グラバー 龍馬。 旧グラバー邸 : レトロな建物を訪ねて

トーマス・ブレーク・グラバー

グラバー 龍馬

グラバー 右 と岩崎弥太郎 出典:Wikipedia グラバーは、安政の開国直後の1859年に来日したスコットランド人です。 彼は当時、東アジア最大の貿易会社であったジャーディン・マセソン商会の社員で、上海勤務を経て長崎にやってきます。 21歳でした。 ジャーディン・マセソン商会とは? 前身は、 アジア貿易つまりアジア各地にある植民地経営や交易を目的に設立された、イギリスの 東インド会社です。 1832年ヨーロッパ商人に唯一開かれた貿易港のある中国の広州・ 沙面島 さめんとうに設立されました。 設立当初の会社の主な業務とは、茶をイギリスへ輸出することと、実は アヘンの密輸でした。 長崎の中国人商人を通じて日本の物品の密貿易も行っています。 1853年に江戸幕府により日米和親条約が締結され、続いて日英、日ロ、日蘭の和親条約も締結されました。 そして長崎港と函館港が開港されると、 ジャーディン・マセソン商会上海支店は、 ・蒸気船 ・軍艦 ・武器 ・弾薬 を輸入販売するようになりました。 やり手貿易商・グラバーは「死の商人」か? 江戸幕府末期の動乱に目を付けたのが、西欧諸国からやってきていた商人たちでした。 1863年に起きた八月十八日の政変をきっかけに、欧米の貿易商人たちは西洋の武器を欲しがった薩摩・長州・土佐などの倒幕派を支援し、武器を販売。 これが明治維新の成立に大きな影響を与えました。 グラバーもそんな貿易商人の1人だったのです。 アヘン戦争を起こした原因を作った会社に勤務 グラバーが最初に勤めたマセソン社は、先述したようにアヘンを中国に密輸していました。 それが原因で起きたのが1840年から中国( 清 しん)と英国の間の アヘン戦争です。 中国にアヘンを蔓延させ、巨額の利を得るビジネスを展開し、戦争の原因を作ったのは彼の勤務した会社だったのです。 人を殺す道具を多く販売した事実 またグラバーは、売れる相手には誰にでも武器を売りさばきました。 薩英戦争でグラバーの出身地であるイギリスと戦う薩摩藩にさえも武器を提供しています。 彼自身がどのようなポリシーで武器販売を行っていたのかはわかりません。 しかし、結果として彼は、坂本龍馬などをエージェントに幕末の混乱時期に 武器商人として活躍したのです。 その武器・兵器によって多くの日本人が戦い、殺し合ったのは事実。 この点において 「死の商人」の言葉を免れることはできません。 では、彼は日本を混乱に招いた極悪人だったのでしょうか? グラバーは、五代友厚・坂本龍馬とも協力し合った「青い目の志士?」 一方で、グラバーと幕末の志士たちとの間には、商人と顧客以上の 深い交流がありました。 トーマス・グラバーの成功の原因の一つに、五代友厚や坂本龍馬との出会いが挙げられます。 五代友厚と日本の近代化を推進 実業家のイメージが強い五代友厚ですが、彼は鹿児島藩士でした。 薩摩藩の艦船や武器の買い付けなどの商務を担当。 グラバー商会はその薩摩藩が武器・弾薬の大口顧客となったことで急成長しました。 1863年の生麦事件で、薩摩藩の島津久光の一行が生麦村で列を乱したイギリス人たちの一人を無礼討ちした時、日英間の和平調停をしたのが五代友厚とグラバーでした。 薩英戦争が始まり、イギリス海軍に捕縛された五代友厚が逃亡した際には、グラバーが彼を匿うなどの手助けもしています。 五代は、1865年にはグラバー商会が手配した蒸気船で、ヨーロッパ留学しました。 グラバーは五代と共に ・小菅修船場の建設 ・大阪造幣局の設置のための香港造幣局の機械一式の購入 などを行い、 日本の近代化に貢献しています。 坂本龍馬の亀山社中を後ろ盾した グラバーの幕末時に果たした大きな功績は、坂本龍馬が仲介役をした 薩長同盟の成立に尽力したことです。 薩摩藩と長州藩が同盟を結べば、どちらの藩にも物資の提供をすることを約束したことが両藩、特に物資不足だった長州藩を動かして、二藩の密約が成立しました。 この同盟に尽力した坂本龍馬は、彼の創った貿易結社・ 亀山社中を通じて倒幕の物資手配に奔走します。 その後ろ盾となったのがグラバーでした。 彼もこのような形で 倒幕運動に荷担したのです。 日本を愛し、生涯を日本で送った「青い目の志士」 上記のように、薩摩藩、長州藩、土佐藩などを通じて討幕運動に寄与したグラバーは、その点では志士たちと目的を同じくする仲間でもありました。 日本人ではありませんが、彼も「志士」の1人だったのです。 また、 日本をとても愛したグラバーは、日本人の妻を持ち、生涯を日本で暮しました。 このように、きっかけは商売であった貿易商人のグラバーが、結果として 「青い目の志士」と呼ばれることもあながち間違いではないのです。 きょうのまとめ 今回は、幕末の日本にやってきた貿易商人グラバーが、「死の商人」「青い目の志士」と呼ばれるゆえんについてご紹介しました。 簡単なまとめ グラバーは、.

