グリーズマン バルセロナ。 首位陥落のバルセロナにさらなる試練、メッシとグリーズマンが衝突か(SOCCER KING)

グリーズマン 歴代の背番号を調査!背番号14問題についても

グリーズマン バルセロナ

バルセロナはルイス・スアレスの成功を最後に、FWの補強に失敗し続けている。 スペイン紙マルカが27日に報じている。 2014年夏、ルイス・スアレスを8100万ユーロ(約97億2000万円)で獲得。 その後の活躍は誰もが知るところで、公式戦270試合191得点、1試合平均0. 70得点という非常に優れた成績を残している。 しかし、それ以降はゴールを計算できるFWと契約できていない。 約5年半で合計4億8200万ユーロ(約578億4000万円)もの大金を費やして9人のFWを獲得したが、ほぼ全員が期待外れとなっている。 2015年夏に入団したアルダを皮切りに、現在に至るまでパコ・アルカセル、デンベレ、デウロフェウ、コウチーニョ、マウコム、ボアテング、グリーズマン、ブレイスウェイトを獲得してきた。 しかし合計で90得点しか記録しておらず、スアレスの半分にも達していない。 特にデンベレとコウチーニョに関しては、クラブ最高レベルの移籍金で入団したにも関わらず大きな失望を与えている。 コウチーニョは今夏の退団が濃厚で、デンベレはけがに多くの時間を費やしている。 もっとも、グリーズマンはそこまで悪いパフォーマンスではなく、実際に1試合平均0. 37得点というのは9選手の中でトップの成績。 しかし、スアレスの数字には程遠く、獲得に費やした金額を考慮すると期待に応えられていないといえる。 バルセロナは今夏、新たに得点の計算できるFWを求め、インテル・ミラノのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得に尽力している。 今夏の移籍市場は新型コロナウイルスの影響を大きく受け、全体的な相場が下落しているが、ラウタロ・マルティネスについては、契約解除金として設定されている1億1100万ユーロ(約133億2000万円)が下がることはない。 そのためバルセロナは現在の在籍選手の放出を含めつつ交渉を行っている。 25得点 デウロフェウ 移籍金1200万ユーロ(約14億4000万円) 公式戦17試合出場2得点、1試合平均0.

次の

アントワーヌ・グリーズマン

グリーズマン バルセロナ

バルセロナはルイス・スアレスの成功を最後に、FWの補強に失敗し続けている。 スペイン紙マルカが27日に報じている。 2014年夏、ルイス・スアレスを8100万ユーロ(約97億2000万円)で獲得。 その後の活躍は誰もが知るところで、公式戦270試合191得点、1試合平均0. 70得点という非常に優れた成績を残している。 しかし、それ以降はゴールを計算できるFWと契約できていない。 約5年半で合計4億8200万ユーロ(約578億4000万円)もの大金を費やして9人のFWを獲得したが、ほぼ全員が期待外れとなっている。 2015年夏に入団したアルダを皮切りに、現在に至るまでパコ・アルカセル、デンベレ、デウロフェウ、コウチーニョ、マウコム、ボアテング、グリーズマン、ブレイスウェイトを獲得してきた。 しかし合計で90得点しか記録しておらず、スアレスの半分にも達していない。 特にデンベレとコウチーニョに関しては、クラブ最高レベルの移籍金で入団したにも関わらず大きな失望を与えている。 コウチーニョは今夏の退団が濃厚で、デンベレはけがに多くの時間を費やしている。 もっとも、グリーズマンはそこまで悪いパフォーマンスではなく、実際に1試合平均0. 37得点というのは9選手の中でトップの成績。 しかし、スアレスの数字には程遠く、獲得に費やした金額を考慮すると期待に応えられていないといえる。 バルセロナは今夏、新たに得点の計算できるFWを求め、インテル・ミラノのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得に尽力している。 今夏の移籍市場は新型コロナウイルスの影響を大きく受け、全体的な相場が下落しているが、ラウタロ・マルティネスについては、契約解除金として設定されている1億1100万ユーロ(約133億2000万円)が下がることはない。 そのためバルセロナは現在の在籍選手の放出を含めつつ交渉を行っている。 25得点 デウロフェウ 移籍金1200万ユーロ(約14億4000万円) 公式戦17試合出場2得点、1試合平均0.

