どうしても お金 が 必要。 どうしてもお金が必要なときの自分でできる金策

急にお金が必要になった時どうする?必要な理由は何?

どうしても お金 が 必要

主婦 お金が要る 関連記事• 主婦でお金が要る時は何処から借りれる? 例えば主婦が今お金が借りたいんだとしたら、すぐに生活費とかでお金が借りたいとか、急に出費がかさんでお金が借りたいのかもしれません。 こんな時は消費者金融でお金が借りたいと思う主婦も多そうですが、実は消費者金融ではお金が借りられない事が多いので、特に専業主婦とかであれば、消費者金融で借りれないから、どっちみち銀行カードローンでお金を借りておくべきだったりするでしょう。 というのも、配偶者の収入があればお金が借りれる専業主婦でも、同意がもらえない時は消費者金融ではお金が借りれない事もあるし、必要書類や手続きも面倒だったりするんですけれど、銀行カードローンであれば、配偶者の同意不要で配偶者貸付可能だったりするので、主婦でお金が借りたい時は銀行カードローンがおすすめなんだと思いました。 だから金融機関でお金が借りたい主婦がいましたら、同意書なしでお金が借りれる、銀行カードローンのキャッシングであれば、審査もそれなりに甘い条件でお金が借りれるでしょうから利用しやすいんじゃないでしょうか? 又銀行カードローンであれば、消費者金融みたいに総量規制がありませんので、総量規制でお金が借りれないなんて場合でも、銀行カードローンであれば、収入証明書があれば、とりあえず主婦でも簡単にお金が借りれるものだったりするみたいでした。 よって旦那の収入証明書がある人であれば、専業主婦でもお金が借りれるし、パートの主婦なんかでもお金が借りやすいみたいでしたので、銀行カードローンでお金を借りてみると良いかと思いました。 専業主婦の場合は限度額が低くなるかもしれませんが、とりあえず融資ならば安定して受けられると思いますので、貸金業者でお金が借りたいけれど、消費者金融で借りれないとかの主婦がいましたら、総量規制なしでお金が借りれるみずほ銀行カードローンとか銀行カードローンであれば、自分が専業主婦でも収入が少ないパートの主婦でもお金が借りれるものだったりするでしょう。 というわけで、お金が借りたいけれど主婦が消費者金融へ申し込みしてもお金が借りれないとかであれば、書類があるのでしたら、銀行カードローン会社に申し込みしておけば、簡単に住民票や収入証明など用意しておくだけで、申込者又は配偶者の収入安定があれば、生活費で困った時にお金が借りたいと思った時に消費者金融で借りれない主婦でも銀行カードローンでお金が借りれるんじゃないでしょうか? 主婦がお金が要る時にお金が借りたいなら銀行カードローン? 自分が主婦だけど総量規制にひっかかって消費者金融でお金が借りれない、又は専業主婦で自分の名義ではお金が借りられないんだとしたら、それでもお金が借りたいとかの場合は消費者金融でこれ以上キャッシング申し込みはしない方が良かったりするでしょう。 こんな時は消費者金融カードローンでお金が借りれないのであれば、総量規制とかの原因でしたら、総量規制なしでお金が借りれる銀行カードローンがおすすめだったりするでしょう。 何故ならカードローンでお金が借りれない主婦でも銀行カードローンであれば、キャッシングの相性が良く、専業主婦なんかでも配偶者の収入があればお金が借りれるみたいでしたからね。 本来であれば、消費者金融でお金を借りる際は配偶者の同意書などが必須なんですけれど、銀行カードローンであれば、消費者金融と違って同意書不要でお金が借りれるので、正に夫に内緒でキャッシングする事も可能だったりするんです。 よって配偶者の収入があれば、収入証明書などだけで旦那の名義を借りてお金をキャッシング可能でしたので、旦那に内緒で借入したい時とか専業主婦単体で申し込みしてお金が借りたい時は銀行カードローン融資がおすすめだと思いました。 