くち どけ の 朝 じゃ なきゃ。 焼きたての食パンを毎朝配達! 新聞販売店とコラボした高級食パン専門店「くちどけの朝じゃなきゃ!!」がオープン

【実食レポ】くちどけの朝じゃなきゃ!! 用賀・二子玉川の高級食パン専門店は「焼き立てのパンが自宅に届く」夢のようなお店!

くち どけ の 朝 じゃ なきゃ

Contents• 今全国に広がる話題の高級食パンのお金のヒミツとは? 皆さんの知っているお店で言えば、「乃が美」だと思いますが、ここ数年前から徐々に伸ばしている食パン専門店が昨年より大きく飛躍!オープンしている食パン専門店はなんと500店以上になっています。 また、ヤマザキやセブンイレブンなどの高級食パン専門店に負けじと高級食パン工場では最高級の厳選された小麦粉やバター、風味を上げるために牛乳の代わりに生クリームを使用、卵は不使用とし、発酵時の温度管理を厳重に行いあの独特な柔らかさを引き出しています。 また、全国の至る所(百貨店やイベント会場など)で開催される高級食パンの食パンフェスも全国の有名店が週替り、または日替わりで食パンを出店しています。 どれも即日完売の大盛況で、なんと1ヶ月で50種類もの高級食パンが楽しめるから、大盛況なはずです。 1日1000本以上売れるのですから、すごい勢いだと思います。 様々な異業種が、食パン業界へ! 今、他業種がパン業界を開業しています。 全国的にもすごい勢いです。 その中から2例をご紹介。 異業種から食パン専門店へ 事例その1(題名のないパン屋) 創業135年の老舗そう菜店が食パン専門店を開業。 「江戸甘みそ」が練り込まれた食パンは多いときは1日200本も売れる大ヒット商品を生み出す! 薄い耳と味噌の保水性でしっとりとみずみずしさが特徴だそうです。 異業種から食パン専門店へ 事例その2(くちどけの朝じゃなきゃ) 新聞の発行部数が減少傾向をどうにか止めたい!従業員用の食堂スペースを改装し食パン専門店をオープン! オープン当初は、新聞配達だけに暖かい食パンを朝届けるサービスを行ったのだが・・・ 新聞販売店ならではの食パン配達サービスがうまくいかなかった理由とは? 朝だけに・・身だしなみ(パジャマのまま)を整えずにパンを直接受け取るのが恥ずかしい方が大勢いたことが原因でした。 今では・・・配達時間を変えたり、老人ホームや施設へ配達するようになったとか。 今でも奮闘中とのことです。 コンビニ高級食パンのお金のヒミツ ベーカリープロデューサー「岸本拓也」さんが手がけた高級食パン専門店なんですが、岸本拓也さんって誰?ってなりますよね。 2018年にはテレビ東京「ガイアの夜明け【外食王3~追跡!異次元サバイバル~】にも取り上げられる。 また、大人気高級食パン専門店「考えた人すごいわ」、「うん間違いないっ!」、「ねえぇほっとけないよ」、「くちどけの朝じゃなきゃ!!」、「午後の食パン これ半端ないって!」などなど全国にいろんな変な名前の食パン店をプロデュースしている方です。 ちなみに食パン専門店へ導くベーカリープロデューサーとは? 埼玉県比企郡にとあるパン工場を訪ねています。 セブンイレブンの金の高級食パンですね。 1日になんと4万袋を生産。 しっとりとしたやわらかな高級食パンを作るために発酵時間&発酵室の広さを3倍に拡大したというから、本気度がうかがえます。 スペースとできだけ取らず大量の焼いた食パンをそれも同時に冷ます可工夫とは? なんと高さ15m、直径5mの巨大冷却装置を導入!全長1. 2kmに渡り2時間しっかりと時間をかけ移動しながら粗熱を冷ましていくことができます。 とまあ、こんな内容でした。 高級食パン店もヤマザキやセブイレブンもユーザーに本当に美味しい食パンを食べてもらいたい!という一心で開発していますし、高級食パン店は今、ある意味人気のあるフランチャイズでもありますね。 nhk.

次の

【実食レポ】くちどけの朝じゃなきゃ!! 用賀・二子玉川の高級食パン専門店は「焼き立てのパンが自宅に届く」夢のようなお店!

