ライン で 友達 に なるには。 LINEでブロック/友達削除したら相手にはどう見える?復活する裏技も?

ラインしない=友達いないですか?

ライン で 友達 に なるには

appllio. com では、単なるブロック・非表示と「削除」は何が異なるのでしょうか? それは端的に言えば、 「友だちリストへの戻しやすさ」です。 ブロックや非表示の効果は、あくまでも「一時的」なものです。 ブロックリストや非表示リストには相手のアカウントが存在した状態なので、いつでも友だちリストに復活させられます。 ところが、ブロックリストや非表示リストから相手を「削除」した場合、自分のLINE上から相手のアカウントが完全に消えてしまうことになります。 トークルームが残っていない場合、再び友だちリストに復活させるのにQRコードを読み取りやID検索などの手段を用いて改めて友だち追加をしなければなりません。 安易に削除してしまうと、取り返しのつかないことになりかねないので注意が必要です。 相手をブロックリストから削除する手順 まずは、相手をブロックする必要があります。 すでにブロック済みの人はここを飛ばしてください。 友だちリストでブロック削除したい相手を長押し(ロングタップ)します。 メニューが表示されるので[ブロック]をタップして確認すれば、ブロック完了です。 iOS版LINEでは、相手を左スワイプして表示されたメニューから[ブロック]をタップしてもOK。 続いて、ブロックした相手を削除します。 iOS版LINEはブロックリストから削除したい相手を選択後、[削除]をタップして確認画面で再度[削除]をすればOK。 Android版LINEは、削除したい相手の横にある[編集]ボタンをタップして[削除]を選択してください。 相手を非表示リストから削除する手順 iOS版とAndroid版LINEで手順が異なります。 iOS版LINEの場合 友だちリストで非表示・削除したい相手を長押し(ロングタップ)します。 メニューが展開されるので[非表示]ボタンをタップし、確認メッセージで[確認]を押してください。 もしくは、相手を左スワイプして表示されたメニューから[非表示]をタップしてもOKです。 Android版LINEの場合 バージョン9. 2以降のAndroid版LINEを使っている場合、友だちリスト上から即座に非表示・削除ができます。 友だちリストでアカウント名を長押しすると、展開するメニューに[削除]が表示されます。 この[削除]ボタンを押した後、確認画面で再び[削除]をタップすれば、そのまま「非表示・削除」が完了します。 なお、バージョン9. 2以前のLINEを使っている場合は、iOS版と同様にメニューから[非表示]を選択し、非表示リストから削除しましょう。 ブロックリストで削除した場合の人間関係に与える影響は気になるところです。 削除した側のLINEに起こる現象 削除した側では、ブロックリストから相手のアカウントが消えて、そのままブロックの効果が持続します。 以下、ブロックするとどのような影響が生じるのかを箇条書きで紹介します。 ブロックリストから削除した後も、相手とのトークルームは消えることなくそのまま残ります。 ここで、トークルームさえも削除して相手の存在を完全消滅させたいところですが、それはあまりおすすめできません。 左:トークリストでトークルームを長押し 右:展開したメニューで[非表示]をタップ というのも、友だちをブロックした後にトークルームまで削除すると、再度復活させる方法はかなり限られます。 