だから生活費でお金が借りたい時にいちいち同意書なんて待っている暇がないとかであれば、旦那の収入証明や収入安定があるのでしたら消費者金融の貸金業者じゃなくて銀行カードローンであれば、みずほ銀行カードローンとかで申し込みしておけば、主婦でも簡単にキャッシング可能だったりするんじゃないでしょうか? これが消費者金融となれば、まず旦那に同意書を書いてもらうとか、書類が増えたり、内緒でお金が借りれないデメリットがあったりするので、これが原因で主婦の人が旦那とケンカしてしまったり、審査以前の問題で口論となるなんて事も考えられましたので、主婦が無難に借りたいと思うのであれば銀行カードローンでキャッシングしておくのが一番良かったりするでしょう。 審査の甘い条件でお金が借りたい主婦もいるかもしれませんが、とりあえず今のカードローンでは銀行カードローンが一番配偶者貸付しやすいし、お金が借りやすい相性の良いキャッシングだと思いましたから、消費者金融でお金が借りれない主婦やお金が借りれない専業主婦がいましたら、申し込みは銀行カードローンで済ませるようにしておきましょう。 大手でお金が借りれない可能性もあるかもしれませんが、とりあえず普通の主婦がお金を借りたいとかであれば、専業主婦の配偶者貸付であっても、低所得のパートの主婦であっても貸付希望したいのであれば、住民票や収入証明などで旦那にバレずにお金が借りれる、銀行カードローンをおすすめしておくものだったりするでしょう。 勿論何処の金融機関からもお金が借りれないような旦那さんだったりブラック名義であれば配偶者貸付も難しいかもしれませんから、こんな時は銀行カードローンからもお金が借りれないので注意が必要でしたけれどね。 主婦でお金が要る時は専業主婦なら配偶者貸付? 消費者金融でお金が借りたい主婦がいるけれど、実は専業主婦だったりする場合。 消費者金融では総量規制に引っかかって無職だからお金が借りれないかと思われます。 だからカードローンでお金が借りたいと思っても、専業主婦では借入が難しかったりするでしょう。 しかしそれでもお金が借りたいとか即日借りたい場合でしたら消費者金融でも一応、キャッシングは可能でしたので、面倒かもしれませんが、消費者金融でお金を借りたいのであれば、まずは配偶者の収入を確認しておいて下さい。 そして配偶者の収入が確認出来るようでしたら、収入安定しているようでしたら、配偶者の収入証明書を用意しておきましょう。 一応配偶者貸付という形であれば、配偶者の収入があればお金が借りれるものでしたから、専業主婦で消費者金融で借りれないという人は配偶者の同意書を書いてもらってから、必要書類を準備の上配偶者貸付でキャッシング申し込みしてみて下さい。 ローンが組めない専業主婦でも、キャッシングが無理の専業主婦でも配偶者の収入でお金が借りれるので、後は旦那が同意書を書いてくれたら、必要時に消費者金融でお金を借りる事が可能となってくれるでしょう。 勿論これで旦那がNOと言えば同意書がなければ消費者金融ではお金が借りれないので、こんな時はどんなに申し込みしても審査に通らないものだったりするでしょう。 しかしそれでも諦めない主婦がいるようであれば、旦那に内緒でお金が借りれる方法として銀行カードローンがありましたので、まずはみずほ銀行カードローンなどで申し込みしてみて下さい。 銀行カードローン審査であれば、配偶者の収入証明書や自分の住民票などがあれば、夫の同意書なしでお金が借りれようでしたから、金融業者で同意書を求められて困っている主婦や旦那に内緒で借入したいとかであれば、銀行カードローンでしたら同意書不要でお金が借りれるので、安定収入の収入証明が可能であれば主婦の借入先は銀行カードローンが一番おすすめだったりするでしょう。 