エクセル 矢印 キー セル 移動。 Excel 矢印キーでセルの移動ができない

エクセルで、セルにカッコ「()」を入力してから、カッコの中に文字...

エクセル 矢印 キー セル 移動

矢印キーを押してもセルが動かないときの解決策 まず、キーボード上にある「 ScrollLock」 ボタンを押してみてください。 そのあとにもう一度矢印キーを押すとどうなりますか?動きますね!!! はい、解決!早い!(笑) キーボードの種類によっては、「 Scroll Lk」「 Scr Lk」の場合もありあす。 「ScrollLock」の意味や、カーソルが動かなくなった原因はこれから細かくご紹介しますね。 スポンサーリンク 「ScrollLock」キーとは その名の通り、 スクロールロック。 その動かす役割を「スクロール」。 この「スクロール」を「ロック」するので、アクティブセルが動かなくなる仕組みです。 なぜ突然セルが動かなくなった? 理由はいくつか考えられますが、ほとんどの理由は2点。 どうしようもない。 ショートカットキー「Ctrl」+「C」で保存をすることができるのですが、 「Ctrl」キーのそばにある「Fn(ファンクション)」キーを間違えて押してしまうんです。 ですので、直前に「Fn」+「S」を押していなくても、 Excelファイルを開いた瞬間ロックがかかってる…なんてことはあり得ます。 スポンサーリンク 「ScrollLock」キーがある場所 キーボードの右上にあります。 「PrintScreen」「ScrollLock」「Pause」の順に並んでいる事がほとんど。 「F12」キーの右にあることも多いですね。 「ScrollLock]キーのショートカットキー 「Fn」キー+「C」キー同時押し。 これでスクロールロックのON/OFFを切り替えられます。 「 ScrollLock」キーが見当たらない方はショートカットキーを使ってオンオフを切り替えればOKです。 前述しましたが、「Ctrl」キー+「S」キー同時押しと間違えないようにご注意ください。 Excelで「ScrollLock」がかかっているかどうかを確認する方法 Excel エクセル では、 画面の左下(ステータスバーの左端)に「SCROLLLOCK」と表示されます。 表示されている状態であればスクロールロックはONになっている状態で、矢印キーを押してもアクティブセルが動かなくなります。 そのため、 矢印キーを押してもカーソルが動かなくなった場合は、まずExcel エクセル の画面左下を確認してみましょう。 「ScrollLock]キーを活用するのってどんなとき? まず、「 Scroll Lock」キーはWindowsパソコンのキーボードに用意されています。 ランプまで付いているので重要そうに見えますが、実はほとんど使われていないボタンなんです。 完全に昔の名残だけで残ったキーで、現在では、ほとんど役に立たない、言わば ムダなボタンなのです。 そんな無駄なボタンですが、Excel エクセル では対応しています。 「Scroll Lock」キーをロックすると、アクティブセルの位置は固定され、シートだけがスクロールするようになります。 実はマウスホイールを回転させたときと同じ動きをするのです。 矢印キーを押してページを下に下げるよりも、「ScrollLock」キーを押してページを下に下げるほうが楽で早いのです。 (ま、「PageDown」使った方がもっと早いのですが。

