脂肪吸引 危険。 脂肪吸引後に圧迫しすぎると危険?圧迫にかける期間はどの程度?

※警告!脂肪吸引の死亡事故を知らないでは済まされない!|脂肪冷却で大失敗?実際に体験した脂肪冷却の危険性・副作用&効果

脂肪吸引 危険

脂肪吸引は安心な手術 脂肪吸引は怖い施術でも失敗する可能性の高い施術でもありません。 大切なのは確かなクリニックとドクターを選ぶことです。 当クリニックの形成外科専門医認定ドクターにとって、脂肪吸引はとても安全な手術です。 本来は、手術によって皮下の線維や血管を傷つけることも、皮膚を切り取ることもありません。 出血量を極力少なくし、さらに術後の適切なケアをすればむくみを抑えることもできます。 もとより、皮下脂肪は筋肉よりも皮膚表面に近い「浅い」層にあるので、筋肉の層よりも深い場所を傷つけることはありえないのです。 つまり、脂肪吸引で美しいボディデザインを仕上げるために大切なのは、手術を担当する医師が 「形成外科的な解剖を熟知しているか」 「多数の症例を経験しているか」 「丁寧かつ無理無駄のない手術ができるか」 もちろん「医療の基礎を習得している」のは当然のことです。 信頼できるクリニックとドクター選びは、脂肪吸引の成功への第一歩。 渋谷美容外科クリニックは、脂肪吸引への不安を「安心」と 「安全」の確保から解消いたします。 カニューレの挿入はシワのある脇や太ももの付け根の内側など、目立たない箇所が最適とされ、二の腕や腹部などからカニューレを挿入すると、傷跡が目立ってしまいます。 ひどいケースだと挿入口が火傷して、ケロイドのようになることもあります。 脂肪吸引の場合は、処置を行う際の火傷やカニューレ挿入時の傷、脂肪組織の吸引に伴う内部組織の損傷など、さまざまな原因で感染症が引き起こされることがあります。 肺で血栓を起こすと肺塞栓に、脳に移動すると脳塞栓になり、この場合はただちに対処をしないと後遺症が残る可能性もあります。 内臓損傷による 医療事故の報告もあります。 手術をする箇所に直接麻酔薬を入れる「局所麻酔」、脊髄を覆う硬膜の周囲に細い管を差し込み麻酔薬を入れる「硬膜外麻酔」、麻酔薬を静脈内に点滴する「静脈麻酔」、麻酔薬を中枢神経に作用させて意識がない状態にする「全身麻酔」などが一般的です。 それぞれの麻酔の方法によってリスクの大小は異なりますが、特に全身麻酔のように強く作用させたり、身体に合わない麻酔薬を使ったりすると、アレルギーやショック症状が起きることもあります。

次の

脂肪吸引でセルライト除去できるの?できないの?効果を知りたい!|脂肪冷却で大失敗?実際に体験した脂肪冷却の危険性・副作用&効果

脂肪吸引 危険

この記事でわかること• 脂肪吸引後に水がたまる?これって失敗? 脂肪吸引の手術後に水が溜まるという症状が起こることは確かにあります。 これは失敗ではなく、脂肪吸引の量を多く取り除いた時に起こることがあります。 あるクリニックのホームページにも類似案件が掲載されていますが、起こることがあると明記されております。 正しい方法で数回、水抜きを行うことで改善されてきます。 これは、ギリギリのラインまで脂肪を除去したことで空洞ができ水が溜まってしまうんです。 クリニックや医師によって吸引する量は違います。 高い技量があるからこそギリギリのラインまで吸引する事ができるんだと思うんですよね。 技量がなければ、どれくらいの量を吸引したらいいのか見当がつかないですし、キレイなラインも出せないと思います。 脂肪吸引の方法は、いくつもあります。 メスを使う方法や使わずに吸引する方法などがあるので、どの方法が正しいとかはないと思うんです。 その人に合った最善の方法が1番正解な気はします。 全ての人に同じ方法が合致するわけでもなく、個人差があるように手術内容や使用する麻酔、器具なども十人十色ですよね。 なので、水が溜まったからといって「失敗」と決めつけるのはおかしい事です。 脂肪を吸引する量が多いほど可能性としては高くなるという事です。 脂肪は必要量吸引しなければなりません。 無理に過剰吸引すると水が溜まるということだけではなく、命を脅かす結果にも繋がってしまう可能性があるという事です。 今では、セカンドオピニオンという時代です。 