LINE IDを相手に聞いたり、QRコードを読み取ったりといった必要が出てくるため、削除した事実を相手に察知される確率も上がってしまうでしょう。 また、ブロック削除後、相手と共有したアルバムやノートの確認や削除をしたくなっても、トークルームを削除したら二度とアクセスできません。 したがって、もう二度と連絡をとらなくてよい迷惑アカウント以外は、 トークルームを削除せず非表示にしておくと安心です。 非表示にしておけばトークリストから隠せるうえ、トークルーム非表示リストからいつでも復活できます。 現象1:友だちリストから相手が消える• 本来、友だちの非表示機能は、相手を「友だちリスト」から隠すだけの機能。 基本的に自分のLINEにおける見え方を整理するものであって、メッセージの送信や通話、タイムラインなどの機能には影響しません。 ただ、非表示リストから削除した場合は、状況が異なります。 その相手とはもうLINE上での「友だち」ではない状態となるのです。 そのため、削除した側には、メッセージや通話機能に少なからず影響が現れます。 トークルームに「削除された友だちです」「友だちではないユーザーです」と表記される 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 非表示リストから削除した相手のトークルームには「削除された友だちです(iOS版)」「友だちではないユーザーです(Android版)」のメッセージとともに「追加」「ブロック」「通報」ボタンが表示されます。 ブロックの場合と同様に[追加]ボタンを押すと「新しい友だち」に相手が追加されます(相手には通知されません)。 appllio. 友だち追加後に通話が可能です」のメッセージとともに、着信が拒否されます。 また、友だち追加していない相手には自分から通話を発信することもできないので、通話機能が一切使えない状態となります。 「メッセージ受信拒否設定」をオンにしている場合、相手からのメッセージを受信しない 非表示にしてから削除した相手とは、友だち状態ではなくなります。 「ホーム」タブの設定ボタンから[プライバシー管理]へ進むと「メッセージ受信拒否」のオン・オフを設定できる そのため、友だち以外のアカウントからメッセージを受信しない「メッセージ受信拒否」の設定をオンにしている場合、相手からのメッセージが一切届かなくなります。 また前述したように、通話の着信もしないうえ、着信通知のメッセージも届きません。 つまり、 「メッセージ受信拒否」の設定をオンにした状態で、相手を非表示にしてから削除してしまうと、相手とはLINE上で一切連絡が取れなくなるわけです。 意図せずブロックとほぼ同じ状況になってしまうので、友だちを非表示リストから削除する場合は設定に注意しましょう。 非表示削除された側のLINEに起こる現象 ブロックと同様、非表示削除された側のLINEには、目立った変化は起こりません。 削除された旨が通知されることもなく、メッセージの送受信も通常どおり可能。 また、改めて友だち追加をされても、削除された側のLINEには「新しい友だち」として表示されることもありません。 ただ、唯一「タイムライン」には変化が起こります。 非表示リストから削除されると、 相手の新規投稿が、公開範囲を問わずタイムラインに表示されなくなるのです。 また、自分の投稿も非表示削除した相手のタイムラインには流れません。 前述したように、LINEのタイムラインに投稿が表示されるのは、 相互に友だちに追加しあっている場合のみです。 どちらかが一方的に相手を友だち追加している状態では、お互いのタイムラインに投稿は表示されません。 