西田 敏行。 西田敏行の娘の画像や家族構成まとめ。現在病気で癌なの?

西田敏行 訴えられた「腕折り」と書いたブログ3人は誰で内容は?

西田 敏行

koback. そして、子供のうち長女は 彩夏(あやか)さんと言う名前で1976年生まれという事です。 なので、 現在は40歳を超える年齢となっています。 また、次女の名前は 梨沙(りさ)さんと言う名前で、 長女の翌年に生まれてると言う事なので、年齢は姉と同じく40歳を超えてると言えます。 そして、父親が有名な俳優で母親も元女優だけに、その娘も当然影響を受けて女優を目指してると思われましたが、残念ながらそのような情報は一切出回っていませんでした。 ただ、1980年代に西田敏行さんがドラマで活躍して有名になった頃、 雪印「ネオソフト」のCMに出演されていた事がありました。 その際、結婚した嫁や幼い娘さん2人と共に出演されていたので、娘はけっこう早いうちから テレビ出演している事になります。 しかし今の所、 西田敏行さんの娘さんが女優をしているという情報は一切出て無いので、名前を隠して女優をやってると言う事も無さそうです。 もし、西田敏行さんの娘さんが何らかの芸能活動をしてれば、必ずどこかで情報は漏れるはずなので、隠し通して芸能活動をする事は不可能でしょう。 その為、恐らく西田敏行さんの娘さんは 「2人共に芸能界には進んでない」と言えるのではないでしょうか。 西田敏行の娘は結婚して孫はいる? 西田敏行さんの娘さんは2人共に40歳を超えてる年齢と言う事もあり、結婚しているのかどうかが気になる所でもあります。 しかし、西田敏行さんは普段テレビやインタビューでもあまりプライベートの事は話さないので、 正直娘さんが結婚して子供がいるのかどうかは不明です。 さらに、西田敏行さんはSNSなども一切やらない為、一般人はもちろん恐らく芸能関係者ですら、西田敏行さんのプライベートの事はほとんど知らないのではないでしょうか。 ただ、仮に娘さんが2人共に30歳くらいで結婚して子供を産んでいたとすると、現在は中学生くらいの子供がいる事になります。 そうなると、当然物心はついてる年頃と言う事で、おじいちゃんでもある西田敏行さんの存在は相当大きいものと言えるでしょう。 なので、今の時代に生まれた子供なら華やかな 「芸能界」に憧れてもおかしくはありません。 しかし、西田敏行さんの 「孫」の話なども一切出回ってない上、親族が芸能界にいるとの情報も無いので、今の所、家族では西田敏行さん以外は芸能活動をしてないと言えます。 ただ、もし西田敏行さんに孫がたくさんいた場合、一人くらいは芸能界を目指す事もあると思うので、今後そのような情報が少しでも出ればまた追記していきます。 西田敏行が結婚した嫁との馴れ初めとは? 西田敏行さんは1974年に4歳年下の女性、 「寿子さん」と結婚しています。 そして、西田敏行さんと嫁の寿子さんとの馴れ初めは、西田敏行さんが所属していた劇団 「青年座(せいねんざ)」に、寿子さんが研究生として入って来た所から始まります。 ちなみに 「青年座」とは、東京都渋谷区富ヶ谷にある 日本を代表する劇団の一つで、竹中直人さんも一時正座員として活動し、現在は女優の高畑淳子さんが在籍している事でも知られています。 また、西田敏行さんは1968年に 「青年座」に研究生として入り、2年後の1970年に卒業して正座員になりました。 なので、恐らく嫁になった寿子さんとは最初、正座員と研究生と言う立場で出会ったのではないでしょうか。 そんな西田敏行さんは、寿子さんに一目ぼれし、その後積極的にアプローチして関係を深めて行きます。 そして、ある日寿子さんの住む四畳半のアパートへ行った際、中にはヒビの入った鏡台が一つあるだけの殺風景な部屋だったそうです。 しかし、寿子さんは西田敏行さんに向かって 「女優だから鏡は必要だけど、それ以外は必要ない」とハッキリ言い切ったと言います。 西田敏行さんはそんな覚悟も持った女優の寿子さんに惚れ込み、それからしばらくして寿子さんの部屋へ転がり込むようになりました。 西田敏行の嫁は同棲を機に女優を辞めてサポートへ そして、同棲を始めた事を機に寿子さんは目指していた女優を辞め、西田敏行さんのサポートへと回り経済面でも支える事となります。 そんな献身的なサポートもあってか、西田敏行さんはその後テレビドラマで初主演を務めるなどの活躍をし、1974年に晴れて寿子さんと結婚しました。 また、結婚後はさらに活躍し、1977年には 『特捜最前線』、1978年には 『西遊記』などの人気ドラマで重要な役柄に抜擢なれるなど順調な役者人生を歩んでいきます。 特に、1980年に主演した 『池中玄太80キロ』では、第2シリーズで主題歌にもなった 『もしもピアノが弾けたなら』が大ヒット! 西田敏行さんは俳優だけでなく歌手としても活躍し、その人気を不動のモノとしました。 ただ、順調な役者活動を行っていた西田敏行さんですが2001年には手足がしびれる 「頸椎性脊髄症」を患い、2003年には自宅で 「心筋梗塞」で倒れ緊急入院する事態となっています。 幸い、無事に回復する事が出来ましたが、その裏では当然嫁の寿子さんの献身的なサポートがあったのは言うまでもありません。 なので、今の西田敏行さんがあるのは 嫁の寿子さんのお陰とも言えるので、西田敏行さんは完全に寿子さんには頭が上がらないのだそうです・・・。 しかし、こうした献身的なサポートをしてくれる嫁がいたからこそ、西田敏行さんもこれだけのキャリアを築けたとも言えるので、やはり成功するには 「嫁は重要」と言えるのかも知れません。 なので、娘さんが結婚して子供がいるのかと言うような情報も全く出ていません。 ただ、西田敏行さんは一応「探偵ナイトスクープ」と言ったバラエティー番組にも出演している為、もし「孫」などがいれば少しは話題に出そうな気もします。 しかし、20年近い出演ながらそのような事は一度も語られていないと言う事なので、真実はどうなのかは不明です。 なので、今後、西田敏行さんの「孫」に関する情報が何か出ればまた追記していきます。

