ガルーダ d2。 D×2 真・女神転生 リベレーション 純星5キャラ評価:そーすけのブロマガ

個人用カルティケーヤ作成手順

ガルーダ d2

ジゴク パークのジゴクとしょかんを攻略 ジゴクとしょかんは、バトルスピードが35000と非常に早いので、先制するのが難しいです。 なので、 「威圧の構え」を使用してプレスターンを減らすか、アリラトやラーマを編成して、反射、吸収でプレスターンを減らすことが重要になります。 ダメージは、避けられないことが多いので、回復役を連れて行くか、ガンガンアイテムを使って回復していきましょう。 ここから先は、結構反魂香が消費されるので、相性が悪い敵には再編成して臨んだ方が得策です。 なので、敵パーティーの編成を乗せたので参考にしてもらえると嬉しいです。 ジゴ クパーク071 物理貫通が多いので対策をすると楽です。 あと地味に氷結を連発されるとキツイので氷結弱点は避けましょう。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク072 衝撃対策が必要です。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク073 セタンタとキマイラとセンテンタイセイが物理貫通攻撃をしてきます。 最後は、衝撃貫通があるので注意です。 破魔と呪殺が通りやすいです。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク074 破魔と呪殺と衝撃、電撃の貫通がありますが、威力が高いのは呪殺と衝撃なので優先して対策、攻撃は破魔か呪殺の貫通があるとらくです。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク075 バッドステータス攻撃とデバフを仕掛けてくるので、だいそうじょうがいると楽になります。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク076 4連戦になります。 3連戦だと思ってしまい回復せずにボス戦へ突入すると「メソポタミアの星」で全員星になってしまうので注意が必要です。 コウリュウがいると楽になります。 アタッカーには、スサノオがオススメです。 ラーマがいると全体攻撃を防いで、ボスのイシュタルにも「草薙の剣」が刺さります! 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦ボス、イシュタル ジゴクパーク077 カーマの 「魅了の神弓」が少し厄介です。 第3戦は、攻撃力高いので回復して臨んだ方が良いです。 火炎が全体的効果的です。 呪殺と物理の貫通対策をしておくといいです。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク07 8 イシスが ちょっと「サマリカーム」で鬱陶しいです。 物理対策しておかないとギリメカラの「メガトンプレス」に苦しみそうです。 攻撃は、氷結が有効です。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク079 ハヌマーンが見境なく「物理貫通」付きの「空間殺法」を使ってきます。 物理対策してプレスターンを減らしましょう。 第3戦も物理パーティなので非常に有効です。 最後以外は、電撃が有効です。 貫通もちがいたら編成しましょう!ケルベロスは、意外と「アギダイン」で押してきます。 第1戦 第2戦 第3戦 ジゴクパーク080 オベロンの「ザンダイン」が強力です。 スレイプニルは、耐性に関係無く「マハンマオン」を使ってくるので破魔対策をしてると楽に戦えます。 ボスのガルーダの「トリスアギオン」は強力なので「タルンダ」「ラクカジャ」を使っておきましょう。 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦、ボス ガルーダ 関連記事はこちら この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます.