次の

坂本龍馬はフリーメイソン!暗殺の真実とトーマスグラバーとの関係

グラバー 龍馬

明治維新は長崎から!という言葉を証明するようなグラバーと龍馬の交流、まさに知る人ぞ知る歴史物語です。 新しい時代への胎動が始まっていた幕末、日本を舞台に一大コンツェルンを築こうという野心に燃えるグラバーと、古い日本を洗濯し、広い世界に羽ばたきたいと考えて長崎を訪れた龍馬。 グラバーの手記に龍馬の記述は在りませんが、親しいものほど記録に残さないもの。 二人は出会ってすぐに意気投合したに違いありません。 と思うほど二人の共通項は多いのです。 史実と想像をクロスさせながら、二人の交流に想いを馳せてみませんか。 あなただけの素敵な龍馬とグラバーの物語が生まれることでしょう。 時は19世紀。 鎖国下の幕藩体制のもと、生涯を一か所で終える人間が大半であった時代に、土佐藩を脱藩して放浪していた龍馬は広く日本を見聞した数少ない一人。 彼の夢は狭い日本に留まらず大きな世界へ羽ばたいていました。 かといって当時は海外への渡航はご法度、根っからの自由人である龍馬の心身はジレンマで破裂しそうだったかも?そんな時に赴いた長崎はまさに世界の窓。 2度目の訪問で、龍馬はグラバー邸に赴き、グラバーと初めての挨拶を交わしますが、自分と大して年の違わない異国の青年が長崎を舞台に大きくビジネスを展開していることに驚きと畏敬の念を覚えました。 と同時に長崎が自分の希望を後押ししてくれる地であることを直感。 グラバーも青雲の志に燃える龍馬を見て、この男が日本を変える!と確信したのではないでしょうか。 これまでの日本人とは違うスケールの大きさを感じ、グラバーが思ったことは。 『おもしろい。 一国の運命が変わる画期的な瞬間に立ち会えるかもしれない』…。 開国前の日本は欧米から見れば未開の地。 そこへ21歳の若さで赴いたグラバーとはどのような人だったのでしょう。 母国はスコットランド。 安政6年(1859年)に上海経由で長崎に。 1861年、グラバー商会設立。 龍馬をはじめ長州や薩摩などの藩士たちと交流を深めつつ、日本の革命を予感。 幕府や各藩に武器や船舶などを販売し、莫大な利益を得ました。 ある意味で日本の混乱を利用して成功したやり手ともいえますが、時代を見る目があったということでしょう。 何よりも危険を省みず未知の大海原を渡ってきた開拓精神、冒険心は特筆もの。 その情熱に龍馬も魅了されたのでしょうね。 明治3年(1870年)にグラバー商会は倒産。 グラバーは土佐出身の岩崎彌太郎経営の三菱財閥の顧問となり、明治30年に東京に転居しました。 彼の功績は日本にわが国初のものをいくつも伝えたこと。 蒸気機関車、小菅修船場(ドック)の建設、近代的な採炭技術を導入した高島炭鉱の経営、ジャパン・ブルワリ・カンパニー(のちの麒麟麦酒株式会社)設立に関わるなど日本の近代化に多く貢献しました。 享年73歳。 朝食のスープを飲み干した直後に倒れ、そのまま逝去。 家族とともに長崎の坂本国際墓地に眠っています。 長崎港を見下ろすグラバー邸には文字通り異国の風が吹いていました。 商人だけでなく、その頃、長崎を訪れた各藩の藩士たちも、西洋の珍品が飾られた豪奢なグラバー商会に集います。 いずれも幕末から明治にかけて活躍した人物ばかりですが(明治時代の元勲のほとんどがグラバー邸に通っていた!)グラバーの何が彼らを惹きつけたのでしょうか。 もちろん、様々な人脈が集うサロンとしての魅力もありましたが、彼から伝えられる世界の情報が一番のおもてなしであり、ご馳走でした。 欧米列強のアジア侵略、未知の国々の概要、グラバーの故郷、スコットランドの文化風俗、興味深い食生活、そして銃を筆頭とする精鋭武器の数々。 グラバーも日本の若い藩士たちに世界を見やる手助けをしており、グラバーの援助によって海外渡航を果たした藩士たちの多くがその後日本の政治・経済界を担っていくことになるのです。 薩長同盟締結の場となった京都が、龍馬の政治的な活躍の地であったとするなら、商業的な活躍の場が長崎。 龍馬を""社長""とする亀山社中や海援隊などカンパニーが生まれた背景には、グラバーの存在が影響していたように思います。 船による運送や交易など海運事業を業務とする亀山社中では、働きに応じて給与が支払われるなど近代的な雇用形態が導入されました。 勝海舟を師として船の操縦と航海技術を学んだ龍馬にとって、長崎を拠点とする海運事業は世界へ羽ばたく順風の帆…大きな翼でした。 