たけのこ あく 抜き。 タケノコのあく抜きは重曹を使って時間を短縮!

【みんなが作ってる】 たけのこ あく抜き 重曹のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

たけのこ あく 抜き

春になると、スーパーでもよく見かけるようになる「たけのこ」。 ほんのりした甘みと程よい苦みのバランスが何ともいえないこの時期のたけのこですが、実際に皮付きのたけのこを最初から調理するのは結構大変です。 たけのこを調理する際の下処理といえば 「あく抜き」。 たけのこのあく抜きは、米ぬかと唐辛子を入れて茹でるという方法がよく知られていますが、この方法は手間も時間もかかります。 最近では、米ぬかを置いている家庭も少ないので、あく抜きのために米ぬかを購入するなどして準備する必要があります。 スーパーによっては、たけのこを買うと、米ぬかをサービスしてくれるところもあるようですが、どこでたけのこを買っても米ぬかをサービスしてくれるというわけではありません。 そこで、米ぬかなしでもあく抜きができる、たけのこの茹で方を紹介します。 「米ぬかなし」のたけのこのあく抜き たけのこのあく抜きに米ぬかを使う理由 たけのこの 「あく」の成分は、「シュウ酸」と「ホモゲンチジン酸」という物質で、これが 「えぐみ」の元になっています。 これらの物質は、たけのこを収穫したときから、次第に増えていきます。 ですので、収穫したてのたけのこならほとんど「あく」もなく、あったとしても簡単に抜けてしまいます。 たけのこのあく抜きには、米ぬかを使うことがよく知られていますが、その理由には次のようなことがあります。 【たけのこのあく抜きに、米ぬかを使う理由】 ・米ぬかのカルシウムがシュウ酸と結合してシュウ酸カルシウムに変化し、えぐみを抑える。 ・米ぬかによってゆで湯がアルカリ性になり、ホモゲンチジン酸が取り除かれる。 ・米ぬかの脂肪分やアミノ酸が、たけのこの繊維を柔らかくして、旨味を引き出す。 ・米ぬかの糖分が、たけのこの成分の酸化を防いで、白くゆで上がる。 「米のとぎ汁」「生米」で代用 収穫して日が浅いたけのこを茹でる場合なら、米ぬかでなくても、「米のとぎ汁」や「生米」で十分代用できます。 たけのこに含まれている成分を「あく」に変える酵素は、熱によって働きが止まるので、収穫後間もない、まだあくの元が増える前のたけのこなら、水から茹でるだけでも大丈夫です。 「大根のおろし汁」を使ったあく抜き 大根のおろし汁を使って、たけのこのあくを抜くことができます。 大根のおろし汁を使えば、茹で時間が短くてすむので、たけのこの旨味や風味が流出するのを抑えることもできます。 【準備するもの】(たけのこの大きさによって量を調整してください。 ) ・大根のおろし汁 200cc ・水 200cc ・塩 小さじ1 ・たけのこ 1本 【あく抜きの方法】 ・大根をおろし、さらしなどで濾して、おろし汁をとる。 ・たけのこの先端を切り、皮をむいて適当な大きさに切る。 ・おろし汁と水を混ぜて、たけのこを浸す。 ・塩を加えて、1~2時間程度置いておく。 ・たけのこを軽く水洗いしてから、お湯で1~2分程度茹でる。 新鮮なたけのこなら茹でなくても大丈夫ですし、たけのこご飯にするのなら茹でずにそのまま炊飯器に入れてOKです。 「小麦粉+酢+塩」を使ったあく抜き 調味料類を使って、たけのこのあくを抜くこともできます。 【準備するもの】(たけのこの大きさによって量を調整してください。 ) ・小麦粉 大さじ3 ・酢 大さじ3 ・塩 大さじ2 ・水 400cc ・たけのこ 1本 【あく抜きの方法】 ・たけのこの先端を切り、皮をむいて適当な大きさに切る。 ・小麦粉と酢を水に混ぜて、たけのこを浸す。 ・塩を加えて沸騰させた後、1時間程度弱火で茹でる。 ・茹で汁に浸けたまま自然に冷ます。 米ぬかを使ったあく抜き 米ぬかを使った、定番のたけのこのあく抜きの方法も紹介しておきます。 唐辛子を加えることで、「味にしまりを与える」「抗菌効果で日持ちをよくする」「ぬか臭さを消す」「えぐみを消す」などの効果があります。 【準備するもの】(たけのこ、鍋の大きさによって量を調整してください。 ) ・米ぬか 1カップ ・唐辛子 1個 ・水 たけのこが浸るだけの量 ・たけのこ 2~3本 【あく抜きの方法】 ・たけのこの皮2~3枚をはがし、先端から5㎝くらいのところで斜めに切り落とす。 (断面を広くすると、火が通りやすくなります。 ) ・中身に切れ目がつかない程度に、縦に切り込みをいれる。 (火の通りをよくするためです。 後で皮もむきやすくなります。 ) ・根元の固い部分を切り落とす。 ・鍋に、たけのこ、たっぷりの水、米ぬか、唐辛子を入れて加熱する。 ・落し蓋をして、沸騰したら中~弱火にして50~60分程度茹でる。 ・そのまま茹で汁が冷めるまで待つ。 ・ぬかを洗い流し、切り目から開くようにして皮をむいていく。 米ぬかの代わりに「米のとぎ汁」や「米粒」で代用する場合は、米ぬかを入れるタイミングで同じようにすればOKです。 量は、たけのこ2~3本に対して、米ぬかなら1カップ位、米粒なら大さじ3杯位が目安です。 新鮮なたけのこの見分け方 たけのこは、収穫された瞬間から 「えぐみ」が増していくので、より新鮮なものを選ぶようにしたいものです。 新鮮なたけのこを見分けるポイントは 「穂先の色」と 「根元のイボ」です。 穂先の色:新鮮なたけのこの穂先は「黄色」をしていて、収穫から日が経って鮮度が落ちると「緑色」になっていきます。 根元のイボ:収穫した時には「白色」に近いですが、鮮度が落ちると「赤黒い色」になっていきます。 「えぐみ」については、収穫から24時間経過すると約2倍になり、3日経過すると味にはっきりとした違いが感じられるといわれています。

