お ひつじ 座。 銀座 ひつじ座

牡羊(おひつじ)座 男性の性格と相性の良い・悪い星座

お ひつじ 座

おひつじ座の人は、生まれたての赤ちゃんが怖いもの知らずで何でも新しいことをやるように、 実行力があるのが特徴で、躊躇なく新しいことにチャレンジします。 思い立ったらすぐ行動に移すタイプで行き当たりばったりなところがあります。 その行動力から周りを呆れさせることも…しかしその行動力こそがおひつじ座の最大の長所です。 既にあるものの中で何かをするよりも、新しく自分で開拓していくのが好きで、 リスクを恐れずチャレンジすることに喜びや楽しさを感じます。 おひつじ座の恋愛 おひつじ座の人は恋愛でも行動力があって、すぐに気持ちを伝えるなどの行動に出ます。 その性格から付き合った人数は多いでしょう。 ただ、じっくり見極めてから付き合うことが無いので、すぐに終わってしまう恋愛も多いです。 ダメならダメで次に行けば良いというような、いさぎよさもあります。 惚れっぽいところがあるので、新しい恋に走りがちです。 行動力があるので 「肉食系」と言われることも。 おひつじ座の人と付き合うには おひつじ座の人は「追いかけたい」願望が強いので、自分から誘っても良いですが、 相手から誘ってもらえるように仕向けるのが良いでしょう。 お互いの共通点や、休日の過ごし方などの話題から、一緒に会う流れに持っていきましょう。 おひつじ座の結婚 おひつじ座の女性の場合、結婚すると家事と仕事の両立を目指し努力します。 仕事が好きなので、結婚して子供を産んでも仕事を続けたいという気持ちがあります。 男性の場合は家庭を持つと責任感が増し、より仕事に力が入るでしょう。 おひつじ座の仕事 おひつじ座の人は、新しいことに挑戦したり、未開拓の分野を発展させていくことが向いています。 「自分で考えて、自分で行動する。 」そういったスタイルで仕事ができるとおひつじ座のパワーが発揮できます。 逆に、黙々と与えられた仕事をこなすような仕事はおひつじ座の人にとっては苦痛でしかないでしょう。 せっかくの長所が活かせないので非常にもったいないです。 また、おひつじ座の人は失敗を恐れないのが長所です。 失敗してもいいので、どんどん挑戦できるような仕事が向いています。 失敗が許されないような仕事は避けたほうが良いかもしれません。 人に指示されてあれこれやるよりも、自分で考えて自分で実行するほうが得意で、リーダーに向いています。 また、組織の中でコツコツ働きたくないという思いから、起業する人もいるでしょう。 社交性があり、初対面の人が相手でも自分のことをアピールできます。 初対面の人と関係を構築していくような仕事に向いています。 具体的には、新しく開拓していくような、営業力を発揮する仕事が向いています。 また、職種よりも「失敗を恐れず挑戦できる環境」が重要です。 起業家や経営者にも向いています。 おひつじ座の人を活かすには 目標を明確にした中で、失敗を恐れずに新しいことに挑戦できる仕事を与えましょう。 おひつじ座の人は、自分で考えて、新しいことに挑戦している時に最も輝きます。 その実行力が組織や会社にプラスになるようにしてください。 ただし、リスクマネジメントは苦手ですので工夫が必要です。 失敗しても大丈夫な範囲で仕事を任せる、リスクマネジメントは他の人にやってもらうなどしましょう。 おひつじ座の人が何かに挑戦して失敗した場合、それを責めることはしてはいけません。 リスクを背負って挑戦したことは勇敢なことですから、それは認めてあげるべきです。 再度挑戦する機会を与えればきっちりと結果を残してくれるでしょう。 また、せっかちなところがあるので、結果がすぐに出るような仕事が向いています。 おひつじ座の由来となったギリシャ神話 おひつじ座の由来は、ギリシャ神話に登場する「金色の毛を持つヒツジ」と言われています。 このヒツジは、子供が生贄になっているところを助けて逃がす勇敢なヒツジです。

次の

おひつじ座(牡羊座)の基本的な性格は?

