ファンタジ スト。 ファンタスティックライト

FINAL FANTASY VII REMAKE

ファンタジ スト

両足が曲がっている。 ハンマーとやっとこを持つ。 特徴 火と鍛冶の神。 神々の所有するさまざまな道具や武器をつくる。 火と鍛冶の神で、ハンマーややっとこを持った姿で描かれる。 ゼウスが他の女神たちとの間に優秀な子供を産むのに焦ったヘーラーが産んだ子だが、その姿は神々の中で最も醜いとされ、背は低く、両足は曲がっていた。 そこで腹を立てたヘーラーによって天界から海へと落とされてしまった。 成長し、天界に戻ったヘーパイストスは母・ヘーラーに素晴らしい椅子をつくってプレゼントした。 あまりの出来栄えに喜んだヘーラーが椅子に座った途端、ヘーラーは椅子に縛り付けられて身動きが取れなくなってしまった。 こうしてヘーパイストスは復讐を果たしたのである。 ヘーパイストスはこの椅子だけではなく、神々の持つ不思議な武器や装身具、宮殿などを造っている。 一眼巨人のたちを従え、シケリア(シチリア島)の火山地帯の工房でさまざまな道具や武器をつくっている。

次の

藤井七段、女性ファンに好み聞かれ「一番困る質問」

ファンタジ スト

解説 世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシリーズの第1作。 原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険を描く。 未知の幻獣を求めて世界中を周り、ニューヨークにたどり着いたニュート。 ところが、魔法のトランクに詰め込んでいた魔法生物たちが逃げ出してしまい、魔法生物を禁じているアメリカ合衆国魔法議会のお尋ね者になってしまう。 さらに、魔法の根絶を目論む秘密結社・新セーレム救世軍の暗躍で、事態は思わぬ方向へ転がっていく。 主人公ニュートを「博士と彼女のセオリー」のオスカー俳優エディ・レッドメインが演じ、ヒロイン役には「インヒアレント・ヴァイス」のキャサリン・ウォーターストンを起用。 共演にもコリン・ファレル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートンら豪華キャストが揃う。 「ハリー・ポッター」シリーズ5作目から監督を務めてきたデビッド・イェーツがメガホンをとる。 2016年製作/133分/G/アメリカ 原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them 配給:ワーナー・ブラザース映画 スタッフ・キャスト 世界中の夢見たがり屋たちを夢中にさせた「ハリー・ポッター」シリーズが、魔法使いとして生まれた少年、ハリーの成長記だとしたら、原作者のJ. ローリングが初めて映画のために執筆した待望の新シリーズ、略して「ファンタビ」のテーマは、言うなれば"魔法"そのもの。 魔法動物学者のニュートが魔法界と人間界の対立に巻き込まれるプロセスで、使いようによっては形あるものを無残にも破壊し得る魔法が、逆に、一瞬にして修復も可能な万能のツールであることを教えてくれる。 もしも、この世に魔法があったなら。。。 次々と登場する新クリーチャーの愛くるしい表情や、精密なCGIで具現化される異次元映像を堪能しつつ、そんなことに改めて思いを至らせる。 暫くは、エディ・レッドメインと一緒に恐ろしくも楽しい魔法旅行に出かけようではないか!? Powered by• 2021年• 2018年• 2016年• 2011年• 2010年• 2009年• 2007年• 2005年• 2004年• 2002年• 2001年 「ファンタスティック・ビースト」シリーズ関連作品• 2021年• 2018年• 2016年 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー•

次の

ヘーパイストス:ファンタジィ事典mini

ファンタジ スト

解説 世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシリーズの第1作。 原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険を描く。 未知の幻獣を求めて世界中を周り、ニューヨークにたどり着いたニュート。 ところが、魔法のトランクに詰め込んでいた魔法生物たちが逃げ出してしまい、魔法生物を禁じているアメリカ合衆国魔法議会のお尋ね者になってしまう。 さらに、魔法の根絶を目論む秘密結社・新セーレム救世軍の暗躍で、事態は思わぬ方向へ転がっていく。 主人公ニュートを「博士と彼女のセオリー」のオスカー俳優エディ・レッドメインが演じ、ヒロイン役には「インヒアレント・ヴァイス」のキャサリン・ウォーターストンを起用。 共演にもコリン・ファレル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートンら豪華キャストが揃う。 「ハリー・ポッター」シリーズ5作目から監督を務めてきたデビッド・イェーツがメガホンをとる。 2016年製作/133分/G/アメリカ 原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them 配給:ワーナー・ブラザース映画 スタッフ・キャスト 世界中の夢見たがり屋たちを夢中にさせた「ハリー・ポッター」シリーズが、魔法使いとして生まれた少年、ハリーの成長記だとしたら、原作者のJ. ローリングが初めて映画のために執筆した待望の新シリーズ、略して「ファンタビ」のテーマは、言うなれば"魔法"そのもの。 魔法動物学者のニュートが魔法界と人間界の対立に巻き込まれるプロセスで、使いようによっては形あるものを無残にも破壊し得る魔法が、逆に、一瞬にして修復も可能な万能のツールであることを教えてくれる。 もしも、この世に魔法があったなら。。。 次々と登場する新クリーチャーの愛くるしい表情や、精密なCGIで具現化される異次元映像を堪能しつつ、そんなことに改めて思いを至らせる。 暫くは、エディ・レッドメインと一緒に恐ろしくも楽しい魔法旅行に出かけようではないか!? Powered by• 2021年• 2018年• 2016年• 2011年• 2010年• 2009年• 2007年• 2005年• 2004年• 2002年• 2001年 「ファンタスティック・ビースト」シリーズ関連作品• 2021年• 2018年• 2016年 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー•

次の