また、相手のホームを訪問した場合には「全体公開」の投稿は見れますが、「友だち公開」に設定されている投稿は非表示になります。 LINEで削除した相手をバレずに「復活」させる方法 ブロックや非表示にして削除した相手であっても、やはり友だちに復活させたいと考え直すこともあるでしょう。 ここでは、相手にバレずに友だちに再追加する方法を紹介します。 いずれの方法でも相手に通知されることはありません。 トークの「非表示リスト」も確認しよう 復活させたい相手とのトークルームを 「削除」ではなく「非表示」にしていた場合、すでに友達から削除していたとしてもトークルームの「非表示リスト」でトークを再表示後、友達に再追加できます。 あとは、上述の方法でトークルームから友達に再追加すればOKです。 ブロック削除および非表示削除いずれの相手にも適用できます。 方法2:共通のグループトークか複数人トークで、相手のプロフィールアイコンをタップし「追加」ボタンを押す ブロックもしくは非表示リストから削除した相手と共通で参加しているグループトーク/複数人トークがあれば、相手にバレずに友だちに再追加できます。 相手が参加しているグループトークのTOP画面もしくはトークルームの上部をタップし、メンバーリストを表示します。 ここで、友だち追加したい相手のアカウントをタップして選びましょう。 左:ブロックリストから削除した場合 右:非表示リストから削除した場合 相手のLINEのホーム画面が表示されます。 方法3:別の友だちから相手を紹介してもらう 削除してしまった相手を別の友だちから「紹介」してもらうことで、再び友だち追加することが可能です。 教えてもらった側は、送ってもらった連絡先をタップしホーム画面で[追加]ボタンをタップするだけ。 簡単に相手を再度友だち追加できます。 appllio. Q1:削除した相手を復活させると通知される? A:削除後に再度友だち追加しても、相手に通知されません。 しかし、ブロックもしくは非表示リストから削除した場合、相手のLINE上ではお互いに友だちとして登録されたままの状態が保持されています。 削除した側が再度友だち追加したとしても、相手側の友だちリストは変化がなく、通知がいくこともありません。 また、「新しい友だち」や「知り合いかも?」にも表示されないので安心してください。 appllio. com Q2:スマホの電話帳(アドレス帳)から友達の連絡先を削除すると、LINEの友だちからも削除される? A:削除されることはなく、これまで同様にLINEの友だちとして保持されます。 試しに連絡先をすべて削除しても、LINEの友だちリストに一切変化はなかった 「友だち自動追加」の設定がオンの場合、電話帳(アドレス帳)に登録されている電話番号に紐付いて、自動で友だち追加される仕組みになっています。 そのため、スマホの電話帳から連絡先を削除すると、それに連動して「LINEに追加した友だちも削除されるのでは」と考えるかもしれません。 しかし、LINEの友だちを消すには、LINEアプリ上で削除をおこなう必要があります。 電話帳からユーザーを削除してもLINEの友だちリストにはなにも影響しません。 Q3:相手の友だちリストから自分のアカウントを削除させる方法は? A:相手の友だちリストから自分を消去する手段はLINEの機能として用意されていません。 相手の友だちリストに自分が存在していることがどうしても許容できない場合、唯一残された手段は、自分のLINEアカウントを削除(退会)するというもの。 それにより相手の友だちリストから自分を消すことが可能です。

