スピーカー フォン。 【2台連結可能】『eMeet Luna』はコスパ最強のスピーカーフォン

会議用有線スピーカーフォン

スピーカー フォン

キャリアは25年目に突入。 専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。 ITライターの海老原 昭さんに、スピーカーフォンの選び方とおすすめ商品について取材しました。 地方支社や海外企業とのやり取りやリモート会議に便利なスピーカーフォン。 いざ必要になってみるとなにを基準に選んだらいいかわからない人も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、接続方法や指向性など選び方のコツやおすすめ商品を紹介しています。 ぜひ参考にして、円滑なビジネスに役立ててください。 会議室の場合、USB接続が安心 スピーカーフォンの接続は、 AUXやUSBといった有線式と、Blueotoothなどの無線式があります。 会議室など固定したシチュエーションで使う場合は、USB接続のものが便利です。 接続が安定していることに加え、電源も供給されるため、バッテリー残量などを気にせずに使えます。 一方、Bluetooth接続はケーブル長などに縛られずに使えますが、接続が安定しないケースもあります。 ただし、Bluetooth接続のものは、USB接続も兼ねられるものが多いため、保険が効くという考え方もあります。 スマートフォンで使う場合、NFCやLightning接続のものもあります。 NFCの場合、接続手続きまでがNFCで、結局はBluetooth接続になりますが、ワンタッチで使えるようになるのは便利です。 音響メーカーならではの高音質 ヘッドフォンなどの音響機器メーカーであるゼンハイザーの会議用システムの最小モデルで、ウェブ会議などに対応する製品です。 接続はUSBまたはAUXで、PCで使うならUSB、スマートフォンやタブレットで使うときはAUXを利用できます。 ケーブルは本体に収納できるので、持ち運んで使う際にも便利です。 同時利用人数は最大6人程度が想定されていますが、 2台のSP20をリンクケーブルで繋ぐことで、最大12人までの会議に対応します。 バッテリーで最大20時間利用できるので 、出張時には1台持っていき、戻ってきたら会議室で2台を接続して会議、といった使い分けも可能です。 音響メーカーだけあって音質の高さには定評があり、無線接続にこだわらなければおすすめの1台です。 オープンスペースでも使えるスピーカーフォン 日本を代表する音響機器メーカーであるヤマハの、スピーカーフォンシステムの最新モデルです。 対象となる人数は4〜6人程度が想定されています。 ユニークな機能として、専用の会議室ではなく、オープンスペースでも 周囲の雑音を拾わずに話者の音声だけを拾う「SoundCap」機能を搭載しており、場所を問わずにリモート会議が行えます。 また、AUX、USB、Bluetoothの各接続に対応しており、すべてを同時に接続することも可能です。 BluetoothはNFC機能でワンタッチペアリングに対応しており、スマートフォンと組み合わせて使う際に面倒な設定が不要になるなど、最新モデルだけあって、 多機能さや利便性の面でも隙のない一台に仕上がっています。

