バッサリ 情報。 横浜流星、髪をバッサリ切って男らしさがマシマシ… 『with』で眼福ビジュアル満載(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

「リモートでできたでしょ」加藤浩次、手越祐也の“会食理由”をバッサリ!(2020年6月25日)|BIGLOBEニュース

バッサリ 情報

会見を終え会場を後にする手越 元NHKアナウンサーの下重暁子(84)が24日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」に生出演。 ジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」手越祐也(32)が23日に行った記者会見について、バッサリと批判した。 手越の会見について、下重は「この人の生きている社会は、ファンと事務所しかない」と指摘。 さらに「社会にはいろんな人がいるんですよ。 もっと勉強をしないといけない」とピシャリ。 続けて「人に迷惑をかけない。 そこをきちんと踏まえておかないと絶対に成功しないと思います」「社会の捉え方が私たちとは違うなと思う」と話した。 会見で手越は、週刊誌で報じられた新型コロナウイルスの感染拡大に伴って緊急事態宣言が発令された期間中に女性らとの酒席に参加したことについて、医療従事者や実業家らと今後について話をしていたと説明していた。 これについて下重は「私、この実業家っていうのが引っかかるんですよ。 一体何なんですか? そこをはっきり言わないとだめですよ」と厳しくコメントした。

次の

元NHK・下重暁子が手越会見をバッサリ「社会の捉え方が私たちとは違う」

バッサリ 情報

俳優の横浜流星が、27日発売の女性ファッション誌『with』8月号(講談社)に登場。 ドラマの役柄に合わせてバッサリと髪を切り、ますます男らしさが増しまぶしくなった姿を披露した。 昨年放送のドラマ『初めて恋をした日に読む話』で一気にブレイクした横浜。 その後も多数のドラマ・映画に出演し、今年3月には『第43回日本アカデミー賞』で新人俳優賞を受賞した。 今夏放送で女優の浜辺美波とW主演を務めるドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)では、創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿を演じる。 約1年ぶりとなる同誌の撮り下ろしでは、ドキッとするほど美しい横顔や、カメラを真剣に見つめる熱い眼差しなど眼福なビジュアルが満載。 インタビューでは、ドラマの見どころや共演する浜辺の印象、同じくドラマ共演者で実は高校の同級生でもあるという高杉真宙とのエピソードなどを語っている。 同号にはそのほか、ジャニーズJr. のHiHi Jets、神田伯山、宇野実彩子(AAA)、滝沢カレン、みやぞん(ANZEN漫才)、マリエ、ゆりやんレトリィバァ、岡田健史などが登場する。 ORICON NEWS (提供:オリコン) 関連リンク• カテゴリ エンタメ総合 記事URL.

次の

麻生太郎氏、新型コロナで中国・英国をバッサリ! 「船籍は英国だが何一つ発言しない…割を食っているのは日本じゃねえか」歯に衣着せぬ“麻生節”炸裂:イザ!

