いきもの がかり 生きる 歌詞。 「いきものがかり」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

いきものがかりのSAKURAの歌詞を教えてください。

いきもの がかり 生きる 歌詞

いきものがかりは、水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊の3人から成る、キューブ所属の音楽グループである。 親しみやすい曲調と、ボーカル吉岡の圧倒的な歌唱力が特徴で、ファン層は10代から60代までと広い。 1999年11月3日 、当時の高校の同級生であり、小学校時代からの幼馴染である水野と山下が、クラスメイトの妹、吉岡を誘った事がきっかけとなり結成した。 その後グループは、大学受験をきっかけに一度は解散するが、2003年2月に活動を再開。 2006年3月15日、1stシングル「SAKURA」でエピックレコードジャパンからメジャーデビュー。 また、NTT東日本のCMに採用され、口コミなどでも大きな反響があったことも加わり、その後、31週連続でチャートインするなど、現在までのグループを代表する曲となった。 2008年12月24日、3rdアルバムとなった「My song Your song」で、グループ初のオリコン1位を記録すると、年末の『NHK紅白歌合戦』への初出場を果たす。 その年の『第51回日本レコード大賞』で優秀作品賞。 『第42回日本有線大賞』では有線音楽優秀賞を受賞した。 2012年7月18日、24枚目のシングル「風が吹いている」を発表。 ロンドン五輪のテーマソングとしても話題となった。 2017年1月5日、グループの活動休止が発表され、メンバーそれぞれがソロ活動を始めることを発表。 翌2018年11月2日、約2年ぶりとなる活動再開が発表され、ファンを喜ばせた。 2020〜結成20周年だよ!! WE DO!!! 〜」&「いきものまつり2020 〜結成20周年だよ!! お祝いしまSHOW!!! 2020〜結成20周年だよ!! WE DO!!! 〜」&「いきものまつり2020 〜結成20周年だよ!! お祝いしまSHOW!!! WE DO ソフトバンク新CMシリーズ第一弾「しばられるな」篇CMソング 02. SING! フジテレビ『めざましテレビ』テーマソング 03. スピカ〜あなたがいるということ〜 04. STAR LIGHT JOURNEY AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー「こじらせ森の美女」主題歌 05. アイデンティティ Yakult「ミルミル」CMソング 06. あなたは 07. 太陽 JA共済「ささエール」CMソング 08. しゃりらりあ 10. try again 11. 14 Zepp DiverCity TOKYO ライブCD 01. Introduction 02. WE DO 03. 気まぐれロマンティック 04. いつだって僕らは 05. アイデンティティ 06. Miso Soup 08. 帰りたくなったよ 09. 笑顔 10. ブルーバード 11. じょいふる 12. 太陽 14. SING!