もし、水が溜まった事が気になるようであれば、別のクリニックでセカンドオピニオンを受けてみるのも1つだと思います。 医師も十人十色の様に様々な意見はあると思います。 色々な医師の意見を聞いた中で、あとは自分でどう判断するかではないでしょうか。 但し、セカンドオピニオンで訪れたクリニックが正しいというわけではないという事も理解しておく必要はあります。 では、手術後に水が溜まる原因について詳しくお伝えします。 1-1. 脂肪吸引後に水がたまる原因 脂肪吸引後に水が溜まる原因には2つあります。 脂肪吸引をすると、今まで脂肪で埋められていたところが空洞になります。 そこに上記でもお伝えしている様に浸出液や麻酔液などが溜まってきます。 但し、これらの水分は時間の経過と共に吸収されてくるので、手術後の圧迫固定を行う事で水が溜まるスペースがなくなり、消えていきます。 空洞が埋まる前に吸収されなかった水分が溜まる事でこの様な症状を引き起こしてしまいます。 吸引する脂肪の量が多いほど空洞になるスペースは大きくなります。 手術後の圧迫固定が弱かったりすると水が溜まりやすくなってしまうという事です。 お伝えしている様に2つの理由で水が溜まる事もあるというのを理解した上で脂肪吸引の手術を受ける様にしましょう。 1-2. 水がたまるのとむくみはどう違う? 脂肪吸引後の「水が溜まる」のと「むくみ」の違いについて、お伝えしていきます。 皆さんは、「むくみ」と「水が溜まる」の違いについてどのように思われているのでしょう。 一見同じように感じますが、実は違うんですよ。 水がたまるとは? まず、「水が溜まる」と言うことについてお伝えしますね。 脂肪吸引後に水が溜まるのは上記でもお伝えしたように、吸引後の空洞部分に浸出液や麻酔液などが溜まることで起こる症状です。 固定器具で圧迫をする事や水を抜く事で症状は改善されてきます。 むくみとは? 「むくみ」というのは、水分が循環せずにとどまった事によって「むくみ」として症状が現れます。 私たち人間の身体は8割以上が水分でできているというのをご存知だろうか。 その水分には血液やリンパ液なども含まれますが、今までたくさんの脂肪が蓄積されてた部分を取り除く事で空洞ができますよね。 その空間に水分がたまり、循環が悪くなる事で「むくみ」として現れます。 特に手術後24時間以内に起こるむくみが1番のピークかもしれません。 手術部位や手術範囲、圧迫固定の加減などにより個人差はありますが、時間の経過と共に自然と落ち着いてきます。 「水がたまる」と「むくみ」の違い お伝えしたように、この2つの違いは分かりますか?簡単に言うと「自然に吸収される」か「自然に吸収されない」という違いです。 水が溜まると数回に分けて抜く必要があります。 水を抜く事で術後の経過の悪化を食い止める事ができます。 脂肪吸引後のむくみは、手術後1〜2週間は続く事が多いです。 1番のピークは手術当日から3日前後ですが、長い人で数ヶ月むくみが残っている人もいらっしゃいます。 痛みを併発することもありますので、医師に事前に相談したり、痛みが強い時には積極的に痛み止めを使用するなどした方がいいですね。 背中の脂肪吸引の場合は、他の部位に比べると回復も早かったりしますが、特に太ももの場合にはむくみや痛みが強く辛い時期が続く場合があります。 激しい運動や長時間同じ姿勢などでいるのもよくありませんので、無理をしない程度に軽い運動をするなどしてみるのもいいと思います。 脂肪吸引後に水がたまったままだと危険? 脂肪吸引後に水が溜まったままの場合、考えられるリスクについてお伝えしていきます。 長期間水が溜まったままであると、感染などのリスクが考えられるので、良くはありません。 空洞に溜まった水は身体の中で循環することで自然吸収される事が殆どですが、いつまでも水が引かない場合には、数回に渡って水を抜くなどの処置が必要です。 中には30回近く水抜きをされたという口コミも拝見しましたが、個人差は大きいようです。 ただ、1つ言えるのは長時間改善しないようであれば、放置するのは良くないということです。 異常を感じた場合には、速やかに医師への相談をするようにし、早めの対処をしてもらいましょう。 