次の

【LINE】相手に友達追加されてるかわかる方法まとめ!スタンプ実験も

ライン で 友達 に なるには

今回は「LINE ライン 」の友達追加の方法を、 使いやすい順に紹介していきます。 QRコードで確実に 一緒にいる相手を友達追加する場合、QRコードを使うのが間違いなく王道です。 便利さ、簡単さ、確実性、どれをとっても一番です。 外部のリーダーを使う必要もありませんし、 生成も読み取りも一瞬でできてしまいます。 ショップやレストランのアカウントを友達追加して お得情報をもらう、という場合もこの方法が一般的ですので、この際しっかりと覚えて使いこなせるようにしておきましょう。 たとえばコンパで誰かと意気投合し、今度2人で遊びに行こう、みたいな展開になった場合、あなたがQRコードを作成し、相手にそれを読み取ってもらって、まわりにそれと気づかれる前に友達になれてしまいます。 位置情報が・・、年齢認証が・・、ともたつくこともありません。 方法は下記の通りです。 まず QRコードを作成する手順ですが、1の 「友達」から右上の 「友達追加アイコン」をタップし、3の 「QRコード」から、遷移したページの右下の 「マイQRコード」を選ぶだけです。 5に表示されたシンボルがあなたのQRコードになります。 何が撮れるかはお楽しみです。 続いて QRコードを読み取る方法ですが、画像の2枚目までは作成と共通です。 3枚目、中央のファインダーに目当てのQRコードを映すと、4枚目の確認画面に遷移しますので、忘れずに 「追加」をタップしましょう。 また、 スマホの画面に表示されたQRコードをそのスマホのLINEアプリで読み取りたい場合は、QRコードそのもの、もしくはQRコードを含む画像を長押しして、表示されたメニューから 「LINEで開く」を選択してください。 友達追加の確認画面に遷移しますので、同じく 「追加」をタップして作業を完了させてください。 画像として保存したQRコードから友達追加の設定を行うには、上の画像の左から3番目、QRコードの読み取り画面で左下の 「ライブラリから読み込む」を選択し、「写真」の中からその写真を選びます。 やはり友達追加確認画面に遷移しますので、「追加」を選択します。 友達追加したい相手が近くにいない場合でも、QRコードを利用できます。 下の画像、自分のQRコードが表示された画面で、右上の1のボタンをタップし、表示されたメニューから 「共有」もしくは 「メールで送信」、を選択します。 共有であれば他のSNSや共有ファイル等を使って、メールであれば、相手を入力して送信するだけです。 メールの場合、LINEアプリのインストールの段階からスムーズに誘導してくれますので、この手の操作に不慣れな方でも友達追加までたどり着けると思います。 なお、何らかの原因でQRコードが拡散してしまうと厄介です。 今回の相手と友達追加が完了した段階で、ご自身の QRコードを更新しておくことをおすすめします。 コードが新しくなれば、古いコードは使えなくなります。 上の画像で3の 「QRコードを更新」を選択します。 続く画面で 「OK」をタップするだけです。 ふるふるでまとめて たとえばコンパで盛り上がり、今度みんなで遊びに行こう、みたいな展開になった場合、あなたが代表でQRコードを作成して・・という方法もありはありですが、何となく作業っぽくなって、場がしらけるおそれがあります。 そこでふるふるを使うと、友達追加が さらなる余興となって、一層盛り上がるわけです。 物理的にも各人の距離が縮まり、そのまま2次会へ、とテンションが上がるはずです。 1対1の場面でも、LINEでつながるという少々気恥ずかしい空気を、 「話のタネ」として打ち破ってくれるでしょう。 方法は下記の通りです。 まず、LINEの友達追加の画面で1の 「ふるふる」を選択します。 位置情報の共有をLINEに許可していない場合、ここでポップアップが表示されますので、 「設定」を選び、遷移した画面で 「常に許可」か 「このAppを使用中のみ許可」のどちらかを選択して、LINEの画面に戻ってふるふるしてください。 面倒なら画面をタッチするだけでも事足ります。 相手の情報が表示されたら 「追加」をタップします。 双方が「追加」することで初めて友達登録が完了となりますので注意してください。 実はこのふるふるの機能、GPSの位置情報を使ってざっくりとその辺にいる人のアカウント情報を取得しているものなので、離れた場所にいる 無関係な人の情報まで表示されてしまう場合があります。 