トヨタ ルーミー。 トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 割り切ればハッピー

欠点はここ!トヨタルーミー/タンクの口コミ評価・評判

トヨタ ルーミー

下取りは必ず一括査定サイトを 使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多いようです。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り 会社の最大10社があなたの車の買取価格を 競ってくれるので、愛車を最高値で売却する ことができるのです。 一括査定サイトを使えば、悩みを解決する だけでなく、欲しかった 「オプション品」 も追加で装備する費用に充てることも できそうです。 シエンタはコンパクトサイズミニバンとして、 2003年に発売が開始され、当時は、ホンダのモ ビリオや日産のキューブキュービックなどのコ ンパクトサイズミニバンが話題を集めていまし た。 なんといっても、小型サイズなのに、7人乗り が可能であるという事が当時では衝撃でした。 その後、マイナーチェンジを繰り返し、2015年 にはフルモデルチェンジをして現在のシエンタ の原型となります。 現在はルーミーをはじめタンクやソリオなどの 5人乗りミニバンが人気を集めています。 車内の広さなどでも、シエンタも使いやすく、 ファミリー層を中心に人気の車種となっていま す。 大まかな内容は、以下のとおりです。 キャッチフレーズは『ふだんをアゲる』とし、 CMキャラクターに「渡辺直美」を起用。 いつもの送り迎えこそ、ワクワクするものへ。 いつもの買い物こそ、ドキドキするものへ。 さぁ、贅沢に悩んでください。 特に似た大きさの車や、特徴が似ている車は価 格によっても購入するかどうかが左右されるの ではないでしょうか? 新車価格は? では新車の価格をみていきましょう。 細かく見るとシエンタが、若干高いかなという 感じです。 ハイブリッドはルーミーにはありませんので、 比較は難しいのですが、ハイブリッドになると 価格もワンランク上がる感じです。 シエンタのフルモデルチェンジが2015年でした ので、市場に出回っている中古車もややシエン タが古いタイプがあります。 その影響で、中古車相場の平均に開きがありま す。 ただし、平均的にはルーミーとシエンタの中古 車相場は、ほぼ同じと思われます。 実際の売り上げなどの人気はどうでしょうか? データを調べると 2017年4月~2018年3月の販売台数順位では、 ルーミー:19位 シエンタ:15位 実際の販売台数では、 ルーミー:79,247台 シエンタ:90,756台 約10,000台多く台数を売り上げているシエンタ の人気が高いことがわかります。 燃費は車を購入後の維持費の大きく影響をして きます。 シエンタとルーミーの燃費はどのくらい違うの でしょうか? ルーミーにはハイブリッドは販売されていない ので、ガソリン車の燃費を比較しました。 2WD 4WD ターボ(2WD) ルーミー 16. やはりルーミーは、1. 0Lエンジンなのに対して シエンタは、1. 5Lエンジンという事で、エンジ ンの大きさは燃費に影響をしています。 仕方ないといえば仕方ないのですが、車の使用 用途によっては、燃費が良いルーミーという選 択肢も、燃費という点からみれば賢いですね。 外観(外回り)サイズや、室内(車内)サイズ を比較していきます。 全長は圧倒的にシエンタが長く、7人乗りでは 最低でもこのぐらいの長さが必要になります。 幅はそこまでの差はなく、高さはルーミーが 高くなります。 7人乗りのシエンタに対して、5人乗りのルー ミーですが、室内空間の広さが特徴というだけ あって、高さをとることで、空間を広げている ようです。 【タイヤサイズ】 シエンタとルーミーのタイヤサイズです。 もちろんカスタムで変更もできます。 【収納力・座席バリエーション】 シエンタとルーミーですが、多くの人が気にな るのが収納力と座席ではないでしょうか。 ルーミーもかなり力を入れている箇所ですが、 シエンタも座席バリエーションがとても豊富で 使用用途に合わせた使い方ができるようです。 運転席には、ドアポケット・ドリンクホルダー があり、ペットボトルから紙パックのものまで 対応できるので、どんな形状のものでもしっか りホールドすることができます。 助手席には、ドアポケット・ドリンクホルダー 以外にオープントレイ、グローブボックスがあ り、オープントレイには財布やスマホ、小物な ども置けるのでとても便利です。 さらに、助手席の下にはアンダートレイが装備 されているので、汚れてしまった靴や履き替え 用の靴を収納しておけます。 女性の方はヒールやブーツなどの運転しにくい 靴を履いている場合に、替えの靴を入れておけ るため、あると重宝します。 センタークラスターパネル部分にはポケットが 2つ装備されており小物などを収納できます。 センター部分はプラスチックのトレーになって おり、ハンドバックなどをそのまま置くことが できるので、助手席に人が乗っていても置き場 所に困りません。 センターコンソールがないことによって、ウォ ークスルーになるので後部座席に移動するのも 簡単です。 その分収納が少なくなってしまいますが、他の 収納で十分補えます。 後部座席には、シートバックテーブルやドリン クホルダーポケット、シートバックポケットな どが装備されています。 