お ひつじ 座

「賢いね」と褒めるより 「よくがんばったね」と褒める方がよい という話があります。 子育てをする上で、 持って生まれた能力や長所を褒めるのではなく、 その子が努力したという事実や、 成し遂げたことについて褒めると、 意欲が増すというのです。 これは、ほめ言葉をエサのようにした 「条件付け」ではないだろうと思います。 私たちは幼い頃から無意識に 「自分はこういう人間だ」 という「セルフイメージ」を抱きます。 これはいわば「アイデンティティ」に近いものです。 「アイデンティティ」は、たとえば 「日本人である」とか 「1990年代生まれである」など、 持って生まれた条件で創られることもあります。 そして何より、 「人からこう言われた」という記憶が 「セルフイメージ」の材料となります。 ほめ言葉も、けなす言葉も、 みんな「自分」のイメージに入り込みます。 もちろん、 時間の流れとたくさんの経験のなかで 忘れ去られる言葉もたくさんあります。 でも、ごく幼い頃に言われた言葉がそのまま 「自分はこういう人間なのだ」 という認識の土台として 死ぬまでのこり続けることは、 よくあることなのです。 もし、幼い頃から 土地や所属ではなく、 主に「頑張ったこと」「達成したこと」を評価されてきたなら、 「アイデンティティ」や「セルフイメージ」もまた、 「なしとげたこと」「がんばったこと」で 構成されていくのではないでしょうか。 年齢をかさねてからも、 大きな仕事をしたり、 長期間海外に滞在したり、 勲章やメダルをもらったりすると それがすぐ、 「アイデンティティ」や「セルフイメージ」に組み込まれます。 受賞歴や滞在国などのわかりやすい固有名詞がなくとも 「フルマラソンを走れるようになった」 「20人のチームのマネジメントをこなせるようになった」 「苦手だった料理ができるようになった」 など、 達成したこと、経験したことが 自分のアイデンティティに入ってきたとき、 人生の方向性もまた、変化し始めます。 「出来たこと」が「自分」に流れ込むと、 そこに新しい可能性が生まれ、 スタートラインが引かれることになるのです。 「人生」のスタートラインには、 「自分」があります。 少なくとも星占いでは 「スタート」と「自分」は、 同じ場所に、重なり合っています。 「自分はこういう人間だ」という認識、 つまり「セルフイメージ」「アイデンティティ」は、 星占いでは「人生の出発点」なのです。 自分が何者か、ということが 未来を目指して一歩を踏み出すときの、 目に見えない原動力なのです。 あるいは、 「自分は何者なのか」 という謎が、 新しい世界に踏み出すきっかけとなることもあります。 2020年、牡羊座の世界では、 「自分自身」と 「なしとげたこと」とが、 両方、これでもか! というほど、 ぐりぐりに強調されています。 つまり、 「ここまでに成し遂げたこと」が、 どんどん「アイデンティティ」に流れこみ、 「自分」が強化・刷新されるのです。 ここで言う「なしとげたこと」の内容は、 昨日今日のことではありません。 2008年頃からの取り組みかもしれませんし、 2017年の終わり頃からの取り組みかもしれませんし、 2019年から2020年いっぱいに跨がる、 一連の活動なのかもしれません。 あるいは、それらが重なり合って、 2020年という時間でいちばん大きな高まりを見せ、 その高まりの膨大な輝きが、 ドカーンと「自分」に流れ込んでくる! というようなことなのかもしれません。 海にマグマが盛り上がって、 新しい島が生まれるように、 「自分」という存在の明確な拡大を体験する人もいるでしょう。 この「自分」の感覚の拡大は、 決して「自意識過剰」といった、 幻影のようなモノではありません。 実質的な取り組み、野心に向かって進んできた実績、 ずっと歩き続けてたどり着いた場所、 というように、 かたちある、誰からも見えるものが、 あなたの生き方を新しい形で、 下から押し上げてくれることになるのです。 