中 日 ドラゴンズ 掲示板。 【お知らせ】サービス終了と今後の掲示板利用について

中日ドラゴンズ選手一覧

中 日 ドラゴンズ 掲示板

日曜日の有るラジオ番組を聴いていると、何となく腹が立ってくる。 実名で問題ないと思うが、脱税疑惑でしばらく自粛していた元中日の選手が、好きになれない。 B節が炸裂しているが、モリミチ、モリミチと後輩を可愛がっているような今は無き名内野手を何時までも語っていることに、飽きもせず話ができるものだと思う。 高木氏の現役選手時代は、好きだったが指揮官になった高木氏を好きになれなかった。 自らプロ野球で食っていかれ辺のやったらプロ野球なってやってられ辺とはっきり明言しているような元選手にモリミチ、モリミチと呼ばれて嬉しいだろうか?B氏が疫病神で、早く逝ったのでは・・・。 高木氏より、チームに貢献したのは星野氏だ! 高木氏には大罪がある。 自分の知らないところで星野氏も嫌われている事はあるのだろうが、高木氏のようなマスコミにリアルタイムでテレビ放送されるような事は敵か、審判にしか星野氏はしていないはず。 高木氏を嫌いなのは、権藤氏がピッチングコーチによくなってくれたと思う。 かつてマシンガン打線を率いて日本一になった名監督が、高木氏の配下で働いてくれたのに、吉見の件で相当もめた。 平野コーチの走塁を追求する方法がガキみたいなやり方で更迭した事。 高木氏は選手を成長させることが下手な監督だったはず。 落合氏は外人を上手く使って、主砲を活かして投手王国を築き、毎年Aクラスだったことは評価はするが、味気の無い監督だった。 そんな敵だった男のチームをやってでも胴上げ監督をやりたかったのだろうか? 星野氏の時代は、良い選手を自ら成長させたドラゴンズの一番の貢献者は星野氏だ!今日は小松氏がゲストだったが、この番組に井端氏を読んだら来てくれるか!来たくない選手は相当数居ると思う。 チームに影響を与えるような事はB氏にしないでもらいたい。 もっと自粛していたほうが良いんじゃないの?とドラゴンズファンだが、こう思える元ドラゴンズの選手へ苦言を述べたい。 [ 匿名さん].

次の

中日ドラゴンズファンサイト~エバドラ~

中 日 ドラゴンズ 掲示板

中日ドラゴンズファンサイト「エバドラ」へようこそ! 「エバドラ」は中日ドラゴンズのファンサイトです。 初めての方は をよく読んで、マナーを守ったご利用をお願いいたします。 なお管理人へのお問い合わせ、ご質問等ははでお願いいたします。 モバイル版「エバドラモバイル」 いますぐアクセス! 会員制コミュニティサイト。 ドラ版型ミクシィ。 登録はもちろん無料・メルアドだけでOKです。 よく分からない方、初めての方はをご覧ください。 管理人が荒らし行為とみなした場合、即刻アクセス禁止の処置をとらせていただきます。 FAやドラフト専用の掲示板です。 その他の書き込みはエバドラBBSへお願いいたします。 試合中のリアルタイム応援掲示板。 チャット感覚で利用してください。 何でも一言、一行掲示板です。 岩瀬投手 昨日、西武ドームへ行った時に撮影しました。 岩瀬がブルペンで肩を作っている時なんて滅多に見れませんから 近くまで行って撮りました。 アルサス様.