但し専業主婦の場合は銀行カードローンの限度額はかなり制限されてしまうので、もしかすると小口融資で物足りないと思う人もいるかもしれませんでした。 それでも、新生銀行カードローンレイクとかみずほ銀行カードローンであれば夫に内緒でキャッシング利用可能でしたから、総量規制もなしの銀行カードローンであれば、パートしている主婦で借りたいけれど総量規制で借りれない、専業主婦で総量規制で借りれないなんて場合でも、返済可能と見込まれたら審査に通る可能性が高いので、主婦のキャッシングならば銀行カードローン、専業主婦でも銀行カードローンの配偶者貸付が一番良かったりするのではないでしょうか? 主婦でお金が要る時に誰にも内緒で借りたいなら、みずほ銀行カードローン? 消費者金融でお金が借りたい主婦がいるんだとして、もし専業主婦で総量規制に審査でひっかかってお金が借りれないんだとしたら、きっと消費者金融のカードローンで申し込みしていても、ずっとお金が借りれないかもしれませんよね。 勿論配偶者の収入があれば、配偶者の同意書なども用意可能であれば、お金が借りれるんだと思いますが、配偶者に内緒でお金が借りたい主婦だってきっといるはずですよね。 こんな時にいちいち消費者金融でお金が借りたいからって旦那に相談なんて時間の無駄なんて思う主婦もいるようであれば、きっとすぐにお金が借りれる方法が知りたいと思っているはずですから、旦那に言わなくても、同意書なしでもお金が借りれるキャッシングが利用したいと思っていたりするのではないでしょうか? だからもしこんな主婦がいるようであれば、とりあえず収入があるのでしたら、返済可能であれば、利用する金融機関は消費者金融ではなくて、銀行カードローン、まずはみずほ銀行カードローンへキャッシング申し込みしてみて下さい。 銀行カードローンの審査であれば、総量規制なしで借入可能な上、配偶者貸付の際も旦那の同意書なしでお金が借りれるから、自分で収入証明とか住民票など書類が用意可能でしたら、旦那に言わずとも黙ってみずほ銀行カードローンでキャッシング融資が受けられるものだったりするでしょう。 つまり専業主婦でも夫に相談せずとも、同意書なしでもお金が借りれるから、秘密でキャッシング方法を実践したい主婦とかであれば、消費者金融に比べて内緒でお金が借りれる、最高のキャッシング方法だったりするんだと思いました。 普通の貸金業者であれば消費者金融でしたら審査で必ず配偶者貸付の際は配偶者の同意書を求めるのですが、銀行カードローンであれば、同意書要らずで書類も少なくてお金が借りれるので、専業主婦単体でも書類さえ用意出来れば、黙って内緒で銀行カードローンでお金が借りれるから、パートをしていない主婦でも無職でも配偶者の収入でいつでもお金が借りれる。 それが銀行カードローンとなっているみたいでした。 これでみすぼ銀行カードローンや新生銀行カードローンレイクなとでお金が借りれるでしょうから、本人の収入なしでも、配偶者の収入かつ秘密でお金が借りれるでしょうから、消費者金融より銀行カードローンでお金を借りておけば ローンに申し込めない主婦でも申し込み可能だし、お金が借りれるものでしたので、主婦全般に銀行カードローンはおすすめ出来ると思いました。 但し融資に関しては専業主婦の場合は融資限度額が低くなる可能性が高いので、この点だけ理解しておくようにして下さい。 後は返済可能で収入安定しているようであれば、本人の収入なしでも配偶者の収入次第で引き続きキャッシングを利用していけるんじゃないでしょうか? 主婦でお金が要る時は消費者金融? 銀行カードローン? どっちがいい? 主婦がお金を借りたいと思っているけれど、カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンがあって、どちらで借りればいいか迷っている。 