クロスレイズ 量産機 最強。 SDガンダムGジェネレーション クロスレイズ part44 [sc]

Gジェネレーションクロスレイズに求めたいものを考える

クロスレイズ 量産機 最強

あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 「機動武闘伝Gガンダム」「機動新世紀ガンダムX NEXT PROLOGUE「あなたと、一緒なら」」「機動戦士ガンダムAGE」「Gのレコンギスタ」の4作品から新たなユニットやキャラクターの一部が参戦。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 また最新のアップデートを適用の上、ご利用ください。 重複購入にご注意ください。 あらかじめご了承ください。 また、報酬として入手できるBGMは原曲ではなく、ゲーム用にアレンジされた楽曲となりますので、あらかじめご了承ください。 登場作品:G GENERATIONシリーズ ティターンズ所属のニュータイプ研究機関ライプチヒ研究所によって提案された軍事計画プロジェクト・セイレーネにおいて、その中心となる機体でもある『テラ・スオーノ』の護衛機として開発されたMS。 主にテラ・スオーノに接近する敵の排除を目的としており、性能もコスト度外視で機動性を追求した設計となっている。 その中でも高機動戦闘形態『オフェンスモード』はニュータイプの反応速度をも超えると言われる性能を発揮する事が可能で、通常のMSとは比較にならない超高速戦闘を可能とする。 しかし、この形態での機動性は強化人間ですら対応できないほどの殺人的なものであった為、通常はリミッターにより性能を抑制する事でオールドタイプでも扱えるようにされた。 本機はテスト中に反地球連邦組織『エゥーゴ』によって奪取された後、専用のカラーリングに塗装され、シグ・ウェドナーの愛機となった。 尚、この機体はガンダムタイプのMSではあるが特徴的なデュアル・アイではなく、ティターンズの量産型MSハイザックのようなモノアイを採用している為、その外観から兄弟機であるデスパーダと共に『モノアイガンダムズ』と呼ばれた。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルの指令により開発された『セカンドステージシリーズ』の1機。 ZGMF-X42Sデスティニーは地球連合との戦争末期に投入され、その存在は長らくシン・アスカが搭乗する一機のみだと思われてきたが、近年公開された史料から他にも同型機が存在することが明らかとなった。 それらは『コンクルーダーズ』と呼ばれる特殊部隊に配備され、最強のモビルスーツとパイロットを組み合わせることで連合の戦力を一蹴し、その戦意を阻喪させる計画となっていた。 本機はその一員として選ばれたハイネ・ヴェステンフルス専用に調整された機体だったが、ハイネは機体の完成間近で戦死してしまい、部隊も実際に編成されることがなかった為、今も兵器保管庫の中で目覚めの時を待ち続けている。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• しかし、それでも基本性能は高く、パイロット能力と合わさることで圧倒的な強さを発揮する。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• 型式番号:MBF-P01-Re03<AMATERASU フェアネス・ツヴァイクレを守る為、破損したガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナを改修したMS。 改良前は本体が副座式となっていたが、改修する際に本体に1人、ヤタガラスに1人の形に変更され、分離する事でそれぞれを独立して動かすことが可能となった。 ヤタガラスの翼部分は『天羽雷』と呼ばれ、機体を覆い込んで防御力を高めることが出来る。 さらに『ヴォワチュール・リュミエール』を発展させたシステムも内臓しており、翼で作り出したエネルギーを推力に変換できる他、それを攻撃に転用することも可能としていた。 先にお知らせしました内容を、以下に訂正させていただきます。 お客様の混乱を招き、ご迷惑おかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 また最新アップデートが必要な場合はアップデートの上、ご利用ください。 購入の際はご注意ください。 手に入るアビリティや報酬にも変化。 「エキスパンション・パック」では キャラクターを強化する「キャラクターアビリティ」や ユニットを強化する「オプションパーツ」に新たなものが追加。 キャラクターとユニットを強化して、 インフェルノモードへ挑もう。 エキスパンション・パックで追加予定の一部アビリティ 【EX】射撃能力Lv.2 射撃値+200。 物理属性を持つ武装のPOW+300。 【EX】射撃技術強化 キャラクターアビリティによる射撃値の上昇値を1.7倍する。 命中率+3%。 【EX】特殊強化装置ATK OPによる攻撃力上昇値を1.5倍する。 【EX】特殊増設ハンガー 戦艦のチーム数+1。 装備したユニットの宇宙適性を空中適性に反映する。 エキスパンション・パックでは 「エキスパンションステージ」が追加される。 もちろん、それぞれに難易度は「インフェルノ」まで存在。 強化した部隊で攻略せよ。

