ポケモン 育成論 wiki。 【ポケモン鎧の孤島】ハッサムの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

【ポケモン鎧の孤島】ジバコイルの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

ポケモン 育成論 wiki

高火力が出せる上に、特性「がんじょう」により1回の行動が保証されるので、多くのポケモンと対面で戦うことができます。 ただし、特性を無視する「かたやぶり」を持つポケモンには注意が必要です。 命中不安だがダイサンダーの威力が上がる。 威力140のはがね技。 てっぺきで防御を2段階上げることで、多くの物理ポケモンの技を受けつつ、ボディプレスの威力を上げて攻撃していくことができます。 また「みがわり」を採用することで「ナットレイ」や「エアームド」などの受けポケモンに対しても強く出れる点も魅力のポケモンです。 ダイスチルで防御を上げられる ジバコイルの役割と立ち回り 特性「がんじょう」を持つ高火力アタッカー ジバコイルは、優秀な特性「がんじょう」を持つ高火力アタッカーです。 高い特攻種族値と「がんじょう」による1回の行動が保証されるので、多くのポケモンと対面で戦うことができます。 また、フェアリータイプに対してタイプ一致で弱点を突ける上に耐性を持っている貴重なポケモンなので、フェアリータイプ対策としても活躍できます。 受けポケモン対策としても活躍 鉄壁ボディプレ型にすることで、受けポケモンの対策としても活躍できます。 特に「ナットレイ」や「エアームド」、「アーマーガア」などのはがねタイプの受けポケモンは、「じりょく」で逃さず戦うことができるので、これらの受けポケモンが重いと感じる場合はパーティに採用してみましょう。 じめんタイプに注意 ジバコイルは「はがね・でんき」タイプのため、じめん技が二重弱点になります。 じめん技を使うポケモンと対面した場合は、裏のポケモンに引く立ち回りを行いましょう。 ジバコイルの対策 じめんタイプで対策 ジバコイルは、じめん技が二重弱点のため、じめんタイプで対策しましょう。 特に「かたやぶり」で「がんじょう」を無視して二重弱点を突けるドリュウズが対策としておすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】育成論の一覧【ソードシールド】

ポケモン 育成論 wiki

ミュウツーが覚える技 レベルアップで覚える技 覚える技 威力 命中 PP 基本 - 100 15 威力がランダムに変化する。 特殊 基本 - 100 20 相手が最後に使った技を4ターンの間使えなくする。 変化 基本 - 100 10 相手を『こんらん』状態にする。 変化 基本 - - 20 必ず後攻になる。 控えのポケモンと交代できる。 変化 Lv. 11 - - 30 5ターンの間、能力を下げられなくなる。 交代しても効果は続く。 変化 Lv. 特殊 Lv. 33 60 - 20 必ず命中する。 特殊 Lv. 44 - - 20 自分の『とくぼう』を2段階上げる。 変化 Lv. 55 - - 10 HPが最大HPの半分回復する。 変化 Lv. 特殊 Lv. 77 - - 20 自分の『ぼうぎょ』を2段階上げる。 変化 Lv. 88 - - 30 自分の『すばやさ』が2段階上がる。 変化 Lv. 99 - - 20 自分の『とくこう』『とくぼう』が1段階ずつ上がる。 変化 わざマシンで覚える技 覚える技 威力 命中 PP No. 物理 No. 2 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化 No. 4 - - 20 必ず後攻になる。 控えのポケモンと交代できる。 変化 No. 5 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 変化 No. 6 - - 30 5ターンの間、相手の特殊攻撃のダメージを半分にする。 変化 No. 7 - - 10 必ず先制することができ、そのターンは相手の技を受けない。 連続で使うと失敗しやすい。 変化 No. 8 - - 10 最大HPの4分の1を使って分身を作る 分身がいる間はダメージを受けない 変化 No. 9 - - 20 5ターンの間、相手の物理攻撃のダメージを半分にする。 変化 No. 11 - 85 15 相手を『やけど』状態にする。 変化 No. 12 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 物理 No. 13 75 100 15 相手の『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊せる。 物理 No. 15 - 100 20 自分のレベルと同じ値の固定ダメージを与える。 物理 No. 16 - 90 20 相手を『まひ』状態にする。 変化 No. 物理 No. 21 95 100 15 相手の『こうげき』の能力値でダメージを与える。 物理 No. 物理 No. 物理 No. 物理 No. 27 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 変化 No. どの状態異常になるかはランダム。 特殊 No. 30 - - 20 自分の『こうげき』『ぼうぎょ』を1段階ずつ上げる。 変化 No. 物理 No. 33 - - 20 自分の『とくこう』『とくぼう』が1段階ずつ上がる。 変化 No. 物理 No. 特殊 No. 特殊 No. 特殊 No. 特殊 No. 41 100 100 10 相手が地中にいる時でも命中し、ダメージが2倍になる。 物理 No. 42 200 100 5 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 物理 No. 特殊 No. 45 200 100 10 1ターンためて2ターン目で攻撃する。 特殊 No. 特殊 No. 48 150 90 5 次のターンは行動ができない 特殊 No. 特殊 No. 特殊 No. 59 100 100 15 相手に与えたダメージの半分だけHPが回復する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。