次の

中日ドラゴンズ

中 日 ドラゴンズ 掲示板

経歴 [ ] では1年生時の秋からエース、中軸打者として活躍、主将も務めた。 準決勝に進むが、に敗退。 同年の秋季関東大会県予選も準決勝でに敗れる。 3年次のには春季関東大会県予選決勝で桐生工を降し優勝、関東大会に進むが準々決勝(初戦)でに惜敗した。 同年夏の甲子園県予選は肩痛で初戦敗退。 高校は進学校であり「かプロか」と迷った末、にへ入団。 2年目のには、前年にであったがに回る。 その後継として開幕から一番打者、中堅手として起用され、初の(9位、打率. 262)に達した。 その後はやや低迷するが、には打率. 312(3位)を記録し、を獲得。 守備面ではとにシーズン350刺殺のリーグ新記録を作る。 流し打ちの技術をマスターし、に打法をアッパースイングからダウンスイングに変えてからは高打率を残すようになる。 同年からはと一、二番を組みチャンスメーカーとして活躍。 には、と熾烈な打率争いを繰り広げるが、セーフティーバントを連続成功させたことが功を奏し、打率. 343でを獲得。 に眼疾により長期欠場を余儀なくされるが、無事にカムバックした。 からはコーチ兼任となり、引退。 引退後は中日で二軍打撃コーチ( - )、一軍打撃コーチ(・・)、監督( - )、一軍作戦走塁コーチ()を歴任。 監督就任時はチーム待望の生え抜き監督であると同時に片腕としてを投手コーチに招聘し、また現役時代の監督だったにあやかり背番号を30にして話題になったが、故障者の続出もあり就任3年目に最下位に転落。 その責任を取り、辞任した。 辞任後は解説者や評論家( - )を務めた。 は中の監督時代にレギュラーになったが、一方でに関しては中は平野を整理リスト(クビ要因)の入れており、中が監督退任したことと後任監督のの意向で平野は残留になった。 その後は二軍打撃コーチ( - )・二軍監督( - )を務めたが、中にとっては唯一のNPBでの中日以外の球団への在籍経験であり、コーチ人事で選手としての在籍経験者(生え抜き・外様を問わず)を優先する傾向の強い広島球団としては異例の、純然たる外様かつ他球団監督経験者の招聘だった。 広島退団後は( - )・解説者を経て、現在は評論家・解説者( - )。 の名古屋80D'sersでは監督・選手として参加(現在はコーチ)し、からまで中日OB会の会長も務めた。 第1戦()ではを務めた。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 17 19 17 3 3 0 0 0 3 0 2 0 0 0 2 0 0 3 2. 176. 263. 176. 440 119 413 385 39 101 17 6 3 139 26 14 11 11 1 13 0 1 33 2. 262. 288. 361. 649 87 252 233 24 55 7 0 2 68 17 15 6 5 3 11 0 0 14 0. 236. 267. 292. 559 97 391 339 47 84 15 2 5 118 24 26 7 28 5 16 0 2 19 2. 248. 282. 348. 630 75 310 267 54 71 12 1 15 130 38 10 9 9 1 29 1 2 23 1. 266. 341. 487. 828 130 531 465 80 145 21 9 7 205 31 50 15 11 2 48 3 2 38 3. 312. 377. 441. 818 128 544 480 88 130 14 11 13 205 39 30 17 11 3 46 4 3 36 2. 271. 336. 427. 763 127 522 477 51 131 15 10 6 184 33 11 21 6 2 36 2 0 38 4. 275. 324. 386. 710 136 584 516 79 127 10 4 13 184 45 27 9 15 3 48 1 0 28 3. 246. 309. 357. 665 133 557 500 70 131 23 10 14 216 44 27 8 14 5 35 1 2 28 4. 262. 310. 432. 742 133 531 477 73 135 11 8 6 180 33 26 12 6 2 45 2 1 25 1. 283. 345. 377. 722 122 525 475 79 153 23 3 18 236 47 22 7 4 4 39 6 1 27 2. 322. 372. 497. 869 101 423 376 65 129 20 5 10 189 36 25 13 1 4 39 5 0 27 1. 343. 401. 503. 904 61 246 232 42 76 10 3 5 107 17 14 6 1 0 13 1 0 18 2. 328. 363. 461. 824 119 493 458 58 133 24 7 10 201 50 19 9 8 1 26 1 0 39 2. 290. 328. 439. 767 116 427 390 49 106 13 1 7 142 29 10 6 6 0 27 4 3 36 5. 272. 324. 364. 688 108 349 308 31 67 10 0 4 89 20 12 6 9 1 31 4 0 26 3. 218. 288. 289. 577 68 219 186 20 43 4 1 1 52 12 7 5 8 2 21 1 0 15 5. 231. 306. 280. 586 通算:18年 1877 7336 6581 952 1820 249 81 139 2648 541 347 167 153 39 525 36 17 473 44. 277. 330. 402. 733• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別監督成績 [ ] 順位 チーム本塁打 チーム打率 チーム防御率 5位 130 53 71 6. 427 20. 0 141. 252 4. 45 42歳 3位 130 59 57 14. 509 7. 5 155. 268 3. 97 43歳 6位 130 45 76 9. 372 30. 0 134. 261 4. 43 44歳 通算:3年 390 157 204 29. :1回 (1967年)• :1回 (1960年) 表彰 [ ]• :5回 (1960年、1965年 - 1967年、1970年)• MVP:1回 ( 第2戦) 記録 [ ] 節目の記録• 出場:6回 (1959年、1960年、1966年、1967年、1969年、1970年) 背番号 [ ]• 56(1955年)• 35(1956年)• 3(1957年 - 1972年)• 62(1973年 - 1977年)• 30(1978年 - 1980年)• 72(1984年 - 1986年)• 76(1987年 - 1990年) 登録名 [ ]• 中 利夫 (なか としお、1955年 - 1963年、1973年 - 1980年)• 中 三夫 (なか みつお、1964年)• 中 暁生 (なか あきお、1965年 - 1972年)• 中 登志雄 (なか としお、1984年 - 1990年) 関連情報 [ ] 出演番組 [ ]• - 東海ラジオ• - CBCラジオ• - CBCテレビ(系列におけるの現行統一タイトル)• - テレビ愛知(同局プロ野球中継の現行タイトル) 脚注 [ ]• 同校野球部の二年先輩に後に俳優となるが投手として所属しており、中日の監督時代にはのドラゴンズ応援番組に司会者として出演している。 2020年6月15日号、平野謙の人生山あり谷あり、感謝あり、第5回、僕の生みの親?、近藤貞雄監督、62頁• カバヤ食品の子会社だったカバヤ・リーフが1967年に発売したトレーディングカードでは振り仮名が「なか としお」となっていた。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績• 1936• 1937• 1938 - 1939• 1939 - 1941• 1941 - 1942• 1943• 1944• 1946• 1946 - 1948• 1949 - 1951• 1952 - 1953• 1954• 1955 - 1956• 1957 - 1958• 1959 - 1960• 1961 - 1962• 1963 - 1964• 1964 - 1967• 1968• 1969 - 1971• 1972 - 1977• 1978 - 1980• 1981 - 1983• 1984 - 1986• 1987 - 1991• 1992 - 1995• 1996 - 2001• 2002 - 2003• 2004 - 2011• 2012 - 2013• 2014 - 2016• 2017 - 2018• 2019 - 現在.

次の