脂肪吸引後に水がたまった場合の「水抜き」とは 脂肪吸引後の水が溜まった場合に、どのようにして水を抜くのかという事について、次はお伝えしていきます。 「水を抜く」と聞いて、どんな連想をされますか?「痛い」「針」「注射」など様々な事を連想されると思うのですが、対処方法として注射器で水を抜くという方法が一般的です。 ここで、水が溜まりやすい場所ってどこか分かりますか。 一般的に脂肪吸引後に水が溜まりやすいとされている部位は4カ所あります。 まず、二の腕、下腹部、太もも、ふくらはぎの4カ所です。 イメージとしては、水風船が近いかもしれません。 ポヨポヨしている感じで水が溜まっている部分だけが腫れているように感じます。 いつもと違う症状が感じられた場合は、早めに受診する必要があります。 水が溜まったままの状態を放置しておくことは感染症などのリスクや回復が遅れたりする原因にもなります。 早めの対処が回復を早める鍵となります。 3-1. 水抜きの方法 実際に水抜きをする場合には、注射器に針をセットして、患部に針を刺して吸い出します。 針を刺すわけですから、最初は「チクッ」と痛いです。 また、水を抜いている間は、吸盤に吸い疲れるような感じがしますが、水を抜いた後は楽にはなります。 水抜きをした当日は入浴は避けたほうがいいですね。 針を刺したところから感染などのリスクも考えられます。 溜まってる量が少量であれば、逆に自然吸収を待つ場合もありますが、そうでない場合は、複数回にわたって処置をするようになります。 1度に大量の水を抜くと様々なリスク面から良くありません。 1度に抜ける量は決まっていますので、1度に大量に抜くことはできません。 水を抜いた後は、消毒などをして針の挿入部位から感染しないようにしておきます。 3-2. 水抜きは何回必要? 水抜きの量についてですが、何回必要という決まりはありません。 本当に個人差ですが、1ヶ月に1度で済む人もいれば、1週間や2週間に1回抜かなければならない方もいらっしゃいます。 要するに、どれだけの量が溜まっているかなんですよね。 そして、溜まっている場所にもよると思います。 1回で抜き切れる人もいれば、そうでない人もいる。 体質や体型、手術部位や範囲で異なるということを理解してもらえたらと思います。 3-3. 水抜きにかかる費用 脂肪吸引後の水抜きにかかる費用は数千円程度ですが、クリニックなどによって金額は異なります。 多くが5,000円前後が多いようですが、金額の差はあります。 脂肪吸引後の水抜きになる状態は、全体の1%もないぐらいの確率です。 殆ど行われることはありませんが、過剰に脂肪吸引をした場合などに起こる事があります。 少量などの場合は、自然吸収を待つこともありますが、そうでないこともあるということは上記でもお伝えしたと思います。 術後の水抜きはアフターフォローになりますので、中には無料でされているところもあります。 詳細につきましては、通院されるクリニックで詳しく確認されておくことをお勧めします。 術後のケアも安心!信頼できる美容整形外科の選び方 脂肪吸引は興味あるけど、どの美容整形外科を選んだらいいのか悩んだりしませんか。 脂肪吸引にかかる費用が高かったり、やたらと手術を勧められそうな気がしたり、一歩踏み出せない自分が居たりしますよね。 今では美容整形外科も全国にもの凄い数のクリニックが存在します。 何を優先順位として決めたらいいのか悩みも多いと思います。 せっかく脂肪吸引をしたいと思っても、素人判断では分からないことも多いし、万が一などのことを考えるとなかなか踏み出せません。 クリニックや医師、使用する麻酔や器具などによって費用は異なります。 複数のクリニックを比較しても3倍近い差額があったりすることも多いですね。 ここでは、信頼できる美容整形外科の選び方についてまとめてみました。 クリニックではなく、医師選びから始めましょう。 医師の技術面やセンス、人柄で選ぶのが1番です。 医師を選ぶときに、まずはインターネットなどの口コミを信頼してはいけません。 関係者が書き込みをしている可能性があるからです。 ネットの書き込みは「そーなんだ」という程度に留めておきましょう。 医師の経験や症例数は、医師を選ぶ上で重要な事なんです。 