あつ森 コーヒーカップ 色 小物。 『あつまれ どうぶつの森』家具の統一感がグッと上がるリメイク術!オシャレなカフェ風や落ち着いた和風も思いのまま

【あつ森】家具と小物一覧【あつまれどうぶつの森】

あつ森 コーヒーカップ 色 小物

ニンテンドースイッチ『あつまれ 』は、DIYで色々なレシピを集めて家具や小物を作ることが面白さの一つです。 「どこに置こうかな?」と悩むのもまた楽しい時間ですよね。 さらに今回は、色や図柄を変えることのできる「リメイク」の種類がとっても豊富で、どうリメイクをしようか迷ってしまいます。 とはいえ、「作るだけで精一杯」「ノーマルの色味でも満足!」「リメイクをどう使えばいいのか分からない…」なんて方もいるはず。 ということで今回は、作れる家具や小物のリメイクについてお伝えします。 「まるた」は3種類、「もくせい」は7種類、「つみき」は4種類の色味に変えることができます。 部屋に統一感をもたせたい場合は、それぞれのシリーズで色味を揃えて部屋に置くと、まとまった印象が出ておススメです。 「まるた」シリーズは樹種を変えることが可能で、ダークウッド、オレンジウッド、ホワイトウッド、白樺と全体的に落ち着いたカラーに変更できます。 さらにベッドやテーブルなどは、カバーやマットの絵柄を変えることができ、マイデザインを活用する事も可能。 エイブルシスターズのあさみさんと仲良くなれば、絵柄のパターンをもらうこともできますよ。 「もくせい」シリーズは「ホワイトウッド」「チェリーウッド」「ダークウッド」「ブラック」「グリーン」「ブルー」「ピンクウッド」と、紹介するシリーズの中ではリメイクの種類がダントツ。 お気に入りのカラーがあれば、家具をリメイクして揃えるだけでかなり部屋の家具にまとまりが出ます。 こちらもカバーや布の色味を変えることができ、マイデザインも使うことができます。 「つみき」シリーズは「ミックスウッド」「カラフル」「パステル」「ビビット」の4種類。 名前の通りカラフルなものが多く子ども部屋のような明るい色味が特徴的。 そんな中「ミックスウッド」は落ち着いたカラーリングなので、他の家具とも合わせやすい素敵な色味です。 こちらは他の2シリーズと違ってカバーや布などがなく変更はできないのですが、同じ種類のリメイク家具を3つ置いただけで部屋に統一感が出ます。 そこでおススメしたいのが、椅子をテーブル代わりにすること。 上で紹介した「まるた」「もくせい」「つみき」シリーズはそれぞれ椅子があるので、「こもの」を飾りたい時に便利だったりします。 ちなみに背もたれの付いている椅子は小物が置ません。 置ける場合もサイズが小さいものに限られますが、ちょっとした小物を床に置くよりも見栄えがよくなります。 個人的には「いしのスツール」もおススメです。 高さが同じ「まるたのスツール」を使えば、イスとテーブルのセットのようにも見せることも可能です。 上のように、「オリエンタルなさく」と色味を合わせて中華風に見せることもできます。 「ナチュラル」シリーズは「オーク」と「シャビー」の2種類にリメイク可能。 