次の

会議用有線スピーカーフォン

スピーカー フォン

在宅勤務やテレワークをおこなう人も増えている昨今。 電話会議などに便利なスピーカーフォンに注目が集まっています。 キャンセリング機能や指向性などのポイントをもとに、おすすめの11機種を紹介します。 スピーカーフォンは、スマートフォンやPCなど既存の通信機器に接続。 スピーカーと集音マイクが一体化された本体で、離れた場所にいる人同士で自然な対話ができる製品です。 スピーカーフォンの特徴としては、次の3つが挙げられます。 複数人で通話できる まず、イヤホンマイクは装着した本人しか使えませんが、スマートフォンのオンフック機能を使えば複数の人と一斉に話せます。 スピーカーフォンを接続することでオンフック通話を手軽に行うことが出来るだけでなく、スピーカーにより広い範囲に音声を届けることが出来ます。 マイクを使って意見がある人が順次発言出来るので、電話会議やテレビ会議といった法人用途で重宝します。 スピーカーフォンを使って建設的な意見を互いに求め合う時におすすめです。 両手が離せない状況でも通話できる 次に、手が離せない時に使うパターンとして、オンラインゲーム時の音声チャットを思い浮かべると分かりやすくなります。 両手が塞がっている状態でも、 スピーカーフォンを使えばプレイしながら同じチーム内で連携出来るので、作戦面からも有利になります。 運転時など手が離せない時にスピーカーフォンがあれば、 安全な状況を維持しながら相手との会話が可能になります。 また、スピーカー音量と内蔵マイクの種類により、集音可能な範囲を決めることが可能です。 マイクの指向性を調整できる スピーカーフォンの周囲に数人だけいる状態で誰の発言であっても拾えるような用途におすすめのモデルがある一方で、 指向性マイクを採用して特定方向からの発言のみが相手に大きな音として伝わるタイプも存在します。 誰がいつどのような用途で使うスピーカーフォンなのか、特徴を調べた上で選べば、当初から想定していた通話を快適に行えます。 製品ごとのカスタマイズ性が高いからこそ、多様なスピーカーフォンが登場しているわけです。 スピーカーフォンの選び方 エコー・ノイズのキャンセリングの機能で選ぶ スピーカーフォンにはマイクとスピーカー両方が内蔵されているので、スピーカーから出た音をマイクが拾ってしまいハウリング音が「キーン」と鳴ってしまう場合があります。 大半のスピーカーフォンには エコーキャンセリング機能が付いていますが、商品紹介欄に記載がなければ念のため機能詳細欄を確認してください。 また、スピーカーフォンを使用中に会話内容をキーボード入力する場合には、 打鍵音をマイクが拾って相手に聞こえてしまわないようにノイズキャンセル機能が欲しいです。 大事な商談では相手への配慮を怠ると取引上、不利になりかねません。 エコーキャンセリングとノイズキャンセル機能の両方が付いた機種をおすすめします。 指向性の有無を確認する 様々な用途で使われるスピーカーフォンは 機種ごとの詳細欄を確認することが大事で、 特に集音半径と指向性の有無を確認する必要があります。 マイクが音を拾える範囲を示す集音半径は1mからモデル展開されていますが、オンラインゲームのボイスチャットが目的なら1mで、指向性マイク搭載の機種で間に合うでしょう。 1~2名程度で使う場合は集音半径が3mくらいあれば十分ですが、3~5名以上で利用する際には5m程度必要とされています。 スピーカーフォンには、立て掛け式の小型タイプと机の真ん中に置いて周囲を囲んで会話する会議向けがあり、 指向性の有無は利用する人数により使い分けると良いです。 1人で決まった席での利用ならば指向性、スピーカーフォンを囲んでの複数人通話ならば360度対応の無指向性マイクがおすすめです。 中には10人程度で利用出来るタイプもあるので、形状と集音半径・指向性有無の確認は必須です。 Bluetooth機能の有無を確認 スピーカーフォンは会議向けの製品が多いため有線接続タイプが一般的でした。 しかし、 近年は無線技術が進歩してBluetooth接続に対応した機種が増えています。 伝送距離が10m~20m程度とスピーカーフォン設置に適した距離となっているため、ケーブル類を最小限とするために重宝されています。 一方、5名を超える人数でスピーカーフォンを利用する際には、 有線接続タイプの中でも連結機能を有した機種がおすすめです。 複数台を数珠繋ぎにして長机の上に置けば、複数のスピーカーフォンを1つのスピーカーフォンとして利用出来るからです。 最寄りのスピーカーフォンへ話しかければ相手に声が伝わるので、10人程度の人数で知恵を出し合わなければならない用途に向いています。 最大何連結出来るのかといった点は、会議用スピーカーフォン選びでは重要なチェック項目です。 オートゲインコントロールが便利 参加者が多いWEB会議では映像と合わせてスピーカーフォンが机の上に設置されることが多いです。 議論の途中で相手から何度も聞き返されてしまうことがありますが、これはスピーカーフォンと発言者との距離がバラバラなために音量にバラツキが出ることが考えられます。 オートゲインコントロールと呼ばれる機能が付いた製品なら、発言者の距離を自動的に検知して一定音量に増幅して相手に伝送するので、発言内容が明確に伝わりやすくなります。 位置検出機能が付いた製品なら、発言者の位置を認識して集音力を個別に高めることも出来ます。 スピーカー性能を重視しがちになりますが、コミュニケーション手段と考えると内蔵マイクの性能はとても大事です。 相手が聞き取りやすい製品を使うことがビジネスで役立ちます。 スピーカーフォンのおすすめ• Jabra• Jabra SPEAK 510• 税込20,000円• デバイス選択の自由度が高いスピーカーフォン• タブレットやスマートフォンなどのあらゆるデバイス機器とBluetoothを使って接続することができます。 もちろんUSBケーブルにも対応していますのでPCとの接続も簡単です。 会社内と外出先の両方でスピーカーフォンを使いたい場合におすすめの製品です。 1回の充電で最大15時間の通話が可能となっています。 Jabra Link 370 USB アダプターに対応しているので、Bluetooth Class1機器との接続ならば通常10mの通信範囲を30mまで拡大出来ます。 内蔵の無指向性マイクにより、どの方向から話しても相手にはクリアな音声を伝えることが出来るので会議に集中出来ます。 スマートボタンを有効にすれば、Jabra Directにより予め設定しておいた連絡先へワンタッチダイヤルを行ったり音声コントロールを使えたり出来ます。 サンワサプライ• WEB会議小型スピーカーフォン• 税込み14,419円• 持ち運びに便利な小型サイズ• 縦横11cmのスピーカーフォンです。 