脂肪吸引は技量をセンスがものを言います。 技量だけでもだめですし、センスも併せ持ってこそ信頼できる医師なんですよ。 カウンセリング時にも医師の人柄は出てきます。 例えば、お金の話ばかりしたり、話をそらしたりする様な医師は良くないですね。 その理由は、自分の技量に自信がないからそういう態度になりますし、患者さんを金儲けの道具にしか見えてなかったりします。 丁寧にこちらの質問にもしっかり答えてくれる医師を選ぶようにしましょう。 美容整形外科医は専門的な知識を必要とします。 信頼できる医師は、専門知識もありできる事は「できる」、できないことは「できない」などはっきりと意思表示のできる医師がいいですね。 知ったかぶりをされると受ける側からしたら不安になってしまうからです。 また、人柄も大切ですよ。 どんな手術もそうですが、医師との信頼関係ができなければ成立しない事もたくさんあります。 ホームページなどの口コミを鵜呑みにするのではなく、実際にカウンセリングに訪れて自分の目で確かめるのが1番なんです。 人と人の付き合いですから、馬が合う人、合わない人がいるのは当然ですし、フィーリングの問題ってすごく重要になってくるんです。 カウンセリングもしっかりと説明してくれて、早めに話を終わらそうとする医師ではなく、受け答えや質問などに正直に答えてくれる医師を選ぶようにします。 そして、いくつかの専門医の資格を取得している医師がいいですね。 ホームページなどを覗くと「専門医」とだけ掲載されていますが、何の専門医なのかを聞くことが大切です。 専門医とは様々な研修を受けて、試験に合格した者に与えられる資格です。 この専門医資格があるのとないのとでは全く違ってくるんです。 きちんと認定機構が認めている医師ですので、技術面だけでなく知識なども磨かれているという証になるんですよ。 なかなか医師に単刀直入に聞くのは、気が引けると考えてしまいがちですが、しっかり医師の経歴や人柄を確かめるのは重要なことなんですよ。 専門医でも特に全身管理のできる麻酔科専門であったり外科専門などの医師であれば、安心して脂肪吸引を受けれると思います。 手術には、麻酔など全身管理も重要な事になりますので、これらの専門医資格取得者であれば信頼して大丈夫です。 まとめ ここまで脂肪吸引後の水が溜まる仕組みやその対処方法、水が溜まる事でどんなリスクがあるのか、水抜きにかかる費用や回数などについてお伝えしてきました。 ご理解頂けたでしょうか。 水が溜まった時の状態ってイメージできましたか。 イメージしやすい様に水風船で例えさせていただきましたが、ギリギリの量の脂肪を吸引する事で起こる可能性があるという事でしたね。 脂肪吸引を受けられる前には、術後のフォローなどにかかる費用まで詳細に確認しておかなければなりません。 確認する事でどんな事が起こる可能性があるか、起こった場合はどうしたらいいかなど的確なアドバイスや話を聞けるはずです。 様々なリスクについては、医師側も説明する義務があるのです。 信頼できる医師の選び方についても様々な視点でお伝えさせていただきました。 もし、話を逸らされたり、きちっとした説明がなされないようでしたら、そのクリニックでの脂肪吸引は辞めるべきです。 ここでお伝えした事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

【脂肪吸引】職業と部位別に仕事復帰の目安を紹介します│ベイザー脂肪吸引ラボ

脂肪吸引 危険

この記事でわかること• 脂肪吸引後に水がたまる?これって失敗? 脂肪吸引の手術後に水が溜まるという症状が起こることは確かにあります。 これは失敗ではなく、脂肪吸引の量を多く取り除いた時に起こることがあります。 あるクリニックのホームページにも類似案件が掲載されていますが、起こることがあると明記されております。 正しい方法で数回、水抜きを行うことで改善されてきます。 これは、ギリギリのラインまで脂肪を除去したことで空洞ができ水が溜まってしまうんです。 クリニックや医師によって吸引する量は違います。 高い技量があるからこそギリギリのラインまで吸引する事ができるんだと思うんですよね。 