カフェテラスのようなオシャレなデザインなので、コーヒーカップや調味料などが映えます。 「アイアンウッド」シリーズは4種類のリメイクが可能で、どれも落ち着いた色でオシャレです。 チェストやカップボードなど収納家具が多く、揃えたら絶対にかっこいい!と思わせるシンプルなデザイン。 「オールド」や「ウォルナット」の色味は渋さも感じさせます。 インパクトのある見た目なので、置くだけで部屋全体の雰囲気がガラッと変わります。 バンブーを使った家具のノーマルは「青竹」。 リメイクすると「枯竹」「煤竹」と渋い色味に大変身し、和風な雰囲気にぴったりです。 全体的に室内で飾る家具が多めですが、和風の壁紙の種類も豊富なので、しっくりくる色の組み合わせも見つけやすく、揃えればすぐに素敵な和室ができます。 りんご、オレンジ、チェリー、もも、ナシの「フルーツ」シリーズは個性的ですが、ベッドやクローゼット、チェアやラグなどアクションの取れる家具が多いです。 一部の家具はリメイクが可能で、オレンジだったら「ブラッドオレンジ」、さくらんぼだったら「アメリカンチェリー」などに変更できます。 全体的に色味が似たものになりますが、りんごだけ「青りんご」と大きく色味が変わるのが特徴。 どれも全部集めたくなる可愛さで、色違いで並べるのもオシャレです。 ちなみにヤシは家具の種類が少ないのですが、パームツリーランプは「トロピカル」「キュート」「クール」の3種類にリメイクできます。 見た目は派手ですがとても可愛く、パリピ感が出ておススメです。 「かいがら」シリーズは独特で、形自体に個性があるにもかかわらず「ブラウン」「ピンク」「イエロー」「パープル」「パール」とパンチのある5種類へのリメイクが可能です。 外に置くような家具が多いので、リメイクして並べるとその空間だけ別世界……となります。 タイヤはレシピの数は少ないですが、色をカラフルにしたり渋くすることもできます。 「タイヤの遊具」は色のバリエーションが多く、ベンチ代わりにもできます。 他には、家具の材料の一部として使われやすい雑草が「テラリウム」や「かべかけのはっぱ」はオシャレアイテムに。 「テラリウム」はリメイクすると金属部分の色味が変わり、「かべかけのはっぱ」は葉っぱの色味も変わります。 どちらもオシャレですが、「かべかけのはっぱ」はリメイクして紅葉にすることもできます。 季節に合わせてリメイクを楽しめそうです。 ねんどで作れる「とうきのジャグ」や「かめ」などは比較的序盤に獲得しやすい家具なので、部屋にワンポイント欲しい!と思う方におススメ。 ノーマルだと少し落ち着きすぎて地味な感じに見えますが、リメイクするとなかなか個性的なビジュアルに変わります。 作ることのできる家具のリメイクはまだまだたくさんあるのですが、ひとまずここまで。 購入した小物なども一部はリメイクする事が可能なので「こういう色だったら部屋に合うかもしれない」と思ったら、一度リメイクできるか確認してみてください。 リメイク術で、さらに自分の部屋を自分の好きで埋め尽くしていきましょう! 外部サイト.