まだ片翼ではあるけれど時代が回天すれば、やがて二つの翼で広い世界へ、未来へ…。 様々な形で龍馬の希望の地となった長崎。 龍馬の夢を具現化していく過程を描いた司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の中に、長崎はわしの希望じゃ!という一文がありますが、この一行を抜き出した文学碑が長崎市伊良林に建立されています。 龍馬の長崎への思いを共有できるスポットとして人気です。 龍馬と土佐藩の参政、後藤象二郎は長崎の榎津町(現・万屋町)の料亭、「清風亭」で会談。 これは後藤からのたっての希望で実現したものといわれますが、土佐勤王党を弾圧した仇敵でもある後藤との仲を取り持ったのはグラバーという風説もあります。 グラバー商会は、土佐藩の商社「土佐商会」とも取引があったからです。 当時、亀山社中の経営が思わしくなく、金策に行き詰っていた龍馬側の事情と、薩長優位の政局に焦っていた土佐藩側との事情が図らずも一致。 龍馬を通して薩長のパイプを確保したい土佐藩は、「土佐商会」からの援助を約束し、亀山社中は「土佐海援隊」として再スタートします。 脱藩罪に問われていた龍馬の特赦を働きかけたのも後藤象二郎だったとか。 海援隊の給料は土佐商会から支払われることとなり、このあたりの事情を見る限り、龍馬は大局を見る目はあっても、経営者としては少し甘かった? ただ、この会談がきっかけとなり、一気に大政奉還・明治維新へと回天していくことになるのですから、「清風亭」は日本の歴史を大きく動かした場所ということになりますね。 勝海舟に伴われて初めて長崎を訪れたのが1864年。 翌年、龍馬は「亀山社中」を結成して約2年間、長崎に滞在。 海運業を手掛ける一方で討幕活動に奔走しました。 薩長同盟への道筋を敷く、その活躍は日本の夜明けを導く礎となりましたが、1867年に志半ばにして京都で暗殺されました。 享年32歳。 旧体制から新しい時代への過渡期を、激動の嵐の中を、龍馬自身が疾風のように走り抜けた、そんな感があるドラマティックな人生ですが、その生涯は長崎で最も輝いたような気がします。 龍馬自身も姉の乙女にあてた手紙で『長崎へ来ると元気になる』と長崎への思いを綴っていますが、食いしん坊で大食漢でもあった龍馬は長崎の食べ物にも目がなかったようですね。 そして、長崎で得た多くの知己…。 そのNO. 1がグラバーでした。 風頭公園に建つ龍馬の像は遠く長崎港の向こう、大海原を見つめていますが、龍馬が希求していたのは、グラバーのように世界の海を渡って未知へ向かうこと、様々な異国の地で自由に生きること、思うがままに冒険すること…だったような気がします。 二人の青年が共有したキーワードは自由と冒険と自己実現。 その余りあるエネルギーが日本の近代化の導線になりました。 新たな時代はいつも人と人が出会い、結び合って開かれていくのですね。 長崎は今日も希望の地です。 下士でも実家は裕福な龍馬。 高級な生地で仕立てた羽織袴を着崩すスタイルが得意だったようで、当時にしては長身で大男だけにブーツ姿もキマっています。 一方のグラバーも髭のイケメン。 マント風の外套をふわりと羽織った姿はなかなかカッコいいですね。 龍馬のマント好きはグラバーの影響かも? 進取の気風に富む龍馬は西洋の食べ物が好きだったようです。 甘いものにも目が無くカステラは大好物で亀山社中でも焼いていたとか。 ビール会社を手掛けたグラバーとはグルメという点でも一致したのでは? グラバーはビール以外にも蒸気機関車の導入、炭鉱開発など日本の近代化に貢献。 初体験を喜ぶ日本人を見て誰よりも楽しんだのがグラバーだったかもしれません。 ちなみに長崎には、ギヤマン、凧、金平糖など長崎から始まる「長崎事始め」がいっぱい。 時代が回天して武器が売れなくなったこと、諸藩からの資金回収が滞ったことなどから1870年、グラバー商会は倒産。 けれど、しなやかにして強靭な精神力を持つグラバーは故国に逃げ隠れるようなことはしませんでした。 家族と一丸になって、新しい日本の国づくりの一助となる多くの国家的事業に参画、政府の高官にアドバイスを与える役割を果たしていきます。 後年、東京に移り住み、三菱財閥の相談役として活動。 1908年、外国人としては破格の勲二等旭日重光章を授与されました。 そんなグラバーを支え続けた妻、ツル。 添い遂げた二人のお墓は坂本国際墓地にあり、息子夫婦のお墓も隣に。 家族とともにもう一つの故国、日本そして長崎の発展を見守り続けています。