次の

【楽天市場】【おまけ付き】FC バルセロナ ユニフォーム ホーム 19/20 グリーズマン 17番 キッズ ジュニア NIKE ナイキ 正規品 即発送対応:Football Vita

グリーズマン バルセロナ

でのグリーズマン 表彰式にて) 名前 本名 アントワーヌ・グリーズマン ラテン文字 Antoine GRIEZMANN 基本情報 国籍 生年月日 1991-03-21 (29歳) 出身地 身長 176cm 体重 73kg 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 17 利き足 左足 ユース 1997—1999 ECマコン 1999—2005 UFマコネー 2005—2009 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2009-2014 180 46 2014-2019 180 94 2019- 17 7 代表歴 2 2010 7 3 2011 8 1 2010-2012 10 2 2014- 69 28 1. 国内リーグ戦に限る。 2019年12月25日現在。 2019年3月25日現在。 ( ) アントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann( フランス語発音: )、 - )は、・出身の。 ・所属。。 ポジションは。 なお本人によれば Griezmann は「 グリエズマン」と発音されるとのことである。 クラブ経歴 [ ] レアル・ソシエダ [ ] 13歳のときにのトライアル生として大会に参加していた所、のスカウトに才能を見込まれ下部組織に入団した。 プレシーズン、その夏にBチームへ昇格したばかりだったにもかかわらず5ゴール(チーム1位)を挙げ、一躍注目を浴びた。 開幕からトップチームに帯同し、2009年9月6日の戦で途中出場して18歳でリーガデビューすると、9月27日の戦では初先発と初得点を記録し、その後はレギュラーの座を確保した。 アトレティコ・マドリード [ ] のやなどからオファーがあったものの、2014年7月28日、への移籍合意が発表。 翌29日に正式に移籍が発表された。 契約期間は6年。 アトレティコではの下で2トップの一角としてプレーする。 1年目の前半戦は苦労したが、アトレティコ式の守備を覚えた後半戦は好調を維持し、22ゴールと結果を残した。 2年目の2015-16シーズンにはで、相手にゴールを上げ、チームをファイナルへ進出させる原動力となった。 2016年6月21日、アトレティコと2021年6月30日まで契約を延長することを発表した。 2017-18シーズンの決勝では母国の相手に2ゴールを決め、アトレティコの優勝に貢献した。 さらに、後半終了間際にはシーズン終了後アトレティコを離れることが決まっていたへの交代をベンチに要求し、トーレスは優勝の瞬間ピッチに立つことができた。 2019年5月14日、2018-19シーズン限りでの退団を発表した。 「多くの愛情をくれたファンに伝えたかった。 僕はここから離れ、自分の実力を試すために新しいチャレンジをすることを決めた。 このクラブで最初のトロフィーを獲得することができ、とてもかけがえのない5年間だった。 君たちに対しては感謝しかない。 」と、クラブ公式SNSで感謝の意を述べた。 しかしサポーターはそれを許さず、最終節では「出てけ」という痛烈なチャントを浴びせられた。 FCバルセロナ [ ] 2019年7月12日、に移籍し、5年契約を結んだ。 バルセロナから契約解除金の1億2000万ユーロがアトレティコ・マドリードに支払われ、バルセロナは8億ユーロの契約解除条項を設定した。 背番号は17番を選択した。 しかし同年9月にはリーグ機構はバルセロナが獲得に際して不正を行ったとして、バルセロナに300ユーロの罰金を科したことを発表した。 9月25日、戦で自身移籍後公式戦初得点を含む2得点1アシストの活躍でチームを5-2の勝利へと導いた。 代表経歴 [ ] として各年代の代表でプレーし、2010年に開催されたUEFA U-19欧州選手権においては、U-19フランス代表の一員としてピッチに立ち、チームの優勝に貢献した。 また、この時のメンバーにはらがいた。 