次の

【あつ森】遊園地レイアウトの作り方|おすすめの家具とマイデザイン【あつまれどうぶつの森】

あつ森 コーヒーカップ 色 小物

Contents• 自宅待機といえば『あつまれ どうぶつの森』 緊急事態宣言が全国に拡大された 今日 こんにち、この機会に『あつまれ どうぶつの森』を徹底的に楽しむべくやっていこうと思います。 とはいえ、なにか目標がなければ張り合いがありませんので、今回は 理想の自宅カフェを『あつ森』で再現していこうと思います。 スローライフといえば、やはりコーヒーは外せないところです。 コーヒーを飲みながらじっくりと楽しんでいきます! あつ森にあるカフェ関連アイテム ひとまず一通りのカフェ関連アイテムを集めてみました。 コーヒーミル 『あつ森』のコーヒーミルは手挽きしかないみたいです。 タヌキ商店で2200ベルで売られています。 心なしかKalitaのデザインっぽい感じですね。 個人的に手挽きミルは結構好きなので、テンション上がります。 コーヒーミルの前でAボタンを押すと、ゴリゴリと豆を挽くことが出来るようになっており、細かいところにまで、こだわりを感じられる一品になっています。 コーヒーカップ 瑠璃色の美しいカップです。 おそらくイギリスのロイヤル・ウースターの逸品でしょう(嘘) 中身のコーヒーは香りからグアテマラ産のコーヒーで間違いありません(大嘘) 私の自宅カフェにも相応しい品です。 今度なんでも鑑定団に持っていきたいと思います。 こちらはタヌキ商店で、270ベルで購入しました。 エスプレッソマシン エスプレッソマシンはタヌキ商店で買えます。 買値は5600ベルでした。 他にも、住人に貰ったり、木を揺すると落ちてくることがありました。 こちらのエスプレッソマシンはデロンギのセミオート式のもので、厚く美しい上質なクレマを私たちに提供してくれます。 もちろん、嘘です。 コーヒーミルとは違い、動かないようです。 マシンの中にカップは置いてありますが動かせません。 エスプレッソメーカー お次はエスプレッソメーカーです。 タヌキ商店で1700ベルで売られてます。 私としてはマキネッタの名前の方が馴染みが深いので、最初はピンときませんでした。 本場のイタリアでは、一家に一台と言われるほど普及しているらしく、手軽に安くで美味しいエスプレッソが淹れられるので、 現実 リアルでもおすすめです。 自宅カフェっぽく配置してみた あまりセンスがないことは自覚しているので、自然と自室に近いようなレイアウトになってきました。 個人的にはもう少し完成度を上げていきたいと思っていますが、アイディアが浮かばないのと、関連アイテムの少なさから保留です。 せめて、サイフォンや電動ミル、スリムなドリップケトルなどが追加されれば…… 今後も島にカフェとか作りたい 『あつ森』のプレイ動画なんかをYouTubeでみていると、めっちゃオシャレに自宅や島内にカフェを作っていたりする方がいるようなので、負けないようにオシャレなカフェなんかを作っていけたらな、と思っています。 時間は出来たので、あとはセンスとの戦いになりそうですが、頑張ります。 ということで、あつ森で自宅カフェ作ってみた、の記事でした。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