くち どけ の 朝 じゃ なきゃ

通勤、通学の賑わいも落ち着く朝10時。 東急田園都市線の用賀駅北口から徒歩1分の場所にあるベーカリーの前には、整理券を求める人たちが近隣から集まってきます。 今年6月にオープンしたばかりの食パン専門店『くちどけの朝じゃなきゃ!!』。 次々と人気ベーカリーを生み出す話題のベーカリープロデューサー・岸本和也さんによる新たな食パン専門店です。 その店名はもちろん、新聞販売店『ASA』とのコラボという運営形態もユニーク。 用賀・二子玉川地域の「朝」を演出するために立ち上がった話題のベーカリーを取材しました。 「朝」に強い新聞販売店ならではの発想!デリバリーは8月中旬開始予定 現在は16時が15時に変更しています 店頭で販売されるのは、プレーンの「おめざの幸せ」とレーズン入りの「完熟モーニング」の2種類で、合計200本が焼き上げられます。 焼き上がりの時間は10時、13時、16時、17時、18時30分の1日5回。 希少なサンマスカットレーズンを使用した「完熟モーニング」は限定20本とあって、開店と同時に整理券がはけてしまう人気ぶりです。 新聞の自動販売機が店頭カウンターのすぐそばに設置され、壁には新聞を読みながら食パンをかじる男性のイラストが大きく描かれたこちらのお店。 驚くことにその運営は、新聞販売店『ASA』によるもの。 インターネットで情報が簡単に手に入り、若者の新聞購読率が減少している昨今。 新聞販売店の運営元、株式会社フィールドエコ代表・井口忠寿さんは、「それならば!」と、用賀・二子玉川地域の朝を演出するための新たなプロジェクトを立ち上げました。 食パンと新聞。 「朝」という共通のイメージはあるものの、事業としてコラボするには異色のマッチングのようにも思えます。 しかし「だからこそおもしろく、注目を集めるのではないか」と食パン専門店の立ち上げを決意。 ベーカリープロデューサー・岸本拓也さんにプロデュースを依頼したことでさらに注目を集め、オープンから約1カ月で、連日完売という好スタートを切りました。 「8月中旬を目処に、焼きたての食パンをお届けするデリバリーサービスをスタートさせる予定です」と話す井口さん。 食パン18本が収納可能なデリバリーボックスのついた配達専用バイクも用意されていました。 「いつからデリバリーの予約ができるの?」「うちの施設にも販売に来てほしい」と、お客さんからの予想以上の反響で、嬉しい悲鳴をあげているとのこと。 パンを作る厨房は建物の地下1階。 もともとは新聞配達後の賄いを作るための調理場だった場所を改装し、約20人のスタッフがフル回転でパンを焼き上げます。 「現在は整理券による店頭販売だけで、1日の販売数が売り切れてしまいます。 作業の効率化と生産性の向上を図りながら、デリバリーサービスの準備を進めています」と今後について話します。 生食もおすすめ。 ほんのり甘く、優しい口どけに感動! パンの粉にこだわり、柔らかさと口どけを実現したという生地には、無添加の生クリームと国産バター、宮古島の雪塩、そして濃厚なコクのある甘みが感じられるよう、国産蜂蜜が練りこまれているという贅沢さ。 「まずはそのまま生食で食べるのがオススメです。 蜂蜜や塩をつけてもおいしいですよ」という井口さん。 早速プレーンの「おめざの幸せ」をちぎって食べてみると、キメが細かくしっとりとした食感と、程よい甘さが口いっぱいに広がります。 クラストと呼ばれるパン耳の部分も薄く焼き上げられているので、優しい口当たりで口の中で溶けていくよう。 つい「もうひと口」とパンをちぎる手を止めることができません…! 翌日は厚切りトーストにしていただきました。 バターが生地に練りこまれているので、トーストしたての芳醇な香りが朝のリビングに広がり、心なしか、いつもより豊かな気持ちで1日が始められました。 毎日の朝食としてはもちろん、お土産としても喜ばれそうなリッチな味わいの食パン。 今後はレーズン以外の季節のフルーツを使用した新作も検討したいとのこと。 デリバリーサービスの展開も楽しみですね。 住所:東京都世田谷区用賀4丁目11-14-1F• 電話:03-3700-9575•