2020年はそういう意味で、 「ゴール」の年であると同時に、 「スタート」が準備される年でもあります。 「やってきたこと」の成果が 「自分」に流れ込んで、 新たな始まりの下地が整います。 「新たな始まり」がいつになるのか、 ということについては、おそらく、 2021年から2023年の中で訪れるはずです。 遠出する人が多いでしょう。 勉強も非常に捗る時期です。 ガンガン動いて行動範囲を拡大できます。 この時期に学んだことはすぐ、 「実地」で活かせます。 2月半ばから3月はごく忙しい時期で、 ガンガン勝負に出られます。 2019年から準備してきたプロジェクトに ドバーンとつっこんで行くことになるでしょう。 ただ、3月半ばまでは、 全体に勢いは強いのですが、 細部が甘くなりがちなところもあります。 「何か適当になりそうだな…」と思ったら、 3月半ばくらいまで少し時間をおくと、 しゃっきり着地できそうです。 3月から4月頭は、経済面で嬉しいことも多いでしょう。 「実入りがいい」時期となっています。 4月から5月半ばは人間関係がぐっと拡大します。 コミュニケーションの範囲が広がり、 かつてなく色々な人と交流できそうです。 身近な人から目上の人、高嶺の花まで、 境目なくどんどん関わりを生み出せます。 5月半ばから7月前半は、 懐かしい「再会」があるかもしれません。 また、一つのことを何度もやりなおしたり、 同じことを何度も議論したりすることになる気配もあります。 これは決して無駄なことではなく、 とても大事な事です。 時間を遡り、関わりを掘り下げ、 場合によっては一番深い場所まで 「心の階段」を降りて行って、 とても大切な宝物を見いだすことが出来ます。 そして6月末以降、 年明けに跨がって、 牡羊座の人々にとってもっとも華やかな、 熱い時間がやってきます。 あなたの星座の王様である火星が、 この間、あなたの元に「帰還」するのです。 意欲と情熱がわき上がり、 大勝負に臨めます。 自分を変えたい、という思いを抱いている人には、 この時期は大チャンスのタイミングです。 肉体改造からコンプレックスの解消まで、 あらゆる事を試し、 概ね、成功をおさめられるはずです。 8月から9月頭は、 家族との時間がとても大切なものになりそうです。 勝負の中でも「味方」に守られる喜びを感じられます。 9月から10月頭は、 非常にクリエイティブな時間となります。 やりたいことに思いきり取り組んで、 素敵な結果を出せるでしょう。 遊びもとても楽しい時期です。 10月から11月は、人間関係が盛り上がります。 失った関わりが「再生」するような場面もありそうです。 また、「勝負」に有力な助っ人が現れる気配も。 12月は、星座を問わず 「特別な星の時間」となっています。 未来への扉がまったく新しい形で開くような、 約20年に一度の、特別な節目です。 牡羊座の人にとっては特に、 新しいチームを作ったり、 新しい「場」に身を置いたり、 新しい夢を追いかけ始めたりするタイミングとなるかもしれません。 転職などで、新しい仲間に出会う人もいるでしょう。 年末は、今年1年に成し遂げたことを、 皆で分かち合える、 幸福で賑やかな時間となりそうです。 一つは 「たくさん話すこと・言葉にすること」。 もう一つは 「セルフイメージの刷新」です。 愛の世界では 「言葉にしないとわからないこと」 が、たくさんあります。 また、ふとした言葉をきっかけに、 いきなり愛が始まる! ということもあります。 決して「言葉が全て」ではありませんが、 その一方で 「言葉の魔法」が、 愛を産み育てることがよくあるのです。 2020年、特に4月から8月上旬にかけては、 牡羊座の愛を動かす強力な「言葉」があります。 「セルフイメージの刷新」も、 愛の世界に強いインパクトを与えるでしょう。 「自分はこういう人間だ」 というイメージが根本的に変わると、 人へのアプローチや愛情表現の形も 様変わりしていく可能性があるからです。 