劇場リサイタル オンステージ(1971年4月25日) 1971年2月10日、東京・におけるライブレコーディング• 西郷リサイタル 〜Special Big Guest MILVA〜(1972年6月20日) 1972年4月28日、東京・新宿厚生年金ホールにおけるライブレコーディング 出演 [ ] 映画 [ ]• 十七才のこの胸に(・) - 南郷時彦 役• あの雲に歌おう(・東映) - 相川昌治 役• 我が青春(・) - 愛川輝夫 役• 涙をありがとう(・) - 西条輝夫 役• 狸穴町0番地(・) - 公彦 役• (・日活) - 星川健次 役• この虹の消える時にも(・日活) - 朝比奈健 役• 涙になりたい(・日活) - 椎名吾郎 役• 遥かなる慕情・星のフラメンコ(・日活) - 西条英司 役• 傷だらけの天使(・日活) - 後藤八郎 役• 恋人をさがそう(・日活) - 伊地知哲夫 役• (・東映) - 和久一郎 役• 海はふりむかない(・松竹) - 杉江礼次 役• 風雲・激情篇 怒涛篇(・松竹) - 役• () - 山下猛造 役• (・東映) - 役• (・東映) - 役• (・東映) - 上の 役• (・東映) - 吉岡昇平 役• シンガポールへの道(・東映) - 大門勲 役• () - 役• () - 賀美能親王(のち) 役• (・東映) - 鷹野治雄 役• () - 海老原太一 役• () - 役• TANNKA 短歌()• (2009年10月、松竹)• 柳生十兵衛 世直し旅(2015年) - 将軍 徳川家光 役 ほか、多数。 テレビドラマ [ ]• ( - 、)• (4月 - 3月、NHK)• ( - 、)• (1973年、) - 田沢義次 役• (ヤツ)( - ) - 山下猛造 役• (TBS・)• 第1話「怒れ!薩摩隼人・鹿児島」(1975年) - 弟子丸左源太 役• 第6話「武士道無明・盛岡」() - 繫十郎 役• 第2話「死を賭けた武士道・いわき」() - 浅香新之丞 役• 第4話「悪を斬る 紅緒の三度笠・山形」() - 紅緒の仙太郎 役• 第35話「命を賭けた裏切り武士道・高崎」() - 小栗新太郎 役• 第9話「悪計暴いた白頭巾・諏訪」() - 結城新之介 役• 第2話「老公狙う大爆発・岩城」() - 笹井敬之介 役• 第26話「暴君を斬る!男の剣・矢掛」() - 風間平蔵 役• 〜( - ) - 役• 第16話「質実剛健わが道を行く・金沢」() - 黒鉄清兵衛 役• II〜VI( - 、TBS) - 役• (1977年、)• (1977年-1978年、テレビ朝日)• (、テレビ朝日) - 風の新吉 役• 第12話「血風!帰らざる街道」(1978年、テレビ朝日) - 秋本十三郎 役• (4月1日-7月8日、関西テレビ)• (、関西テレビ) - 津々見京之介 役(特別出演)• (テレビ朝日)• 瀬戸内殺人海流()• 「伊豆急展望列車リゾート21の謎」(1989年) - 戸倉刑事 役• 伊勢志摩密封死体の女(1992年5月) - 主演・井野拓也(刑事) 役• 木曽路殺人事件(1993年11月3日)• シリーズ(1992年 - 1994年) - 主演・ 役• (全7作)(2001年 - 2009年、・松竹芸能) - 主演・安野勝次 役• 2(2008年6月21日、ABC・テレパック) - 溝口康三 役• (2010年10月30日、) - 巽 役• あこがれベイビー(、日本テレビ)• シリーズ(1981年-1983年 フジテレビ) - 清水次郎長 役• (1981年 フジテレビ) - 結城小十郎 役• シリーズ( - 1983年 テレビ朝日) - 泊主任警部 役• 天下御免の頑固おやじ 大久保彦左衛門(1月 TBSテレビ) - 役• 「旗本やくざ 大江戸喧嘩帳」(1982年9月17日 フジテレビ)大草源次郎 役• (TBSテレビ) - 新三郎 役• (1996年)• 第26話「帰って来た友情」(1999年)• (-1983年 テレビ朝日) - 松平源九郎 役• 森繁久弥芸能生活50周年記念番組(1983年 フジテレビ) - 役• 第45話「花嫁は大奥一年生」( 関西テレビ) - 