2012年11月、U-21代表の招集中に、、、らと共に夜遊びをし、2013年12月31日まで世代別代表を含む代表戦への出場停止処分を受けた。 出場停止解除後の2014年3月5日、との親善試合でA代表初出場を果たした。 同年6月1日のとの親善試合で代表初得点を記録。 本大会では、得点こそなかったが大会直前に離脱したの穴を埋める活躍をみせた。 地元開催となった本大会では、グループステージ第2戦の戦で途中出場ながら、試合終了間際に均衡を破るヘディング弾を決めた。 ラウンドオブ16の戦では同点、逆転となる2得点を挙げ勝利に貢献した。 準々決勝の戦では、チームの4得点目にしてUEFA EURO 2016本大会通算100得点目を決めた。 準決勝の戦でも2得点を挙げ、のの9得点に次ぐ、史上2位となる大会通算6得点を記録。 決勝の戦では得点を奪えずフランスも準優勝に終わったが 、ゴールデンブーツ(得点王) に加え、最優秀選手賞を審査員の全会一致で受賞した。 では、初戦の戦、決勝トーナメント1回戦の戦でペナルティーキックで得点を記録。 準々決勝戦では自身のシュートが相手キーパーのミスを誘いゴールを奪った。 の戦では、18分に自ら蹴ったフリーキックから相手チームののオウンゴールを誘発し先制点をもたらすと、38分にはペナルティーキックでゴールを挙げ4-2の勝利に貢献。 大会通算4得点でブロンズボール賞、シルバーブーツ賞を受賞。 フランスの優勝に貢献した。 人物 [ ] 少年時代は細くて小さい体だったため、9クラブの入団テストに落ちている。 憧れの選手はで2年連続得点王を獲得した。 の大ファンであり、好んで着用している「背番号7」と「長袖」は彼から影響を受けている。 また、幼い頃からのファンであることを公言している。 ゴール後に行うダンスセレブレーションはのミュージシャンの楽曲「Hotline Bling」から来ている。 ゲーム「」のプレイヤーであり、インタビュー動画にてゲーム内に登場するダンス「エモート」を踊っている。 また、2018年頃から行っているゴールパフォーマンスとして「負け犬が!」のエモートを踊っている。 サッカーゲームはと両方をプレイしており、アトレティコ時代からInstagramのストーリー等でプレイする姿を投稿している。 また、コナミと契約しているバルセロナ移籍後はスペインのPESコミュニティでの大会に参加する等の活動をしている。 個人成績 [ ] アトレティコ・マドリードでのグリエーズマン(2015年) クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 欧州カップ戦 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2009—10 39 6 0 0 — 39 6 2010—11 37 7 2 0 — 39 7 2011—12 35 7 3 1 — 38 8 2012—13 34 10 1 1 — 35 11 2013—14 35 16 7 3 8 1 50 20 合計 180 46 13 5 8 1 201 52 2014—15 37 22 5 1 9 2 53 25 2015—16 38 22 3 3 13 7 54 32 2016—17 36 16 5 4 12 6 53 26 2017—18 32 19 3 2 14 8 49 29 2018-19 36 15 2 2 8 4 47 21 合計 179 94 18 12 56 27 253 133 通算 360 140 31 17 64 28 454 185 タイトル [ ] チーム [ ] クラブ [ ] レアル・ソシエダ• :1回(2009-10) アトレティコ・マドリード• :1回(2014)• :1回(2017-18)• :1回(2018) 代表 [ ]• (2010年)• (2018年) 個人 [ ]• ・最優秀選手賞(2016年)• UEFA EURO 2016・ゴールデンブーツ(2016年)• UEFA EURO 2016・ベストイレブン(2016年)• ・最優秀選手(2015-16年)• (2016年)• ・ブロンズボール(2018年)• 2018 FIFAワールドカップ・シルバーブーツ(2018年) 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-19フランス代表• 2010年 - ( 優勝)• U-20フランス代表• 2011年 - (ベスト4)• フランス代表• 2014年 - (ベスト8)• 2016年 - (準優勝)• 2018年 - 優勝• 2018年 - 代表 [ ] 出典 年 出場 得点 2014 14 5 2015 10 1 2016 15 8 2017 10 5 2018 18 7 2019 6 3 合計 73 29 代表での得点 [ ] 日付 場所 対戦相手 スコア 結果 試合 1. 