次の

たけのこのあく抜き簡単な方法!冷凍は?長期保存できるの?

たけのこ あく 抜き

竹かんむりに旬と書く「筍(たけのこ)」は、4~5月の旬の時期に食べるのが、最もおいしいといわれる春の風物詩。 でも、生のたけのこを手に入れたとき、どうやって調理したらいいか困った経験はありませんか?そこで、料理研究家の高城順子先生に、アク抜き方法と保存のポイントを<基本編>と<時短編>で教えていただきました。 手に入れたたけのこはすぐに茹でる たけのこは収穫直後からアクが増していきます。 そのため、手に入れたらすぐに丸ごと茹でましょう。 茹でるには、高さ(幅)のある鍋が必要です。 たけのこの穂先を切り落とし、残りの身がすっぽり入るサイズのものを用意します。 米ぬか:一握り• 赤唐辛子:1本• たけのこがかぶる量の水 たけのこの切り方 根元の固い部分(ついていない場合もある)と、穂先5~6cmを切り落とし、縦に2~3cm深さの切れ目を入れる。 根元部分が残っている場合は、生長にしたがってイボが大きく紫色になり、繊維も密になるので、茹でる前に削るようにむいて落とす。 湯止めの目的は、たけのこからアクを出しきること。 流水で冷やしてしまうと、アクがしっかり抜けません。 たけのこの皮のむき方 たけのこが完全に冷めたら、水洗いしてぬかをきれいに取り除き、縦に入れた切れ目から指先を入れて皮をむく。 穂先の皮「姫皮(写真2枚目右の内側部分)」はやわらかくておいしいので、残しておく。 たけのこを調理するときの切り方と保存方法 穂先から真ん中の部分は縦に切り(下の写真で切っている最中のもの)、根元は横に切る(写真手前)。 保存するときは、フタつきの深めの保存容器に水を入れ、たけのこが完全にひたるようにした状態で、フタをして冷蔵庫で保存する。 時々水を替えながら、しっかり水に浸けておけば、1週間程度は保存可能。 memo 多くて食べきれない場合は、あらかじめ保存食にするのもおすすめ。 刻んで薄味で下煮しておくと、日持ちするだけでなく、さまざまな料理にアレンジできて便利です。 たけのこのアク抜き方法<時短編> 大きな鍋がないときや、時間がないときは、2~3等分など適度な大きさにカットしてから茹でると時間を短縮できます。 この場合、米ぬかは身の隙間に入って取り除きづらいので、ここでは重曹を使ったテクニックをご紹介します。 用意するもの• 重曹:水1リットルに対し小さじ1が目安•

次の

たけのこをあく抜きしないと?米ぬかがない時の簡単なあく抜き方法!

たけのこ あく 抜き

・あくが抜けない ・固い 固い場合は、 もう少し茹でれば大丈夫です。 あくが抜けない= えぐみ が抜けていない この『えぐみ』とは? 食べたときにのどに残る 何ともいえないしびれのようなもの。 これを 取り除かない限り、料理では使えません。 『これって失敗?』 と思ってしまうのが、 多分このあたりかと思いますが、 ですが、むしろこれが普通。 ここからが、 たけのこ処理の勝負所なのであります。 そうすることで、 竹の子のアクがぬけやすくなります。 逆にやらないと、 アクは抜けにくいです。 米ぬかで茹でた茹で汁ごと 、 そのまま一日置きます。 急いで使いたいときでも、 冷めるまでは、放置したいです。 こうして、 下処理された、たけのこを使うときですが、 アクがまだ抜けていない時は、 どうすれば良いのでしょうか? まずは、 水にさらします。 これで、 大抵のタケノコのアクは抜けます。 ですが、 美味しいたけのこを食べたいのであるなら、 茹でる作業をなるべく、少なくしたいものです。 少ない下処理で済ませるには、 より新鮮なたけのこを選ぶことです。 スポンサードリンク たけのこの鮮度を見極めるポイント たけのこの先端ではない、 太い部分の周りにある、 ブツブツの色が薄いモノが新鮮な証。 時間が経つほど、 色が赤らんできます。 最近では、 こんな方法もあるようです。 関連ページ スポンサードリンク.

次の