中村うさぎ 車椅子。 ゲイの男性と結婚した中村うさぎ氏 夫婦は共同体であり恋愛と別物

ゲイの男性と結婚した中村うさぎ氏 夫婦は共同体であり恋愛と別物

中村うさぎ 車椅子

作家・中村うさぎ(56)は、香港出身の夫が押す車椅子でインタビュー現場に現れた。 原因不明の奇病で入院生活を送った後、昨年11月に退院。 その後の投薬治療で、元気だった姿とは別人のようになっていた。 「飲んでいる薬のせいで食欲旺盛なのよ。 体は太るし。 今はいつ自分で歩けるようになるかなあって思って、週二回のリハビリ通いを続けているところ。 夫にこうして車いすを押してもらうと、ああ夫婦っていいもんだなあって。 甘えていますよね」 そう言って、少し照れたように微笑む。 「退院したら、糞尿を垂れ流しでオムツしてる状態。 今でもトイレやお風呂は、ヘルパーさんの手伝いがないと行けません。 普段の生活も、夫に車いす押してもらわないと。 以前は『家庭にセックスは持ち込まない』と言って好きな男に会いにホテルに自由に行ったりしていましたが、今は自由に歩くこともできない。 自分の足で歩けるって、うらやましいほどの幸せですよ」 一度、臨死体験をしてからは、死ぬことが怖くなくなったという。 「その前に体が痛い思いをするのは嫌だけど、死ぬときは知らないうちに楽になって、無の境地に行くわけで。 だからまた再発して死んでも、そんなの怖くない。 ああ、また楽になれるんだなあって。 生きているうちは、やっぱり煩悩のままに、好き勝手に生き抜くのが大事なんだって思いましたね。 人生はなるようにしかならない。 だから生きているうちは思いきり自由に生活したい。 生きていれば悪夢は突然来るんだから、それまで人生謳歌しようって」.

次の

中村うさぎ 車椅子にオムツ状態でも「煩悩のままに生きる!」

中村うさぎ 車椅子

中村うさぎさんは、「借金で税金が払えないキャラ」で人気を博していたのですが、突然「整形キャラ」に変貌を遂げました。 中村うさぎさんは、もともと不細工というわけではありません。 そんな中村うさぎさんが、なぜ美容整形することになったのか?と言うと、女性誌の企画がきっかけだったんです。 その企画は、「40代前半の女性が、どれだけ奥菜恵に近づけるのか?」というもの。 雑誌のスタッフから、「プチ整形が流行り始めてるからチャレンジしてみない?」と誘われたんだそうです。 しかし、当初の中村うさぎさんは、整形は怖いイメージがあったので断っていました。 でも、何度か誘われるうちに、好奇心が勝って整形を受けることになるのです。 そうすると、思ったより痛くなかったそうで、「美容整形ってこんなに凄かったんだ!」と感動したと語っています。 その結果、奥菜恵さんを目指してどんどん整形を繰り返し、約12箇所もいじることに。 そして、「元祖美魔女」と呼ばれるほどの美貌を手に入れてたのです。 point 426 1 この画像をご覧になってみてください。 この顔は、中村うさぎさんの顔なんです。 先ほど紹介した、元祖美魔女と呼ばれた中村うさぎさんの顔とは、まるで別人ですよね。 どうしてこのような顔になってしまったか?と言うと、ある病気が影響しているんです。 それは、スティッフパーソン症候群というものです。 これは、手足が思うように動かなくなり、日常生活に支障をきたす病です。 中村うさぎさんは、不幸にもこの病気にかかってしまい、治療を受けることになったのですが、その時に使ったステロイドの副作用で、ご覧のようなムーンフェイスになってしまいました。 この表情の変化は、ステロイドの影響だけではなく、「繰り返した美容整形の影響も少なからずあるだろう」と言われています。 中村うさぎさんのこの変化は、多くの人たちの心配を誘うことになったんです。 point 354 1.