次の

セルの操作方法:Excel基本講座

エクセル 矢印 キー セル 移動

セルの操作方法:Excel基本講座 |||セルの操作• スポンサードリンク• 入力するセルにマウスポインタを合わせてクリックします。 黒枠で強調表示されているセルがアクティブセルです。 右の列に移動 [Tab]キー• 下の行に移動 [Enter]キー• 逆方向へは [Shift]キー を押しながら、それぞれのキーを押します。 カーソルキー[矢印キー]でも操作できます。• 離れたセルに移動する場合はマウスやショートカットキーを使います。 [ファイル]タブをクリックして。 バックステージビューで[オプション]を選択します。 [詳細設定]を選択し、[Enterを押したら、セルを移動する]にチェックを入れます。 [方向]を『右』に変更します。 上記と同じところで設定します。 「詳細設定」を選択して、編集設定で「Enterを押したら、セルを移動する」にチェックを入れます。 ダブルクリックで移動する方法:入力済みの一番端のセルへ移動します。 アクティブセルの枠線をダブルクリックします。 (マウスポインタの形状に注意してください)• 上の枠線:一番上のセル(D1セル• 左の枠線:左端のセル(A6セル• 下の枠線:一番下のセル(D12セル• 右の枠線:右端のセル(G6セル ショートカットキーを使う方法• データ範囲内での移動です。 データがないシートでは )の最大値に移動します。 移動したいセル番地を名前ボックスに入力し[Enter]キーを押します。 C10セルをアクティブにする例です。 C4:B8のようにセル範囲を入力すると、その範囲の左上のセルがアクティブな状態で選択できます。 横方向 列方向 への連続して効率よく、キーボードで入力する方法 横方向のセルへの入力は[Tab]キーを使います。 [Enter] キーを押すと、最初に[Tab]キーで移動したセルの下に移動します。 【操作例】• G2セルで[Enter] キーを押すとC3セルへ移動します。 選択範囲内への入力方法• 入力セルをあらかじめ選択しておくと、選択範囲内を【Enter】キーまたは【Tab】キーで移動できます。 行方向への入力• [Enter]キーを押すと、次の列の先頭 D2セル へ移動します。 この動作を繰り返して入力することができます。 列方向への入力• [Enter]キーを押すと、選択している範囲の次の行の先頭 C3セル に移動します。 この操作の繰り返しになります。 入力を順番に行う• 入力するセルが固定で、その順番で入力するには「名前の定義」を利用します。 【設定例】• 下図のように 1 〜 6 の順番で入力したいとします。 2 から順に 6 までを選択し、 最後に 1 のセルを選択します。 2つ目以降のセルは[Ctrl]キーを押しながら選択します。 名前ボックスに「入力順」と入力し、選択範囲に名前を定義します。 「名前ボックス」で『入力順』を選択すると、名前を定義した範囲が選択された状態になります。 この状態で、 [Enter]キーを押すと、 1 〜 6 へと順番にアクティブセルが移動していきます。 参考までに、『入力順』の参照範囲には選択したセルが順番に記述されているのが分かります。 「数学」タブの定義された名前グループの[名前の管理]で確認できます 画面内の範囲選択• マウス操作• マウスポインタが白十字の状態でセル範囲をドラッグして選択します。 左上隅は白くなっていますが、このセルも選択されています。 この白いセルが選択開始のセル アクティブセル であることを示します。 注 何か入力するとこの白いセルに入力されます。 キーボード操作• 選択範囲が広い場合:特に一画面に表示されていない部分までの選択時に効果あり!• 選択範囲の左上のセル 1 のセルをクリックします 最終のセル 選択範囲の右下のセル を [Shift] キーを押しながら 2 のセルをクリックします。 離れた範囲の選択• マウス操作• 1箇所目は通常通りドラッグします。 2箇所目以降は[Ctrl]キーを押しながらドラッグします。 キーボード操作• [Shift]キーとカーソルキーでセル範囲を選択します。 ステータスバーに[ADD]と表示されます。 列の選択• マウス操作• 列番号上でマウスポインタが 下向きの黒矢印の状態で行います。 列番号をクリックまたはドラッグします。 離れた範囲は、2箇所目から[Ctrl]キーを押しながら選択します。 【複数列の選択例】• そのまま列番号「F」までドラッグします。 キーボード操作• 選択したい開始列のセルをアクティブにします• 【複数列の選択例】C列〜E列を選択する例です。 C列のセルならどこでも良い• 行の選択• マウス操作• 行番号上でマウスポインタが 右向きの黒矢印の状態で行います。 行番号をクリックまたはドラッグします。 離れた範囲は、2箇所目から[Ctrl]キーを押しながら選択します。 【複数列の選択例】• そのまま行番号「7」までドラッグします。 キーボード操作• 選択したい開始行のセルをアクティブにします• 【複数行の選択例】3行〜7行を選択する例。 3行目のセルならどこでも良いです• シート全体の選択• マウス操作• 列番号[A]の左、行番号[1]の上をクリックすると、シート全体を選択できます。 なお、この部分は「全セル選択」ボタンと呼ばれています。• 解除はどこかのセルをクリックして選択します。 キーボード操作• 全てのシートを選択する• シート見出しを右クリックして、メニューの「すべてのシートを選択」をクリックします。 選択を解除するには、アクティブなシート以外のシート見出しをクリックします。 アクティブなシート見出しは上のラインがないので区別できます。 下図ではSheet2がアクティブになっています。 よって、Sheet3のシート見出しをクリックするとSheet3のみがアクティブになります。 シート見出しの最左のシート見出しをクリックし、最右端のシート見出しを[Shift]キーを押しながら選択します。 【解除】• いずれかのシート見出しをクリックします。 マウスでの操作方法• 列番号の右境界線上にマウスポインタを重ねます。 下図の形状で ドラッグしてセル幅を広げます。 入力された文字幅に自動調整したい時は、 ダブルクリック します。 列内の最も長い文字列に合わせて調整されます。 メニューバーからの操作方法• 変更する列内のセルをクリックします。 列幅を入力します 単位は文字数。 複数の列幅を一度に変更する。 変更する列を選択します 離れた列は[Ctrl] キーを押しながら選択。 選択した列番号の 右境界線上の1ヶ所をドラッグすると、選択した列全てが同じ幅に変更されます。 (マウスポインタを重ねるのは選択した列の右側の境界上です。 マウスでの操作方法• マウスポインタを高さを変える セル行番号の下側境界に合わせます。 下図の形状になったらドラッグして高さを変更します。 メニューからの操作方法• 変更する行内のセルをアクティブにします。 (クリックします。 行の高さを入力します 単位はピクセルです。 複数の行の高さを一度に変更する。 変更する行を複数選択します。 行3:4を選択します。 [Ctrl]キーを押した状態で、行6を選択します。• 選択した行番号の 下境界線上でドラッグして、行高さを広げます。 選択した行がすべて同じ高さに変更されます。 メニューバーからの操作方法• 挿入したい位置のセルをクリックします。 [ホーム]タブのセルグループにある[挿入]ボタンの下半分をクリックするとメニュが表示されます。 [セルの挿入]、[シートの行を挿入]、[シートの列を挿入]を選択します。 [行]は選択しているセルの上に、[列]は左に挿入されます。 なお、セルの挿入は挿入ボタンの上半分をクリックすると直接実行できます。 [セル]を選択した場合には周囲のセルをどちらに動かすかを指定します。 キーボードでの操作• 挿入したい位置のセルを選択します。 [セル]を選択した場合には周囲のセルをどちらに動かすかを指定します。 リボンからの操作方法• [ホーム]タブのセルグループにある[削除]ボタンから選択します。 [セル]の削除の場合には、周囲のセルをどちらに動かすか方向を指定します。 キーボードでの操作方法• [セル]の削除の場合には、周囲のセルをどちらに動かすか方向を指定します。 コピー• メニューバーからの操作方法• コピー元を選択し[ホーム]タブの[コピー]を選択します。 コピー先を選択して[ホーム]タブの[貼付け]をクリックして「貼り付ける形式」を選択します。 操作後、コピー元で点滅する波線を消すには[Esc]キーを押します。 マウスでの操作方法• コピー元を選択し、[Ctrl]キーを押しながらコピー先までドラッグします。 マウスポインタが矢印に+が付いたものに変わります。 キーボードでの操作方法• 操作後、コピー元で点滅する波線を消すには[Esc]キーを押します。 メニューバーからの操作方法• 操作後、コピー元で点滅する波線を消すには[Esc]キーを押します。 マウスでの操作方法• コピー元を選択し、移動先までドラッグします。 キーボードでの操作方法• 操作後、コピー元で点滅する波線を消すには[Esc]キーを押します。 マウスでの操作方法• 挿入 移動 するセル範囲を選択します。 [Shift]キーを押しながらドラッグし、下図のような状態にします。 既に入力済みのリスト内へ挿入 移動 できます。 E列とF列が入れ替わりました。 キーボードでの操作方法• 既に入力済みのリスト内へ挿入 移動 できます。