たとえば、 「自分はこういう人間だから、 こういうアプローチは似合わない」 といった思い込みから脱出したとき、 新しい愛に出会えるのかもしれません。 他には、 幼なじみや兄弟姉妹がキューピッドとなってくれる気配もありますし、 母校を訪ねたり、学びの場に出向いたり、 小旅行に出かけたりすることも、 愛の呼び水となるかもしれません。 愛に強い追い風が吹くのは、 2月から3月頭、7月下旬から8月、 9月から10月頭、 10月末から11月半ばです。 2月半ば、4月上旬、8月後半、 10月頭などにも、 大事な愛の転機が訪れそうです。 人と自分を比べて定義しようとしたり、 全体の中で自分がどの辺りなのかを 執拗に気にしたりは、しません。 外界にある物差しを自分にあててあれこれ考える、 という態度は、 牡羊座の人の発想の中には、 ほとんどないのです。 これは、牡羊座の人が客観的でない、 ということではありません。 物事を客観視することは、 牡羊座の人々は寧ろ、得意です。 でも、こと 「セルフイメージ」「アイデンティティ」 を設定するにあたっては、 他人の眼差しは必要ないのです。 ゆえに、牡羊座の人々は 「自分はこういう人間である」 ということを、 あまり、言葉で語りません。 「自分という存在を、他者に解るように言葉で表現する」 ということの客観性を、 必要としていないからです。 ですが、2020年は時々、 「自分」を言葉にして語る場面がありそうです。 これは、自己アピールとか、 自分語りということではなく、 敢えて自らを言葉で語ることによって、 「解り合える仲間が増える」 ということなのだと思います。 自己開示をし、思いを伝え、 自分が自分をどう思っているかを語る中で、 自分もまた、自分自身を新たに発見できます。 自分を発見したとき、 私たちはその体験を元に、 新たに「他者」を発見することが出来ます。 「自分の中に、こんな思いがあったのだ!」 という驚きは、 しばらくして、 「あの人の中にも、 こういう思いがあるかもしれない」 という想像力に熟成してゆきます。 2020年の牡羊座の世界の「言葉」には、 そうした発見がたくさん詰まっています。 何かを達成し、 達成したことがアイデンティティを更新する2020年、 あなたには、語るべきことが山ほどあるはずです。 思いを語ること、自らを語ること。 語る中でまた、 新たに語るべきことに出会えます。 そしてその先に、 新しい人々との深い出会いが待っています。 2020年は、そんな「未来への扉」が 新たに見つかる年となるはずです。

次の

【動物占い】ひつじの性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も【2020年版】

お ひつじ 座

動物占いひつじの性格? 人の和が重要 ひつじはなんといっても、群れが大好きです。 古代から人間に身近な存在であったひつじは、いつも群れをなして生活しています。 そんなひつじは「人の和」を何よりも大事にします。 みんな仲良く、波風立てず…それがひつじの特徴です。 自分のことよりも周りのことを考え、「他の人何を考えているかな?この考えについてどう思うかな?」と、他人のことをいつも気にしています。 でも、周りのことを気にしすぎて、自分の意見がはっきり言えない…そんなことも多いようです。 また、群れを作るのは寂しがりやの一面もあるので、仲間外れされるのが最も傷つきます。 そんなひつじなので、「和を乱す」人が大嫌いです。 そんな人を見ると、持ち前の正義感でやっつけてしまうこともあります。 動物占いひつじの性格? 人脈づくりや情報収集が得意 ひつじは情報収集が得意です。 さまざまな業界のセミナーや、異業種交流会などで積極的に交流している人の多くはひつじなのです。 もともとひつじは、幼いころから変なところにこだわったり、モノを収集する癖があるようです。 高価なモノの収集ならいいんですが、他人から見たら価値のないモノ、はっきり言ってゴミかな?と思うモノでも、ひつじは収集します。 それはひつじにとっては、とても大切なモノ、何にも代えがたいモノなのです。 