そんな主婦がいるんでしたら、配偶者でお金を借りる専業主婦かパートで収入がある主婦かによって、お金が借りれる金融機関が変わってくるので、自分の属性をよく確認しておいて下さい。 つまり収入なしの主婦なのか収入有の主婦なのかでお金が借りれるキャッシングも変わってくるので、自分が収入がなしでお金を借りたい場合とかでしたら、消費者金融には総量規制があるのでお金が借りれないと思うので、総量規制なしでお金が借りれる銀行カードローンでお金を借りるべきだったりするでしょう。 いやいや自分はパートをしているから収入ならあるって場合でしたら、キャッシング審査が銀行より甘くて即日借りたいとか5万円借りたいとかであれば、すぐにお金が借りれる金融機関として消費者金融のカードローン会社はおすすめだと思いました。 こんな風にお金が借りれる金融機関も自分の本人の情報次第で変わってくるので、もしも主婦でお金が借りたいと思う人がいましたら、自分が収入がある主婦なのかどうか、まずはそこから考えて申し込みや借入先を決めるようにしておきましょう。 ちなみに消費者金融で専業主婦が借りたい場合、一応銀行カードローン同様キャッシングは可能でしたけれど、配偶者の収入だけでなく、同意書も必要となって書類が増えてしまうので、ある意味銀行カードローンに比べて自由のきかないキャッシングとなってしまうみたいでした。 よって専業主婦で自由にお金を借りたいのであれば、収入証明書や住民票などですぐに同意書なしでお金が借りれる銀行カードローンがおすすめだったりするでしょう。 というか、審査条件の甘い消費者金融カードローンと思っていたら、思わぬ所でお金が借りれないものだったりするので、ちゃんと自分と相性の良いキャッシングを選ぶようにして下さい。 ですので、専業主婦がお金を借りるのであれば銀行カードローンがおすすめ、又パートをしている主婦であれば、即日借りたいとかでしたら消費者金融が審査に通りやすいものだったりするでしょうから、自分の属性に合わせて借入検討してみて下さい。 但し消費者金融でお金が借りれる収入有の主婦でも、総量規制でお金が借りれない時もあるかもしれませんから、こういう時は総量規制なしでお金が借りれるみずほ銀行カードローンとか新生銀行カードローンレイクなどでお金を借りておくべきだったりするでしょう。 総量規制オーバーであれば、きっと限度額ぎりぎりまでお金を借りている可能性もありますから、こんな時は銀行カードローンでキャッシングしておいた方が無難だったりするでしょう。 まあ、審査に通るか通らないかは100%絶対とは言えないのですが、自分が事故とか特になければ、返済可能の人であれば、貸付自体はそんなに難しい事ではないと思うので、新生銀行カードローンレイク、みずほ銀行カードローンなど大手銀行でお金が借りれる可能性は高いんじゃないでしょうか? 但し銀行カードローンは審査が遅いので、いくら消費者金融よりお金が借りやすいと専業主婦が言っていても、パートの主婦であれば即日借りたいとかであれば、やっぱり消費者金融のキャッシングが恋しくなる人もいるかもしれませんでしたから、収入がある配偶者貸付を希望としない主婦であれば消費者金融が一番でしょう。 何故なら銀行カードローンって確実にお金が借りれる可能性はあるけれど、その分審査スピードとか融資スピードが遅いので、即日借りたい5万円借りたいとかであれば、どうしても消費者金融のキャッシングの方が良かったりするでしょうから、総量規制とかクリア可能であれば、収入がある主婦でしたら絶対に消費者金融のキャッシングで申し込みしておきたい所でしたからね。 勿論配偶者貸付とかであれば、絶対に銀行カードローンの方が同意書も要らないし専業主婦でもお金が借りやすいキャッシングでしたから、何より銀行カードローンが一番だと思いましたけれどね・・・。