隣の部屋でコンパをしているアカの他人の情報が紛れ込む可能性もあるのです。 大勢でふるふるする時など、知らない人のアカウントまで友達追加しないよう、どれが誰のアカウントか確かめてから追加するようにしましょう。 こちらで追加しただけでは、こちらの情報が先方に伝わることはありませんが、気持ちが悪いのは確かですので。 LINEの友達追加 その他の方法もどどっと解説 友達追加専用のURLを送る 【必要なもの】「 連絡先」の情報共有をLineに許可。 特にURLを送られた側は、それを タップするだけで友達追加画面に遷移しますので、相手が近くにおらず、かつiPhoneやスマホの操作に慣れていない場合は、この方法がベストかもしれません。 友達追加の画面で「招待」を選択し、ポップアップメニューで「 SMS」か「 Mail」を選択。 相手を選んで送信します。 電話番号で検索 【必要なもの】「 電話番号登録」「 年齢確認」「 18歳以上」 「電話番号登録」は、LINEアカウントの作成時にほとんどの方は済ませていると思います。 facebook経由でアカウントを作っている場合この方法は選べません。 友達追加の画面で右上の「検索」を選択し、「電話番号」にチェックを入れた状態で、相手の電話番号を入力、虫眼鏡をタップします。 友達追加の画面で右上の「検索」を選択し、「ID」にチェックを入れた状態で、相手のID番号を入力して検索します。 電話番号を知らない、あるいは相手が電話番号を登録していない場合に使える方法です。 ただし、相手が「IDによる友達追加」を許可していないと友達追加できません。 LINEグループのメンバーと個別に友達になる方法 同じLINEグループに属していても、全員と友達になっているとは限りません。 そのうちの 誰かと個別に友達になりたい場合の方法を説明します。 まず、グループのトークルームで、画面上部のグループ名をタップ、表示されたメンバーのアイコンをさらにタップすると、メンバー一覧が表示されます。 友達になりたい相手の名前をタップし、下部に表示されたメニューから「追加」を選びます。 これで、相手の「友達かも」の欄に自分の名前が表示されます。 あるいは、追加した友達にこちらから個別にメッセージを送ると、相手側にあなたの名前とアイコンが表示され、友達に追加するかの確認が行われます。 友達が追加をすると、お互いの友達追加が完了し、個別にメッセージをやり取りできるようになります。 友達Aと友達Bを友達にする 友達の友達は~というのもそのうち死語になりそうですが、LINEでつながっていないAさんとBさんが、どちらもあなたのLINE友達である場合、簡単に 両者をつなげることができます。 Aさんとのトーク画面で左下の 「+」ボタンをタップし、表示されたメニューから 「連絡先」を選択、「LINE友だちから選択」を選び、Bさんにチェックを入れ、右上の「OK」をタップするだけです。 Aさん側の画面にBさんの名前とアイコンが表示されますので、それをタップして友達追加。 あとはBさんがAさんを友達追加すれば完了です。 友だち自動追加をどうするか LINEには「友だち自動追加」という、便利というより 少々困った機能があります。 ほとんどのユーザーはアカウント作成時に電話番号で登録を行います。 するとLine側は、電話番号に紐付いた「連絡帳」に勝手にアクセスし 拒否もできます 、そこに載っているLINE利用者を片っ端から友達追加してしまうのです。 連絡帳に登録したすべての相手とLINEでつながりたいわけではないので、これはとても迷惑な話です。 すみやかに 解除の設定を行いましょう。 もちろん、すべての人と繋がりたい、という方はこの限りではありません。 方法は簡単です。 アプリ内の設定(左上の歯車マーク)から「友だち」を選び、「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」どちらもオフにするだけです。 友達への追加の方は、自分の電話番号を連絡帳に登録した人が、自動的に自分をLINEの友達として追加しないようにする措置です。 LINEでは、双方が友達追加して初めて個別のメッセージを送り合えるようになります。 相手が自分を自動的に友達追加しても、「友だちかも?」の欄に名前が表示されるだけで、害があるわけではありません。 とはいえ、やはり気持ち悪いのは確かなので、友達追加は上述のQRコードやふるふるで行うようにして、自動の方は解除しておくことをおすすめします。