次の

東京・用賀の「くちどけの朝じゃなきゃ!!」は超絶おいしいパンが毎朝届く、高級食パン専門店

くち どけ の 朝 じゃ なきゃ

梅雨の晴れ間に訪れたのは、用賀駅北口からエスカレータで上がって徒歩1分のところにある食パン専門店「くちどけの朝じゃなきゃ!! 岸本拓也さんといえば、 ・清瀬店「考えた人すごいわ」 ・橋本店「午後の食パン これ半端ないて!」 などなど、ユニークな店名をつけることで知られています。 先日も、TV東京「ガイアの夜明け」でも紹介されていました。 こちらのお店は、自宅に焼き立てのパンが配達される朝をストレートに伝えるネーミングにしたようです。 オープン前に潜入取材させていただくと。。。 こだわりの商品は2種類。 ・おめざの幸せ(プレーン):900円/2斤 ・完熟モーニング(レーズン):1,100円/2斤 「おめざの幸せ」は、くちどけの良い、キメ細かな控えめで上品な甘さのある食パンです。 耳まで柔らかくてしっとりしていて、まさに「ナマ食パン」といった感じでした。 店員さんが、焼きたてのパンを割って見せてくれました。 中から湯気が立ち、断面の繊細な感じが伝わります。 「完熟モーニング」は、ジューシーなサンマスカットレーズンがたっぷり入ったブドウ食パンです。 パン生地とレーズンの柔らかさが程よく調和していて、やさしい酸味と甘みが、口に入れた瞬間にじわっと広がります。 主食というより、デザートを食べている感じでした。 お店がおススメする美味しい食べ方は、パンフレットで紹介されていました。 購入当日から翌日までは、トーストせずにそのまま。 翌々日以降は、25~30ミリに少し厚めにスライスして冷凍して、食べるときにトーストすると美味しいとのことです。 パンは焼きたてが美味しいと思っていましたが、翌日の朝にそのまま食べた食パンも美味しかったです。 試食した焼きたては、口に入れると、まさにとろけるようなしっとり感が楽しめますが、一晩おいたものは、味がなじんで甘みとコクが深く厚くなっていました。 2斤もあるので、自分好みのおいしさのタイミングを見つけてみると面白いかもしれません。 朝、新聞を読みながら、美味しい食パンを食べる様子をイメージしたようです。 新聞と食パンのお店って、ありそうでなかったコンセプトですよね。 オープンからしばらくの間は店頭のみでの販売となるようですが、8月からは、新聞販売店の配達ノウハウを活用し、焼きたての食パンを自宅まで配達するようです。 食パンの配達は、新聞配達が終わる午前6時頃からを予定しているとのことでした。 新聞を読みながらコーヒーを飲んでいたら、美味しい食パンが自宅に配達されるなんて、朝がくるのが待ち遠しくなりそうです。 用賀の人がうらやましい! まずは、こちらのお店で食パンを買って、翌朝新聞を読みながら食パンをかじって「くちどけの朝じゃなきゃ!! 」とつぶやいてみたいと思います。 住所:東京都世田谷区用賀4-11-14 TEL:03-3700-9575 営業時間: 10:00~20:00 定休日:不定休 交通案内:田園都市線用賀駅 北口より徒歩約1分 HP :• 特派員No. 337 毎日笑顔にあふれ~幸せに感謝して!!• 特派員No. 340 営業経験を活かして取材します!• 特派員No. 341 おいしいもの、変わったものが大好きです• 特派員No. 342 強く楽しく美しい体験をレポート• 特派員No. 033 英語と新しいものが大好きな2児のママ• 特派員No. 034• 特派員No. 035 お散歩大好き!• 特派員No. 210• 特派員No. 283 イベント大好き!• 特派員No. 424 お酒が好き、特にオヤジの集まる所が好き!• 特派員No. 428 都内名所、イベント、などなど• 特派員No. 429 美味しいコーヒーが飲みたいな• 特派員No. 503 街歩きと自然が大好き!• 特派員No. 504 世田谷線沿線のお店開拓中です• 特派員No. 505 スイーツやエスニックが大好き!• 特派員No. 508 一人で楽しむ体験イベントご紹介• 特派員No. 特派員No. 特派員No. 644 ボタニカルライフ楽しんでます!• 特派員No. 645 美味しく楽しく暮らしたい!• 特派員No. 646 池袋エリアは、私におまかせ!!• 特派員No. 647 季節に沿ったことが大好きです。 特派員No. 特派員No. 650 東京穴場スポット情報発信中!• 特派員No. 652 人生を思いきり楽しみます!• 特派員No. 653 城東エリアの魅力を探ります!• 特派員No. 特派員No. 818 子供とお出かけ先を探しています• 特派員No. 819 食べることが大好きです!• 特派員No. 820 笑顔になれる情報をお届けしたいです!• 特派員No. 821 下町の可愛いお店を沢山紹介したいです• 特派員No. 874 ナチュラル、インド、パン、アウトレット、にアンテナピーンです.

次の