次の

どうしてもお金が必要な時に隙間時間で荒稼ぎする方法

どうしても お金 が 必要

Q カテ違いでしたらすみません。 4月から新社会人になった23歳です。 入院保険くらいは入った方がいいのかなあ&何だか「掛け捨てがいい」という話をチラホラ聞くなあ と言うことで、全労災にパンフレットを請求しました。 それを読んで知ったのですが、全労災の医療共済は、満期金付タイプと言うのがあるのですね。 掛け捨てタイプの金額に4845円を上積むと、5年後に30万円が返ってくるのです。 唯一考えられるデメリットとして、「全労災が破綻した場合、原本が保証されない」というのが挙げられますが、そのような可能性はあまり高くないように思います。 そう考えると、利率も(まあ外貨預金のように上を見ればキリがないのでしょうが)少なくとも定期預金よりは遥かにいいですし、面倒な手続き等もないみたいだし、なかなか魅力的なように思えるのです。 うまい話にはウラがあるように思えるのですが、この満期金付き共済というのは、お得な商品と言えるのでしょうか? どなたか教えてください。 よろしくお願いします。 カテ違いでしたらすみません。 4月から新社会人になった23歳です。 入院保険くらいは入った方がいいのかなあ&何だか「掛け捨てがいい」という話をチラホラ聞くなあ と言うことで、全労災にパンフレットを請求しました。 それを読んで知ったのですが、全労災の医療共済は、満期金付タイプと言うのがあるのですね。 掛け捨てタイプの金額に4845円を上積むと、5年後に30万円が返ってくるのです。 唯一考え... A ベストアンサー 全然大丈夫ですよ^^ 確かにうまい話には・・・という説はありますが この保険んに関しては全然問題ありません。 全労済は特に他の保険会社などと比べても 安定していますし、厚生労働省のおひざもとの 保険会社なので信用度は100%です。 銀行に預けるより保険に入りながら ちょっとした貯蓄を・・・という人もいます。 そして、全労済は毎年10月に配当金 というものを契約者全員に出します。 金額はそんなに高くありませんが 医療共済の場合は300円程度です。 この配当金は積み立て方式で 5年後の満期にお支払いするという形です。 ですので5年後1500円程度プラスで かえってきます。 あえてデメリットといえば 出資金として、1000円払わなくてはいけない という点でしょうか。 でも、この出資金も保険を解約した時には 戻ってきますので、そこまで問題ではありません。 全然問題なくお得な商品だといえます。 もし、全労済が心配なら お近くの生協やJAなどでも 同じような商品があると思います。 大丈夫!!です。 全然大丈夫ですよ^^ 確かにうまい話には・・・という説はありますが この保険んに関しては全然問題ありません。 全労済は特に他の保険会社などと比べても 安定していますし、厚生労働省のおひざもとの 保険会社なので信用度は100%です。 銀行に預けるより保険に入りながら ちょっとした貯蓄を・・・という人もいます。 そして、全労済は毎年10月に配当金 というものを契約者全員に出します。 金額はそんなに高くありませんが 医療共済の場合は300円程度です。 この配当金は積み立て方式... Q お世話になります。 やっと、子供の足の骨折が治り、保険金もおり 安心していました。 ところが、今度は、体育の授業中に腰椎の一部を骨折してしまい また、通院が始まりました。 通院といっても、週に1度位しか通っていません。 「とにかくコルセットをして安静にするしかない」というので 様子を見ているだけです。 今回は医療費も大した事無い額なので、保険に頼らなくても 大丈夫なんですが、場所が場所だけに(背骨) 後で、後遺症が出た場合の為に 保険会社へとりあえず、報告した方がよいのでしょうか? 面倒なので、放っておこうかとも、思いましたが 万が一、後遺症がでた時、保険が降りなかったら 怖いなぁ・・・と不安です。 後遺症が出てから報告というのは通用しないのでしょうか? 前回の保険がおりたばかりで、また請求っていうのも 気がひけますし・・・ こういう場合どうすれば、良いのでしょうか? A ベストアンサー まず、お手数ですがお手元の約款をご確認いただくとよいと思います。 通院特約は、大体の場合ある程度の期間の入院がありはじめて認められるものですが、傷害に対応した一日の通院からOKのものもありますので、証書の内容を一度ご確認ください。 入院特約を前提とした通院特約であれば、所定の入院日数を満たしてないと支払われないものもあります。 傷害に対応した損保タイプの特約が付加されていれば問題なく保険金は出ますし、入院特約の種類によっては、コルセット、ギプス装着期間は入院として扱うものもあります。 後遺症が出てから請求、であっても、そもそもその後遺症が発生する要因となった事故が保険契約後のものであれば、問題なく保険金はでますので、面倒くさいと言うことであればもちろん放っておいてもかまいません。 ただし、2年以上さかのぼっての請求は出来なかった(その場合でも一筆、たとえば「このような場合に出るとは知らなかった」などを書けば支払われるケースもありますが)と思いますので、とにかく一度問い合わせてみることをお勧めします。 もともと保険というのはこんな時のために掛金を払っていただいているものですから、ここは堂々と請求されればよろしいと思います。 保険会社も、解約などは悲しがりますが、保険金の請求は当然の仕事ですので問題なく処理をいたしますので。 まず、お手数ですがお手元の約款をご確認いただくとよいと思います。 通院特約は、大体の場合ある程度の期間の入院がありはじめて認められるものですが、傷害に対応した一日の通院からOKのものもありますので、証書の内容を一度ご確認ください。 入院特約を前提とした通院特約であれば、所定の入院日数を満たしてないと支払われないものもあります。 傷害に対応した損保タイプの特約が付加されていれば問題なく保険金は出ますし、入院特約の種類によっては、コルセット、ギプス装着期間は入院として扱うもの...