次の

LINE(ライン) 実際に会った友人とだけ「友だち」になる方法

ライン で 友達 に なるには

LINEと契約を結んで広告配信を行なっている企業や著名人の投稿• 公開範囲を「全体公開」している人の投稿 企業や著名人の投稿 大企業から個人規模まで、様々な人や会社が商品やコンテンツの宣伝のためにLINEのタイムラインへ投稿を行っています。 このように広告として配信されている投稿記事には 「おすすめ」や「Sponsored」という文字が付いています。 知らない人の投稿なのに 「おすすめ」「Sponsored」という文字が表示されていない場合は、友達リストを確認してみましょう。 お店や企業の公式アカウントなど、必要のないアカウントが友達リストにある場合は、不要な広告や通知を受け取らないためにも削除しておくのがおすすめです。 「全体公開」している人の投稿 ラインのタイムラインの投稿は、初期設定では公開範囲が 「友達」になっており、友達追加している相手限定で投稿が配信されます。 しかし、投稿しているユーザーが公開設定を 「全体」に変更すると、友達以外の人にも投稿が配信されます。 ただし、この投稿が配信されるのは、「いいね!」を友達が押している投稿に限ります。 そのため、 知らない人の投稿がタイムラインに表示されても、友達の誰かがその投稿に「いいね!」を押しているから見えるようになっただけで、投稿している本人からあなたの情報が見えているわけではありません。 友達追加していない人にタイムラインが見られることもある ここまでの通り、LINEのタイムライン上に他人の投稿が見えてしまう仕組みについては分かっていただけたかと思います。 しかし、設定によっては 逆に自分のタイムラインへの投稿が知らない他人に見えてしまうこともあるので注意が必要です。 具体的には、以下の設定を行うと他人に自分の投稿が表示されてしまいます。 投稿の公開範囲を「全体に公開」にしている タイムラインに投稿する際、 公開範囲が「全体に公開」になっていると、知らない人に自分の投稿が見られてしまう恐れがあります。 公開範囲を全体公開にしたからといってすぐに他人に投稿を見られてしまうわけではありません。 しかし、例えばあなたの友達があなたの投稿をシェアした際に、友達の友達にその投稿がシェアされてしまう、また状況によってはそこから更に拡散してしまうケースもあります。 不安があれば一度公開範囲を確認しておきましょう。 過去に投稿した自分の記事を探し、右上の 「…」アイコンをタップします。 メニューから 「投稿を編集」をタップします。 上部分に表示されている公開範囲を 「友達」に変更します。 もし最初から公開範囲に「友達」や「グループ」が指定されていれば問題ありません。 「全体に公開」になっている場合は、友達以外の人からもあなたの投稿が見られるようになっています。 意図せず全体公開になってしまっている場合は、 右隣の矢印アイコンをタップして公開範囲を変更しておきましょう。 ハッシュタグを付けている マークを先頭に付けると、それ以降の文字はハッシュタグとして扱われます。 投稿の「公開範囲」が全体公開になっており、さらに 投稿に「ハッシュタグ」が使われていた場合にはまったく知らない人がハッシュタグからあなたの投稿を検索できるようになります。 心配であれば過去の投稿を確認しておくとよいでしょう。 とはいえ公開範囲は初期設定で友達のみになっており、ハッシュタグも意図せず付けてしまってそのまま気が付かない、ということはほとんどないので、そこまで心配する必要はないでしょう。 知らない人からコメントやいいねがくる時は? まず友達リストに登録した覚えのない人がいないかどうか、そしてタイムラインに投稿した記事が全体公開になっていないかを確認しておきましょう。 タイムラインの記事が「全体公開」になっていなければ、知らない人が記事を読んだりコメントを付けたりすることはできません。 しかしそれでもまだ問題が解決しない、という場合は以下を試してみてください。 相手をブロックする 相手をブロックするとあなたのホームを見ることができなくなるため、知らない人からのコメント防止に最も確実な対処法です。 相手をブロックするには、まず友達タブを開いてリストにコメントをしてきた相手が追加されていないか確認します。 もし、リストに相手が表示された場合は、 名前を左にスライドして「ブロック」をタップすればブロックリストに追加されます。 一旦ブロックすれば、投稿が全体公開になっていない限り相手にいいね!やコメントを書き込まれることはありません。 ) 電話番号から友達追加されないようにする LINEには自分の電話番号を知っているユーザーと自動で友達登録する設定 「友達への追加を許可」があります。 この機能は、一見便利ですが、意図しない相手でも電話番号を知られているだけで友達登録されてしまいます。 これでもし自分のIDを知られてしまっても他人がID検索からあなたを友達追加することはできなくなります。 タイムラインの非公開リストを使う また、単純に特定の人に自分の投稿を見せたくないだけならば、その人をタイムラインの 非公開リストに入れると便利です。

次の