アイコス マルチ。 Petrolsofting

アイコス3 マルチ(IQOS3 MULTI)レビュー|軽量でコンパクト持ち運び便利

アイコス マルチ

左が従来のアイコスを踏襲した「アイコス 3」、右がバッテリー一体型で連続10本吸いを可能にした「アイコス 3 マルチ」 現在、日本で販売されている3大加熱式タバコと言えば、「アイコス(IQOS 2. 4 Plus)」「グロー(glo)」「プルーム・テック(Ploom TECH)」。 どれもこれまで本格的なモデルチェンジはしていなかったが、今回ついにその先駆者であるアイコスが、本格モデルチェンジを果たす。 しかも、コンパクトな「アイコス 3(IQOS 3)」、連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ(IQOS 3 MULTI)」の2機種が登場。 2018年11 月15 日(木)から全国のアイコスストアおよびアイコス 2. 4 Plus オンラインストアにて発売予定で、価格は「アイコス 3」が10,980 円(税込)、「アイコス 3 マルチ」が8,980 円(税込)となる。 豊富なアクセサリー(別売)で、最大576 通りの組み合わせ色合いや質感を楽しめる 2017年3月発売の「アイコス 2. 4 Plus」が、ブレードや開閉部の改良といったマイナーチェンジだったことを考えれば、今回が初めての大々的なバージョンアップとなる。 果たしてどんな進化を遂げたのか? アイコスは2種類に枝分かれして進化! 2017年3月の現行最新機種「アイコス 2. 4 Plus」発売時、販売元であるフィリップ モリスはユーザーの声を受け、壊れやすいポケットチャージャーの開閉部や折れやすい加熱ブレードの強化、充電時間の短縮などの改善を図った。 しかし、その後もユーザーからさまざまな声が寄せられた結果、幅広い要望を1機種でかなえることは不可能という結論に至ったようだ。 そして、今回の2機種同時リリースとなった。 基本的に「アイコス 2. 4 Plus」の改良コンパクト版となるのが「アイコス 3」。 まったく新しい、バッテリー一体型となって連続吸い可能になったのが、「アイコス 3 マルチ」である。 それでは1機種ずつ、その特徴を見ていこう。 コンパクトかつスタイリッシュに生まれ変わった「アイコス 3」 まずは、順当な変化を遂げた「アイコス 3」。 アイコスホルダー(以下、ホルダー)の充電時間は約40 秒スピードアップ。 連続で吸いたいユーザーにとってはうれしい進化だ。 ポケットチャージャーのフル充電までの時間は約2時間で、充電をしながらの使用も可能だという。 ホルダーの形状は、キャップがななめにハマるようになったこと以外、サイズ感は変わらないので、今までのユーザーは何も抵抗なく切り替えることができるだろう。 ポケットチャージャーは小型化され、随分とスリムになった。 しかもフタが上オープン式ではなく、サイドオープン式に変わった。 そして、従来はホルダーをしっかりボタン方向に前を向かせて挿入しなくてはならなかったが、「アイコス 3」では全方位対応のマグネット式ホルダーにより、どの向きでも挿し入れても収納・充電が可能に。 地味な変化のようだが、使い勝手はかなりよくなる。 ホルダーのななめキャップも地味だが、いくぶん開けやすくなった気がする。 何より、従来機をシャツの胸ポケットに入れるとほかのものを入れる隙間はなくなったが、スリムな「アイコス 3」なら、ペンなどを一緒に入れることができる。 さらに、すべての素材・設計を見直し、衝撃試験を重ねているというから、耐久性の向上にも期待できそうだ。 「アイコス 3」。 サイズはポケットチャージャーが46. 7(高さ)mm、 ホルダーが14. 3(高さ)mm。 重さは合わせて125gとなる。 すっきりとして、カラー次第では女性が持ってもより違和感の少ないデザインに変化した 10本連続で吸えてしかも軽い!「アイコス 3 マルチ」 かたやダイナミックな変貌を遂げたのが、「アイコス 3 マルチ」だ。 これまでアイコスユーザーが連続吸い(チェーンスモーキング)をしたい場合は、ホルダーを買い足して2本体制にするか、合間に紙巻きタバコを吸うなど、いささか無理があった。 「アイコス 3 マルチ」は、左上のキャップをスライドさせたら、その穴にヒートスティックを差し込み、吸い終わったらスライドして取り出す。 そして時間を開けなくても、再びヒートスティックをセットすれば、連続で最大10本吸うことが可能なのだ。 フル充電までの時間は約75分で、こちらも充電をしながらでも使用できる。 今まで連続吸いをしたいがために「グロー」を選んでいた人も多いことを考えると、この変化はかなり強力。 しかも、手に持った時の軽さの衝撃! まさにスマートだ。 これこそアイコスユーザーが長年待ち望んでいたものではなかったか。 