持ち運びに便利な小型サイズでありながら、約5mの範囲で集音できる高感度マイクを搭載しています。 USB接続の小型スピーカーフォンとして既存のPCへ接続するだけですぐに使用可能な製品です。 集音半径5mとエコーキャンセリング機能により、小型でありながらスピーカーフォンとして役立ちます。 DSPデジタル信号処理が行われているので、ノイズが少なく2つのスピーカーユニットを内蔵しているためにプレゼンで音楽再生にも使えます。 USBバスパワー給電に対応しており、外出先でも活躍します。 Skypeや各種テレビ会議システムでも使用でき、1名~数名程度でスピーカーフォンとして使う際に手軽に持ち運べるおすすめのスピーカーフォンです。 ヤマハ• ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム YVC-330• 税込み57,960円• スムーズな音声コミュニケーションを実現• 高性能の適応型エコーキャンセラーやマイクでの音声判定機能など、ヤマハが長年培ってきた音声技術を搭載した少人数使用におすすめなスピーカーフォンです。 音声とノイズをしっかりと分けることができます。 USBバスパワー給電で動作し、少人数におすすめなスピーカーフォンです。 推奨集音半径1. 5mと最大集音半径3mの性能を有し、USB・Bluetooth・オーディオ接続に対応しています。 YVC-330ならではの特徴として、複数の音声入力をミックスして配信出来る仕組みが採用されているので、オーディオ接続とUSB接続の同時使用が可能です。 Bluetooth接続時にはNFCタッチによるペアリング設定が出来るので、スマートフォンとの連携もしやすくなっています。 オプションの連結ケーブルを使えば、もう1台のYVC-330と接続した使い方もでき、デイジーチェーン接続によるテレビ会議に重宝します。 eMeet• ワイヤレススピーカーフォン• 税込み26,999円• 高感度のマイクを搭載• 半径約8〜10mの範囲で集音可能な高感度マイク搭載。 話し手の方向を自動的に検知してクリアに集音してくれる「位置検出機能」があり、LEDでその方向を示します。 eMeetのスピーカーフォンは、2500mAhのリチウムイオン電池内蔵で、最大で12時間の連続使用が可能。 特許取得済みのVoiceIA技術を従来よりも強化し、さらに奥深く豊かな音声の再生まで実現。 エコーキャンセリング機能とノイズキャンセリング機能搭載で、クリアな音声通話を楽しむことができます。 さらに話し手の方向を自動的に検知してクリアに集音してくれる「位置検出機能」があり、LEDでその方向を示します。 大人数での会議にぴったりと言えるでしょう。 ゼンハイザー• 5mm4極接続 スピーカーフォン SP20 ML 506050• 税込み19,980円• 3者通話が可能なスピーカーフォン• 4極コネクタ接続タイプで、3者との通話を楽しむことができます。 ゼンハイザーならではの性能で高音質の音声を実現しています。 ゼンハイザーSP20は、プラグアンドプレイによるUSB接続と3. 5mmピンプラグの2種類の接続方法に対応したスピーカーフォンです。 2系統の入力を介した3者通話にも対応しているので、スマートフォンとPCへ同時接続した使い方に対応しています。 リチウムイオンバッテリーを内蔵していて、2. 5時間の充電で30時間待受と20時間連続再生が出来ます。 一般的なスピーカーフォンよりも高音質なネオジムドライバーユニットを採用しているので、普段は音楽鑑賞用に使いたい人にもおすすめです。 集音半径は1. 5mと近距離を対象にしているので、比較的少人数向けのスピーカーフォンとして活躍します。 Kaysuda• PC USBマイクロホン• 税込み5,799円• 多目的に使用が可能• 音声を使った学習やビデオチャットなどにオススメの高品質全指向性マイクロホンです。 確かな集音機能だけでなく、周りの反響および雑音を抑え、通信する際の最善の音質を確保する機能もついています。 ビデオ会議やEラーニングといった用途に適したスピーカーフォンです。 USB接続が可能で、PS4やNintendoSwitchなどゲーム機への接続も出来ます。 集音半径は3mでエコーキャンセリング機能も搭載。 スピーチショーや小規模ミーティングを、遠隔地と行う時などにおすすめのモデルです。 本体はわずか105gと軽く専用ポーチも付属しているので、外出先に気軽に持っていって使えます。 PCへの接続時には「HP USB Speaker Phone」と認識されるので、PC環境が変わっても録音デバイスとして設定するだけで、すぐに利用できる手軽さもポイントです。 Jabra• Jabra スピーカーホン SPEAK 410-FOR PC• 税込み19,600円• 持ち運びしやすい無指向性スピーカーフォン• 本体重量180gと軽く、持ち運びにぴったりのスピーカーフォンです。 内蔵された無指向性マイクがしっかり音を拾うので、ビジネスの場でも安心して使えます。 コンパクトで持ち運びしやすい「Jabra スピーカーホン SPEAK 410」。 無指向性マイクが内蔵されているため大人数の会議などにも使え、ビジネスの場にぴったりです。 HDフルボイスで互いの声が聞き取りやすく、使用感も安定しています。 内部はデジタル信号処理されているため、不要な環境ノイズを軽減出来るスピーカーフォンが欲しい人におすすめです。 Anker• PowerConfスピーカーフォン• 税込み12,980円• 6つの全指向性マイクで集音抜群• 優れた音声処理機能でストレスフリーな使い心地。 高性能なのに比較的安価なのも嬉しい。 エコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能を搭載しており、音声処理も優秀でクリアな聴き心地。 さらにオートゲインコントロール機能によって音量を最適化してくれるので、距離によって声が届かない人が出てくる心配もありません。 Revolabs• USBスピーカーフォン FLX-UC500• 税込み42,925円• 4基の高性能マイクを搭載• 6人程度の会議にも使用可能な高性能単一指向性マイクを4基装備したスピーカーフォンです。 特徴的な立方体の形をしていて、四隅にマイクがついています。 4基の指向性マイクを4方向に取り付けることにより、360度からの集音を可能にしています。 スピーカーフォンにありがちな遠くの小さな音を拾いにくいという場面をカバーするために、集音半径が広い指向性マイクを4方向に配置。 マイク性能を引き上げています。 スピーカー性能にもこだわり、2基の高性能ドライバーユニットを搭載して高音質を実現しています。 会議のほか、オンラインゲームをしながらの会話などにも活用できます。 こちらの記事もおすすめ.