そんなひつじなので情報収集も大好き。 あちこちに顔を出して、さまざまな人と交流し情報を集めてきます。 しかし、モノも情報も集めて満足…という面もあります。 集めた情報をうまく生かせればいいんですが、集めただけで終わり…なんてことも多いようです。 動物占いひつじの性格? 冷静でクールな一面も ひつじはもふもふの毛に覆われている見た目通り、本音を見せるのが苦手なだけ。 また、牧場等で見るひつじと同じく群れて、常に誰かと一緒に居たいと思っています。 故に対人関係に関しては、その場の和を作る事に長けています。 しかし、行動が客観的で、自分の価値観やその時の感情にあまり影響されにくいので、予想のつかない行動を取る相手に対しては、良いパートナーとなります。 幅広い知識を収集する事が好きで、自分が経験した事に対して一つ一つの意味を考え、知識として身につけ、自分のものとする事が得意です。 ひつじは、自分の能力をひけらかさずに、上には上がいることや自分より優れた人がいることも自覚しており、周りに対して常に謙虚に物事に取り組みます。 動物占いひつじの性格? 律儀すぎて頑固なところも ひつじは、律儀な性格で、一度決めたことや約束は守るのが当り前で、周囲にもそれらを求めていきます。 故に融通が利かず、頑固だと思われる事があります。 また、強要されたり、頭ごなしに指示されるのが苦手なため、頑固なイメージを持たれる場合があります。 そして、一度決めたことや約束は守るのが当り前な性格が災いして、神経質で他人に厳しい部分もあり、結果相手や周りを疲労させてしまうこともあります。 そんな時は、他の人と適度な距離を保つことにしてみます。 皆に頼られ「良い人」に見られたいと強く願っていますが、「良い人」への憧れが強い分物事の細部まで気になるのです。 遠くから見守るような気持ちで付き合えば、親切な人だと思ってもらえます。 動物占いひつじの性格? 気配り上手で親身 その場の和を大切にするひつじ。 とても知識や人間関係の把握にバランスが取れています。 故に気配りが出来て、どんな事に対しても親身に対応します。 生来の情報収集の能力高さがあり、観察眼が鋭く、相手の心理や感情の動きを読むことがうまいので、アドバイスに関しても的確に出来、グループ内では頼られる存在となります。 また、親しみやすい人が多く、誰に対しても優しく無邪気なので、人前ではいつも笑顔でいることも多いので相談されやすいというところもあります。 争いを好まない平和主義者です。 中には計算高いひつじもおり、こうすれば相手は喜ぶ、許してくれると頭の中考えます。 しかし、これは短所ではなく、平和に過ごすために必要な知恵(ギブアンドテイクの関係)であると言えます。 動物占いひつじの性格? 自分のことはネガティブ思考 ひつじは自分のことになると、ネガティブ思考となります。 他人の悩み事には親身になって相談に乗ってくれますが、自分のことはすぐ悲観的になります。 終わったことなのに、「ああすればよかった」とか「あの時こうしていれば」なんて、後悔ばかりしています。 もっとひどくなったら…とさらにネガティブになり、「悲劇の主人公」的な妄想をすることも。 愚痴やボヤキが多いのも、ひつじの特徴。 「あぁあ」「はぁあ」などため息も多いですが、ただ聞いてあげるだけで十分なことが多いです。 ネガティブ思考なので、次の一歩が踏み出せないこともあります。 イケイケドンドンのときは、素早く次の行動を起こすことができますが、一度ネガティブ思考になると一歩を踏み出すことに躊躇します。 動物占いひつじの性格? 仲間外れは大敵 一見クールだけれど、実は寂しがり屋なひつじにとって仲間はずれは大敵です。 群れで生きる生き物であるひつじが一匹で行動していないのと同じで、動物占いがひつじの人も仲間外れにされるととっても傷つくのです。 そうかといって誰かとベタベタしていたいわけでもないです。 ただみんな誘われているのに自分だけ誘われていないという状態に強いストレスを覚えます。 