アブに刺された。 アブってどんな虫?ブヨとアブの違いや刺された時の対処方法のまとめ

【薬剤師監修】ブヨ(ブユ)・アブに刺された時に効く市販薬|かゆみや腫れに効く成分

アブに刺された

痒みや腫れが出る虫刺され。 腫れが強いと自然に治るまでに時間がかかり、黒っぽい色素沈着で跡が残ってしまうこともあります 公園やキャンプなどでのアウトドアではもちろん、普通の通勤路や室内でも虫に刺されやすい季節。 軽い症状でも、赤い腫れや痒みが続くのはつらいものです。 蚊に刺されて赤く腫れてしまったと皮膚科を受診されるケースが最も多いですが、虫刺されの原因となる虫は、ダニ、ブヨ、アリ、ハチ、毛虫など様々です。 刺された時にチクっとした痛みを感じることもありますが、気づかないうちに赤く腫れ、痒みが出てから虫刺されに気づく場合もあります。 虫刺されの腫れの場合、腫れの中心に虫の差し口である小さな穴があり、やや紫がかって盛り上がっているものや、中央がじゅくじゅくしたりカサブタがついたりしているものが多いです。 <目次>• 虫刺されの症例画像……湿疹・蕁麻疹との違い・見分け方 虫刺されを湿疹などと間違える方もいますが、見分け方は難しくありません。 湿疹は平坦でがさがさしているのに対し、虫刺されは中心がやや盛り上がって腫れ、触ってもがさがさしないことがほとんどです。 以下で実際の症例写真を見較べてみましょう。 虫に刺されると唾液などの虫の成分が皮膚の中に入りアレルギー反応を起こすため、赤くなり、痒くなる反応が起きます。 刺した虫を実際に見た場合は特定が簡単ですが、上記の反応は基本的にどの虫に刺されても同じなので、症状だけを見てどの虫が原因かを特定するのはほぼ不可能です。 症状が出た状況で判断するしかありません。 ハチに刺された場合は、反応が強く表れて痛みが強い場合が多いです。 屋外のキャンプ、アウトドアの後で症状が出た場合はブヨや蚊による虫刺されのケースが多いですし、家で寝て起きたら症状が出ていたという場合は、ダニやアリが原因の可能性が考えられます。 虫刺されの中でも特徴的な症状が出るのは、毛虫による虫刺されです。 公園や庭の木に毛虫がいるので毛虫自体が付着した場合はもちろん、毛虫の毛や毒針が風で飛ばされて付着しただけでもアレルギー反応が起きることがあります。 その場合は、通常の大きく赤く腫れる虫刺されではなく、小さな点がポツポツと一箇所にまとまった出方をして非常に痒いので、毛虫に限っては症状を見ればすぐにわかります。 虫刺されの跡を残さない対処法・皮膚科受診での治療法 虫刺されの症状が軽く、小さく赤く腫れている程度で痒みも少ない場合は、何もしなくても5日ほどすれば自然に赤みがひきます。 もしも痒みが強ければ、服やガーゼ越しにアイスノンや氷水を使って冷やすと痒みが落ち着きます。 症状がごく軽ければ自然治癒を待つのもよいかもしれませんが、皮膚科で治療した方がより早く治り、跡が残る確率は減らすことができます。 もし症状が強い場合は、赤みも自然には治まらず、さらに悪化してしまうこともありますので、皮膚科を受診しましょう。 皮膚科で行う虫刺されの治療法は、ステロイドの塗り薬を塗ることが一般的です。 市販薬には通常炎症を抑える作用のあるステロイドは含まれておらず、含まれていても効果の低いものです。 皮膚科では、炎症、痒みが強い場合、大人の場合は一番強いステロイドの塗り薬をよく使います。 数日間塗り薬を塗れば、赤みと腫れが治まります。 子どもの場合は皮膚が薄いので、少し弱めのものを使うことが通常です。 「強い」と聞くと心配に感じるかもしれませんが、ステロイドは2週間程度なら毎日塗っても副作用はほぼありませんので、不安になる必要はありません。 たかが虫刺されと放置しておくと、なかなか改善していない場合もありますし、赤い反応が残る期間が長いほど跡が残って皮膚が黒ずんでしまうリスクも増えます。 また、足首をブヨに刺された場合に多いのですが、夏にキャンプや旅行に行き、足首がパンパンに腫れて受診される方がかなりの人数いらっしゃいます。 足首が腫れると歩くのも痛いという状態が3日ほど続きますが、これは細菌が入ったというよりも虫の成分に対するアレルギー反応のことがほとんどです。 このような場合は塗り薬だけでなく、飲み薬のステロイドも3日ほど飲むと早めに腫れが治まります。 もしもハチに刺された場合、特に2回目に刺された場合には、まれに強いアレルギー反応であるアナフィラキシーショックを起こして、血圧低下や呼吸困難などの重たい症状が出ることがあります。 ハチに刺された後で体調に異変を感じた場合は、すぐに救急外来を受診しましょう。 虫刺され後、掻きこわしによる「とびひ」の症例画像・写真 また、特に子どもの虫刺されに多いのですが、虫刺されを掻きこわしてしまうことでキズになり、キズ表面に細菌がつくことで、「とびひ」になってしまうこともあります。 抗生剤の飲み薬が必要になります。 そうならないためにも、掻きこわしてしまう前の段階で、早めにステロイドの塗り薬で虫刺されに対処するのがよいでしょう。 虫刺され跡の黒い色素沈着を消したい場合の対処法 虫刺されの跡が黒く残ってしまった経験がある方も多いと思いますが、これは赤い炎症が長引いてしまったり、掻きこわして傷になってしまったことによるメラニンの色素沈着です。 通常、数ヶ月程度すれば黒っぽい色は自然に抜けていきますが、時間がかかります。 跡を残さないためには早めに皮膚科を受診して早めに治すことが最も大切です。 メラニン生成を抑えるハイドロキノンや、メラニンを外に出す作用のあるトレチノインの塗り薬を使うと、虫刺されの跡にできたシミが消えるのを早めることができます。 まとめ……軽度なら冷やして様子見・病院受診は皮膚科を ありがちな症状である「虫刺され」ですが、適切な対処法を知っていれば早く治療することができますし、虫刺されの跡の色素沈着も予防できます。 まずは症状がごく軽く、狭い範囲の赤みであれば、冷やして痒みを抑え、かかないように気をつけること。 症状がひどかったり、なかなか治りそうにないものは、皮膚科を受診すれば虫刺されの炎症を抑える強めのステロイドの塗り薬をはじめ、適切な治療が受けられますので、市販薬で対処するよりも早めの受診を心がけましょう。 【関連記事】•

