道 類語。 『とことん』の意味や語源とは?類語やその使い方も解説していきます!

「蛇の道は蛇」の意味とことわざの使い方!類語も紹介(例文付き)

道 類語

たとえ遠い道のりも、最初の一歩を踏み出さないと始まらない。 どんなことでも、一つ一つ確実に続けていけば成功する。 千里の「 里(り)」とは長さの単位のことです。 1里の単位は国や時代によっても違ってきますが、日本では約3. 9km。 千里だと約3900kmもの距離になりますね。 それだけの長い距離ということで、 千里は「とても長い・遠い」という意味となります。 目的地がとても遠い場所でも、歩き出さないとたどり着けませんよね?そこから転じて、 とても大きい計画や難しい仕事でも、まずは始めることが大切だと言っているんです。 中国の老子の言葉が由来 「千里の道も一歩から」ということわざは、 「老子」が残した書物が由来となっています。 老子は古代中国、紀元前6世紀頃に活躍した哲学者。 「道教」の祖ともされていて、後の中国にも大きな影響を与えた人物です。 その老子が残した書物の中( 老子第64章)に、次の一文があります。 「合抱の木」は両手で抱えるほど 大きな木• 「九層の台」は何層にも土が重なった 高台 のこと。 大きな木も筆の先ほど(毫末)の芽から生まれ、高台も小さな土を盛り上げることから始まります。 そして 遠い道のりも、足下から一歩踏み出すことから始まると、老子は説いています。 この中の、 「千里の行も足下よりはじまる」が、後にことわざとなったわけです。 日本に伝わったのは? 「千里の行も足下よりはじまる」の言葉は、少なくとも 鎌倉時代には伝わっていました。 鎌倉時代の「玉函秘抄(ぎょっかんひしょう)」という書物(金言成句集)に、 「千里の行も足下からはじまる」という表現が残されています。 同じく鎌倉時代の「曾我物語(そがものがたり)」という書物(軍記物語)では、 「九層の台は累土よりおこり、せんりのかうはいっぽよりはじまる」…と、足下ではなく、「一歩」という表現が使われています。 一人で制作を始めたが、やがて仲間が集まり、10年かかってようやく完成した。 やはり千里の道も一歩からだな。 このように、努力した結果、大きな成果をあげた人や事柄に対しても使われますね。 千里の道も一歩からの類語は? ローマは一日にしてならず 千里の道も一歩からと似た意味を持つ西洋の言葉に、 「ローマは一日にしてならず」があります。 ローマとは300年以上続いた「古代ローマ帝国」のことで、現在にも数多くの遺跡が残されています。 現在にも通じるような高度な文化があったローマ帝国ですが、国が成立するまでには何度も侵略をうけたんです。 最初から強い国だったわけではなく、何百年もの積み重ねがあってのローマ帝国です。 そのためローマは一日にしてならずは、 努力の積み重ねによる結果だという意味で使われます。 一朝一夕 「千里の道も一歩から」に似た意味に、「 一朝一夕(いっちょういっせき)」があります。 一朝一夕だけなら、ほんの少しの時間、あるいはすぐにできる…という意味になるので、千里の道も一歩からとは意味が違ってきます。 しかし一朝一夕は、 「一朝一夕にはいかない」と、否定の言葉と付け加えて使われるんですね。 そのため、• 少しの時間でできるものではない• すぐにはできない …と努力や積み重ねが必要だという意味で、使われる言葉です。 【関連記事( 座右の銘に良い言葉)】• まずは一歩踏み出すことが大切 時間がかかりそうな仕事やや大きな目標がある場合、面倒になって先延ばしにしがちです。 しかし始めないことには、いつまでたっても終わりませんよね? 「千里の道も一歩から」は、 まずは一歩踏み出そうと言っていることわざです。 目の前のできることに取り組むのもいいですし、難しい資格なら簡単な段階から始めることも大切です。 目標の大きさに驚くよりも、まずは「第一歩」を踏み出して始めませんか?.