次の

【D2メガテン】アウラゲート2

ガルーダ d2

ご了承ください。 D2の現環境において、 最強五本指に入るエリート悪魔として、 マサカドさんと さんがいらっしゃいます💪 物理貫通+プレスターン半分でかるーく4桁のダメージを叩き出し、マサカドさんに至っては即死効果まで付いちゃってます。 の売り上げにしっかり貢献している 「・アンバサダー」の彼らですが、苦手なものもあります。 その一つが「ミス」です。 そこで、その命中率と、それに対する回避率について、計算式がどうなっているのか、調査してみました。 ただ、ダメージ計算式と違って、命中率・回避率は計算式のバリエーションが多い上、数値が目に見えづらいので、 正しい情報になってない場合がございます。 ダメージ計算式と違って、なかなか複雑ですね。 計算式だけ見てもピンと来ないと思うので、ひとまず、以下のことを覚えておけばOKです。 「速」と「運」のパラメータ• 烙印やスキルによる命中率UP・回避率UP効果• レベル• バフ・デバフ(別記事にて検証) レベルの影響ですが、おそらく計算式への影響はあるものの、検証が非常に面倒なのと、低レベル帯のユーザーにとって命中率・回避率を詳しく知ることに対して、そこまで強いニーズはないだろうということで、 本記事では一旦レベルマックスの50を前提として検証していきます。 ただ、それがどの程度関わっているのかの情報はありません。 なので実際に調査していきます。 回避役の悪魔ですが、回避率が低すぎると、値を変更したときに差が見えづらいので、できるだけ素の回避率が高い悪魔を選びます。 D2 トップクラスの回避率を誇る スザクさんです。 速:208 運:188 「速」は全悪魔中8位、「運」は全悪魔中2位となります。 星3悪魔の中でも、ぜひ育てておきたい悪魔の一体ですね。 続いて命中役の悪魔ですが、まずはこの方。 速:153 運:169 じゃあくフロストさんです。 カワイイですね! 非常に面白いスキルを持っているのですが、いまいち威力に欠けるので、デュエルではほとんどお目にかかれません。 運営さん、強化お願いします(懇願 まずはこの組み合わせで、 200回ほど殴り、命中率を出してみます。 本当は、誤差を少なくするために400回ぐらいやっておきたいところなんですが、さすがに精神と時間が持たないので200回でご勘弁を… もちろんですが、プレーンな状態で検証するため、命中率・回避率に影響を与える要素はパラメータだけになるよう調整してあります。 く…苦行だ… 延々と殴り、当たったかどうかを記録していきます。 実際らい時間がかかっており、本当に苦行だったんですが、全部書いているとそれだけでこの記事が終わってしまうので、まとめたものだけ載せちゃいます。 攻撃側の悪魔が4種類、防御側の悪魔が2種類となっています。 もっとミスを連発するかと思っていたのですが、これは意外な結果でした。 この結果になるような計算式をエクセルであれこれシミュレートしてみた結果が、冒頭に紹介した命中率計算式の一部となります。 5 この計算式を、前述の組合せに当てはめるとこんな感じ。 4】や【0. 2】が唐突に出現している感覚があるかもしれませんが、実はダメージ計算式もこの係数が用いられており、僕が開発者だったら計算式をシンプルにするため、こういう作り方はしそうな気がします。 というわけで、あくまで推測の式に過ぎませんが、一旦この式を採用していこうと思います。 論点としては、 「烙印やスキルによる命中率UP・回避率UP効果は、基礎命中率に対して 【加算】されるのか 【乗算】されるのか」です。 とはいえ、基礎命中率が非常に低かった場合に、烙印による効果が【乗算】だと、ほとんど恩恵を受けられないので、 十中八九【加算】だろうと見ています。 とはいえ、 攻撃を避けるつもり満々のアリラトや、ガルーダ、ショウキ、スザク、さらにネコマタなどを相手にする場合、相手の回避UPを上回る命中を盛らなければならず、その分攻撃力を犠牲にしなければなりません。

次の

『D2メガテン』どの悪魔を育てるか迷ったらこれ!終末戦争におすすめの悪魔を大特集【氷結・電撃・破魔編】 [ファミ通App]