次の

エクセルでカーソルが動きません。

エクセル 矢印 キー セル 移動

ノートPCはマウスを使ってスクロールロックを解除する もし、ノートPCを使っている場合は、 『スクロールロック』キーがわからなくても、Windowsの 『スクリーンキーボード』を使えば、確実に『スクロールロック状態』を解除できます。 OSにあった、『スクリーンキーボード』の表示手順を試してください。 Windows7の『スクリーンキーボード』でスクロールロック状態を解除 まずは、Windowsのスタートキーを押します。 続いて、『すべてのプログラム』をクリック。 『アクセサリー』をクリック。 すると、スクリーンキーボードが表示されます(表示までちょっと時間がかかるかも) 『ScrLk』のキーが白く反転していると『スクロールロック』状態なので、このキーを押してロック状態を解除してください。 Windows8. 1の『スクリーンキーボード』でスクロールロック状態を解除 Windows8. 1の場合はデスクトップ画面からスクリーンキーボードを表示させます。 スタートボタンをクリック。 『デスクトップ』をクリック。 画面の右側の方にスクロールさせると、『スクリーンキーボード』のアイコンがあるので、アイコンをクリック。 すると、『スクリーンキーボード』が表示されます。 『Scr Lk』が白く反転していると『 スクロールロック』状態なので、『ScrLk』を押してロック状態を解除します。 Windows10の『スクリーンキーボード』でスクロールロック状態を解除 Windows10には一発で 『スクリーンキーボード』を表示させるショートカットキーがあります。 ショートカットキー:『Windowsキー』+『CTRL』+『O』(オー) ショートカットキー以外で『スクリーンキーボード』を表示させるはこちら。 Windowsのスタートキーをクリックし、『Windows簡単操作』から『スクリーンキーボード』をクリック。 スクリーンキーボードが表示されます。 Windows10の場合は 『ScrLk』が青く反転していると『スクロールロック』状態です。 ノートPCの『スクロールロック』キーはどれ? ノートPCの場合は、メーカーごとに『スクロールロックキー』が異なるため、メーカーのマニュアルで、どのキーが『スクロールロック』キーに割り当てられているか確認してください。 参考までに、HP、Dell、 LENOVO、NECのノートPCに割り当てられている、一般的な『スクロールロック』キーは次の通りです。

次の