役• (日本テレビ)• (1985年) - 役• (1987年) - 役• (1988年) - 役• (1993年) - 役• (1981年 ) - 矢島仙十郎 役• () - 香車の東吉 役• (NHK)• (1987年) - 役• (1997年) - 役• (2000年) - 役• (2003年) - 役• (テレビ朝日)• (1987年、東映) - 半七・青年期 役• (1987年、TBSテレビ) - 岡部警部 役• (日本テレビ)• 追いつめられた女(1988年)- 西脇刑事 役• シリーズ(全21作)(1996年 - 2005年、) - 主演・佃次郎 役• (1988年8月24日〜9月28日、TBS) - 堀口春彦 役• 意外とシングルガールスペシャル(1989年3月29日)• (1989年、NHK) - バイク屋・多田 役• サラリーマン忠臣蔵(1989年、テレビ朝日) - 岩松検事 役• ( - 、、 関東取締出役(影の) - 藤堂平八郎 役• 新春時代劇スペシャル(日本テレビ)• (1990年) - 伊東七十郎 役• (1991年) - 役• 新春ドラマスペシャルみんな玉子焼き(1990年1月、テレビ朝日) - 宇佐見圭次 役• ドラマスペシャルごめんねコーちゃん(1990年、NHK) - 役• 二人だけの・・・(1990年、TBS、)• TBS新春大型時代劇スペシャル(1991年、TBS) - 役• 長い導火線(1992年2月、日本テレビ、火曜サスペンス劇場) - 結城章 役• (、・ユニオン映画) - 小笠原能登守泰久 役• (1994年10月20日〜12月15日、) - 向井鷹雄 役• 元禄太平記討ち入りの助っ人たち(、) - 役• (1995年、TBS) - 宮口幸太郎役• (、テレビ東京・ユニオン映画) - 主演・林嵐山 役• (テレビ東京)• やもめ記者の事件メモ(2002年6月) - 北川万年 役• 幻の推理作家〜能登路殺人行 (2003年6月) - 和南城健 役• 時効〜特命刑事・徳田左近(2004年) - 徳田左近 役• (2004年7月 - 8月、NHK)• (2004年9月 - 2005年3月、NHK、朝の連続テレビ小説)• (2006年、テレビ朝日) - 役• シリーズ(NHK) - 役• (2006年)• (2007年)• (2006年3月27日、日本テレビ、) - 役(ゲスト出演)• (テレビ東京)• シリーズ(2007年 - 2008年) - 熊代正夫 役• 立証〜離婚弁護士 香月佳美(2013年5月29日) - 鈴原英治郎 役• (2013年9月25日) - 新田久雄 役• 新春ワイド時代劇『』(、テレビ東京) - 役• 「第1話」(2008年4月18日、)• 南州翁異聞〜おいどんは、丸腰・平和使節で韓国へ行く〜・(2008年1月20日、フジテレビ) - 役• (2009年10月10日〜11月7日、NHK、) - 花村 役• 結婚(2009年11月28日、テレビ朝日、ドラマスペシャル)• (2010年10月6日 - 12月22日、) - 月宮雄三 役(特別主演)• Glass 5(2011年3月4日、テレビ朝日、金曜ナイトドラマ) - 佐々倉源一 役(特別出演)• ドラマ特別企画「」(2012年7月9日、TBS) - 上山松蔵 役• テレビ未来遺産"終戦"特別企画「」(2013年8月7日、TBS) - 役• (TBS)• (2014年12月15日) - 竜田耕太郎 役• SEASON2 第1話「昭和50年の思い出」(2016年4月4日、) - 牧田信吾 役• 第6話(2016年8月19日、) - 勝小吉 役• 3(2017年) - 辻堂一之 役• 第6話(2019年5月31日、テレビ東京) - 城ノ内昌胤 役(友情出演)• (2019年7月7日、TBS) - 島本博 役 バラエティ番組など [ ]• - 系)• (1977年4月2日 - 8月27日、フジテレビ) - 司会• (1983年 - 1985年) - 【元】の後任• THEプレゼンター 〜チャリティボイスin鹿児島〜(1993年、TBS) - 司会• (日本テレビ)• 我ら、もの申す! 