あすか な 購買 部。 あすか製薬について

店舗のご案内|あすか信用組合/ASUKA CREDIT COOPERATIVE

あすか な 購買 部

おすすめ順• 880円 税80円• 660円 税60円• 880円 税80円• 880円 税80円• 880円 税80円• 880円 税80円• 385円 税35円• 1,320円 税120円• 220円 税20円• 880円 税80円• 880円 税80円• 880円 税80円• 880円 税80円• 1,320円 税120円• 3,300円 税300円• 385円 税35円• 495円 税45円• 660円 税60円• 440円 税40円• 330円 税30円• 550円 税50円• 330円 税30円• 330円 税30円• 1,650円 税150円.

次の

ジンギスカンのジンくん

あすか な 購買 部

こんにちは、コロスケです。 今日は、今日は出世というテーマを取り上げてみます。 僕は10年間メーカーの資材部にいますが、「人事」という言葉はホントに蠱惑的ですよね。 人事異動の季節になると、みんな「今年は誰が異動するのか?」「上司は変わるのか?」などみんなソワソワし始めます。 そして、みんな公示前の情報を色々な手段で手に入れようとします。 この時期は人事情報を持っている人は、情報通として重宝されます。 このようなアンダーグラウンドの情報網によって大抵の人事異動は公示前に公然の秘密となります。 1,2週間待てばオープンになるんですけどね。 今日は資材部門で10年働いた経験を踏まえて、「資材部で出世する人はどういう人か」そして、「そもそも資材部門は出世が望める部署なのか」という2つのテーマについてまとめます。 皆さんの資材部門に関する出世の疑問を解決していきます。 ・社内外との強い人脈を持っている人 ・調和型より命令指示型 ・運が良い人 前提条件として、 仕事が出来る人が出世します。 これは誰もが納得いく前提ですね。 ただ仕事が出来る人は世の中に沢山います。 同じレベルで仕事が出来る人が二人いた場合、どちらがより出世し易いかというのを僕の経験からまとめると上記3つになります。 一つずつ解説していきます。 社内外との強い人脈を持っている人 まずメーカーの資材部員は、営業の売り上げのように定量的で一律の評価基準はありません。 資材部門にも原価低減(いくら安く買ったか)などの指標はありますが、同じものを買う訳ではないので、一律の評価は出来ません。 その結果、資材部員は日々の事務処理の正確さ/素早さ、納期問題発生時の対応、取引先との交渉能力など、数値に表れない部分で評価されることが多いです。 (詳しくは以下記事参照して下さい) ですので、資材部員の出世は周りから聞いた評判に大きく左右されます。 (他の部署もそうかもしれませんが) 具体的にAさん、Bさんのどちらを出世させるか決めるとしましょう。 人事を決めるのは「人事部門」や「本社の偉い人」ですが、その人は直接Aさん、Bさんと面識が無いケースがあります。 売り上げなど定量的成果が無いことから、「あの人は仕事出来るの?」といった周りからの評判が評価項目の一つとなります。 もちろん直接的にはAさんBさんの直属の上長などの評価を踏まえて決めるものですが、その評価も「頑張っています」「沢山の業務をこなしています」など定性的なものになりがちです。 人事決定者は、これら定性的な情報を総合的に判断して決める訳ですから、「強い人脈」を持っている人の方が出世する確率は上がります(もちろん両方同じくらいの仕事が出来る場合です)。 社内の人脈は分かったけど、社外の人脈も大事なの? 社外=取引先からの情報も侮れません。 取引先の人は、窓口の資材部員は仕事が出来るかどうかは身をもって分かっています。 取引先の人の人脈も広いので、取引先経由で偉い人に情報が入る可能性はあります。 噂って怖いですね。 まとめると、資材は定性的な部分で評価されるので、社内外の人脈が出世に影響を与えます。 (良い意味でも悪い意味でも)。 そして、強い人脈を持っている人は出世しやすくなります。 えてしてこういう人脈は、仕事とは直接関係が無い飲み会、ゴルフ、タバコなどで形成されるものです。 飲み会を断り、タバコもゴルフもやらない僕は出世できなそうですねw 調和型より命令指示型 これは会社の風土によっても変わると思いますが、調和型より命令指示型の人の方が経験的に出世するケースが多いです。 ちなみに僕自身が上司に迎えるなら、「無能な調和型>>>>>無能な指示命令型」推しです。 みんなで支えていけばちゃんと組織は回りますからね。 めちゃくちゃな指示が飛び交うと現場が混乱しますので、現場を預かる身としては無能な指示命令型 だけは勘弁です。 まとめると、良いか悪いかは別にして、指示命令型の人の方が出世しやすい傾向にあります。 運が良い人 仕事が出来るか、人脈あるかなど色々語りましたが、最後は運が良い人が出世します。 どんなに仕事が出来る人でも周りにそれ以上のスーパーマンがいたら、スーパーマンが先に出世します。 逆に出世はまだ先と思われた人が、前任の急な退職・病気で急に出世するケースもありました。 結局、今いるもしくは今後行く職場にライバルがいるのかどうかがポイントです。 こればかりは自分では決められません。 ・技術部門、営業部門、経理部門等と競合するポストを狙う場合の資材の優位性 ・資材部員は資材部門のトップを狙えるのか まず他部門と競合するポスト、つまり社長とかですね。 これは会社の風土で異なりますが、一般的には、資材部門は社長が望めない部署だと思います。 製造メーカーでは圧倒的に技術者が優位です。 モノ作りの源泉は技術ということを考えると当然だと思います。 他には、人事権を握る人事部門や経営指標を司る経理部門、売り上げの源泉となる営業部門も社長になるケースは多いです。 一応資材部門から社長になる会社もありますが少数です(日産の現社長は購買畑のようです)。 次に資材部員は資材部門のトップを狙えるのか?ですが、これは他の部門出身の人が資材のトップになるかどうかということです。 これは完全に会社の風土によりますが、他部門出身の人が資材部のトップになるケースはあると思います。 気になる方は、今の資材部門のトップがどの部門出身かを調べれば、風土は簡単にわかります。 まとめると、 資材部門は社長になれる可能性は低いです。 どうしても社長になりたい人は他の道をオススメします。 ただそういうことを書くと資材部を目指す人がいなくなってしまいそうなので、一応資材部のやりがいについてもご紹介します。 (社長にならなくてもやりがいはありますよ).

