狂乱キモネコ。 【にゃんこ大戦争】狂乱のキモネコステージの攻略ポイントやオススメキャラを紹介!

にゃんこ大戦争 狂乱 攻略 キモネコ

狂乱キモネコ

こんにちは。 にゃんこ大戦争の極ムズステージとして 大狂乱があります。 これは超激ムズステージの狂乱シリーズの上位版となっていて、狂乱よりも難易度がかなり上がったものです。 これらのステージをクリアすることによって得られるものは、狂乱キャラクターの進化条件。 例えば狂乱のキモネコが大狂乱のムキあしネコに進化できるようになるのです。 しかしかなり難しい。 そこでこの記事ではそんな「 大狂乱のキモネコ 極ムズ」の攻略法を書いていきたいと思います! ちなみに超激レア無し編成でもプラス値をかなり増やせばクリアできるようです。 また、「 狂乱のキモネコ 超激ムズ」をクリアしていない方はそっちから片付けちゃいましょう! 目次• 極ムズ!大狂乱のキモネコ攻略 ではさっそくこのステージの攻略法を見ていきましょう! ちなみにステージの出現日は毎月 12日ですので忘れないようにしましょう。 「大狂乱のキモネコ」ステータス ボスである大狂乱のキモネコのステータスから見ていきましょう。 体力:300000• 攻撃力:9990• 射程:100 これに加えて波動を連発させますので射程は実質100どころではありません。 また、狂乱のキモネコよりかなり体力がアップしていますので余裕をぶっこかないようにしましょう! 編成キャラクター 編成キャラクターはできれば無課金パーティではなく超激レアを入れていってください。 そこで必須と言っても過言ではないのが 波動無効をもつキャラクターです。 具体的に名前を挙げるなら、• インフェルノ・アキラ• 憤怒の武神・前田慶次• 守護神アヌビス の3体ですね。 この中から必ず1体は編成に加えましょう。 あとは• ムキあしネコ• ネコジェンヌ• ネコムート などを入れると良いです。 上記でも少し言いましたが大狂乱のキモネコはひたすら波動攻撃をしてきます。 なのでこいつらがいないと相手の進撃を止めるのがかなり難しいです。 カベキャラは生産しても波動で一掃されるので編成に入れなくてもいいです。 [ad ad-2] 大狂乱のキモネコとの戦い方 できるだけ勝利の可能性を上げたいのなら ネコボンと スニャイパーは確実に使用しましょう。 金欠になって負けるパターンが多いステージなのでネコボンは非常に役立ちます。 そしてまずは最優先で波動無効キャラを生産します。 敵はいきなりボスを先頭にして攻めてきますので、カベキャラを生産してもほぼ無意味。 あとから生産スピードの早めなネコジェンヌなどを量産していくことで少しづつダメージを与えることができます。 最初だけに限らず、波動無効キャラは生産可能な状態になり次第どんどん出していきましょう! そういう意味でも2種類以上の波動無効を持っているとかなり安定してきます。 このステージはボスが1体だけではなく無限に沸いてくるので絶望感を喰らってしまうかもしれませんが、だいたい 10体以降は敵の生産スパンが長くなるのでそこまで凌げれば勝てる可能性が一気に高くなります。 なので勝負どころは序盤~中盤。 敵を止めることにだけを考えて戦いましょう。 攻略参考動画 攻略の助けになりそうな動画を貼っておきますので時間のあるときに見ておいてくださいね! 実戦を見た方が戦いのイメージが沸きますので。

次の

にゃんこ大戦争 狂乱 攻略 キモネコ

狂乱キモネコ

スポンサードリンク キモフェス 超激ムズの攻略情報徹底解説 戦闘開始直後から狂乱のキモネコが襲ってくるので、 ネコジャラミを 優先的に生産して対応します。 それに続いてネコ島、ネコキングドラゴンを生産。 理想の形としては、 常にネコジャラミが出続けていること。 ネコ島とネコキングドラゴンで攻撃を耐えつつ、 ネコジャラミを生産していくというような形です。 もしネコジャラミの生産が間に合わない場合は、 合間合間にカンフーにゃんこや ネコヴァルキリーを生産していきましょう。 ただ、このステージは序盤がキモ。 狂乱のキモネコの出現間隔が短いので、 複数体が重なることがあり非常に厄介です。 このような場面になったら、 攻撃陣を総生産し対応しましょう。 中盤くらいになると出現間隔がやや長くなるので、 そう焦ることもないと思いますが、 キャラを生産するタイミングを 意識するといいでしょう。 ネコジャラミを生産すると同時に ネコキングドラゴン、天空のネコ、ネコ島も生産する。 カンフーにゃんこを生産すると同時に ネコキングドラゴン、天空のネコ、ネコ島も生産する。 このように攻撃のメインキャラと一緒に 他のキャラも同時に生産することで 一気に攻撃を当てることができると感じました。 これをひたすら繰り返していけば、 時間はかかるもののクリアできると思います。 キモフェス 超激ムズのまとめ• 壁キャラは使えない• ネコジャラミを常に出せる状況をつくる• 序盤をしのげばなんとなる• ヴァルキリー、カンフーはまだまだ健在なり 狂乱のキモネコは 波動持ちとかなり厄介な敵となっております。 理想は波動を受けないように ネコジャラミが狂乱のキモネコまで 到達できればいいのですが なかなかそういう状況をつくるのは難しいです。 どうしてもネコジャラミが いなくなっている時間は押し込まれてしまうので そこをカンフー、ヴァルキリー、ネコ島で 食い止める感じでしたね。