第2弾(2009年3月、) - ご意見番• (日本テレビ) -• (2019年6月8日、テレビ朝日)• (2020年1月14日、フジテレビ) NHK紅白歌合戦出場歴 [ ]• - 10回連続出場。 なお,1966年と1973年は「星のフラメンコ」で出場している。 (1996年、) - 徳川宗春 役• (1997年、)• (1999年ほか、) - 遠山金四郎 役• () - 徳川家光 役• 三田政吉追善公演 ーいのち燃ゆるときー(2007年) - 堀部安兵衛 役• (2009年12月、) - 大石内蔵助 役• (2010年2月上演、三越劇場)• (2012年1月上演、明治座) - 大石内蔵助 役• (2012年8月上演、三越劇場) - 松崎寿一郎 役• (2015年11月上演、ほか) - シゲ 役• 名作劇場「君はどこにいるの」(2017年2月、三越劇場、) - 省二郎 役 CM・広告 [ ]• (どんぶりくん、どんぶりくんコーンラーメン) ライブ・コンサート [ ]• 西郷輝彦45周年記念コンサート(2009年9月25日、熊本県・アロマ文化ホール)• 〜 Teruhiko Saigo Live Act. 〜(2009年11月6日、) イベント [ ]• 第112回(2015年12月14日、兵庫県。 義士行列の大石内蔵助役で特別参加) 関連文献 [ ]• 西郷輝彦 『生き方下手』(2007年1月、刊) - 自伝• 『御三家歌謡映画の黄金時代 橋・舟木・西郷の「青春」と「あの頃」の日本』 (2001年、)• 岡田喜一郎 『昭和歌謡映画館』(2009年7月、ラクレ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』(1997年)より• 『精選盤 昭和の流行歌 歌詞集』、151頁。 『』連載「歌と芝居で半世紀」2011年8月17日発行 17頁参照。 (のキャッシュ)• ・』)、、2016年1月7日20時0分。 2017年10月5日. 2017年11月30日閲覧。 映画「」の主題歌として使用された。 映画「」の主題歌として使用された。 日活映画「」の主題歌として使用された。 系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 日活映画「」の主題歌として使用された。 両A面シングル。 日活映画「」の主題歌として使用された。 日活映画「」の主題歌として使用された。 とのデュエット。 日活映画「」の主題歌として使用された。 日活映画「」の主題歌として使用された。 のテーマソングとして使用された。 とのデュエット。 映画「」の主題歌として使用された。 映画「」の主題歌として使用された。 とのデュエット。 テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 フジテレビ系テレビドラマ「どてらい男」の挿入歌として使用された。 TBS系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 テレビ朝日系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 鹿児島市政100周年記念、サザンピア21テーマソング• 系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 テレビ東京系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 テレビ東京系テレビドラマ「」の主題歌として使用された。 G3K名義(西郷と、の3人によるユニット)。 D-NA名義(西郷とその息子のとのユニット)• 55年来のファンと出演、西郷の魅力を語った。 ステージナタリー. 2016年9月22日. 2016年9月23日閲覧。 外部リンク [ ]• - サンミュージック(業務提携)• teruhikosaigo -• (2015年 閉店)• の連載記事(、『どてらい男』に関するコメントあり) - (2011年7月21日アーカイブ分)• - 先代: 西郷輝彦 次代: -.

次の