シートバックテーブルはドリンクや小物などが おけるスペースとなっていますが、この装備は 全グレードでメーカーオプションになってしま い標準装備ではありません。 後部座席のサイドにはドリンクホルダーやトレ ーが装備されています。 運転席側には、ドリンクホルダーとトレイ・照 明が付いています。 助手席側はドリンクホルダーとトリムポケット になっています。 左右で収納できる大きさが若 干違います。 また、後部座席のシートを前面にスライドさせ てしまうと、このドリンクホルダーポケットが 使用できなくなってしいます。 運転席・助手席の収納と比べると、後部座席は やや収納面では劣りますが買い物フックなども 装備されているのでユーザーのニーズをしっか りと取り入れられた作りになっています。 後部座席をスライドしたり、リクライニングす ることで様々なものを積むことができます。 バックドアの開口幅は1077mm、開口高1080mmと なっており、さらに地面からの高さも527mmと 低くなっていますので、荷物を出し入れが楽に できます。 シートを倒せば、奥行きが1540mmと拡大するた め、自転車を2台積めたり、長いものも積める ので、とても便利です。 デッキボードの下にも収納が用意されているの で、キャンプなどのアウトドア用品や洗車グッ ズの収納に役立ちます。 さらにデッキボードを反転させると汚れ防止の シートが格納されているので、これを広げれば 車内に汚れたものでも積み込めます。 しかし後部座席シートを床面にダイブインさせ る場合、スライドドア側に回り込んで操作する 必要があるので、この部分が少し欠点となって しまいます。 5人乗り、6人乗り、7人乗りとそれぞれのバリ エーションがあります。 また、座席の使い方で、様々な収納もできるの が特徴です。 一例にはなりますが、座席を倒すことで収納場 所を広げることができます。 更には、トランクも使い方で、多くの荷物が積 めます。 オプションで部品が必要にはなりますが、通常 の移動からアウトドアまで仕様用途が幅広い特 徴があります。 ルーミーとシエンタで比較をして見ると、やは り長さがある分、収納能力はシエンタの方が、 高いと言えそうです。 やはり同じトヨタという事だけあって、大きな 違いはなく、ルーミーもシエンタも同じように 安全性能の高い車といえます。 後部座席のサイドにも付いていますので、子 供も安心です。 昔の車と比べると安全性は向上しています。 家族での旅行や日常の送り迎えもなにがある かわからないからこそ安心です。 正面だけでなく、横から突っ込まれたり、後 ろから突っ込まれたりと事故はどこで何があ るかわからないからこそ、安全機能は大切で す。 シエンタもルーミーもファミリー層に人気のあ る車だけに、やはり子供を乗せる機会も多くな るかと思います。 安全性能についてはしっかりと理解をしておい た方がよい項目になります。 【加速性能】 シエンタとルーミーの加速性能についてはどう でしょうか? 加速性能について結論からいうと、シエンタの 方が断然いいといえます。 ルーミーについてはターボ以外はやはり1. 0Lエ ンジンの影響もあり、加速はあまり期待ができ ません。 普通に街乗りで使用する分には全く問題ないの ですが高速道路の合流であったり、大人を4人 以上乗せた場合には、少し加速の弱さが感じる ようです。 シエンタについては、1. 5Lエンジンだけあって 加速について特に不具合はありません。 もちろん2. 0Lのミニバンなどと比べると加速と しては劣る部分はありますが、普通に運転する には問題ありません。 ただし、7人乗せた場合には明らかに力不足は 感じるようです。 【まとめ】 シエンタとルーミーについて比較してきました が、どういった使用をしたいかによってどちら の車がいいかも決まってくると思います。 燃費などを含めた維持費で比較をすれば「ルー ミー」、加速などの乗り心地で比較をすれば 「シエンタ」でしょうか。 車内スペースは通常の乗る人数や荷物にもより ますので、どちらとも言えませんが、多くの人 数を乗せたり、荷物を載せることが多い人は、 「シエンタ」ですし、最大で5人しか乗せなか ったり、通勤などに使うなら「ルーミー」でも 十分かと思います。 「 トヨタシエンタ」の購入を検討中の方への 一助になれば幸甚です。 さらにシエンタは、コンパクトミニバンに おいてトップクラス。 なかなか価格は安くなりそうにありません。 非常に多くのかたが、家族や友人に相談して もまともに相手もしてもらえず、また聞いて もらったところで、大した情報がなく欲しい 車に手が届かないと悩んでおられます。 そんな方にオススメの 『裏技』をご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを 使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多いようです。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り 会社の最大10社があなたの車の買取価格を 競ってくれるので、愛車を最高値で売却する ことができるのです。 一括査定サイトを使えば、悩みを解決する だけでなく、欲しかった 「オプション品」 も追加で装備する費用に充てることも できそうです。