次の

「不条理」の意味と使い方、類語、「理不尽」との違い

道 類語

「餅は餅屋」の意味と由来 「餅は餅屋」の意味 「物事には専門家がいて、それぞれの専門家にまかせるのが一番である」ということのたとえです。 返して、「素人は上手にできてもしょせん素人なので、専門家にはかなわない」という意味もあります。 「餅屋は餅屋」も正しい 「餅は餅屋」には「餅屋も餅屋」という言い方もあります。 「餅は餅屋」のほうが一般的になっていますが、「餅屋も餅屋」も間違いではありません。 「餅は餅屋」の由来は江戸時代に遡る 餅は、江戸時代では各家庭やご近所が寄り合い餅を搗(つ)くものでしたが、餅屋の搗いた餅がおいしかったことから、このことわざは生まれました。 また、江戸後期に始まったといわれる「いろはかるた」ですが、江戸 東京 、上方(京都)、尾張(愛知県西部)ではそれぞれ内容が違います。 「餅は餅屋」は上方の「いろはかるた」に取り上げられたことによって、ことわざとして定着しました。 『類字名所狂歌集』(1676年)や俳諧『滑稽太平記』に「餅は餅屋が(の)よし」と記載されています。 「餅は餅屋」を使った例文 「餅は餅屋」は、自分ではうまくいかなかったけれど、専門家に頼んでうまくいった時によく使われます。 「スマホの使い方が分からなくて、解説書を読んでみてもやっぱりわからない。 でもスマホショップで聞いたらすぐに問題は解決したよ。 やっぱり餅は餅屋というよね。 「車が故障して近所のおじさんが車に詳しいからと言うから修理しようとしたんだけれど、もっとおかしくなったみたい。 餅は餅屋で、最初から修理屋に頼んでおけばよかった」• 「テレビが壊れたので自分で修理をしようと思ったけれど、餅は餅屋というから電気屋さんに頼むことにしたよ」• 「子供のころ、ピアノを習っていたから子供にも教えられると思ったけれど、イライラしてちゃんと教えられないの。 そこでピアノ教室に通わせるようにしたら、すぐに上達した。 なんといっても餅は餅屋で、やっぱり教え方が上手だわ」 「餅は餅屋」の類語 「餅は餅屋」の類語は数多くありますが、ここでは大きく3つの類語をご紹介します。 ちなみに「蛇(じゃ)」は大きなヘビで、「蛇(へび)」は小さなヘビのことです。 つまり「蛇の道は蛇」は、大きなヘビが通った道は小さなヘビもすぐわかるという意味です。 「小さなヘビ」の代わりに「どんなヘビでも」と解釈されることもあります。 「芸」の代わりに「商売」と置き換えて、「商売の道によって賢し」と言い換えることもあります。 餅は餅屋のその他の類語• 「山の事は樵に聞け」(やまのことはきこりにきけ)• 「酒は酒屋に茶は茶屋に」(さけはさかやにちゃはちゃやに)• 「馬は馬方」(うまはうまかた):「馬方」とは馬に人や物を運ばせる仕事の人のこと。 「弓矢の道は武士が知る」(ゆみやのみちはぶしがしる)• 「病は医者 歌は公家」(やまいはいしゃ うたはくげ)• 「田作る道は農に問え」(たつくるみちはのうにとえ) 「餅は餅屋」の対義語 対義語は「左官の垣根」 「さかんのやね」と読むこのことわざは、「専門外の事をやってもうまくいかない」という意味です。 「左官」は壁を塗るのが専門の職人ですが、そんな職人に屋根を作らせてもうまくいくわけがありません。 この場合の「business」はビジネスの意味とよりは、「すべきこと」や「専門の事柄」と考えたほうがいいでしょう。 その意味は「餅は餅屋」と同義で、「その道の専門家がよくそのことをわかっている」という意味になります。 このことわざは、「毒を以て毒を制す」とも解釈されます。 まとめ 「餅は餅屋」は、何事も専門家に任せるのが一番だという意味のことわざです。 それぞれの専門性をリスペクトするという考えは、ニーズが多様化されている現代にも通用します。 また語呂もよく覚えやすいことから、今でもよく使われることわざです。

次の

「千里の道も一歩から」の意味や由来。使い方の例文や類語も紹介!

道 類語

天人は長寿だが不死ではないため、死ねばまた六道のいずれかに転生する。 悩みや苦しみが大きい世界だが、楽しみもあるとされる。 本能的に生き、弱肉強食が繰り返される。 食べ物を口に入れようとすると火になってしまい、食べることができない。 天道・人間道・修羅道は「 三善道」、畜生道・餓鬼道・地獄道は「 三悪道」と呼ばれています。 しかも、死んだら別の世界に輪廻転生を繰り返し、 永遠に続く苦しみを味わうことになります。 悟りを開くことで輪廻転生の輪から抜け出す…つまり 解脱 げだつ し、死ぬと同時に 「極楽浄土」の世界へ生まれることが仏教の目的です。 輪廻転生から解脱するには、悩みや迷いなどの煩悩の束縛から解き放たれて、悟りを開かなければなりません。 ちなみに、 仏教は六道の中でも、 人間道で人間に生まれたときしか出会うことができません。 仏教を聞いて、絶対の幸福を得ることが人間に生まれた目的だと仏教で教えられています。 天人は死ぬときに「天人五衰」の苦しみを味わうのじゃ!しかも次に生まれ変わるのは地獄道かもしれないぞい… キリスト教などの他の宗教には輪廻転生の思想はない? 輪廻転生の考え方は、主に ヒンドゥー教や 仏教などのインド哲学・東洋思想に見られますが、 世界各地の様々な宗教で近い思想が存在します。 例えば、古代ギリシアの宗教思想であるオルペウス教・ピタゴラス教団・プラトンなどにも、同様の思想が見られます。 また、輪廻転生観が存在しない イスラム教にも、アラウィー派やドゥルーズ派などは輪廻転生の考え方があるのです。 宗派にもよりますが、 キリスト教・神道・ユダヤ教には、 輪廻転生の思想はほぼありません。 ちなみにキリスト教では、死んだあとは天国の神の元に帰るか、地獄に逝くかの二択です。

次の