次の

明治維新のカリスマ ‥ 坂本龍馬の正体 : 心の時空

グラバー 龍馬

ここがポイント!• なぜ坂本龍馬がフリーメイソンなのか? 実は、 坂本龍馬のフリーメイソン説は昔から噂されている。 都市伝説フリークなら聞き飽きたほど有名な話かもしれない。 また近年では、坂本龍馬とフリーメイソンの関係を書いた本もいくつか出版されている。 しかしフリーメイソンといえば ヨーロッパ発祥の組織だ。 一方の坂本龍馬は遠い島国の、元々は名も知られていない武士だった。 この2つが 一体どうやって繋がったのだろうか? Sponsored Link 最も有力なのは トーマス・グラバーの影響ではないかという説だ。 グラバーといえば幕末の日本で「商人」として成功したイギリス人で、2015年に世界遺産にもなったグラバー邸の主人としても有名だ。 教科書にも度々出ることから知っている人も多いだろう。 そして学校ではもちろん教えられないが、このグラバーもフリーメイソンだったという噂がある。 元々フリーメイソンだったグラバーが坂本龍馬を結社に引き入れたのだ。 尚、この時代の日本にはグラバー以外にも 数多くのフリーメイソンが渡航してきている。 日本にやってきた初のフリーメイソンはオランダ商館長の イサーク・ティチング、また黒船で有名な ペリー提督も会員ではないかと見られている。 つまり、坂本龍馬はいつでもフリーメイソンに入会する機会があったのだ。 坂本龍馬の活躍こそフリーメイソン説最大の証拠だった! 歴史上で大活躍した 坂本龍馬だが、意外なことに倒幕運動が起こるまでほとんど無名の人物だった。 そもそも本来は武士ではなく商人の家に生まれたが、脱藩して浪人になったのだ。 現代で言えば フリーターもしくはニート。 それが国のシステムまで変える大仕事をしたのだから、どれだけ偉大な人物かが分かるだろう。 もちろん坂本龍馬のチカラだけでは無理だ。 実は、倒幕運動や明治維新の裏にも フリーメイソンの活躍があったのだ。 たとえば坂本龍馬は日本初の商社・ 亀山社中を作っている。 この亀山社中は倒幕に必要な武器などを主に購入していたが、記録によればピストルを1万丁近くも購入している。 また倒幕派の長州藩に売るため軍艦ユニオン号を買い付けたりもしていた。 一体、 これらを買う金はどこから出てきたのか? Sponsored Link それは言わずもがな、フリーメイソンが坂本龍馬に援助したのである。 また坂本龍馬といえば、それまで仲が悪かった薩摩藩と長州藩の手を組ませた逸話でも有名だ。 しかしこの一大プロジェクトにも、やはりフリーメイソンの助けがあったという。 確かに坂本龍馬は「カリスマ的な人物」として疑う余地はない。 だが彼一人でやれることには当然、限界がある。 