技量がなければ、どれくらいの量を吸引したらいいのか見当がつかないですし、キレイなラインも出せないと思います。 脂肪吸引の方法は、いくつもあります。 メスを使う方法や使わずに吸引する方法などがあるので、どの方法が正しいとかはないと思うんです。 その人に合った最善の方法が1番正解な気はします。 全ての人に同じ方法が合致するわけでもなく、個人差があるように手術内容や使用する麻酔、器具なども十人十色ですよね。 なので、水が溜まったからといって「失敗」と決めつけるのはおかしい事です。 脂肪を吸引する量が多いほど可能性としては高くなるという事です。 脂肪は必要量吸引しなければなりません。 無理に過剰吸引すると水が溜まるということだけではなく、命を脅かす結果にも繋がってしまう可能性があるという事です。 今では、セカンドオピニオンという時代です。 もし、水が溜まった事が気になるようであれば、別のクリニックでセカンドオピニオンを受けてみるのも1つだと思います。 医師も十人十色の様に様々な意見はあると思います。 色々な医師の意見を聞いた中で、あとは自分でどう判断するかではないでしょうか。 但し、セカンドオピニオンで訪れたクリニックが正しいというわけではないという事も理解しておく必要はあります。 では、手術後に水が溜まる原因について詳しくお伝えします。 1-1. 脂肪吸引後に水がたまる原因 脂肪吸引後に水が溜まる原因には2つあります。 脂肪吸引をすると、今まで脂肪で埋められていたところが空洞になります。 そこに上記でもお伝えしている様に浸出液や麻酔液などが溜まってきます。 但し、これらの水分は時間の経過と共に吸収されてくるので、手術後の圧迫固定を行う事で水が溜まるスペースがなくなり、消えていきます。 空洞が埋まる前に吸収されなかった水分が溜まる事でこの様な症状を引き起こしてしまいます。 吸引する脂肪の量が多いほど空洞になるスペースは大きくなります。 手術後の圧迫固定が弱かったりすると水が溜まりやすくなってしまうという事です。 お伝えしている様に2つの理由で水が溜まる事もあるというのを理解した上で脂肪吸引の手術を受ける様にしましょう。 1-2. 水がたまるのとむくみはどう違う? 脂肪吸引後の「水が溜まる」のと「むくみ」の違いについて、お伝えしていきます。 皆さんは、「むくみ」と「水が溜まる」の違いについてどのように思われているのでしょう。 一見同じように感じますが、実は違うんですよ。 水がたまるとは? まず、「水が溜まる」と言うことについてお伝えしますね。 脂肪吸引後に水が溜まるのは上記でもお伝えしたように、吸引後の空洞部分に浸出液や麻酔液などが溜まることで起こる症状です。 固定器具で圧迫をする事や水を抜く事で症状は改善されてきます。 むくみとは? 「むくみ」というのは、水分が循環せずにとどまった事によって「むくみ」として症状が現れます。 私たち人間の身体は8割以上が水分でできているというのをご存知だろうか。 その水分には血液やリンパ液なども含まれますが、今までたくさんの脂肪が蓄積されてた部分を取り除く事で空洞ができますよね。 その空間に水分がたまり、循環が悪くなる事で「むくみ」として現れます。 特に手術後24時間以内に起こるむくみが1番のピークかもしれません。 手術部位や手術範囲、圧迫固定の加減などにより個人差はありますが、時間の経過と共に自然と落ち着いてきます。 「水がたまる」と「むくみ」の違い お伝えしたように、この2つの違いは分かりますか?簡単に言うと「自然に吸収される」か「自然に吸収されない」という違いです。 水が溜まると数回に分けて抜く必要があります。 水を抜く事で術後の経過の悪化を食い止める事ができます。 脂肪吸引後のむくみは、手術後1〜2週間は続く事が多いです。 1番のピークは手術当日から3日前後ですが、長い人で数ヶ月むくみが残っている人もいらっしゃいます。 痛みを併発することもありますので、医師に事前に相談したり、痛みが強い時には積極的に痛み止めを使用するなどした方がいいですね。 背中の脂肪吸引の場合は、他の部位に比べると回復も早かったりしますが、特に太ももの場合にはむくみや痛みが強く辛い時期が続く場合があります。 