次の

【ポケモン剣盾】育成論の一覧【ソードシールド】

ポケモン 育成論 wiki

カクレオンの歴史 第三世代 当時からでを覚え、としてトリックを使えるなど、補助技には恵まれた。 ただ、当時は型など存在しておらず特性はへんしょく一択であったため、使うとしたら補助型が専らであった。 やはり嗜みではあるが、より早いポケモンにカクレオンがでを持たせ、キノガッサで素早さの下がったポケモンを起点にするという「カクレガッサ」が当時から可能であった。 環境的には、といったの型アタッカーが流行していたため、物理耐久力の低いカクレオンにとってこれは致命的であった。 一方、当時はの判定人がゲーム中に存在しなかったため、カクレオンのを利用してめざめるパワーのタイプを割り出すという方法があった。 期ではをで覚えてグループのに直接遺伝させることができる唯一のポケモンとしての役割もあった。 第四世代 めざめるパワーの判定人が登場したことによってめざめるパワーの判定係としては立場を失った。 一方、タマゴ技として、で、を習得、さらにマシン技でを覚えられるようになった。 で回復技のをタマゴ技として獲得。 しかしこの世代ではゴウカザルというタイプ相性の悪い天敵が登場し、そうでなくともダメージレースが加速してへんしょくを活かしたコンボが決まりづらくなっており、第三世代と同じく嗜み寄りのポケモンであったことに変わりはなかった。 第五世代 ダメージレースの加速によってへんしょくを活かしたコンボは第四世代の頃よりもさらに安定性が低下。 マシン技として、タマゴ技として、を獲得したが、つめとぎは元々命中率が不安定な物理技が少ないためそれほど恩恵を受けづらい。 イカサマやよこどりもタマゴ技である都合上旧世代の教え技とは両立不可能であり、それらがないと技範囲がかなり不安になるため、これらの点は強化とは言い切れない。 ではカクレオンを提示することがをせがんでいることであるという暗黙の了解が一部で知れていた。 第六世代 の登場、隠れ特性の獲得によって、特殊耐久型とへんげんじざいと先制攻撃を活かした単独での相性補完型が実用性を帯びた。 ただ、同じく隠れ特性としてへんげんじざいを持つですら相手と技によって火力不足を感じる場面があるので、特性によるごり押しは不自由である。 PGLレーティングバトル統計データを見ると、かげうちやふいうちで相手の攻撃を流しつつ、相手のによる的猶予を活かしてグロウパンチやドレインパンチで刻んで回復や積みを行いつつ勝利に向かう構成が主流となった。 へんげんじざいでタイプを変えることによって相手の選出によっては場持ちが非常に良くなるため、や、を悠々と撒いて起点を作ることも可能である。 性格は火力を出すためのいじっぱりが最もメインであり、他にはと相性の良い、自力で発動できるとの相性が良いが好まれた。 単体では真剣勝負に使うには力不足なのは相変わらずだが、この世代にを獲得したとは、へんげんじざいにより安定してタイプ変更できる先がと、であることを考慮に入れると中々の相性補完を形成している上に、両者ともにトリックルームとはシナジーを形成する。 通常環境には縁が無かったが、2014年10月に開催された第三世代に新登場したポケモンのみによる限定戦のダブルバトル「ホウエンポケモン ニコニコマッチ」ではマスターカテゴリで使用率29位を記録。 バシャーモがの発動を補助するために安易にを選択するところに対してトリックルームを打つと強い面はあった。 第七世代 ふいうちの威力が下方修正されたが、これは第六世代でトップメタをひた走ったとまとめての弱体化である。 一方での登場によって火力不足をプレイング次第で克服することが可能になった。 それでも、物理耐久が低いことから一気に攻め込まれると弱い面があるのはこの世代でも変わらず、Zワザの登場はどんなポケモンからでも潰しをかけられるという意味でもある。 基本的な構成は第六世代と変わらない。 一般的な育成論 が秀でており、はやや高い。 独特のを駆使した戦術も確立されている。 、、、など相手の行動を読む必要のある技が多い。 またで特性を相手に押し付け、タイプやタイプのわざを連発するコンボもある(カクレオンは自分ではドラゴンタイプのわざを覚えないので、などでパートナーに使わせる)。 隠れ特性は。 へんしょくと違い能動的な特性なので扱いはかなり良い。 素早さはかなり低いがゴーストタイプとあくタイプの先制技を覚え、かつその2タイプで大体の相性補完は出来ているため上手く駆使しよう。 高い特防を生かしたも扱いやすく、低めの防御を狙って仕掛けてくるも刺さりやすくなった。

次の