次の

売れている!人気のトヨタ「ルーミー」ダイハツ「トール」に試乗

トヨタ ルーミー

本体 価格 126. 7万円 支払総額 137. 6万円 トヨタモビリティ東京 U-Car新小岩店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 158. 4万円 支払総額 169. 3万円 トヨタモビリティ東京 江戸川中央店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 134. 8万円 支払総額 145. 7万円 トヨタモビリティ東京 U-Car足立北綾瀬店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 102. 3万円 支払総額 113. 2万円 トヨタモビリティ東京 U-Car秋津店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 158万円 支払総額 168. 3万円 西東京カローラ 八王子マイカーセンター• 本体 価格 124. 8万円 支払総額 135. 7万円 トヨタモビリティ東京 U-Car金町店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 139. 7万円 支払総額 151. 4万円 トヨタモビリティ東京 U-Car葛西店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 128. 8万円 支払総額 139. 7万円 トヨタモビリティ東京 U-Car谷原光が丘店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 99万円 支払総額 109. 9万円 トヨタモビリティ東京 U-Car成城喜多見西店(旧:東京カローラ)• 法定費用 自動車税(含. 未経過相当額)、重量税、環境性能割、自賠責保険料(含. 未経過相当額) 販売店手数料 検査登録手続代行費用、車庫証明手続代行費用、預り法定費用(検査登録・車庫証明)、公正証書作成費用• <ご注意>以下の場合等で支払総額が変わります。 ・自宅など、指定の場所へ納車を希望される場合• ・販売店所在地の所轄陸運支局以外で登録を希望する場合• ・登録月が、商談開始月からずれる場合• ・他の販売店経由で商談、購入の場合•

