みぞおち 痛い。 みぞおちが痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

みぞおちを押すと痛い【主な3つの原因】ストレス?病気?右・左等痛む場所別に

みぞおち 痛い

みぞおちの痛みは「胃の痛み」と表現されることもあり、その原因にはさまざまなことが考えられます。 みぞおちのところがキリキリ差し込むように痛い• 胸焼けがしてみぞおちのあたりも痛む• 階段を上るとみぞおちのあたりが苦しい… このような症状が見られた時、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。 みぞおちの痛みを引き起こす病気 みぞおちの痛みは、なんらかの病気によって引き起こされている場合があります。 みぞおちの痛みを起こす胃腸の病気は? みぞおちの痛みの原因が胃腸にある場合、考えられる疾患には以下のようなものがあります。 逆流性食道炎 は、強い酸性である胃酸が逆流することにより、食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気のことです。 食後の胸焼け、げっぷ、喉に酸っぱいものがこみあげる感じ、胸のつかえ感などがよくある症状です。 腸閉塞 とは、なんらかの原因により腸の通過障害を起こしている状態です。 過去にお腹の手術を受けたことのある方は、他の人に比べてなりやすいといわれています。 症状として、腹痛や便秘・ガスが出ないことによるお腹のハリやなどの症状が現れます。 過去にお腹の手術をしたことのある方でこのような症状が現れた場合、早めに病院を受診するようにしましょう。 みぞおちの痛みを起こすその他の原因は? 必ず起こるものではありませんが、以下のような病気でもみぞおちの痛みを感じる場合があります。 尿路結石 結石はごく小さなものであれば症状が現れないこともありますが、尿の通り道がふさがれたり、尿に流されて結石が移動したりすると強い痛みが生じます。 痛みは結石のある下腹部や腰回りから始まることが一般的ですが、みぞおちの痛みから始まることもあります。 受診の目安とポイント 受診の目安には以下のようなものがあります。 痛みの程度が強い• いつまでも痛みが治らない• 痛み以外の症状がある このような場合には早期に受診しましょう。 痛みの原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけなどで相談するとよいでしょう。 受診の際のポイントとして、痛みの出る部位やタイミング、痛み以外の症状の有無などを医師へよく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 食べ過ぎ・飲み過ぎ 暴飲暴食、アルコールの飲みすぎで胃腸に負担がかかり、みぞおちが痛むことがあります。 食べ過ぎ・飲み過ぎた時には 暴飲暴食を控えることは当然ですが、食事の時間も大事です。 夜遅くの食事や朝食を抜いて1日2食にしたりすると、胃腸に負担をかけてしまいます。 3食きちんと規則正しい食生活を送りましょう。 刺激物の摂りすぎ 唐辛子やニンニクなどの刺激物も胃の粘膜を刺激するため、摂りすぎはみぞおちが痛む原因になります。 刺激物を摂りすぎた時は 香辛料を多く使った料理やコーヒーなどの刺激物は適量にしましょう。 刺激物を摂りすぎたことでみぞおちが痛む時は、消化の良いものや胃に負担をかけないものを中心に食事を摂り、胃を休ませるようにしましょう。 よくならないときには 症状がよくならない時には一度病院を受診してみましょう。 思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。

次の

みぞおちを押すと痛い【主な3つの原因】ストレス?病気?右・左等痛む場所別に

みぞおち 痛い

もくじ• みぞおちを押すと痛いのはなぜ? 「みぞおちを押すと痛い」という症状は、 胃が炎症を起こしているため、圧迫によって痛みが出る、または痛みが増していると考えられます。 みぞおちを押すと痛くなる原因 ストレス、温度変化等による自律神経の乱れ 過度のストレス 精神的ストレス 、室内外の温度差等による身体的ストレスが原因で自律神経の働きが乱れると、 過剰分泌された胃酸が胃、十二指腸粘膜に傷を付ける場合があります。 その結果、みぞおち周辺に痛みが生じます。 暴飲暴食 食生活の乱れ 食べ過ぎや飲み過ぎにより、 胃腸に負担を掛けるとみぞおちに痛みが生じる場合があります。 刺激物の過剰摂取 香辛料、にんにく、炭酸飲料、コーヒー、アルコール、たばこ等の刺激物を過剰摂取すると、 胃酸分泌を促進し、胃や十二指腸粘膜に傷を付けることでみぞおち周辺に痛みが生じる場合があります。 食あたり 食あたりや水あたりが原因で、みぞおちに 激痛が起こる場合があります。 また、 暴飲暴食が原因の場合は、 胃腸薬の服用で症状の改善が期待できると考えられています。 <暴飲暴食に用いられる市販薬>• 第一三共胃腸薬• 大正漢方胃腸薬• 太田胃酸 等 病院に行くべき症状と病気の可能性 市販薬を使用しても症状に改善が見られない場合、みぞおちの痛みが続く場合、痛みがひどい場合は、 他の病気が潜んでいる可能性もあるので、 早めに医療機関を受診してください。 考えられる病気は次の通りです。 急性胆嚢炎 主に 食後、右のみぞおちや右上部の肋骨周辺に痛みが生じる疾患です。 吐き気、嘔吐、発熱 高熱 、食欲不振等の症状が出現するケースや、 黄疸、肝機能障害が起こるケースもあります。 また、炎症が悪化するにつれて 背中や右肩等に痛みが広がり、その後呼吸をするだけで強い痛みが生じるようになります。 みぞおちを押すと痛い症状に伴ってしこりがある場合は、次の要因が考えられます。 肝臓、胆のう等が何らかの原因で腫れた場合• 肝臓、胃、胆のう、脾臓、すい臓等に腫瘍が発生した場合•

次の

みぞおちが痛い!真ん中や左右で原因が違う?胃以外の病気かも!