次の

ちょっと気になる!?高校の購買部で働きたい場合どうすればいい?|マイナビパートTIMES

あすか な 購買 部

製造業であれば、 材料、原料、設備等々の購入を技術部門から受けた場合、値段交渉などを行なって、なるべく自社が有利な条件で購入できるようにする仕事になると思います。 事務用備品なども扱う場合もありますが、それはメインではありません。 製造業というのは、製品コストに占める購入品の割合が大きい場合が多く、赤字になるか黒字になるかの鍵を握っているのは、購買部の人たちの手腕であるとも言えます。 購買部の人達は、購入先の会社概要、事情、さらに担当営業マンの名前、好み等々、色々なことを熟知しており、ギブ&テイクの手法で「この前ああしてあげたから、今度はこうしてよ」的に交渉を有利に進めたり、異なる自社の技術部門から要請が来た注文をまとめ買いするなど、様々なことをやって値段を下げたり、結構忙しいみたいです。 製造業以外のは、知りません。 A ベストアンサー 資材購買ということは、恐らく何らかの製品や部品を作っている企業でしょうね。 具体的な仕事は個々の企業によって多少は異なりますが、一般的には以下のような業務を行っています。 ・購入要求部門からの依頼により、取引先に見積要求をして、価格折衝を行う ・発注書の発行 ・納期調整 ・発注した部品の受け入れ、検収確認 ・請求書の受領(買掛金管理) ・新規取引先からの売り込みについて対応し、自社にメリットがあるかどうかの判断を行う 必要なスキルとしては、対外折衝能力(金額、納期)、社内折衝能力(納期調整、新技術の伝達)、幅広い知識(業界動向、新技術、競合他社動向)などです。 私自身は購買部門の経験は無いのですが、一番大変なのは、納期調整だと思います。 社内部門から、「いついつ迄に、この部品が必要なので手配して欲しい」という依頼で部品を発注するのですが、仕入先から突然「希望納期で納めることが出来なくなった」という連絡が入る場合があります。 部品が無ければ製品が作れませんし、自社の顧客にも迷惑を掛けることになります。 そこで購買部門として必要な事は、当初の希望納期に間に合わせるように依頼するのは当然ですが、それが無理な場合には、他の仕入先に振り替えるか、あるいは「いつなら納品できるか」を当初の仕入先に確認して、その結果を社内部門と情報共有して今後の方針を決定します。 今回の求人は「未経験者可能」との事なので、最初は先輩社員に仕事を教えてもらいながら、将来的には上記のような折衝を自力で出来るように成長することを期待されていると思います。 資材購買ということは、恐らく何らかの製品や部品を作っている企業でしょうね。 具体的な仕事は個々の企業によって多少は異なりますが、一般的には以下のような業務を行っています。 ・購入要求部門からの依頼により、取引先に見積要求をして、価格折衝を行う ・発注書の発行 ・納期調整 ・発注した部品の受け入れ、検収確認 ・請求書の受領(買掛金管理) ・新規取引先からの売り込みについて対応し、自社にメリットがあるかどうかの判断を行う 必要なスキルとしては、対外折衝能力... Q 意味合いは全て同じ(物を買う)ということは分かるのですが、厳密に言うと, それぞれどういう違いがあるのでしょうか。 自分なりの解釈(イメージ)では バイヤー、資材部、購買部、調達部 =全て物を買う(調達)こと それぞれ違いを説明した場合、 バイヤー:最終製品を購入する場合。 貿易関係、アパレル関係、小売業などが主に使われる 資材部:主に生産材(部品、道具など)、工場の設備 を購入する場合 購買部:最終製品、生産材また鉄鋼などの原材料など全てを含んだ物を購入する場合 調達部:購買部と同じ これは自分が思い込んでいることで、正しいことではありません。 ぜひともこの機会に皆様から正しい知識を教えて頂けますでしょうか。 よろしくお願いいたします。 Q 松下電器のインターン募集をみて、文系でも資材調達部に入れるということで、資材調達に興味を持ったのですが、本当に文系でも勤まるのですか? そもそも資材調達は生産管理とか絡んできて、理系っぽい感じがして不安になっております。 しかし、できるなら工場の現場に近い職種を現在探しております。 文系なりに、工場の人と一緒に働きたいです。 業界に詳しい方いらっしゃいましたら、具体的な仕事内容・経験等をお教え下さい。 また、少し気が早いのですが、資材調達部に入るに当たってどのような努力をすればよいでしょうか? 現在、簿記2級をやっている大学2年です 経済学部。 