次の

トヨタルーミーの色(カラー)は何種類?人気色やタンクとの色の違いはココ!|ブロリーの自動車情報ブログ

トヨタ ルーミー

概要 ルーミーは、LivingとDrivingを掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」がコンセプト、そしてキャッチフレーズで、CMには当初、とが起用されていた。 なお、本車種はであるが製造・販売する「 」をベースに、OEM供給されているモデルである。 とではデザイン違いの姉妹車「 」としてルーミーと同時に発表・発売され、(旧・富士重工業)では日本市場ではおよそ22年ぶりのブランド復活となる「 」として発表された。 尚、唯一先代車種のないトヨタ店では既存のより車種として取り扱う。 機構・メカニズム エンジンはOEM供給元であるトール同様に、仕様の1KR-FE型と、ターボ仕様の1KR-VET型の2種類が用意される。 デザイン フロントフェイスは厚みのあるデザインのヘッドランプに、面を強調させたデザインのフロントグリルとメッキフロントアッパーグリルで構成されており、カスタムはフロントスポイラーを追加し、フロントグリルをメッキ化、メッキフロントアッパーグリルを専用デザインに変更している。 リアの車名エンブレムはOEM供給元のトールや兄弟車のジャスティの右下に対し、左下に装着される。 なお、標準車は富士重工業向けの兄弟車であるジャスティと、カスタムはOEM供給元のトール カスタムと、エンブレム類及びカスタムのリヤランプ(テール&ストップランプ)色を除いてデザインが共通となっている。 ボディカラーは新規色の「ブリリアントカッパークリスタルマイカ(オプションカラー)」、「レーザーブルークリスタルシャイン」2色を含む9色を設定し、カスタムには、2トーン色5色も設定している。 なお発売時点では「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」は姉妹車のタンク・OEM元のトール・兄弟車のジャスティには設定されていないルーミー専用色で、逆に姉妹車のタンクや兄弟車では設定のある「インペリアルゴールドクリスタルメタリック」が唯一設定されていなかった。 2018年11月の改良でトール・ジャスティの設定色についてはこの2色が入れ替えられたため、以後の「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」は3車種設定色となる。 年表 2016年11月9日 同日、発売。 NA車の「X」・「G」・「カスタムG」は衝突回避支援システム「スマートアシストII」の有無を選択可能。 「X"S"」・「G"S"」・「カスタムG"S"」は「スマートアシストII」を搭載するグレードである。 また、ターボ車の「G-T」と「カスタムG-T」は「スマートアシストII」が標準装備される。 2017年12月20日 「ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車」を設定。 (2018年3月1日発売) ラインアップは「Aタイプ」と「Bタイプ」があり、「Bタイプ」には電動スライド式の車いす収納装置が標準装備される。 ベース車両は「X"S"」と「G"S"」の2タイプを設定。 また、衝突回避支援システム「スマートアシストII」を標準装備している。 2018年11月1日 一部改良。 同時に特別仕様車「G"Cozy Edition"」を発売。 既採用の「スマートアシストII」において、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者検知に対応、オートハイビームの追加などを行い「スマートアシストIII」に強化するとともに、「スマートアシストIII」搭載車にはコーナー(フロント・リア共に4個、接近お知らせ付)が標準装備された。 グレード体系が一部変更され、「G」、「カスタムG」は従来の「G"S"」、「カスタムG"S"」を吸収統合し、「スマートアシストIII」が標準装備された。 「ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車」もベース車に準じた改良が施され、従来の「G"S"」は「G」に変更した。 特別仕様車「G"Cozy Edition"」は、「G」をベースに、シート表皮を撥水機能付の専用ファブリックに変更するとともに、「コンフォートパッケージ(運転席・助手席シートヒーター、シートバックテーブル 買い物フック・ドリンクホルダー2個付、運転席・助手席 )」と「ナビレディパッケージ(バックカメラ、ステアリングスイッチ オーディオ操作 )」を特別装備、さらに、メッキのバックドアガーニッシュ・フロントインサイドドアハンドル・レジスターノブを採用したほか、室内にはピアノブラック塗装やシルバー加飾が施された。 ボディカラーは6色が設定される。 2020年5月1日 を除く全ての地域での全車種併売化に伴い、トヨペット店と・ネッツトヨタ東都を除くネッツ店での販売を開始。 姉妹車のタンクも一緒に併売される。

次の