次の

『Gジェネ クロスレイズ』ゲームシステム“マイキャラクター”や新たな参戦キャラクター&機体を紹介

クロスレイズ 量産機 最強

シグ・ウェドナー(CV:木島隆一) 反地球連邦組織「エゥーゴ」に所属するシスクードのメインパイロット。 一年戦争時はジオン軍のブラード戦隊に所属し、MS一個小隊長を務めていたが、戦争終結時に重傷を負い、行方不明となっていた。 デラーズ紛争時にはデラーズ・フリートとして戦いに参加していたという情報もあるが、さだかではない。 その後はエゥーゴに所属し、ティターンズの新型モビルスーツ偵察作戦においてLRX-077 シスクードを奪取。 自らの乗機として、クワトロ・バジーナ大尉率いるMS部隊の一角を担った。 主にテラ・スオーノに接近する敵の排除を目的としており、性能もコスト度外視で機動性を追求した設計となっている。 その中でも高機動戦闘形態「オフェンスモード」はニュータイプの反応速度をも超えると言われる性能を発揮する事が可能で、通常のMSとは比較にならない超高速戦闘を可能とする。 しかし、この形態での機動性は強化人間ですら対応できないほどの殺人的なものであった為、通常はリミッターにより性能を抑制する事でオールドタイプでも扱えるようにされた。 本機はテスト中に反地球連邦組織「エゥーゴ」によって奪取された後、専用のカラーリングに塗装され、シグ・ウェドナーの愛機となった。 尚、この機体はガンダムタイプのMSではあるが特徴的なデュアル・アイではなく、ティターンズの量産型MSハイザックのようなモノアイを採用している為、その外観から兄弟機であるデスパーダと共に「モノアイガンダムズ」と呼ばれた。 ZGMF-X42S デスティニーは地球連合との戦争末期に投入され、その存在は長らくシン・アスカが搭乗する一機のみだと思われてきたが、近年公開された史料から他にも同型機が存在することが明らかとなった。 それらは「コンクルーダーズ」と呼ばれる特殊部隊に配備され、最強のモビルスーツとパイロットを組み合わせることで連合の戦力を一蹴し、その戦意を阻喪させる計画となっていた。 本機はその一員として選ばれたハイネ・ヴェステンフルス専用に調整された機体だったが、ハイネは機体の完成間近で戦死してしまい、部隊も実際に編成されることがなかった為、今も兵器保管庫の中で目覚めの時を待ち続けている。 しかし、それでも基本性能は高く、パイロット能力と合わさることで圧倒的な強さを発揮する。 改良前は本体が副座式となっていたが、改修する際に本体に1人、ヤタガラスに1人の形に変更され、分離する事でそれぞれを独立して動かすことが可能となった。 ヤタガラスの翼部分は「天羽雷」と呼ばれ、機体を覆い込んで防御力を高めることが出来る。 さらに「ヴォワチュール・リュミエール」を発展させたシステムも内蔵しており、翼で作り出したエネルギーを推力に変換できる他、それを攻撃に転用することも可能としていた。 パッケージ、ダウンロード通常版:8,200円(税抜)• パッケージ、ダウンロード通常版:8,200円(税抜)• ダウンロード通常版:オープン価格• デジタルデラックスエディション:オープン価格 プレイ人数:1人 CERO:B•