ガルーダ d2

20200507>加筆修正 まず初めに撃破パターンと題していますが、筆者のゲーム上ではまだ撃破していません。 多分倒しちゃうともう2度と戦えなさそうなのでHPミリまで削って撤退しました。 筆者手持ちの悪魔でできるだけガチャ限定悪魔は使わずにどうにかしようと思ったのですが、勾玉の余裕もなくなってしまって結局ガチャ限多めになりました。 なので ガチャ限無しの情報はこのページにはありませんごめんなさい。 ただ、十分に検証していませんが 黄龍照臨(HP回復してくるスキル)を使ってくる条件に新たな発見がありました。 これまではHP残量30%以下ぐらいからはずっと使用してくるのかと思っていましたが、 HP残量20%ぐらいから(正確に計測していないです)全く使ってこなくなりました。 先ほどマッスルパンチ編成で攻略していたら、 HPバーが赤くなってからも黄龍照臨を使ってきました。 色々と推測していて、攻撃を続けていると使ってこないかと思いましたが、しっかりダメージを与えた次のターンでも黄龍照臨を使ってくる場合もありよくわかりません。 ただ、感覚ではこちが一切攻撃できなくて、 回復に集中しないといけない ターンが続くと連続して黄龍照臨を使ってくる気がしますが、印象に残りやすかっただけでランダムなのかもしれません。 攻略方針と筆者攻略パーティ 基本的には星龍閃波の4段階目(万能属性)まで変化させる間のパーティとその後撃破するまでの攻略パーティの2パーティを準備しました。 本当は物理押とかしたかったんですが、筆者攻略時は物理の狂化値が43しか無くて一番高い衝撃が81になっていたことと、星龍閃波をできるだけ避けながら戦いたかったので、攻撃スキルも回避カウンタースキルも優秀な異世界ガルーダをアタッカーにしました。 (異世界ガルーダの回避カウンタースキルは味方の誰が回避しても発動する優秀過ぎるスキルです。 ) また、バフ合戦も最初はオルクス、ヘカトンケイル、アブラクサスとかで頑張っていたのですが、回復と即死対策も必要なため、手数が足りなくなるので結局ヴィローシャナの光明真言に頼ってしまいました。 黄龍照臨対策は呪い状態キープとかもしてみましたがそんなことしてないで、とにかく火力で押し切ってみたらうまくいきました。 火力は1ターン最大2回攻撃で5000~6000ダメージが出せるように火力を調節しました。 (狂化値で大きく変動するので注意。 ) ということで、筆者は以下のパーティ(行動順)で攻略しました。 ()内は今回の攻略で役立った能力・役割など 星龍閃波が変化し終わるまで耐えるパーティ (光明真言の発動を五行天象の後にするために後攻でスタートする) Lv50防魔カンセイテイクン 青龍偃月刀 、Lv50加護アマテラス 天孫降臨、メディアラハン 、Lv45異能異世界アバドン 奈落の王 、Lv50防魔ニーズホッグ ナーストレンド、リカームドラ 耐えるパーティは、耐えられるならどんなパーティでもいいと思います。 異世界アバドンが居ると最初にボスにデバフがかかるのが便利なだけで、基本的にはニーズホッグにうまいことナーストレンド使わせるように編成すればどうにでもなると思います。 D2は誰でもいいけどポジションハック発動しないように。 異世界ガルーダの強靭の権化はそんなに意味なくヴィローシャナに付け替えたかったけど空の因子を使い切ってしまったので付け替えられず。 他のスキルの方がいいかも。 次の衝撃属性攻撃のターン以降に全滅でOK。 第2パーティに切り替わり、デバフをかけても意味が無いので テトラジャだけ忘れないようにして余裕があれば宵闇の調べで回避、防御バフしておく。 相当回復が間に合ってない場合以外はどんどん疾風のガルクローで攻撃する。 ポイント 烙印のバランスが重要。 まだスキル枠は異世界ガルーダとヴィローシャナに一つずつ余裕があったので、硬くするかクリティカル率減らすか回復スキル積むか、どれでもよさそう。 烙印のポイント アタッカーは火力と物理回避とHPをやや盛る。 そのほかは物理防御とHPと物理回避を盛る。 2手3手同時にこなせるスキルが多いですからね。 最初は何とかパネル全開放が終わったモトを使ってあげたかったのですが、オート発動のスキルが便利すぎて結局パネル未開放のヴィローシャナで足りてしまいました。 当面大きなコンテンツの追加は無いかもしれないので、ガチャ限を使わない倒し方を探してみたいと思います。 ただ、既にガチャ限とか無しで素晴らしい倒し方をする人が出てしまっていたらすぐ倒してしまおうと思うので更新はしないかも。 さて、毎度のごとく他の方の倒し方を見て、愕然としましょうか 笑。

次の