ゴム 手袋 コロナ。 実は危険! 新型コロナ対策のため「手袋」でスーパーへ行くことの問題点(ハーパーズ バザー・オンライン)

新型コロナウィルスへの対応として、手にマスク(手袋) は有効ですか?

ゴム 手袋 コロナ

衛生グッズだけじゃない? 今売れ筋の意外なグッズ 感染が拡大する新型コロナウイルス。 東京・新宿区の100円ショップで完売していたのは、 使い捨ての100枚入りビニール手袋。 手からの感染を防ぐためネットで注目され、電車のつり革やレジでおつりを受け渡す際に身に着ける人が増え、2月中旬からすでに8000個を販売したということで、品薄状態が続いているという。 また、マスクをしている人の悩みと言えば、眼鏡のくもり。 ドラッグストアでは「 眼鏡の曇り止め」が去年の今頃と比べて2倍以上も売れているという。 子どもたちは休校中…保護者安心のグッズ さらに、臨時休校中の子供たちに人気なのが、家庭用の トランポリン。 SNSには 「休校で運動不足になるからトランポリン買った!」「救世主トランポリンが届いた これで体力消耗してくれー」との投稿があり、子どもたちが退屈しないように購入する保護者が相次いでいるという。 この反響について、メーカーは… DABADA・藤本博行代表: 年に一番売れるのはクリスマスなんですけど、3月に入ってからは需要が3倍になっている。 コロナウイルスでうちが貢献できるとは思っていなかった。 正直びっくりですね。 すでにトランポリンは品薄状態となっているということで、予約販売に切り替える可能性もあるとしている。 ビックロビックカメラ新宿東口店では臨時休校前と比べて売り上げが7倍となり、 「自宅にいる子どもを見守りたい」という保護者からの問い合わせを受けることが増えたという。 マスク不足で「手作り」需要の高まり 意外な売れ行きを見せているグッズは他にも。 都内の100円ショップでは 「ゴムひも」の売り上げが4~5倍に増えたという。 このゴムひも、何に使うかというと 「手作りマスク」の材料。 マスク不足が続く中、自分でマスクを作ろうとする動きが高まり、他にもマスクの材料にするためのガーゼやキッチンペーパーが売れているという。 佐々木かをり氏: 手作りのマスクの材料はなくなることがないから安心ですね。 フジテレビ・風間晋解説委員: いつピークアウトするかわからないわけじゃないですか。 長期戦になりかねないので、あまりマスクってもの自体にこだわって社会がギスギスするって、自分の気持ちも厳しくなりそうでそこは嫌だなって思いますよね。 木村拓也アナウンサー: 他にもあれがない、これがないと新しい情報が来た時に、ちゃんと精査しないといけませんね。 トイレットペーパーはありますからね。 (「Live News it! 」3月6日放送分より).

次の

コロナ対策のための正しい手袋の使い方 — 親子の時間研究所

ゴム 手袋 コロナ

コロナ対策として手袋の需要が増えているようです。 対策で「手袋」は合っているのか? コロナ対策として手袋の需要が増えているという記事を読んで 本日、ヤフーニュースで読売新聞オンラインのという記事を読んで疑問に思ったのですが いくら手洗いできるとは言え、 洗うまでに感染するリスクがあるのではないか・・ということです。 手袋の着脱の時など、素手で触る可能性があるので、同じ手袋を使いまわすのはいかがなものかと・・ 手袋をはずした後もすぐに手洗いをするなどをすればよいかもしれませんが あまり効率的とは思えません。 使い捨て手袋でコロナウィルス感染対策はどうか そこで、使い捨て手袋はどうだろうと考えました。 コスパの視点もいれてみると まずこちらのビニール手袋は100枚入りで352円の商品です。 (1枚あたりは3. 52円ですが、1回に2枚使うので7. 04=284 布手袋1ペア買う分でビニール手袋は284回分使用できます。 一日、職場との行き帰りで2回使ったとしても142日分になります。 また、手袋をはずすときは、裏返しながら外してそのまま捨てるため 感染のリスクは大きくはないと思われますがどうなのでしょうか? コロナ対策ビニール手袋の問題点 ビニール手袋が感染対策になるかもしれないといっても しっかりとした着脱方法をしない限りは、意味はないようです。 手袋を外す際に、表面を触ってしまうことが結構多いようです。 また、つるつるした面ではウィルスは長生きするという話もあります。 それなら逆に普通の布手袋の方がよいのか・・でも洗わないと・・という問題に戻ってしまいます。 結局は手洗いが一番の予防 一番の対策は、最初から言われていた通り「手洗い」「うがい」が良いようです。 手袋も直接皮膚で触らないという意味ではよいかもしれませんが、 結局手袋を洗わないといけません。 どうしても心配という人は使うのは良いのですが、着脱時に十分にお気を付け下さい。 まとめ 手袋は効くのか、効かないのかという話ですが、 私の結論は「気休めでしかない」という印象です。 それよりも、 しっかりと手洗い・うがいをして予防するほうがはるかに効率的のような気がします。 手袋が効くという記事を読んで、 ビニール手袋などを買い込んで品薄状態などならないように冷静な行動を心がけましょう。

次の

新型コロナウィルス|マスクは効果が低い!ゴム手袋着用の接触感染防止が最も有効!

ゴム 手袋 コロナ

つり革や手すりなどからの感染を心配する声 コロナウィルスの感染拡大が騒がれている中、不特定多数が触れる電車のつり革、お金、ドアノブや手すりなどの手から感染を心配する声が上がっています。 特に外出時は、不特定多数の方が触れたものに触れる機会が多くなります。 電車やバスのつり革、お釣りの受け渡し、ドアノブ、手すり、椅子、机・・・。 接触感染を予防する為に、 外出時に 使い捨て手袋をはめ帰宅時に 使い捨て手袋を外し、すぐに手を洗うという対策で感染の予防をしている方も多いようです。 買い物、バス電車、これはめて行きます。 乗り物の吊り革 手すり、買い物カート、エレベーターのボタン、ドアノブ、スイッチどこでも触って帰って来たら捨てよう。 最近は安く売ってるしね。 更に帰宅時手洗いで完璧よな。 外出中はけっして首から上は手で触らないようにしている。 もちろん帰宅したら手洗い うがいである。 慌てずに必要な分だけ購入し、必要な方へ行き渡るようにしたいですよね。 ネット通販でも、 在庫ありの商品はたくさん販売していました。

次の