バッサリ 情報

お話を伺ったのはBIシステムのコンサルティングでは第一人者の平井明夫氏である。 前編となる本稿では、RDBMS製品の変遷と最新のトレンドについて整理する。 まず、RDBMS製品の歴史とその背後にどういった動きがあったのかを知っておきましょう。 マーケティング部 マーケティングディレクター 平井明夫氏 RDBMSのマーケットが最も成長し、実力の拮抗したベンダが激しく争っていたのは10年くらい前のこと。 Oracle、Sybase、Informix、Ingresの各ブランドが「4大RDBMSベンダ」と呼ばれていました。 当時すでに業務系(データの検索と更新が大量に発生するトランザクション中心のシステム)、情報系(蓄積した大量のデータを分析するシステム)の両方にデータベースのニーズが存在していましたが、現在とはだいぶ様子が異なっていました。 特に情報系システムのRDBMSでは、まだ単純に検索パフォーマンスを争っていたという印象があります。 ベンチマークテストの結果が繰り返し発表され、「どの製品が一番速かった」といった議論に花を咲かせていたのです。 その後、時代とともにいろいろなベンダが淘汰されて、勢力地図も変わってきました。 有名なところでは、当時はSybaseのブランドだったSQL Serverが、現在のマイクロソフトのSQL Serverに変わったり、InformixがIBMに買収されたりしました。 情報系の分野、それも大規模なデータウェアハウスの世界では、あまたの競合製品の中でOracleだけがシェアを大きく伸ばしたという結果になっています。 一方、ミッドレンジから下のマーケットでは、Windowsプラットフォーム限定とはいうものの、マイクロソフトのSQL Serveが着実に力を付け、かつスケーラビリティもアップして、現在ではオラクルに次ぐ地位を築いています。 非常に駆け足ですが、以上がいま私たちの見ているデータベース市場の勢力図の変遷です 注1。 注1 :(IDC Japan)などでは、IBMのDB2、富士通のSymfoware、日立のHiRDBの名前も挙がるが、この3製品はベンダの提供するトータルソリューションの一部として採用されることが多い。 今回の記事では、単体の製品として語られることの多いOracleとSQL Serverを中心に業界動向を考察している(編集部)。 情報系システムのユーザーニーズに限ってみると、1995〜2000年ころまでは、ひたすら大規模データベース(以下、VLDB:Very Large Database)化が進められました。 この中心となったのは通信・金融業界、加えてPOSデータの分析にデータベースを活用していた小売業界があります。 当時のVLDB化の大きな動きには、こうしたデータ量が巨大になる業務システムを使っている業界の情報系システムを中心に、非常に大規模なデータベースを高速に検索したいというニーズがあって、それに対する機能強化という形でデータベース・ベンダ側が開発に奔走したという背景があります。 通信業界でも特徴的なのは携帯電話です。 NTTドコモをはじめとした各キャリアのデータウェアハウスは急激に巨大化し、そのデータ量はテラバイトをあっという間に突破してしまいました。 コンビニ業界ではセブンイレブンを筆頭に、POSデータを分析するために、各社ともかなり大規模なデータベース+高速クエリのシステムを構築していたのです。 このリーディングエッジに当たる分野で、VLDB化の流れの先導役を演じたのはOracleで、圧倒的な実績を収めていました。 Oracle7から始まって、Oracle8、Oracle8i、そしてOracle9iがリリースされた2001年ころまで、ブランドの威信にかけて強力にVLDB化を追求していったのです。 もちろん同時に、ミッションクリティカルな業務系に向けた機能強化にも力を入れていましたが、やはり中心となったのはVLDBでした。 たしか、Oracle9iでは「ペタバイトまで対応可」という触れ込みでした。 もちろんペタバイトというデータベースはいまだに実装レベルではほとんど存在していませんが、理論値ではそこまでいけるという話だったと思います。 そういうエピソードからも、当時のオラクルの意気込みが伝わると思います。 その中でも特筆すべき項目の1つが、「パラレル系並列処理」です。 いわゆる、パラレルクエリですね。 パラレル処理の場合は、比較的シンプルにパラレル化して結果が出ればいい。 情報系の処理ではトランザクションのコミットなどの排他制御はないので、わりと多重化しやすいのです。 このため、パフォーマンスが速ければいいという当時の風潮の中で、追求しやすい技術分野だったともいえます。 次に反響が大きかったのは、「パーティション技術」です。 例えば「レンジパーティション」と呼ばれる、1カ月ごとなどの連続的ドメインに沿ったパーティションとか、あるセグメントに関してパーティションを作って、その中でクエリをかけると非常に速いとか、あるいは大量データのドロップやアップデートをかけるのに速いといったメリットが受け入れられました。 このため、当時はかなり利用された技術です。 上の2つは当時としては真新しい技術でしたが、こうした新技術を積極的に製品に取り込んでいった革新性という面でも、Oracleは非常に支持されていました。 当時のOracleはほとんど途中から1人勝ち状態だったのですが、こうした技術戦略の背景には、ブランド力の確立という目標も大きかったと思います。 ブランド力が上がって注目度が高まれば、当然日本のSIer(システムインテグレータ)やユーザー企業はオラクルを採用するという動きが起こってきます。 その結果、導入実績が増えれば技術者のスキルの蓄積がさらに加速し、相乗効果によるサイクルが回るようになります。 現在のエンタープライズ分野では、こうしたダイナミクスがシェア獲得のうえで重要で、対抗するベンダはキャッチアップできなかったということでしょう。 ほかのベンダ製品もスペックではOracleに拮抗するレベルに達しているのですが、技術者のノウハウやスキルという部分では、Oracleに追い付けなかったのです。 大規模な情報系システムでは、以上のような理由でOracleが圧倒的に強いのですが、市場シェアがある程度まで満たされてくると、その一方でニッチマーケットというのが必ず生まれてきます。 ここに、特殊セグメントならば飛び抜けて強いというベンダが出てきます。 そうした分野で、当時Oracleに対抗して健闘していたのが、Red Brickです。 汎用データベースではなく、検索専用のデータベースとして特殊なインデックス技術を使っていました。 例えばバルクロードといって一度に大量のデータの更新をかけたり、複数のインデックスで集計データを取るといった局面になると、Oracleをどうチューニングしてもかなわないような、強力なパフォーマンスを見せていました。 DBサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。 今回は、Oracle SE2の「CPUスレッド数制限」がどんな仕組みで行われるのかを検証します• 今回は、「ドメイン参加後にSQL Serverが起動しなくなった場合の対処方法」を解説します• 今回は「より高度なSQL実行計画を取得するために、理解しておいてほしいこと」を解説します• 今回は、「各種ガイドラインが示すコンプライアンス要件に、データベースのセキュリティはどのように記載されているのか」を解説します 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料).

次の