クールで冷静に見えるのも人と距離を置きたいわけではなく、本当はなかなか出せないだけです。 ひつじの人は人の役に立つのが自分の幸せだと思っている人が多く、人ととっても仲良くなりたいのです。 だから誰かから相談されると嬉しいし、必要とされていると思うのです。 それだけに自分がとても信頼していたり、尽くしていると思う人から仲間はずれにされようものなら、ひつじの人はヘソを曲げて一気に頑固になってしまいます。 動物占いひつじの性格? 人から相談されると嬉しい とにかく、ひつじは人から相談されることに喜びを感じます。 他の人から頼りにされることに生きがいを感じているので、相談事を持ちかけられたり、悩みを打ち明けられたりすると、自分のことはそっちのけで悩み事の解決に全力を尽くします。 悩みを打ち明けた人にとっても、親身に相談に乗ってくれるひつじはとても大切な存在で、より大きな信頼を得ることになるでしょう。 悩みの解決に全力を尽くすひつじですが、心の奥底では「他人の悩みに親身になっている自分はスゴイ」「こんなに一生懸命な自分はステキ」なんて考えていることもあります。 映画・マンガの登場人物になった気持ちで、そのシチュエーションに浸っていることもしばしば。 でも、悩み事を相談するには、そんなひつじが適任です。 動物占いひつじの性格? お金の管理に長けている 動物占いでひつじのタイプの人は、お金の管理に長けていて、平和主義で石橋を叩いて渡るタイプなので、現実主義なところがあるためかお金を貯めるのが好きです。 何事も丁寧なので、家計簿をつけたりしてお金をきっちり管理しているのではないでしょうか。 約束事を守るのが当たり前というポリシーのため、ひつじの人はお金を借りたらきっちり返すタイプでしょう。 お金にきっちりしている反面損得勘定に厳しくケチと思われてしまうこともあります。 また金銭面での損得勘定が得意なのもあり、状況判断に長けていてどんな仕事もこなします。 仕事は特に店舗のフロアマネージャー、教師、調理師、公務員、喫茶店など飲食業の店舗の経営、自衛官、開業医、弁護士などが向いています。 動物占いひつじの性格? 本心をあまり出さない ひつじの見た目はもふもふで、たっぷりのひつじ毛。 その見た目を反映しているかのように、本心をあまり表には出しません。 それは、周りとの和を気にして気配りもできる事やさみしがり屋で独りになることが苦手な性格が関係しているのかもしれません。 又、相手には相手のやり方があると知っている平和主義のタイプですから、自分の意見があっても「他人はどう思うだろうか?」、「変に思われないだろうか?」という風に考えて、自分の意見を出しません。 但し、周りの空気を読んで物腰が柔らかな一面がありますが、物事を冷静に見極める正確さは群を抜いているので自分がこうしたいと思ったら、それに向かって突き進むタイプです。 それ故にいざという時に仲間から頼られる存在となります。 恋愛運や特徴はお互いを理解しあうことが大切 さみしがり屋のひつじの人は恋愛を好む人が多いところがあります。 それは、群れる事が好きなひつじの特性からも合っています。 ですが、仲間はずれにされるのがイヤで、慎重派な性格上、「断られたらどう付き合えばいいの?」とか「引かれない?」と考えてタイミングを逃し、せっかくのチャンスを逃してしまいがちなところもあります。 但し、ひつじは情報収集が得意で自分の経験を自分の力にする事が得意です。 1度付き合い始めれば、得意分野を駆使して客観的に状況を判断し、上手に付き合う事が出来ます。 但し、本音を表に出さないという特性もあるので、相手が「何を考えているかわからない」と感じてしまう事もあります。 お互いを理解し合える相手を見つける事が恋愛を成就させる近道です。 仕事運や特徴は「人の為」がテーマ 「世の為・人の為」が大好きなひつじなので、仕事も人に役立つ仕事が向いています。 自分を多少犠牲にしてでも、他人のために役立ちたい性格のひつじにぴったりの仕事は、ずばり「先生」でしょう。 