次の

中村うさぎ 車椅子にオムツ状態でも「煩悩のままに生きる!」

中村うさぎ 車椅子

〜連載第1回〜 自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。 依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてきた。 これは、そんな私の半生の話です。 数年前に原因不明の病気に罹り、入院中に何度か死にかけた。 その体験の話になると、よく「死にかけたことで人生観とか変わりましたか?」という質問を受けるのだが、その点で言えば、じつは全然変わっていない。 むしろ私を変えたのは、臨死体験よりも、その後の障碍者生活だ。 一時期は車椅子で、トイレにもひとりで行けない状態。 今は杖を突いて歩けるほどには回復したが、それでも誰かの腕につかまって支えてもらわなければ、どこにも外出できない。 この「ひとりでどこにも行けない」状態が、私にとっては大きな衝撃であり、人生観の転機となった。 何故なら、私はもう40年以上も、「ひとりで生きていく」ことに人生最大の価値を置いてきたからだ。 思春期の頃からずっと「自立」が私の目標だった。 フェミニズム(当時はウーマンリブと呼ばれていたが)の台頭で時代が「女の自立」を持て囃していた影響もあったし、何より父との確執が大きな動機であった。 大学生の頃、反抗する私に父がこう言ったのだ。 「おまえは俺の金で暮らしてる身だろ? なら、俺のルールに従え。 その代わり、おまえが自活してひとりで生きていけるようになったら、俺はおまえの人生に一切口出しはしない」 まったくもってそのとおりだったので、私はぐうの音も出なかった。 で、その悔しさから、私は強く「自立」を願うようになったのだ。 ひとりで生きていける人間になりたい! 誰の助けも借りず、自分だけを頼りに、経済的にも精神的にも独り立ちできる人間に! 誰かに食わせてもらうなんて、真っ平だった。 食わせてもらうということは、相手に支配されることだ。 働く夫と専業主婦の関係は、当時、まだまだ対等とは言えなかった。 いや、今でも対等とは言えないだろう。 その証拠に、夫を憎みながらも経済的な理由で離婚に踏み切れない妻は、少なからず存在する。 経済的に誰かに依存すると、人生まで束縛されるのである。 たとえ相手が束縛しなくても、自らを鎖につなぐことになる。 私にとって、「自立」は「自由」と同義語だった。 そして「自由」は、この世でもっとも尊いものであった。 誰に憚ることなく、自分の意思で何でもできる、どこにでも行ける……それは自立していなければ果たせない夢だ。 言うまでもなく「自由」と「自己責任」はセットだが、自分で決めたことなら喜んで責任を取るし、そんな自分を誇れると思った。 こうして私は、「自由」を求めて迷走を繰り返すわけだが、じつのところ、この「迷走」こそが重要な体験であったと今では思う。 というのも、迷走するたびに、私の中で「自由」の概念はより明確になっていったからだ。 たとえば、最初の結婚。 相手の自由で誇り高い生き方に惹かれて結婚したものの、その人は自分の自由は尊重するが妻の自由には敬意を払わない人間だった。 「自由」は自分ひとりのものではないのだ、と、その結婚で気づいた。 他人の自由を犠牲にした自由は、単なるワガママではないか。 我々の自由には前提条件がある。 他者の自由を侵害しない、という大前提だ。 そこを疎かにした身勝手な自由は、もはや「自由」とは呼べない。 自由に生きているところが彼の魅力だと思っていたが、その自由が周囲を犠牲にしたワガママだと気づいた時、私の熱は一気に冷めた。 離婚して、もう二度と結婚はしないと心に決め(結局、再婚することになるけど)、ここからは本気でひとりで生きていこうと考えた。 彼の甘えが増長したのは、私が精神的に彼に依存していたからだ。 自立したいと願いながらも、若い私にはひとりで生きていく覚悟なんてできてなかった。 経済的にはひとりで食べていける稼ぎはあった(それどころか、働かない夫を私が食わせていた)けど、精神的には未熟で脆弱で、風が吹くと倒れてしまう細い若木のようだったのだ。 寄りかかる大木を無自覚に求めている限り、私には自立も自由もない。 そう考えた私は、より精神的な自立を求めるようになった。 それまでは経済的な自活こそが自立だと考えていたが、「ひとりで生きていく」にはもっと強い覚悟と意志が必要なのだ。 孤独への耐性、不安や恐怖の克服、そして、ある種のふてぶてしさ。 誰も頼るな、甘えるな。 強く逞しい根を張り、自由奔放に枝を張れ。 ああしろこうしろと指図する親や男に支配されていた頃は、私は小さな鉢で窮屈に育った盆栽だった。 伸びすぎた枝は刈られ、彼らの目に美しく見えるよう矯正された。 でも、今の私は野生の木だ。 枝も根も、好きなように張り放題だ。 もちろん、嵐が来たら自力で耐えなくてはならない。 だが、それすらも自信と誇りに繋がっていくのだ、と、当時30代に入ったばかりの私は固く信じていた。 ところが、それからすぐに、私は思いも寄らぬ形で復讐されることとなる。 それも、自分自身に。 誰にも依存しないことをひたすら目指した私を待ち受けていたのは、皮肉にも「依存症」という病だったのだ。 (続く) イラスト:トシダナルホ.

次の