さらに、筆者はどうしてももったりとしたホルダーのデザインが苦手だったのだが、これならモノとしての魅力も絶大だ。 「アイコス 3 マルチ」。 サイズは25. 3(高さ)mm、重さが50g。 小さい、軽い、チェーンスモーキング可能というまさに無敵の進化だ さながら重めの多色蛍光ペン 「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」を使って実際に吸ってみた! 2018年10月23日に行われた「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」の発表会がパークハイアット東京で行われ、そこでタッチ&ゴー(試し吸い)コーナーが設けられていたので、実際に製品を試してみることにした。 実装しているテクノロジーは「アイコス 2. 4 Plus」と同一ということだが、充電時間の短縮やバッテリー容量の倍増、ホルダーのスリム化という変化は、どの程度使用感に影響するのだろうか。 まずは「アイコス 3」を使用してみる。 感動! というほどではないものの、ホルダーの出し入れは確かに簡単に、所作もスマートなった。 マグネット付きで内部にホルダーをしっかりホールドしてくれるのは、落下の危険を防いでくれるのでおっちょこちょいにはいいかも。 使い心地はほぼ同じ。 既存ユーザーなら何の迷いもなく使える ヒートアップ時間は「アイコス 3 マルチ」と共通の20秒。 丈夫さ・耐久性に関しては使い続けていないので不明だ。 肝心な味わいは「アイコス 2. 4 Plus」ユーザーなら、あっけないほど同じだ。 スリムになったホルダーも、「アイコス 3 マルチ」を見た後ではインパクトは少なめ。 筆者としては、現時点では「アイコス 3」をあえて発売する意味がわからないというのが正直なところ。 これはもう継続的に使用してみて判断するしかない。 タッチ&ゴーのコーナーの人にも聞いたが、「アイコス 3」は既存の使い慣れたアイコスユーザーのフィールを大切にしているのでは、とのこと。 ちなみに、「アイコス 3 マルチ」がどんなに軽いといってもホルダー単独では「アイコス 3」の方が軽い。 「アイコス 2. 4 Plus」と喫味に違いはなし 続いて、「アイコス 3 マルチ」を使ってみる。 こちらはチェーンスモーク必須の一定層にしてみれば、まさに夢のアイコスだ。 また、ポケットチャージャーがずっしり重くて嫌だと思っていた人にとっても、この50gは奇跡。 生卵1個より軽いポータビリティと、スリムなフォルムで、携帯性は最強だ。 では、保護カバーをすっとずらして、ヒートスティックを差し込んでみよう。 これが差しにくいと大きなストレスだが、問題はない。 ヒートアップ時間も「アイコス 3」と同様だ。 肝心の味も同じ。 保護カバーはスライドさせてずらす仕様なので、紛失の心配はない 吸った後は本体中央の接合部分をスライドさせて、ヒートスティックを取り出す。 50gをそのまま吸うのが重いといったら、グローユーザーに怒られると思うし、VAPEやヴェポライザーにしても軽い部類。 それでいて価格が安いというのはどういうことか。 これはすごい。 見た目は少々でかいけど、軽い。 ちょっとしたVAPEのような大きさなので、喫煙所で少しは目立つかも 大きさ比較。 写真左からヒートスティック、「アイコス 3 マルチ」、「アイコス 3」、「アイコス2. 4Plus」 日本唯一の高温加熱ブレード式が進化を遂げ、加熱式タバコの未来を大きく変える予感 現在の3大加熱式タバコであるアイコス、グロー、プルーム・テック。 プルーム・テックは低温加熱方式という独自の路線なので置いておき、残るアイコス、グローを比較した時に、アイコスがリードしている点は何だろうか。 それは加熱ブレード式だということ。 登場当初こそ折れやすいなどの不評も買った(アイコス 2. 4 Plus で改良)が、これがアイコスのキモである。 その時に一部は焦げ付き、一部は加熱されないなどの加熱ムラが生じると、そのせいで途端に味が悪くなるのだが、タバコ葉の中心から加熱できる加熱ブレード式は、この加熱ムラが起こりにくいのだ。 グローはネオスティックを細身にすることで加熱ムラを防いでいるのだが、その分タバコ葉の量は少なくなる。 結果として、タバコ葉をより多く使用しつつ、ムラを押さえながら加熱できるアイコスが喫味を1番重くできるようになっているというわけだ。 このしっかりとした喫味のまま、コンパクト化した「アイコス 3」および連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ」は、今後の加熱式タバコの行く末を大きく変える新製品となるだろう。 なお、旧モデル「アイコス 2. 4 Plus」は、引き続き併売される。 また今後、現行より手頃な価格帯の「ヒートスティック」の新ラインも発売予定だ。 【関連リンク】.