次の

【にゃんこ大戦争】大狂乱のキモネコ降臨 ムキフェス 攻略

狂乱キモネコ

1ページ目:ネコビルダー、ネコカベ、ネコカーニバル、勇者ネコ、ネコドラゴン• 2ページ目:ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 比較的最前線に出ることが多いので、スニャイパーで押し返すことが可能。 拠点に迫られるのを遅らせるほか、後ろにいるほかの敵にネコムートの攻撃が当たりやすくなる。 所持金を稼ぐ上でも有用だ。 壁は厚めに:像の見た目をした「パオン」は、遠距離から範囲攻撃を行う。 ネコムートでぎりぎり範囲外から攻撃可能だが、被弾するリスクも大きい。 分厚い壁でしっかり守っていこう。 ネコカーニバルや勇者ネコも、壁役として使っていくといい。 生産速度が重要:ネコムートを守るためにも、壁役の生産速度は早いほうがいい。 働きネコの仕事効率や研究力などの青玉は、+による強化がほしいところだ。 壁の生産が間に合わないと感じた場合は、ニャンピュータに頼ってしまおう。 「暗黒憑依 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のネコ」は高い体力を武器に、最前線に立って少しずつ近づいてくる。 攻撃も痛いが、範囲は比較的狭い。 壁を厚く保ち、範囲外から攻撃することが重要となる。 1ページ目:狂乱のネコ、ネコビルダー、ネコカーニバル、ネコカベ、ネコドラゴン• 2ページ目:狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 攻略のポイント ザコ敵が増えたときが危険:このステージでは非常に強化された「ゴリさん」や「アヒルンルン」が定期的に複数出現する。 いずれも突破力のある敵なので、壁が薄いとザコ敵を処理する後ろのキャラクターが被弾し、リカバリーできない状態に陥ってしまう。 攻撃役のキャラクターを壁役で守り、少しでも早くザコ敵を処理できるようにしていこう。 自拠点付近で戦ったほうが安定する:壁4枚の編成でニャンピュータを使った場合でも、敵の数が増えると前線の維持が難しくなる。 手動で戦う場合はなおさらなので、自拠点付近で戦ったほうが前線、そしてネコムートを維持しやすくなる。 場合によってはコンティニューもあり:このステージは、ニャンピュータ、スピードアップを使用しても、クリアに10分以上かかる。 よほど強化したパーティーでない限り、手動ならさらに時間が掛かるはず。 ボスの残り体力によっては、ネコカンでコンティニューしてしまってもいいだろう。 「絶対防御 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のタンクネコ」は、ゲーム内でも屈指の体力の高さを誇る。 クリアに時間が掛かる最大の要因だ。 ただ移動速度は遅いので、単体なら前線を維持しつつ、スニャイパーで押し返すこともできる。 1ページ目:狂乱のネコ、狂乱のタンクネコ、ネコカベ、ネコビルダー、天空のネコ• 2ページ目:ネコドラゴン、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• ネコムートを開幕早々に生産し、できるだけ敵を処理することで、再生産までの時間を稼ごう。 可能ならば、研究力の青玉も+10にしておきたいところだ。 生産数の上限に注意:いったん敵拠点を叩くと、狂乱のウシネコが大量に登場するステージ。 たたく前に厚い壁を用意するのはセオリーだが、生産しすぎると上限に達し、その後に出したいキャラクターが生産できなくなる恐れがある。 狂乱系の2種類で、ネコムートが被弾しない程度に生産するだけでじゅうぶんだ。 「ヘッドシェイカー 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のウシネコ」は高速で前線に到達し、頭を狂ったように振ってくる。 単体攻撃で射程が短く、体力や攻撃力はそれほど高くない一方で、中盤以降は怒涛のように出現し、前線に10体近く固まることもある。 進攻を遅らせる壁役と、処理できる範囲攻撃キャラクターが必須といえる相手だ。 1ページ目:ネコライオン、ネコ島、ネコキングドラゴン、ネコジャラミ• 2ページ目:なし• にゃんコンボ:なし• そのほかも基本的に体力が高く、一撃は殴ってから離脱してくれる面々となっている。 ガチャ限定の強力なキャラクターがいる場合は、入れてもいいだろう。 攻略のポイント +にかなりの上乗せをしておく:本来、ガチャや狂乱系の強力キャラクターがほしいステージ。 基本キャラクターのみの編成の場合、+で強化しないと厳しい戦いとなる。 +20あれば、かなり安定した戦いができるだろう。 体力の低いキャラクターは出さない:ボスである「狂乱のキモネコ」は、100%の確率で波動を発動する。 射程も長く、ダメージを受けながら攻撃しなければならないため、体力の低いキャラクターや壁役などはまったく役に立たない。 いたずらに波動を誘発するだけなので、生産はしないほうがいいだろう。 ネコジャラミは常にいる状態に:ダメージソースであり、敵をふっとばすこともできるネコジャラミは、いないと困るほどの存在。 ニャンピュータを使わない場合、最優先でネコジャラミを生産し、いないときにほかのキャラクターでしのぐといった戦い方が基本となる。 狂乱のネコダラボッチがいれば、ネコジャラミと交互に出せるのでかなり有用。 持っている場合はぜひ入れよう。 「キモフェス 超激ムズ」立ち回り 波動は狂乱のキモネコの攻撃が当たってからの発動になるため、キモネコの射程外から攻撃することで、先手を打つことも可能。 遠距離攻撃キャラクターの出番ではあるが、ネコジャラミなどの近距離攻撃キャラクターを狙った波動によって、攻撃する前に被弾することもしばしば。 近距離と遠距離両キャラクターの攻撃が、重なるように調整できると効果的だ。

次の