坂本龍馬を現在のようなヒーローに仕立てあげた存在こそが フリーメイソンなのである。 坂本龍馬の「暗殺」にあの集団が関わっていた? 1867年12月10日、大政奉還を見届けた坂本龍馬の身に不幸が起こる。 俗に言う 近江屋事件であり、坂本龍馬はこの日、何者かに暗殺されてしまう。 この事件の首謀者あるいは実行犯には、様々な説があげられている。 新選組や京都見廻組、坂本龍馬とともに襲われた中岡慎太郎も疑われているが、どれも信ぴょう性が低い。 いずれも龍馬を暗殺する理由、または暗殺したことを 隠す理由がないからだ。 だが「フリーメイソン」にはその理由が存在した。 そもそも、なぜフリーメイソンが「坂本龍馬」を後押ししていたか? これは アメリカの南北戦争が予想より早く終わったことと関係している。 グラバーをはじめ、フリーメイソン会員には 武器商人も多くいた。 ところが彼らは、南北戦争の終戦により武器の在庫を大量に抱えてしまった。 争いがなければ武器は売れない。 そこで目を付けられたのが 日本だ。 フリーメイソンの狙い通り、日本では倒幕運動が起こった。 しかし坂本龍馬が想定外の活躍をしてしまい、本格的な争いが起こる前にあっけなく大政奉還となる。 ここでも争いが早く終わってしまった。 これでは在庫処分どころか、争いをけしかけるために使った費用の方が高くついてしまったフリーメイソンの商人たち。 その腹いせに坂本龍馬を暗殺したと言われている。 【新説】坂本龍馬はフリーメイソンではない? だが最近になって、坂本龍馬のフリーメイソン説に 否定的な意見が多くあがり始めた。 そもそも龍馬とメイソンを繋ぐグラバーだが、 彼自身は会員ですらなかったと言われている。 まずグラバーがフリーメイソンと呼ばれる理由だが、グラバー邸の入り口付近にある石柱にシンボルの「 定規とコンパス」が堂々と掘られているからだ。 だが他に確かな根拠がなかったため、長い間この石柱を証拠にし続けていた。 しかし歴史研究が進んだ近年、この石柱が「 グラバーのものではない」ことが明らかになった。 当時日本にやって来たフリーメイソンたちが記念に建てただけとする資料が見つかったからだ。 しかも石柱は、どちらかと言えば隣のリンガー邸に近い。 要するに 何の関係性もないのである。 これを機に、必然的に坂本龍馬のフリーメイソン説も怪しまれる結果となった。 だが今まで紹介してきた通り、数々の状況証拠が存在するのも確かだ。 むしろこうした話でカモフラージュしたい様な「 事実」が坂本龍馬の周囲にはあるのかもしれない。 坂本龍馬に限らず、歴史上の人物の多くはフリーメイソンだと疑われている。 例えばアメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンなどがそうだ。 歴史の影に「 フリーメイソン有り」である。

次の