次の

いきものがかり「生きる」歌詞の意味を解釈!100日後に死ぬワニとリンクして心に刺さる。

いきもの がかり 生きる 歌詞

本楽曲からもワニの100日間からも、命の尊さを改めて感じさせられる。 さっそく本題の歌詞を見ていきましょう。 歌詞 もうすぐ春だねさくらは咲くかな 君の笑顔思い浮かべたら なぜかな泣けてきたよ いつの間にか朝が来てた 雨上がりは気持ちいいな 読みかけの本があるでもしまわなくちゃ 僕はいくからひとりで 言えなかった気持ちばかり胸に残る たいせつなひとたちに もう一度手を振って笑いたいな もうすぐ春だねさくらは咲くかな 君の笑顔思い浮かべたら なぜかな泣けてきたよ あいつのこと嫌いじゃない でも傷つけてしまった 大勢とすれちがう風が吹きつけた みんな生きてるひとりで やさしさだけ積もらないかな雪のように 寒いのは困るけど 誰だってこころは寂しいから 笑えばたのしいときどき切ない だから君は無理をしないで お願いやくそくだよ 時がきたよせっかちだな またいつか会おうね なんどもなんども さくらは咲くんだ 僕が死んで! 君が泣いても 美しくしあわせに きれいな春だね せかいはすてきだ 僕のことを忘れないでいて なぜかな泣けてきたよ 作詞:水野良樹 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 もうすぐ春だねさくらは咲くかな 君の笑顔思い浮かべたら なぜかな泣けてきたよ 歌詞を読み取っていると、 亡くなったワニが生きているときに伝えれなかったことが歌詞として表れているように筆者は感じました。 そのため勝手ながら本記事では 空から見守るワニを楽曲の主人公と立てて、感じたことを綴らせて頂きます。 まずは頭サビから始まる歌い出し。 歌詞だけを見ると、春に対する期待感と君に対する特別な想いが垣間見える。 笑顔を思い浮かべるだけで泣けてくる。 普通に考えるとこの気持ちは、いささか大袈裟なようにも感じますが、 対象が二度と会えない君であると考えるとその感情にも納得することができる。 何気ない日常を支えてくれている人たちに、しっかり感謝を伝えること。 その大切さが教訓として胸に刻まれる… また 「読みかけの本があるでもしまわなくちゃ」と区切りを付けることに葛藤している情景からも、現世に心残りがあることが伝わってくる。 切ない。 2番 あいつのこと嫌いじゃない でも傷つけてしまった 大勢とすれちがう風が吹きつけた みんな生きてるひとりで 通常解釈をすると、知らず知らずに誰かを傷つけること、集の中にいても実際には個で生きていること。 という現実的な教訓が組み込まれた歌詞を感じることができる。 ただワニ目線で言うと、 日常に残る後悔と みんなと違う道 天国への道 に行こうとしている自分を勇気づけているようにも感じることができるのではないでしょうか。 優しさに溢れるワニらしい詞で心にグッときますね。 また個人的に 「笑えばたのしい」の部分で、ワニの満面の笑みを思い浮かべて感極まってしまいます。 3番 時がきたよせっかちだな またいつか会おうね あくまでも仮説ですが、空から見守っているワニ目線であると考えると、ここの歌詞が切なすぎる。 死ぬにはまだ早すぎたワニ。 逆らえなかった運命に「せっかちだな」と感じながらも、いつかきっとどこかでみんなと会えると信じて天国へと旅立っていくのです。 ワニの死に「せっかちだな」と感じたのは、毎日原作の四コマ漫画を楽しみにしていた方々もそうなのではないでしょうか。 日常の些細な楽しみがなくなってしまい筆者も寂しい気持ちでいっぱいです。 もっと生きてくれてよかったのに… ラストサビ なんどもなんども さくらは咲くんだ 僕が死んで! 君が泣いても 美しくしあわせに きれいな春だね せかいはすてきだ 僕のことを忘れないでいて なぜかな泣けてきたよ ワニがいなくなってからも、ワニが楽しみにしていた春は何度もやってくる。 心優しきワニは 「僕が死んで! 君が泣いても、美しく幸せに」と、最後の最後まで他人のことを想い続ける。 きっと君に入る部分は友人たち、そして彼女になってくるのでしょう。 100日間の中でワニは好きな人と付き合うこともできて、友人たちとの結束もさらに強くなった。 本当はこれから今までの人生よりもっと充実して楽しい未来が待っていたはず。 いくら他人を優先して他人のことばかりを想ってあげても、人生に悔いがないかと言われるとそうではないはず。 だから最後は 「僕のことを忘れないでいて」と心優しきワニの最後の願いが綴られ、ラストフレーズでは 「なぜかな泣けてきたよ」と、ワニの寂しさや切なさが表面化される。 「生きる」という本楽曲のタイトル名は 「生きたかった」と願うワニの心情が前向きな形で表現されていたのかも知れない。 命の尊さを改めて感じさせられる。 感想 本記事では理論じみてどうこう言うわけではなく、感情的に仮説を立てて突っ走っていく形となりましたが、 ワニの優しさが特に滲み出た歌詞だったのかなと。 そして時折うかがえる切なさや寂しさが心にジーンときました。 100日後に死ぬワニ、そして「生きる」から学ばせてもらった命の尊さを噛みしめながら、一日一日を大切に生きたいなと思います。 まずは日常の幸せを支えてくれている周囲の人たちに感謝の言葉を伝えたいです。

