ダイア トニック コード 表。 ギター初心者〜中級者におすすめ!ダイアトニックコード表と一覧│マヌーシュジャズ レッスン(ジプシージャズ入門)

ダイアトニックコードとスリーコード(成り立ちとコードの役割などについて)

ダイア トニック コード 表

ダイアトニックコード一覧 基本的にはこの形です。 これはキーCなので、キーDのダイアトニックであれば最初のコードのCmaj7の形で、5frから始めて、等間隔移動すればキーDです。 参考までにキーDのダイアトニックコードです。 着目して欲しいのはフレットの場所です。 コードの形は同じですが、スタートのフレットが5frに変わっただけです。 キーEであれば、最初の形を7frから始めたらOKです。 Emaj7ー F m7ー G m7ー Amaj7ー B7ー C m7ー D m7b5 キーDまでは上の形通りで弾いて問題ないですが、Eとなると12frまで行ってしまうので、別の形も覚えましょう。 Fのダイアトニックコードであれば、フレット数を+1にして弾けばOKです。 Gであれば+3、Aであれば+5、Bであれば+7もしくはダイアトニックコードキーCの形で、2frから始めればOKです。 参考までにその他キーのダイアトニックコードです。 というのも、度数で覚えていった方が楽だからです。 (大体の場合はです) マイナーキーのダイアトニックコード さて、マイナーキーのダイアトニックなんですが・・・やらない方がいいです。 (笑 3つあるので、混乱してしまう上に使用頻度が低いので、スルーしていいと思います。 ただ、簡単なバージョンがあるので、こちらは必ず覚えましょう。 先ほど紹介したメジャーキーのダイアトニックを使います。 上図はCメジャーのダイアトニックコードですが、これはAmのダイアトニックでもあります。 Cのダイアトニックは Cmaj7ー Dm7ー Em7ー Fmaj7ー G7ーAm7ー Bm7b5 Amのダイアトニックは Amー Bm7b5ー Cmaj7ー Dm7ー E7ー Fmaj7ー G7 一つだけ違うところは、 Amの5度の音であるEm7がE7に変わります。 というのも5度の音はドミナントコードで1度に行く性質があるからです。 ナチュラルマイナー・ハーモニックマイナー・メロディックマイナースケールと、3種類のスケールに対応したダイアトニックコードになります。 こちらで必要なものを紹介しているので、ご覧ください まとめ いかがでしたか? 全部一気に覚えようとすると必ず メタパニにかかるので、少しづつ覚えていきましょう。 でも紹介したように、ダイアトニックコードを知っていたら、ギタリストの天敵である 耳コピがかなりズムーズに出来るようになるので、しっかり頑張ってください。 コツは一つ一つのキーで名前を覚えるんじゃなく、下記のように1度はmaj7 2度はm7・・・・と覚えて、その都度のキーに合わせて弾いてください。

次の

マイナーダイアトニックコード

ダイア トニック コード 表

計9匹の大家族(内:人間3 動物6)日々の暮らしから、ペット、趣味の話題までゆる~く綴っていきます。 モットーはのんびりマイペース。 カテゴリー• com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、をご覧ください。 ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。 利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

次の

ダイアトニックコードとスリーコード(成り立ちとコードの役割などについて)

ダイア トニック コード 表

ダイアトニックコードとは? 多くの曲では、一定のキー(調)で曲が進んでいく。 例えば曲のキーがCのとき、その曲で使われる音は、その多くがCメジャースケールの7音だ。 スケールの音だけを組み合わせて作ったコードを「ダイアトニックコード」と呼ぶ。 曲の中で使われるコードも、必然的にダイアトニックコードが中心になる。 簡単にまとめると次のとおり。 曲のキーが分かれば、ダイアトニックコードが分かる。 ダイアトニックコードの知識があれば、作曲や演奏、耳コピ作業などの多くの場面で役に立つ。 ミュージシャンならば、各キーにおけるダイアトニックコードを把握しておいて損はない。 ダイアトニックコードの分類 ダイアトニックコードは、次の3種類に分類される。 トニック:落ち着く。 安定感、終止感がある。 サブドミナント:何か始まりそうな予感。 トニックにもドミナントにも進める。 ドミナント:クライマックス。 緊張、不安。 トニックに進みたい(=解決したい)。 コードの雰囲気(機能)は、上記のようになっている。 たとえばキーがCのときは、おもに次のようにコードが分類される。 トニック:C• サブドミナント:F• ドミナント:G これらの分類は、「あるコードが、そのキーにおける何番目のダイアトニックコードか」で決まる。 1番目ならトニック、4番目ならサブドミナント、5番目ならドミナントという具合だ。 これは音楽を知る上で大事なことなので、覚えておいても損はない。 なお、これら3つ以外のダイアトニックコードについても、トニック・サブドミナント・ドミナントのいずれかに分類される。 構成音の類似性を元に分類されているのだが、ここでは割愛する。 末尾のダイアトニックコード一覧には併記しているので、興味があればチェックしてほしい。 3和音と4和音 コードには、おもに3和音と4和音がある。 C(ドミソ)は3和音• そういった違いがある。 しかし音楽理論上は、3和音でも4和音でもコードの機能は一緒だ。 そうすると把握しやすい。 音楽理論としては4和音で把握しておき、実際にコードを使うときは、曲に合わせて3和音/4和音を自由に使い分けるとよい。 4和音のコードネームを3和音に変換する時のルール セブンスの音を削除すればOK。 本来マイナースケールは3種類ある(ナチュラルマイナー、ハーモニックマイナー、メロディックマイナー)。 そのため、ダイアトニックコードも3通り出てきてしまい、把握するのが少し大変。 しかし、そのうちのナチュラルマイナースケールだけを認識することで、平行調の関係にあるメジャースケールと一本化してシンプルに考えることができる。 理由はそんなところだ。

次の