html A ベストアンサー やはり、資材調達部に入りたいと思う前に、どのような仕事かを知る必要が有るでしょうね。 会社組織によって多少の違いは有るでしょうが、基本的にはその工場で生産する製品に使用する部品、材料、半製品及び生産に必要な機材、材料などの購入です。 どのようなものを買うかは、設計部門等他の部門で決めますので、その規格に合った部品や材料を安く期限までに購入するのが仕事です。 具体的に言うと、メーカ選定や価格交渉、納期交渉が仕事です。 生産管理は、幅が広く、会社により範囲がかなり違うと思いますが、定義で言うと生産をするためのサポートする仕事です。 例えば、生産ラインを構築するとか、冷暖房管理、職場環境の管理、生産に必要な設備、機材の整備などなど。 Q 4月に主人が転勤となり、退職したのを機に派遣会社に登録しました。 そこで派遣会社の担当者から早速購買事務の仕事を紹介されました。 何の仕事かわからなかったので「購買事務って何をやるんですか?」って聞いたところ 「購買です」と一言だけでした。 「会社の備品とかを買うのでしょうか?」と質問をかえてみましたが 「部材の調達でしょうね」とあっさりとした回答が。。 「経験のない私にできますか?」と聞きましたら 「周りに聞いて覚えれば大丈夫です」と言われました。 不安になったので保留にさせてくださいと帰ってきました。 購買って何をやるのかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 ちなみに前職はPCインストラクタを10年しておりましたが 今回事務を希望したところ紹介されたものです。 10年も会社にいたのにあまり会社のしくみのことをよくわかっておらず お恥ずかしいのですがよろしくお願いします。 A ベストアンサー 現在某大手の購買部にて就業している者です。 誤解を恐れずごく簡単に言いますと、「お買物役」です。 A社から買って、B社へ納品。 その仲介役です。 A社が製品を作っている製造元の場合もありますし、商社であることもあります。 B社は他の会社の場合もありますし、自社の可能性もあります。 比較的規模の小さい購買ですと自社専用の購買として製造用の部材から筆記用具まで外部から調達する本当の「お買物役」のこともあります。 大きな購買ですと複雑な契約を締結したり、3社間での取引の仲介、また、外国を含む貿易取引も多々あります。 動かす金額も規模によって桁が違います。 さて、派遣での購買業務ですがおそらくPCでの簡単な書類作成・管理や取引先に電話やメールにて連絡をする程度のものだと思います。 規模や業種によって異なりますので単なる推測ですが普通に基礎的なPCスキルがあり、会社に勤めていた経験のある方でしたら問題なくこなせる内容だと思います。 基本的に内勤ですので良いと思います。 ただ、その対応を見ると派遣会社自体がいい加減な印象を受けますね。 派遣会社も色々ありますので良いところを選んで良い職に就かれてくださいね。 現在某大手の購買部にて就業している者です。 誤解を恐れずごく簡単に言いますと、「お買物役」です。 A社から買って、B社へ納品。 その仲介役です。 A社が製品を作っている製造元の場合もありますし、商社であることもあります。 B社は他の会社の場合もありますし、自社の可能性もあります。 比較的規模の小さい購買ですと自社専用の購買として製造用の部材から筆記用具まで外部から調達する本当の「お買物役」のこともあります。 大きな購買ですと複雑な契約を締結したり、3社間での取引の仲介、また、外... A ベストアンサー こんにちは。 現在メーカーで購買業務をしています。 購買とはいかに安く品質の高いモノやサービスを安全に買うか、を考えて実行する業務です。 取引交渉、社内ステークホルダーとのコミュニケーション、購買実績のデータ分析、契約書作成、サプライヤーマネジメント、リスクアセスメント、市場調査、購買ツールの管理・徹底… 等、日々の業務は結構多岐にわたってますよ。 コミュニケーション能力に優れ、データ加工や数字に強くて細かい人が向いていると思います。 また、契約書の細かい字を読んだり条項を作成する粘り強さも必要だと思います。 購買に力をいれている企業で有名なのはトヨタとかヒューレット・パッカードとか、またコミュニティトレードを推進しているボディショップとかでしょうか。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の