次の

【実機レビュー】Kaysuda ワイヤレススピーカーフォン!激安 Jabra の誕生か!?

スピーカー フォン

キャリアは25年目に突入。 専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。 ITライターの海老原 昭さんに、スピーカーフォンの選び方とおすすめ商品について取材しました。 地方支社や海外企業とのやり取りやリモート会議に便利なスピーカーフォン。 いざ必要になってみるとなにを基準に選んだらいいかわからない人も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、接続方法や指向性など選び方のコツやおすすめ商品を紹介しています。 ぜひ参考にして、円滑なビジネスに役立ててください。 会議室の場合、USB接続が安心 スピーカーフォンの接続は、 AUXやUSBといった有線式と、Blueotoothなどの無線式があります。 会議室など固定したシチュエーションで使う場合は、USB接続のものが便利です。 接続が安定していることに加え、電源も供給されるため、バッテリー残量などを気にせずに使えます。 一方、Bluetooth接続はケーブル長などに縛られずに使えますが、接続が安定しないケースもあります。 ただし、Bluetooth接続のものは、USB接続も兼ねられるものが多いため、保険が効くという考え方もあります。 スマートフォンで使う場合、NFCやLightning接続のものもあります。 NFCの場合、接続手続きまでがNFCで、結局はBluetooth接続になりますが、ワンタッチで使えるようになるのは便利です。 音響メーカーならではの高音質 ヘッドフォンなどの音響機器メーカーであるゼンハイザーの会議用システムの最小モデルで、ウェブ会議などに対応する製品です。 接続はUSBまたはAUXで、PCで使うならUSB、スマートフォンやタブレットで使うときはAUXを利用できます。 ケーブルは本体に収納できるので、持ち運んで使う際にも便利です。 同時利用人数は最大6人程度が想定されていますが、 2台のSP20をリンクケーブルで繋ぐことで、最大12人までの会議に対応します。 バッテリーで最大20時間利用できるので 、出張時には1台持っていき、戻ってきたら会議室で2台を接続して会議、といった使い分けも可能です。 音響メーカーだけあって音質の高さには定評があり、無線接続にこだわらなければおすすめの1台です。 オープンスペースでも使えるスピーカーフォン 日本を代表する音響機器メーカーであるヤマハの、スピーカーフォンシステムの最新モデルです。 対象となる人数は4〜6人程度が想定されています。 ユニークな機能として、専用の会議室ではなく、オープンスペースでも 周囲の雑音を拾わずに話者の音声だけを拾う「SoundCap」機能を搭載しており、場所を問わずにリモート会議が行えます。 また、AUX、USB、Bluetoothの各接続に対応しており、すべてを同時に接続することも可能です。 BluetoothはNFC機能でワンタッチペアリングに対応しており、スマートフォンと組み合わせて使う際に面倒な設定が不要になるなど、最新モデルだけあって、 多機能さや利便性の面でも隙のない一台に仕上がっています。

次の