次の

西田敏行の娘の画像や家族構成まとめ。現在病気で癌なの?

西田 敏行

《もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないでください。 この国を壊さないでください 検察庁法改正案に抗議します》 5月10日、ツイッターでこうつぶやいたのは、NHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演した俳優の井浦新(45)。 この投稿は、国会で審議されていた検察庁法改正案についてつぶやかれたものだ。 内閣の判断で検察幹部の定年を延長できる条項が盛り込まれている同改正案。 検察の中立性と独立性を揺るがしかねないとして、連日、日本中から強い批判が寄せられていた。 そして5月18日、与党は国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいとして、今国会での成立見送りを決定した。 「5月9日にツイッター上で『 検察庁法改正案に抗議します』のハッシュタグとともに抗議の声が拡散。 タグを使った投稿数は2日で700万件近くにものぼったといいます」(全国紙・社会部記者) 冒頭の井浦をはじめ、芸能界からも賛同者が続出。 小泉今日子(54)、西郷輝彦(73)、浅野忠信(46)、オアシズの大久保佳代子(49)、きゃりーぱみゅぱみゅ(27)など、俳優からミュージシャンまでさまざまな著名人がツイッターで抗議の声を上げた。 なぜ、これだけ多くの芸能人が声を上げたのか。 その一因を、ある芸能プロの幹部はこう見る。 「コロナウイルス感染拡大によって、コンサートや舞台などエンタメ業界では数千億単位の損害が出ています。 しかし、政府からは抜本的な補償の話はいまだ出ていない。 そんな状況下で正当性が疑われている法案を強行採決しようとしている政府に対して、タレントたちも思わず声を上げたのでしょう」 実際、2,600人の俳優が所属する協同組合「日本俳優連合」の理事長でもある西田敏行(72)も現状を憂う一人だ。 「自粛要請によってキャンセルになった舞台などの出演料を受け取れない俳優が続出。 西田さんは早くから俳優たちの窮状をさまざまなメディアで訴えていました。 5月14日、仕事終わりの西田に話を聞いた。 「みんなつらい思いをしながらも、我慢して自粛しています。 政府に要求したけど、歯牙にもかけない感じだしね……。 残念ながら、われわれ表現者はあまり優遇されていないので」 苦境に立つ俳優たちを慮りつつ、政府への不満を漏らす西田。 続けて、検察庁改正法案についても聞いた。 「改正案はおかしい! 私もそう思います。 果たしてそれをコロナが蔓延しているこの時期に、政府が率先してやるべきですか!? 「まったく同じ気持ちです。 今後こうした流れは加速していくという。 エンタメ界に詳しい江戸川大学の西条昇教授はこう語る。 「今回の動きは、エンタメ界にシビアな政府への憤りだけではありません。 アメリカの俳優やアーティストは自身の支持政党といった政治的コメントをします。 アメリカでは、著名人の作品への評価と、そういった発言は別物として受け止められているからです。 これまで日本では、事務所やスポンサーが気にするため政治的発言はリスクと考えられていました。 しかし、SNSが発達したことで自分の意見を言える機会も増えた。 事務所側も、タレント本人の考え方も尊重していくようになっています。 日本のエンタメ界がアメリカのように変わっていく転換期を迎えていると思います」 変革の時を迎えつつある日本の芸能界。 「女性自身」2020年6月2日号 掲載.