次の

Gジェネレーションクロスレイズに求めたいものを考える

クロスレイズ 量産機 最強

前回の記事で興奮気味に書いたの最新作について今日も少し書いていきたいと思います。 とはいえ今出ている情報もが一番詳しく書いていて PVの第一弾があるくらいで他の情報は特にありません。 なのでこんな機能があったらいいなーとか こうだったらいいなーとかいうものを書いていきます。 データ引継ぎ こちらはどうなるのでしょう? 完全に引き継ぎはなくして心機一転!といった感じなのでしょうか? MSやMAの引継ぎはできないとしてもオリジナルキャターのデータくらいは移せてもいいんじゃないかな?と思います。 とはいえ新しいデータに過去の最強キャラを持ってきてしまえばゲームバランスは崩れてしまいますね・・・ じゃあだめかなぁー。 せめてクリア後とかでもいいから移せたらなー。 と連動 データ引き継ぎに近いですが、自分がしたいのは「過去の作品の機体で新作をやる」 これと同時に「新作の機体を過去作で使う」ということ。 昔では無理だったかもしれませんが、今はアップデートとかいろいろあるんでしょ? ならできないことはなさそうですよね? もちろん理想です。 いうのは簡単ですが、制作側はとんでもなく大変でしょうからね。 対戦 これっていつから無いんですかね? 自分が知る限りではFが最後なんですよ。 からのはやっていないので。 これはねー、でできると思っていたんです。 今やで通信対戦できる時代ですよ? そしたら遠くの知り合いとやりたいでしょう! 長男の兄に一緒にやろうぜ!たぶん通信対戦もできるだろうから! と言って誘っていたのに・・・まさか無いなんて・・・ 別に兄は買ってなかったけど・・・ でもこれは付けてほしいなー。 希望ですよ。 キャタークリエイト 最近のは自分でットのキャターを作ることができます。 しかし、で選択肢が増えたとはいえまだまだ理想のキャラづくりはできません。 なのでもっと選択肢を増やしたり、髪型や顔・服装を個別に変えられるようにできたらいいなーと思います。 そうしたら萌えキャラ作るんだ、萌えキャラ。 CVはさんでね。 には必要ない機能だ!と思われるかもしれませんが、新規参入と少々のスパイスですよ。 原作にも魅力的なキャターはたくさんいるでしょう? それを自分で作って好きな機体に乗せようという ゲームを続けるモチベーションにも繋がりますよ。 戦艦問題 急に理想でなくまじめに嫌な機能についてになります。 思いついた順番で書いているのでごちゃごちゃでごめんなさい。 をやっていて嫌だったのが 戦艦を一度買うと、同じ戦艦を二度買えない ということ いやね、分かるんですよ。 一番強い戦艦のみで構成してしまったら、面白くないんじゃないかということでしょう? ちがうのかな? でもね やムサイ、ミデアとか 量産系の戦艦は買えるようにしてもいいんじゃないかなぁ?と思うわけです。 ジム部隊を作って最強にするんだ!とか シャア率いるザク部隊とシンマツナガとジョニーライデン率いる部隊を作るんだ!とか そんな時にどうするんです! 同じ戦艦で行きたいでしょう!考えてくださいよ! シャアで思い出した「専用機問題」 シャアという言葉を出して思い出しました。 では 前作もなのかな? 「専用機」が開発や設計で作れてしまうのです。 昔は専用機にするには決まった機体に専用機があるットを乗せて 初めて専用機ができます。 それなのにでは何ですか!? ザクと赤い機体を設計すれば「」の機体が作れてしまう。 バカじゃないの? これでは専用機のありがたみがなくなってしまうではありませんか! SFSの使いにくさ これはSFS サブ・フライト・システム という機体を乗せる飛行機のようなものです。 内で陸地専用の機体を空中に適応させる能力があります。 こちらは戦艦に機体とは別に戦艦に収容できるのですが SFSを戦艦の横に置いて、その上に機体を置くという感じになります。 なのでターン制のでは1ターン無駄にしてしまうのです。 これを何とかしてほしい。 せめてチャンスステップは乗った機体に合わせて同じように行動できるようにしてほしいわ・・・ まとめ ざっと書かせていただきました。 もっと考えれば出てきそうですが…今思い浮かぶのはこの辺です。 いろいろと言いましたが、楽しみにしているんですよ。 楽しみで、好きだからこそなんです。 実際今更いろいろと言ったところでもう大体完成はしているのでしょうし、 そもそもこんな1ユーザーのために仕様変更なんかはできないでしょうからねー。 それに出されてしまえば黙ってやる。 それが自分です。 あーあ、新作が出たらもーっと寝不足になるんだろうなー。 おやすみなさい。

次の