て を た た きま しょう 歌詞。 冬景色 ふゆげしき 歌詞の意味

RADWIMPS 万歳千唱 歌詞

て を た た きま しょう 歌詞

あなたのキスを数えましょう 作詞 高柳恋 作曲 中崎英也 唄 小柳ゆき 散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine 髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine Do the nights and days cure my feel of pain? Please somebody, say All of my heart is almost cryin' Yeah In your eyes, in your sight, was it certainly my place? Tell me please the reason of your love for me Can I cry now? あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 小柳ゆきさん『あなたのキスを数えましょう』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 小柳ゆきさん『あなたのキスを数えましょう』の歌詞 アナタノキスヲカゾエマショウ words by タカヤナギレン music by ナカザキヒデヤ Performed by コヤナギユキ.

次の

RADWIMPS 万歳千唱 歌詞

て を た た きま しょう 歌詞

証城寺の狸囃子 しょうじょうじのたぬきばやし 日本の童謡/作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 『証城寺の狸囃子(しょうじょうじのばやし)』は、作詞、作曲の日本の童謡。 が千葉県木更津市を訪れた際に聞いた證誠寺の狸囃子伝説を元に作詞したもの。 證誠寺の狸囃子伝説は、『分福茶釜(ぶんぶくちゃがま)』(群馬県館林市)や『八百八狸物語はっぴゃくやたぬき』(愛媛県松山市)と並び、日本三大狸伝説の一つに数えられている。 たぬき囃子伝説が伝わる千葉県木更津市の證誠寺(出典:Wikipedia) 和尚さんに負けるな!タヌキの決死の腹鼓 ある秋の晩、證誠寺の庭で何十匹もの狸がポンポコと腹鼓をしながら楽しそうに踊っていた。 これを見た和尚さんが負けじと自慢の三味線でお囃子を始めると、狸も負けじと大きな音で腹鼓を叩く。 頑張りすぎた狸は、翌朝腹を破って死んでいた。 不憫に思った和尚さんは供養のため狸塚を作ったと言う。 ベートーヴェンやハイドンが元ネタ? 余談だが、クラシック音楽の分野では、童謡『証城寺の狸囃子』の一部のメロディによく似た旋律を持つ楽曲が二つ存在している。 二つ目は、ベートーヴェンからさらに数十年さかのぼる。 こうした2曲の偶然の一致については、こちらの特集ページ「」で他にもいろんな曲を取り上げているので、是非ともお立ち寄りいただきたい。 証 証 証城寺 証城寺の庭は つ つ 月夜だ みんな出て 来い来い来い おいらの友だちゃ ぽんぽこ ぽんの ぽん 負けるな 負けるな 和尚(おしょう)さんに 負けるな 来い 来い 来い 来い 来い 来い みんな出て 来い来い来い 証 証 証城寺 証城寺の萩(はぎ)は つ つ 月夜に 花盛り おいらは浮かれて ぽんぽこ ぽんの ぽん 月の関連ページ 『月(出た出た月が)』、『炭坑節(月が出た出た)』、『月の沙漠』、『うさぎ』など、月に関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ 十五夜、望月、十六夜など、夜空の月の満ち欠けとその名前の呼び方・読み方、別名・異名の一覧、意味や由来・語源まとめ 関連ページ 桃太郎、浦島太郎、金太郎、一寸法師、花咲かじいさん(花咲爺)など、日本の昔ばなしに基づく童謡・唱歌・有名な唄まとめ 『あんたがたどこさ』、『げんこつやまのたぬきさん』、『こだぬきポンポ』など、タヌキに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ 動物が歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、動物に関連する歌、動物をテーマとした曲・クラシック音楽など動物別まとめ 『証城寺の狸囃子』、『山寺の和尚さん』、『坊さん坊さんどこいくの?』など、日本のお寺・お坊さんに関する民謡・童謡まとめ.

次の

証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし) 歌詞と試聴

て を た た きま しょう 歌詞

「湊江(みなとえ)」とは、港になっている入江のこと。 二番の歌詞の意味 「麦を踏む」とは、秋播きの麦が発芽した後に足で踏みつける「麦踏み(むぎふみ)」のこと。 写真は麦踏の様子(出典:小平ふるさと村Webサイトより) 芽を踏むことで茎の伸び過ぎを防ぎ、根の張りをよくして、より多くの実がつくようになる。 11月~2月に毎月一回程度行う。 「げに」とは、「本当に、いかにも」。 「小春日(こはるび)」とは、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴れの日。 冬の季語。 小春日和(こはるびより)。 現代の暦では11月頃になる(陰暦10月)。 「のどけし」とは、天候が穏やかでのどかな様子。 「かへり咲(ざき)」は、ツツジやサクラ、ウメなどの春の花が小春日和に誘われて時季外れに咲くこと。 冬の季語。 「返り咲き」、「二度咲き」、「帰り花」などと呼ばれる。 三番の歌詞の意味 「雲は落ち」は、雲が低く垂れ込めること。 「時雨(しぐれ)」は、秋の末から冬の初めごろに、降ったりやんだりする小雨。 最後の2行の意味 日暮れと悪天候で真っ暗になってしまったため、里の集落もほとんど見えず、もし家の明かりが漏れ見えていなければ、そこが集落だとは分からなかっただろう(「それと分かじ」)という意味。 関連ページ 『雪(ゆきやこんこ)』、『冬景色』、『たきび』など、冬を感じる日本の歌・世界の歌まとめ 『七つの子』、『夕焼け小焼け』、『からすの赤ちゃん』など、カラスに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。 子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソング 日本人の作曲家による日本独自の楽曲が用いられた文部省唱歌.

次の