学校の先生に限らず、民間の教育機関や技術を教える講師・カウンセラーなどは、まさにひつじ向きの仕事です。 教える立場になると、ひつじはトコトン丁寧に教えてくれます。 生来の真面目さ・頭の良さもあるので、とても良い「先生」になるでしょう。 また、争いを好まずチームワーク第一主義のひつじなので、組織の中では重宝されます。 常に相手の立場に立ち、気遣いを大切にするので、ひつじがいるとその集団に安定をもたらします。 集団の一員として働く、そんな仕事もひつじには向いています。 とにかく、他人のために一生懸命働き、喜んでもらう…ひつじはそこに生きがいを感じます。 人間関係の特徴は和が大切 その場の人の和を大切にするひつじ。 元来、ひつじは臆病な生き物なので群れていられる和が保たれている環境を好みます。 それは、さみしがり屋でひとりになることがイヤという事を指します。 周囲の人と関係をうまく立ち回り誰かに頼られたりするのが一番落ち着くのです。 又、情報収集を得意としており、遭遇した出来事一つ一つを自分なりに解釈して、自分の知識として積み重ねる性格も人との和を構成する一つのツールとなります。 その知識という名のツールを使いに物事をしっかりと客観的にも見極めることができ、他人から頼られた際の決断力にも優れています。 その性格故に仲間から頼られ、周りに人が絶えない群れる事が出来る環境を構築します。 開運ポイントはお墓参りから始まる 平和主義者で、とにかく集団で群れているのが大好きなひつじ。 さみしがり屋で、独りぼっちになるのが大の苦手です。 その反面、冷静で慎重な性格ですから、まずは身の回りを整頓することを重要視します。 他人との関係を一から構築するよりも、まず大切にするのは家族や親族とのつながりです。 そこで、生まれながらの絆を再確認するのにうってつけなのがお墓参りになります。 婚家のお墓でも子孫を通じて血縁が生まれますし、実家のお墓であればもちろん、義理人情に厚いひつじが大切に守り抜く対象としてこれ以上のものはありません。 周囲との和を大切にし、気配り上手なひつじですから、家族や親族間でも無くてはならない存在になることができます。 永遠に消えることのない確かな居場所を実感することが、ひつじにとっての大きな開運ポイントになるのです。 知り合いがひつじだった時の付き合い方は? 一見穏やかで、物静かなひつじ。 初対面の人ともにこやかに話をしますし、すぐに仲良くなれそうな雰囲気を持っていますが、それは表面上の話で、内面は神経質で、物事の好き嫌いが激しいのがひつじの特徴です。 群れを好み、寂しがりやの一面を持つひつじとの付き合い方は、まず、いろんなことに誘ってあげましょう。 自分から人を誘うのが苦手なひつじは、いつも誘われるのを待っているので喜んで参加してくれます。 あと、頼られるのが大好きなひつじには、相談事を持ち込んだり悩みを打ち明けましょう。 喜んで解決策を考え、あなたのために親身に相談に乗ってくれます。 また、相談に乗ってくれたら、お礼をきちんと伝えることも大切です。 他人の役に立つことに生きがいを感じるひつじは、それだけで大満足です。 このように、少しずつ仲良くなっていくと本心を打ち明けてくれるようになり、心から信頼のおける間柄になることでしょう。 ひつじの2020年運勢を紹介! 2020年になると、あなたは今まで以上にリラックスして過ごせるようになるでしょう。 ありのままの自分でいられる時間が増えていきますし、また肩の力を抜いて過ごせば過ごすほど幸運に恵まれるようにもなります。 もしこれまで気を張って過ごしてきたのであれば、羽を伸ばす機会を積極的に作るのがオススメです。 また、その際には過去の楽しかった出来事を思い返してみるのも良いですよ。 その過去の記憶が心を安らげ、ひいては素晴らしい未来のきっかけにもなっていきます。 長期休暇をとったり海外旅行をしたりするのにも向いている年ですので、ここは存分にあなたへ優しくしてあげましょうね。 その優しさの分だけ運命はよりいっそうの輝きを宿していきますよ。

次の