次の

アブって刺す?刺さない?噛むって本当?つける薬はある?

アブに刺された

アブに刺された時の症状は? アブに刺されると、刺された瞬間に激痛を感じ、その後に患部が腫れ上がり、激しいかゆみが現れます。 なぜ刺された瞬間に激痛があるのかというと、アブが蚊のように皮膚を刺して血を吸うのではなく、刃のようになった口の部分で皮膚を切り裂いてそこから出てくる血を吸っているからです。 そのため、アブに刺された後には、その場所から少量の出血が見られることもあります。 また、血を吸う時には蚊と同じように唾液腺から出る物質を相手に注入しますので、それに対してのアレルギー反応として腫れやかゆみなどが生じます。 アブに刺された時の対処法はこれ! アブに刺された時には、速やかに以下のような対処をすると、比較的軽症で済むようです。 1:患部をよく洗う きれいな水で患部をよく洗い、同時に傷口から少し血を絞りだすようにすることで体に入った毒素が抜けやすくなります。 もしくは、水が確保できない場合などに備えて、前もってポイズンリムーバーを用意しておき、それで毒素を吸い出すのも有効です。 (関連記事:) 2:患部を冷やす 患部を水や氷などで冷やすようにすると、かゆみや炎症をある程度抑える効果が期待できます。 3:薬を塗る かゆみや炎症を抑える効果がある薬を塗るようにし、患部は掻かないようにしてください。 なお、体を動かしたり、温めたりして血行が良くなるとかゆみが出やすくなりますので、できるだけ安静に過ごすことも大切になります。 【Amazon. jp アソシエイト】 スポンサーリンク アブに刺された時の注意点はこれ! アブに刺された場合には、先ほどご紹介した対処法を行い、薬を使用していれば数日で腫れなどは治まってきますが、いくつか注意する点があります。 なお、よく見られる二次感染の病気には以下のようなものがあります。 ・とびひ 皮膚の表面付近に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染し、痒みを伴う膿疱ができる病気です。 また、その患部を掻きむしった手で体の他の部分や他人を触ると、その部分にも症状が飛び火してしまいます。 そして、治療には抗生物質の飲み薬や塗り薬が必要になりますので、皮膚科を受診する必要があります。 ・蜂窩織炎(ほうかしきえん) 皮膚の深い部分(=皮下組織)に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染することで、患部が大きく腫れて熱を持ったり痛みが出る他、悪化すると発熱や悪寒などの症状が現れます。 なお、治療は切開して膿を出したり、抗生物質の飲み薬が使用されますが、治るまでに数週間を要する場合がある他、重症の場合は入院が必要になります。 どちらの病気も、患部を掻きこわしてしまうことで起こりやすくなりますので、薬などを使用して患部を掻かない、できるだけ触らないということが大切です。 ・微熱がある ・薬を塗ってもかゆみが治まらない ・患部が大きく腫れてきた、または化膿してきた 人によっては、アブの毒素に対してのアレルギー反応が強く出ることがあり、そのような場合には発熱や激しい痒みなどの激しい症状が出ます。 ですので、あまりにも様子がおかしいと感じる場合や、耐えがたい症状がある場合には皮膚科を受診し、医師の処置を受けるようにしてください。 まとめ いかがでしたか。 アブに刺された時の症状は、刺された瞬間の痛みや、その後の激しい痒みや患部の腫れが特徴です。 また、強いアレルギー反応を起こして発熱したり、患部を掻きこわしたことで二次感染を起こしてしまったりする事がありますが、そのような場合には医療機関を受診し、適切な処置を受けるようにしてください。 なお、市販の薬を使う場合には炎症を抑える効果とかゆみを止める効果の両方が強い薬、特にステロイドが配合されているものを使用することをおすすめしました。 そして、外でレジャーなどをする時には、虫よけ対策とともにこのような虫刺され対策の薬も持って行き、もし刺されてもすぐに対応できるようにしたいものですね。 スポンサーリンク カテゴリー•