次の

西田敏行が病気で激やせ?西田敏行にまつわる黒い噂4選!

西田 敏行

やくざ映画の俳優としてその地位を確立し、それ以降はコメディー映画や司会者など様々な分野で才能を開花させているのが、「 西田敏行」さんです。 ここまで幅広い演技ができる俳優は、とても貴重な存在なので現在の俳優界のレジェンドとして尊敬されています。 そんな西田敏行さんですが、病気にかかって大変な時期を迎えたことをご存知ですか? また、黒い噂が絶えないので、常に話題になっている人物です。 ここでは、 西田敏行さんのかかった病気や黒い噂などについて紹介していきます。 1.西田敏行がかかった病気は何? ドラマや映画、さらにはバラエティ番組と、多岐にわたる活躍を見せる西田敏行さんは、芸能界に欠かせない人物の一人です。 多くのファンを抱えながら精力的に活動する西田敏行さんですが、病気によって活動を休止した期間があります。 テレビに出ていない期間があることが、ファンにとっては衝撃的で「 トシロス」なる現象が起きたことは有名でしょう。 では、西田敏行さんはどんな病気にかかり、休養を余儀なくされたのでしょうか? 西田敏行さんは、「胆嚢炎」という病気を発症し、緊急入院をすることになりました。 この病気を発症する前、西田敏行さんは頸椎亜脱臼と診断され入院をしていたのです。 それは、2016年2月のことで、寝ている時にベッドから転落して首を痛めます。 4月に腰椎の一部を頸椎に移植する手術をして、何とか無事に終わりました。 その後、腹部に激痛が起こり病院で検査をしてもらった所、胆嚢炎が見つかります。 短期間で入院を2回繰り返したので、西田敏行さんの健康状態を心配する声が 国内外から見られるように。 西田敏行がいなくなったらテレビを売ろうと思う• 今のうちに西田敏行のDVDを買っておこうかな• 西田敏行がこのままフェードアウトするのは嫌だ• 誰が探偵の局長を務めることができるんだい?西田敏行しかいなかろう 世間からは、このような声が広がり無事を祈る人が多数を占め、彼の人気の高さが伺えました。 5月に胆嚢摘出手術を受けて、6月に退院をしています。 それからはリハビリを続けながら、芸能界へ復帰をし活動を再開しているのでファンとしては一安心といったところでしょう。 2.西田敏行にまつわる黒い噂4選 西田敏行さんは、胆嚢炎を患い摘出手術をし、リハビリを続けながら活動を少しずつ再開しています。 最初にこの事実を記載したのは、この病気で芸能界を休養している期間に、彼にまつわる 黒い噂が広まりを見せたからです。 復帰したドラマを見ると、恰幅の良かった西田敏行さんが激やせをしているではありませんか! 異変が出始めたのは、2016年に放送されたドラマ、「 家族ノカタチ」という作品あたりから。 西田敏行さんの激やせは誰もイメージしていないので、大きな衝撃が世間に走ることになりました。 ここから、「西田敏行は悪性のガンで余命は数年」という噂が、SNSを中心に広まりを見せるようになったのです。 悪性のガンが進行すると、病気によって食事の量が減ったり、抗がん剤の副作用で体重が落ちる場合があります。 肥満体型だった人が、がん治療を始めた結果、体重が激減し別人のように思われる場合は少なくありません。 健康的な痩せ方に見えなかった西田敏行さんでしたから、悪性のガンが見つかったのではとの噂が広まったのです。 しかし、痩せたのは胆嚢炎の際に見つかった 糖尿病の治療によるもので、食事制限で痩せたことが判明しています。 ですから、悪性のガンによって余命数年という噂はガセネタであると理解できるでしょう。 芸能界は暴力団など、反社会勢力との繋がりが古くから指摘されており、警察もその点を公に認めはしませんが見えない所で監視をしています。 近年は特に、芸能人が薬物に手を染める事件が相次ぎ、逮捕や芸能界引退に追い込まれる人が後を絶ちません。 特に元野球選手である、「清原和博」さんの逮捕は世間に衝撃を与え、関係人物が大物芸能人も使用しているとする暴露をしたことも話題となりました。 芋づる式に逮捕者が出るのでは、との話題は芸能界を震撼させ、週刊誌やスポーツ新聞はこぞってこの情報を追求。 すると関係者の暴露として、「大物芸能人で、今も様々なドラマや映画に出演する人物がヤってる」との報道がされました。 もちろん名前は出ていませんが、その人物が西田敏行さんではないかと噂され、SNSや掲示板などで大盛り上がりを見せます。 