次の

いきものがかりのSAKURAの歌詞を教えてください。

いきもの がかり 生きる 歌詞

本楽曲からもワニの100日間からも、命の尊さを改めて感じさせられる。 さっそく本題の歌詞を見ていきましょう。 歌詞 もうすぐ春だねさくらは咲くかな 君の笑顔思い浮かべたら なぜかな泣けてきたよ いつの間にか朝が来てた 雨上がりは気持ちいいな 読みかけの本があるでもしまわなくちゃ 僕はいくからひとりで 言えなかった気持ちばかり胸に残る たいせつなひとたちに もう一度手を振って笑いたいな もうすぐ春だねさくらは咲くかな 君の笑顔思い浮かべたら なぜかな泣けてきたよ あいつのこと嫌いじゃない でも傷つけてしまった 大勢とすれちがう風が吹きつけた みんな生きてるひとりで やさしさだけ積もらないかな雪のように 寒いのは困るけど 誰だってこころは寂しいから 笑えばたのしいときどき切ない だから君は無理をしないで お願いやくそくだよ 時がきたよせっかちだな またいつか会おうね なんどもなんども さくらは咲くんだ 僕が死んで! 君が泣いても 美しくしあわせに きれいな春だね せかいはすてきだ 僕のことを忘れないでいて なぜかな泣けてきたよ 作詞:水野良樹 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 もうすぐ春だねさくらは咲くかな 君の笑顔思い浮かべたら なぜかな泣けてきたよ 歌詞を読み取っていると、 亡くなったワニが生きているときに伝えれなかったことが歌詞として表れているように筆者は感じました。 そのため勝手ながら本記事では 空から見守るワニを楽曲の主人公と立てて、感じたことを綴らせて頂きます。 まずは頭サビから始まる歌い出し。 歌詞だけを見ると、春に対する期待感と君に対する特別な想いが垣間見える。 笑顔を思い浮かべるだけで泣けてくる。 普通に考えるとこの気持ちは、いささか大袈裟なようにも感じますが、 対象が二度と会えない君であると考えるとその感情にも納得することができる。 何気ない日常を支えてくれている人たちに、しっかり感謝を伝えること。 その大切さが教訓として胸に刻まれる… また 「読みかけの本があるでもしまわなくちゃ」と区切りを付けることに葛藤している情景からも、現世に心残りがあることが伝わってくる。 切ない。 2番 あいつのこと嫌いじゃない でも傷つけてしまった 大勢とすれちがう風が吹きつけた みんな生きてるひとりで 通常解釈をすると、知らず知らずに誰かを傷つけること、集の中にいても実際には個で生きていること。 という現実的な教訓が組み込まれた歌詞を感じることができる。 ただワニ目線で言うと、 日常に残る後悔と みんなと違う道 天国への道 に行こうとしている自分を勇気づけているようにも感じることができるのではないでしょうか。 優しさに溢れるワニらしい詞で心にグッときますね。 また個人的に 「笑えばたのしい」の部分で、ワニの満面の笑みを思い浮かべて感極まってしまいます。 3番 時がきたよせっかちだな またいつか会おうね あくまでも仮説ですが、空から見守っているワニ目線であると考えると、ここの歌詞が切なすぎる。 死ぬにはまだ早すぎたワニ。 逆らえなかった運命に「せっかちだな」と感じながらも、いつかきっとどこかでみんなと会えると信じて天国へと旅立っていくのです。 ワニの死に「せっかちだな」と感じたのは、毎日原作の四コマ漫画を楽しみにしていた方々もそうなのではないでしょうか。 日常の些細な楽しみがなくなってしまい筆者も寂しい気持ちでいっぱいです。 もっと生きてくれてよかったのに… ラストサビ なんどもなんども さくらは咲くんだ 僕が死んで! 君が泣いても 美しくしあわせに きれいな春だね せかいはすてきだ 僕のことを忘れないでいて なぜかな泣けてきたよ ワニがいなくなってからも、ワニが楽しみにしていた春は何度もやってくる。 心優しきワニは 「僕が死んで! 君が泣いても、美しく幸せに」と、最後の最後まで他人のことを想い続ける。 きっと君に入る部分は友人たち、そして彼女になってくるのでしょう。 100日間の中でワニは好きな人と付き合うこともできて、友人たちとの結束もさらに強くなった。 本当はこれから今までの人生よりもっと充実して楽しい未来が待っていたはず。 いくら他人を優先して他人のことばかりを想ってあげても、人生に悔いがないかと言われるとそうではないはず。 だから最後は 「僕のことを忘れないでいて」と心優しきワニの最後の願いが綴られ、ラストフレーズでは 「なぜかな泣けてきたよ」と、ワニの寂しさや切なさが表面化される。 「生きる」という本楽曲のタイトル名は 「生きたかった」と願うワニの心情が前向きな形で表現されていたのかも知れない。 命の尊さを改めて感じさせられる。 感想 本記事では理論じみてどうこう言うわけではなく、感情的に仮説を立てて突っ走っていく形となりましたが、 ワニの優しさが特に滲み出た歌詞だったのかなと。 そして時折うかがえる切なさや寂しさが心にジーンときました。 100日後に死ぬワニ、そして「生きる」から学ばせてもらった命の尊さを噛みしめながら、一日一日を大切に生きたいなと思います。 まずは日常の幸せを支えてくれている周囲の人たちに感謝の言葉を伝えたいです。

次の