次の

アブとブヨの違いや、刺された時の症状と対処方法をご紹介!

アブに刺された

夏のレジャーのときに心配の種のひとつが「虫刺され」です。 蚊やブヨ、アブなどは夏に多く発生します。 アブは川や田んぼなどの水のある場所に生息していますが、プールや露天風呂などの周辺にもいることがあるので注意が必要です。 ブヨとアブの違いは、ブヨは3〜5mm程度で小さなハエのような見た目で、活動期間は3〜9月です。 アブは10〜30mm程度とかなり大きく、大きなハエや蜂のような見た目で、活動期間は7〜9月とブヨに比べて短期間となっています。 この記事では、アブに刺されたときの対処法について解説します。 アブに刺されたとき、アブは毒素を持っていないため多くの場合は患部を水で洗って様子を見ておけば1週間程度で腫れが引きます。 しかし、人によっては発熱や頭痛などの別の症状をともなうことがあるため、その場合は病院を受診してください。 また、1週間以上経過しても症状が改善しない場合も病院を受診することをおすすめします。 アブではなくハチのおそれも アブとハチは姿が似ているため、刺されたときにどちらに刺されたのかがわからないことがあります。 もしアブと思しき虫に刺された後に、息苦しさ・嘔吐・じんましん・血圧低下・意識の低下などの症状が複数同時かつ急激に現れた場合は、ハチ刺されによるアナフィラキシーショックの疑いがあるため、速やかに病院を受診してください。 アブが吸血をするときは皮膚を刺して血を吸うのではなく、皮膚を切り裂いて流れ出てくる血を吸うので、強い痛みを生じます。 刺されたあとは時間が経つとともに、患部の腫れ・強いかゆみ・熱を帯びるような感覚が増していくのが特徴です。 人によっては悪化すると微熱が出たり、患部周辺がパンパンに腫れ上がったりしてしまうこともあります。 治るまでの期間は個人差があり、数日で治ることもあれば1か月以上続くこともあります。 なお、かゆいからといって患部をかきむしると細菌感染を引き起こすおそれがあるため、なるべくかかないようにしましょう。 アブに刺されてしまった場合は、次のような応急処置を施しましょう。 傷口を洗い流す アブに刺されたら、刺された場所を清潔な水でよく洗い流しましょう。 アブは皮膚を噛んだときに流血させる成分を注入してくるので、水で流すことによりその成分を取り除くことができます。 また、血が出ているときは血を絞り出してください。 薬を塗る アブに刺されたばかりで早めに症状を和らげたい場合には、市販の塗り薬を使用するのも一つの手です。 特に、抗ヒスタミン剤を含んでいるステロイド軟膏がおすすめです。 ただし、薬を使用するのは完全に止血したあとにしましょう。 患部を冷やす 患部が炎症を起こすと熱を持つことがあるので、炎症をおさえるために患部を冷やしましょう。 アブは服の上から刺すことができないので、自然や水場が多い場所に行くときにはなるべく肌を露出させないよう、暑くても上着を羽織るなどしましょう。 また、屋外に出かけるときは虫除けスプレーを使用するのも一つの手です。

次の