2014年6月1日 、 1 — 0 1 — 1 2. 2014年6月8日 、 7 — 0 8 — 0 3. 8 — 0 4. 2014年10月14日 、 0 — 3 0 — 3 5. 2014年11月14日 、 1 — 1 1 — 1 6. 2015年10月8日 ニース、アリアンツ・リヴィエラ 1 — 0 4 — 0 7. 2016年3月25日 、 0 — 1 2 — 3 8. 2016年6月15日 、 1 — 0 2 — 0 9. 2016年6月26日 、 1 — 1 2 — 1 10. 2 — 1 11. 2016年7月3日 、 4 — 0 5 — 2 12. 2016年7月7日 マルセイユ、スタッド・ヴェロドローム 0 — 1 0 — 2 13. 0 — 2 14. 2016年10月7日 、 3 — 0 4 — 1 15. 2017年3月25日 、 0 — 2 0 — 3 16. 2017年6月2日 、 5 — 0 5 — 0 17. 2017年8月31日 サン=ドニ、スタッド・ド・フランス 1 — 0 4 — 0 18. 2017年10月10日 1 — 0 2 — 1 19. 2017年11月10日 サン=ドニ、スタッド・ド・フランス 1 — 0 2 — 0 20. 2018年6月1日 、 2—1 3—1 親善試合 21. 2018年6月16日 、 1—0 2—1 22 2018年6月30日 、 1-0 4-3 23. 2018年7月6日 、 2—0 2—0 24 2018年7月15日 、 2-1 4-2 25. 2018年10月16日 サン=ドニ、スタッド・ド・フランス 1 — 1 2 — 1 26. 2 — 1 27. 2019年3月22日 0 — 1 1 — 4 28. 2019年3月26日 4 - 0 4 - 0 UEFA EURO 2020予選 29. 2019年6月2日 2 - 0 2 - 0 親善試合 脚注 [ ]• 2019年5月18日閲覧。 2016年4月13日閲覧。 Goal. com 2014年7月28日. 2014年7月28日閲覧。 Goal. com 2014年7月29日. 2014年7月29日閲覧。 football zone 2019年5月18日• www. fcbarcelona. 2019年7月12日閲覧。 www. fcbarcelona. 2019年7月16日閲覧。 サッカーキング 2019年9月27日• 2019年12月14日閲覧。 Goal. com 2012年11月9日. 2012年11月9日閲覧。 Goal. com 2014年3月6日. 2014年3月6日閲覧。 SOCCER KING 2014年3月6日. 2014年6月2日閲覧。 SOCCER KING 2016年6月16日. 2016年6月27日閲覧。 SOCCER KING 2016年6月26日. 2016年6月27日閲覧。 Football ZONE web 2016年7月8日. 2016年7月13日閲覧。 com 2016年7月11日. 2016年7月13日閲覧。 Goal. com 2016年7月12日. 2016年7月13日閲覧。 Qoly 2016年8月25日. 2016年9月4日閲覧。 Soccerking 2016年7月10日. 2018年3月13日閲覧。 Theo Baker 2018年5月20日. 2018年7月16日閲覧。 Twitter 2020年4月19日. 2020年4月25日閲覧。 2019年5月18日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 antogriezmann -• — 主催大会成績.

次の