激しい運動や長時間同じ姿勢などでいるのもよくありませんので、無理をしない程度に軽い運動をするなどしてみるのもいいと思います。 脂肪吸引後に水がたまったままだと危険? 脂肪吸引後に水が溜まったままの場合、考えられるリスクについてお伝えしていきます。 長期間水が溜まったままであると、感染などのリスクが考えられるので、良くはありません。 空洞に溜まった水は身体の中で循環することで自然吸収される事が殆どですが、いつまでも水が引かない場合には、数回に渡って水を抜くなどの処置が必要です。 中には30回近く水抜きをされたという口コミも拝見しましたが、個人差は大きいようです。 ただ、1つ言えるのは長時間改善しないようであれば、放置するのは良くないということです。 異常を感じた場合には、速やかに医師への相談をするようにし、早めの対処をしてもらいましょう。 脂肪吸引後に水がたまった場合の「水抜き」とは 脂肪吸引後の水が溜まった場合に、どのようにして水を抜くのかという事について、次はお伝えしていきます。 「水を抜く」と聞いて、どんな連想をされますか?「痛い」「針」「注射」など様々な事を連想されると思うのですが、対処方法として注射器で水を抜くという方法が一般的です。 ここで、水が溜まりやすい場所ってどこか分かりますか。 一般的に脂肪吸引後に水が溜まりやすいとされている部位は4カ所あります。 まず、二の腕、下腹部、太もも、ふくらはぎの4カ所です。 イメージとしては、水風船が近いかもしれません。 ポヨポヨしている感じで水が溜まっている部分だけが腫れているように感じます。 いつもと違う症状が感じられた場合は、早めに受診する必要があります。 水が溜まったままの状態を放置しておくことは感染症などのリスクや回復が遅れたりする原因にもなります。 早めの対処が回復を早める鍵となります。 3-1. 水抜きの方法 実際に水抜きをする場合には、注射器に針をセットして、患部に針を刺して吸い出します。 針を刺すわけですから、最初は「チクッ」と痛いです。 また、水を抜いている間は、吸盤に吸い疲れるような感じがしますが、水を抜いた後は楽にはなります。 水抜きをした当日は入浴は避けたほうがいいですね。 針を刺したところから感染などのリスクも考えられます。 溜まってる量が少量であれば、逆に自然吸収を待つ場合もありますが、そうでない場合は、複数回にわたって処置をするようになります。 1度に大量の水を抜くと様々なリスク面から良くありません。 1度に抜ける量は決まっていますので、1度に大量に抜くことはできません。 水を抜いた後は、消毒などをして針の挿入部位から感染しないようにしておきます。 3-2. 水抜きは何回必要? 水抜きの量についてですが、何回必要という決まりはありません。 本当に個人差ですが、1ヶ月に1度で済む人もいれば、1週間や2週間に1回抜かなければならない方もいらっしゃいます。 要するに、どれだけの量が溜まっているかなんですよね。 そして、溜まっている場所にもよると思います。 1回で抜き切れる人もいれば、そうでない人もいる。 体質や体型、手術部位や範囲で異なるということを理解してもらえたらと思います。 3-3. 水抜きにかかる費用 脂肪吸引後の水抜きにかかる費用は数千円程度ですが、クリニックなどによって金額は異なります。 多くが5,000円前後が多いようですが、金額の差はあります。 脂肪吸引後の水抜きになる状態は、全体の1%もないぐらいの確率です。 殆ど行われることはありませんが、過剰に脂肪吸引をした場合などに起こる事があります。 少量などの場合は、自然吸収を待つこともありますが、そうでないこともあるということは上記でもお伝えしたと思います。 術後の水抜きはアフターフォローになりますので、中には無料でされているところもあります。 詳細につきましては、通院されるクリニックで詳しく確認されておくことをお勧めします。 術後のケアも安心!信頼できる美容整形外科の選び方 脂肪吸引は興味あるけど、どの美容整形外科を選んだらいいのか悩んだりしませんか。 脂肪吸引にかかる費用が高かったり、やたらと手術を勧められそうな気がしたり、一歩踏み出せない自分が居たりしますよね。 今では美容整形外科も全国にもの凄い数のクリニックが存在します。 