次の

お金を借りる最終手段!どうしてもお金が必要な時の対策

どうしても お金 が 必要

Q カテ違いでしたらすみません。 4月から新社会人になった23歳です。 入院保険くらいは入った方がいいのかなあ&何だか「掛け捨てがいい」という話をチラホラ聞くなあ と言うことで、全労災にパンフレットを請求しました。 それを読んで知ったのですが、全労災の医療共済は、満期金付タイプと言うのがあるのですね。 掛け捨てタイプの金額に4845円を上積むと、5年後に30万円が返ってくるのです。 唯一考えられるデメリットとして、「全労災が破綻した場合、原本が保証されない」というのが挙げられますが、そのような可能性はあまり高くないように思います。 そう考えると、利率も(まあ外貨預金のように上を見ればキリがないのでしょうが)少なくとも定期預金よりは遥かにいいですし、面倒な手続き等もないみたいだし、なかなか魅力的なように思えるのです。 うまい話にはウラがあるように思えるのですが、この満期金付き共済というのは、お得な商品と言えるのでしょうか? どなたか教えてください。 よろしくお願いします。 カテ違いでしたらすみません。 4月から新社会人になった23歳です。 入院保険くらいは入った方がいいのかなあ&何だか「掛け捨てがいい」という話をチラホラ聞くなあ と言うことで、全労災にパンフレットを請求しました。 それを読んで知ったのですが、全労災の医療共済は、満期金付タイプと言うのがあるのですね。 掛け捨てタイプの金額に4845円を上積むと、5年後に30万円が返ってくるのです。 唯一考え... A ベストアンサー 全然大丈夫ですよ^^ 確かにうまい話には・・・という説はありますが この保険んに関しては全然問題ありません。 全労済は特に他の保険会社などと比べても 安定していますし、厚生労働省のおひざもとの 保険会社なので信用度は100%です。 銀行に預けるより保険に入りながら ちょっとした貯蓄を・・・という人もいます。 そして、全労済は毎年10月に配当金 というものを契約者全員に出します。 金額はそんなに高くありませんが 医療共済の場合は300円程度です。 この配当金は積み立て方式で 5年後の満期にお支払いするという形です。 ですので5年後1500円程度プラスで かえってきます。 あえてデメリットといえば 出資金として、1000円払わなくてはいけない という点でしょうか。 でも、この出資金も保険を解約した時には 戻ってきますので、そこまで問題ではありません。 全然問題なくお得な商品だといえます。 もし、全労済が心配なら お近くの生協やJAなどでも 同じような商品があると思います。 大丈夫!!です。 全然大丈夫ですよ^^ 確かにうまい話には・・・という説はありますが この保険んに関しては全然問題ありません。 全労済は特に他の保険会社などと比べても 安定していますし、厚生労働省のおひざもとの 保険会社なので信用度は100%です。 銀行に預けるより保険に入りながら ちょっとした貯蓄を・・・という人もいます。 そして、全労済は毎年10月に配当金 というものを契約者全員に出します。 金額はそんなに高くありませんが 医療共済の場合は300円程度です。 この配当金は積み立て方式... Q お世話になります。 やっと、子供の足の骨折が治り、保険金もおり 安心していました。 ところが、今度は、体育の授業中に腰椎の一部を骨折してしまい また、通院が始まりました。 通院といっても、週に1度位しか通っていません。 「とにかくコルセットをして安静にするしかない」というので 様子を見ているだけです。 今回は医療費も大した事無い額なので、保険に頼らなくても 大丈夫なんですが、場所が場所だけに(背骨) 後で、後遺症が出た場合の為に 保険会社へとりあえず、報告した方がよいのでしょうか? 面倒なので、放っておこうかとも、思いましたが 万が一、後遺症がでた時、保険が降りなかったら 怖いなぁ・・・と不安です。 後遺症が出てから報告というのは通用しないのでしょうか? 前回の保険がおりたばかりで、また請求っていうのも 気がひけますし・・・ こういう場合どうすれば、良いのでしょうか? A ベストアンサー まず、お手数ですがお手元の約款をご確認いただくとよいと思います。 通院特約は、大体の場合ある程度の期間の入院がありはじめて認められるものですが、傷害に対応した一日の通院からOKのものもありますので、証書の内容を一度ご確認ください。 入院特約を前提とした通院特約であれば、所定の入院日数を満たしてないと支払われないものもあります。 傷害に対応した損保タイプの特約が付加されていれば問題なく保険金は出ますし、入院特約の種類によっては、コルセット、ギプス装着期間は入院として扱うものもあります。 後遺症が出てから請求、であっても、そもそもその後遺症が発生する要因となった事故が保険契約後のものであれば、問題なく保険金はでますので、面倒くさいと言うことであればもちろん放っておいてもかまいません。 ただし、2年以上さかのぼっての請求は出来なかった(その場合でも一筆、たとえば「このような場合に出るとは知らなかった」などを書けば支払われるケースもありますが)と思いますので、とにかく一度問い合わせてみることをお勧めします。 もともと保険というのはこんな時のために掛金を払っていただいているものですから、ここは堂々と請求されればよろしいと思います。 保険会社も、解約などは悲しがりますが、保険金の請求は当然の仕事ですので問題なく処理をいたしますので。 まず、お手数ですがお手元の約款をご確認いただくとよいと思います。 通院特約は、大体の場合ある程度の期間の入院がありはじめて認められるものですが、傷害に対応した一日の通院からOKのものもありますので、証書の内容を一度ご確認ください。 入院特約を前提とした通院特約であれば、所定の入院日数を満たしてないと支払われないものもあります。 傷害に対応した損保タイプの特約が付加されていれば問題なく保険金は出ますし、入院特約の種類によっては、コルセット、ギプス装着期間は入院として扱うもの...

次の