タイミングが悪いことに、ちょうど西田敏行さんが激やせした時期と、薬物疑惑が被ったので、「 薬のせいで痩せたのでは?」と言われるようになったのです。 この噂は当然、西田敏行さんの耳にも入ったので、出演するドラマの制作発表会の現場で本人が自らの口できっぱりと否定。 これによって、薬物を使用しており芸能界を引退するとの噂は、ガセネタだと分かりました。 芸能界で一番のドSで有名• 顔にあざができるまでバンバン殴り快感を得ている• 高額のお金を払うから腕を折らせてほしいとお願いする• テレビ局のADは何度もその人から顔を蹴られている これを見ると、かなりのドSであることが明らかであり、そんな人が本当に芸能界に存在しているのかは不明です。 ですが前述したように、西田敏行さんが薬物使用の疑惑として名前が挙がったので、ここで取り上げた 特徴は西田敏行さんに当てはまることになります。 こうした流れから、西田敏行さんが本物のドSで腕を折ることに快感を覚えるとの噂が流れました。 確かに西田敏行さんは、やくざ映画でその名を全国に広めましたが、本当はとっても優しく 温和な性格の持ち主。 演技になるとスイッチが入るので、どんな役柄にも柔軟に対応ができますが、プライベートで怒ったところを見たことが無いとする人がほとんどとのこと。 西田敏行さんは薬物疑惑について否定しているので、ドSとの噂もガセネタ扱いされています。 薬物疑惑から出てきた人格を疑われる黒い噂なだけに、家族や親族など身内は大変ツラい思いをしたのだとか。 その中には世界を裏で操ると言われる秘密結社、 イルミナティに属する人物とも関わりがあるとされ、日本のスパイとして任されているのだとか。 そんな西田敏行さんですが、イルミナティとの関わりを拒否し始め、少しずつ距離を置くようになりました。 世間に情報が漏れるのを、秘密結社は一番嫌がるので西田敏行さんをすぐにこの世から消すことを画策し、その任務は2015年頃に完了したのです。 病気になって激やせというストーリーは、影武者を世間に疑われることなく配置するのに役立つので、わざと病気との情報を流しました。 激やせした姿を見た人の中には、• 西田敏行ってあんな顔だったっけ?別人見たいに見えるのは気のせいか?• 西田敏行が病気になってから演技が変わってる。 彼にしかできない演技なのに不思議• あれ、西田敏行の顔が違う風に見えるんだけど。 声も変わってるような気がする• 西田敏行がとんでもなく別人に見える件 別人のような違和感を感じる人が多く、影武者説はさらに脚光を浴びます。 ここまでご覧になった人ならお気付きですが、これは信憑性は全くなく、作り話である可能性が高いです。 そのため、影武者説はガセネタですね。 3.西田敏行が黒い噂に無視を貫く理由 西田敏行さんは、黒い噂が流れることに対して、薬物疑惑のみは否定しましたがそれ以外は無視を貫いています。 本人のイメージダウンにも繋がるので、きっぱりと自らの口で反応したほうが良い結果になるのは言うまでもありません。 であるならば、どうして西田敏行さんは薬物以外の黒い噂に対して無視しているのでしょうか? 理由は簡単で、「 いちいち反応してたらキリがない」からです。 西田敏行さんクラスになれば、色々な噂が出てしまうのは無理もありません。 彼を陥れてイメージダウンを狙う勢力からの攻撃もあるでしょうし、興味本位の噂も少なくないはず。 西田敏行さんの耳に、いくつの噂が入っているのかは不明ですが、それでもかなりの数なのは間違いないでしょう。 もし、それらの根拠が乏しいガセネタの噂を、一つ一つ取り上げ否定をしていったとしたら、心が先にやられてしまいます。 ですから、西田敏行さんは黒い噂が世の中に広まっていますが、いちいち否定はせずに無視を貫いているのです。 事務所側からの意向も、そこに含まれているのかもしれませんね。 まとめ ここでは、 西田敏行さんのかかった病気や黒い噂などについて紹介していきました。 西田敏行さんは、胆嚢炎を発症し治療の際に糖尿病も見つかったことで、食事制限などを通して激やせしたのです。 それがちょうど清原和博さんが逮捕されたのと被ったので、薬物の使用によって激やせしたとの黒い噂が広まることに。 本人はきっちりとそれについて否定しましたが、それに付随する噂に関しては、呆れているとばかりに無視を貫いています。 リハビリを続けながら、芸能界へ復帰した西田敏行さんを、これからも応援していきましょう!.

次の