何を優先順位として決めたらいいのか悩みも多いと思います。 せっかく脂肪吸引をしたいと思っても、素人判断では分からないことも多いし、万が一などのことを考えるとなかなか踏み出せません。 クリニックや医師、使用する麻酔や器具などによって費用は異なります。 複数のクリニックを比較しても3倍近い差額があったりすることも多いですね。 ここでは、信頼できる美容整形外科の選び方についてまとめてみました。 クリニックではなく、医師選びから始めましょう。 医師の技術面やセンス、人柄で選ぶのが1番です。 医師を選ぶときに、まずはインターネットなどの口コミを信頼してはいけません。 関係者が書き込みをしている可能性があるからです。 ネットの書き込みは「そーなんだ」という程度に留めておきましょう。 医師の経験や症例数は、医師を選ぶ上で重要な事なんです。 脂肪吸引は技量をセンスがものを言います。 技量だけでもだめですし、センスも併せ持ってこそ信頼できる医師なんですよ。 カウンセリング時にも医師の人柄は出てきます。 例えば、お金の話ばかりしたり、話をそらしたりする様な医師は良くないですね。 その理由は、自分の技量に自信がないからそういう態度になりますし、患者さんを金儲けの道具にしか見えてなかったりします。 丁寧にこちらの質問にもしっかり答えてくれる医師を選ぶようにしましょう。 美容整形外科医は専門的な知識を必要とします。 信頼できる医師は、専門知識もありできる事は「できる」、できないことは「できない」などはっきりと意思表示のできる医師がいいですね。 知ったかぶりをされると受ける側からしたら不安になってしまうからです。 また、人柄も大切ですよ。 どんな手術もそうですが、医師との信頼関係ができなければ成立しない事もたくさんあります。 ホームページなどの口コミを鵜呑みにするのではなく、実際にカウンセリングに訪れて自分の目で確かめるのが1番なんです。 人と人の付き合いですから、馬が合う人、合わない人がいるのは当然ですし、フィーリングの問題ってすごく重要になってくるんです。 カウンセリングもしっかりと説明してくれて、早めに話を終わらそうとする医師ではなく、受け答えや質問などに正直に答えてくれる医師を選ぶようにします。 そして、いくつかの専門医の資格を取得している医師がいいですね。 ホームページなどを覗くと「専門医」とだけ掲載されていますが、何の専門医なのかを聞くことが大切です。 専門医とは様々な研修を受けて、試験に合格した者に与えられる資格です。 この専門医資格があるのとないのとでは全く違ってくるんです。 きちんと認定機構が認めている医師ですので、技術面だけでなく知識なども磨かれているという証になるんですよ。 なかなか医師に単刀直入に聞くのは、気が引けると考えてしまいがちですが、しっかり医師の経歴や人柄を確かめるのは重要なことなんですよ。 専門医でも特に全身管理のできる麻酔科専門であったり外科専門などの医師であれば、安心して脂肪吸引を受けれると思います。 手術には、麻酔など全身管理も重要な事になりますので、これらの専門医資格取得者であれば信頼して大丈夫です。 まとめ ここまで脂肪吸引後の水が溜まる仕組みやその対処方法、水が溜まる事でどんなリスクがあるのか、水抜きにかかる費用や回数などについてお伝えしてきました。 ご理解頂けたでしょうか。 水が溜まった時の状態ってイメージできましたか。 イメージしやすい様に水風船で例えさせていただきましたが、ギリギリの量の脂肪を吸引する事で起こる可能性があるという事でしたね。 脂肪吸引を受けられる前には、術後のフォローなどにかかる費用まで詳細に確認しておかなければなりません。 確認する事でどんな事が起こる可能性があるか、起こった場合はどうしたらいいかなど的確なアドバイスや話を聞けるはずです。 様々なリスクについては、医師側も説明する義務があるのです。 信頼できる医師の選び方についても様々な視点でお伝えさせていただきました。 もし、話を逸らされたり、きちっとした説明がなされないようでしたら、そのクリニックでの脂肪吸引は辞めるべきです。 ここでお伝えした事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の