【あつ森】自宅カフェ作ってみた

あつ森 コーヒーカップ 色 小物

ニンテンドースイッチ『あつまれ どうぶつの森』は、DIYで色々なレシピを集めて家具や小物を作ることが面白さの一つです。 「どこに置こうかな?」と悩むのもまた楽しい時間ですよね。 さらに今回は、色や図柄を変えることのできる「リメイク」の種類がとっても豊富で、どうリメイクをしようか迷ってしまいます。 とはいえ、「作るだけで精一杯」「ノーマルの色味でも満足!」「リメイクをどう使えばいいのか分からない…」なんて方もいるはず。 ということで今回は、作れる家具や小物のリメイクについてお伝えします。 「まるた」は3種類、「もくせい」は7種類、「つみき」は4種類の色味に変えることができます。 部屋に統一感をもたせたい場合は、それぞれのシリーズで色味を揃えて部屋に置くと、まとまった印象が出ておススメです。 「まるた」シリーズは樹種を変えることが可能で、ダークウッド、オレンジウッド、ホワイトウッド、白樺と全体的に落ち着いたカラーに変更できます。 さらにベッドやテーブルなどは、カバーやマットの絵柄を変えることができ、マイデザインを活用する事も可能。 エイブルシスターズのあさみさんと仲良くなれば、絵柄のパターンをもらうこともできますよ。 「もくせい」シリーズは「ホワイトウッド」「チェリーウッド」「ダークウッド」「ブラック」「グリーン」「ブルー」「ピンクウッド」と、紹介するシリーズの中ではリメイクの種類がダントツ。 お気に入りのカラーがあれば、家具をリメイクして揃えるだけでかなり部屋の家具にまとまりが出ます。 こちらもカバーや布の色味を変えることができ、マイデザインも使うことができます。 「つみき」シリーズは「ミックスウッド」「カラフル」「パステル」「ビビット」の4種類。 名前の通りカラフルなものが多く子ども部屋のような明るい色味が特徴的。 そんな中「ミックスウッド」は落ち着いたカラーリングなので、他の家具とも合わせやすい素敵な色味です。 こちらは他の2シリーズと違ってカバーや布などがなく変更はできないのですが、同じ種類のリメイク家具を3つ置いただけで部屋に統一感が出ます。 そこでおススメしたいのが、椅子をテーブル代わりにすること。 上で紹介した「まるた」「もくせい」「つみき」シリーズはそれぞれ椅子があるので、「こもの」を飾りたい時に便利だったりします。 ちなみに背もたれの付いている椅子は小物が置ません。 置ける場合もサイズが小さいものに限られますが、ちょっとした小物を床に置くよりも見栄えがよくなります。 個人的には「いしのスツール」もおススメです。 高さが同じ「まるたのスツール」を使えば、イスとテーブルのセットのようにも見せることも可能です。 上のように、「オリエンタルなさく」と色味を合わせて中華風に見せることもできます。 「ナチュラル」シリーズは「オーク」と「シャビー」の2種類にリメイク可能。 カフェテラスのようなオシャレなデザインなので、コーヒーカップや調味料などが映えます。 「アイアンウッド」シリーズは4種類のリメイクが可能で、どれも落ち着いた色でオシャレです。 チェストやカップボードなど収納家具が多く、揃えたら絶対にかっこいい!と思わせるシンプルなデザイン。 「オールド」や「ウォルナット」の色味は渋さも感じさせます。 インパクトのある見た目なので、置くだけで部屋全体の雰囲気がガラッと変わります。 バンブーを使った家具のノーマルは「青竹」。 リメイクすると「枯竹」「煤竹」と渋い色味に大変身し、和風な雰囲気にぴったりです。 全体的に室内で飾る家具が多めですが、和風の壁紙の種類も豊富なので、しっくりくる色の組み合わせも見つけやすく、揃えればすぐに素敵な和室ができます。 りんご、オレンジ、チェリー、もも、ナシの「フルーツ」シリーズは個性的ですが、ベッドやクローゼット、チェアやラグなどアクションの取れる家具が多いです。 一部の家具はリメイクが可能で、オレンジだったら「ブラッドオレンジ」、さくらんぼだったら「アメリカンチェリー」などに変更できます。 全体的に色味が似たものになりますが、りんごだけ「青りんご」と大きく色味が変わるのが特徴。 どれも全部集めたくなる可愛さで、色違いで並べるのもオシャレです。 ちなみにヤシは家具の種類が少ないのですが、パームツリーランプは「トロピカル」「キュート」「クール」の3種類にリメイクできます。 見た目は派手ですがとても可愛く、パリピ感が出ておススメです。 「かいがら」シリーズは独特で、形自体に個性があるにもかかわらず「ブラウン」「ピンク」「イエロー」「パープル」「パール」とパンチのある5種類へのリメイクが可能です。 外に置くような家具が多いので、リメイクして並べるとその空間だけ別世界……となります。 タイヤはレシピの数は少ないですが、色をカラフルにしたり渋くすることもできます。 「タイヤの遊具」は色のバリエーションが多く、ベンチ代わりにもできます。 他には、家具の材料の一部として使われやすい雑草が「テラリウム」や「かべかけのはっぱ」はオシャレアイテムに。 「テラリウム」はリメイクすると金属部分の色味が変わり、「かべかけのはっぱ」は葉っぱの色味も変わります。 どちらもオシャレですが、「かべかけのはっぱ」はリメイクして紅葉にすることもできます。 季節に合わせてリメイクを楽しめそうです。 ねんどで作れる「とうきのジャグ」や「かめ」などは比較的序盤に獲得しやすい家具なので、部屋にワンポイント欲しい!と思う方におススメ。 ノーマルだと少し落ち着きすぎて地味な感じに見えますが、リメイクするとなかなか個性的なビジュアルに変わります。 作ることのできる家具のリメイクはまだまだたくさんあるのですが、ひとまずここまで。 購入した小物なども一部はリメイクする事が可能なので「こういう色だったら部屋に合うかもしれない」と思ったら、一度リメイクできるか確認してみてください。 リメイク術で、さらに自分の部屋を自分の好きで埋め尽くしていきましょう!.

次の