みぞおち 痛い

胃(左・真ん中)• 肝臓(真ん中・右)• 膵臓(左・真ん中)• 食道(真ん中)• 十二指腸(真ん中下)• 胆のう(右)• 胆管(右) みぞおちの真ん中に位置する臓器だけをみても胃以外に膵臓や食道があるため、 「みぞおちが痛い!」と一言でいっても多種多様な原因が想像できるのは一目瞭然です。 最終的に病院で診てもらうのは前提として、異常が起きている臓器がどこなのか見極めるためには、みぞおちで痛む場所が一つの判断基準になります。 みぞおちの痛む場所を真ん中と左右に分け、考えられる病気を紹介していきます。 食べ過ぎ・飲み過ぎによる消化不良• ストレス・体調不良・生活習慣の乱れによる胃荒れ• 身体の冷え これらが原因で胃痛が発生している可能性が高く、胃薬の服用で効果を得ることができます。 逆流性食道炎 食後すぐに寝る習慣のある人に起こりやすい病気で、胃痛とともに吐き気や嘔吐などの症状が現れます。 胃の内容物が長時間消化されずに胃もたれを起こすことが原因で、胃酸が繰り返し逆流するため、食道やのどの炎症も症状の一つとして見られます。 冷凍や加熱に弱いため処理さえしていれば食べても問題はないのですが、生きたまま体内に入ると胃の壁を突き破ろうとするため猛烈な激痛が走ります。 10代~20代の若い世代に多い病気で、胃酸による潰瘍が十二指腸にできることで痛みが発生して空腹時に痛みが激しくなる特徴があります。 治療はピロリ菌の除去や投薬、食事療法が一般的です。 胆石症は日本人の10人に1人は持っている胆石が、胆道や胆のうで結石となった場合に発症します。 症状の一つとして腹部膨満感があり、脂肪分の多い食事をした時にみぞおちが痛むのも胆石症の特徴的です。 ただ 人によっては自覚症状がない場合もあり、検査で初めて病気が発見されることも多いです。 胆石症が悪化すると胆のうが炎症を起こし、胆のう炎になり吐き気や嘔吐、高熱など激しい不調に襲われる可能性があります。 みぞおち右側の痛みと併せて慢性的な違和感や満腹感がある場合、一度病院で診てもらうことをおすすめします。 膵炎 アルコールの過剰摂取により膵臓が炎症を起こして発症する病気で、患者は女性が多く、呼吸もままならないほどの猛烈な激痛が発生します。 治療は膵臓の炎症を抑える薬の投与の他、生活習慣の改善やストレスの減少、禁煙などがあります。 膵臓癌 みぞおちの痛みの他、食欲不振や体重減少など様々な症状が現れる膵臓癌ですが、 膵臓が多くの臓器に囲まれた場所に位置するため早期の発見が難しい癌といわれています。 しかし悪性度はかなり高く、小さい癌でもすぐに転移して症状を悪化させるため、定期的に検査をして癌の早期発見に努めることが大切です。 ただ肝臓の病気は早期発見が難しく気づいた時には、すでに末期の状態まで進行しているかもしれないので、みぞおち付近に違和感を感じていたり、• 疲れやすい、風邪に似た症状が続く• 肩こりがひどい• 黄疸が起こる、褐色の尿 など、体の異常が長期間続く場合、以下のような肝臓の病気の可能性も視野に入れておきましょう。 肝炎 肝炎は以下の3パターンに分かれます。 急性肝炎…ウイルスや薬物、アルコールにより肝臓が炎症する• 慢性肝炎…急性肝炎による状況が6か月以上改善されなかった場合• 肝硬変 倦怠感や吐き気、嘔吐などの症状があらわれる肝硬変は、慢性肝炎が原因で発症します。 細胞の修復と破壊を繰り返すことで、肝臓が岩のように固く小さくなってしまう病気です。 肝臓病の末期症状ともいえる肝硬変は1度悪化すると元の健康な肝臓へ戻すことが難しく、最悪の場合肝臓がんや肝不全へと発展します。 まとめ 一概に「みぞおちが痛い!」といっても、どの部位が痛いかにより原因の臓器は変わりますし、重大な病気を患っている可能性もあります。 もちろん、みぞおちが痛む度に「重大な病気かもしれない…」と過度に心配する必要はありませんが、楽観視するのも危険です。 痛みが続く場合や、みぞおちの痛み以外にも慢性的な不調が続く場合、一度病院で診てもらうようにしましょう。 病院に行った際は、少しでも早く痛みの原因を特定するため、みぞおちの真ん中や左右など、どの部分が痛むのか具体的に説明するようにしてくださいね。 スポンサーリンク.

次の