次の

アイコス3とマルチはすぐ故障する?故障した時の対処法まとめ

アイコス マルチ

アイコス3マルチなら、まず上部のフタをスライドし、穴にヒートスティックをセットして1本目を吸う。 吸い終わったら、使用済みのスティックを取り出し、 すぐに新しいヒートスティックを差し込み20秒の余熱、2本目を吸う…。 この繰り返しで 最大で連続10本まで吸うことができます。 連続吸いができないためにアイコスシリーズから 他の電子タバコに乗り換えたという声もたくさん出ていた中、一度に何本も 連続吸いが可能になったアイコス3マルチは、アイコスユーザーが待ち望んでいたモデルに間違いないでしょう。 アイコス互換機というものがあったけど…? 純正品でない互換機なら、今までも連続吸いができるモノが存在していました。 しかし純正品でないアイコス互換機は、怪しいメーカーや通販サイトのモノも多く、 酷い時には粗悪品や偽物の場合もあります。 そうでなくても 保証がついていませんのでリスクと隣り合わせだったのです。 アイコス3マルチは、これ1つで完結していて 純正品の中ではたった一つの連続吸い可能なモデルです。 デザインも使い勝手も文句なしなうえに、 安心も付いてくるわけです。 アイコス3マルチの充電時間について 気になるのは、やはり『充電時間』と『どれぐらい持つのか』ですよね? 従来のアイコスであればチャージャー フル充電は約2時間、チャージャーからホルダーへ 1本吸うごとに約3分間充電する…を繰り返して使うこと、およそヒートスティック 20本分は持つといわれていました。 では、 アイコス3マルチの場合の充電時間と、フル充電時にはどれぐらい持つのかを見ていきましょう。 アイコス3マルチのフル充電時間は? アイコス3マルチの充電時間は、 フル充電完了まで約1時間15分となっています。 1時間ちょっと充電器とつないでおくだけでフルになると考えれば まぁ問題なしですね。 アイコス3マルチは1回のフル充電でどれぐらい持つ? デカくて重いポケットチャージャーがなくなり、 小型化&一体化したことによるデメリットは バッテリー容量もコンパクトになったことです。 上で連続吸いは10本までとしましたが、その理由は ヒートスティック10本分でバッテリーがちょうど切れるからなんです。 つまり、アイコス3マルチは追加充電なしでは連続吸いしても分けて吸っても 10本までという事になります。 ヒートスティック10本ってどうなの…? ヒートスティック10本というのは、 何とも言えない本数って感じですよね。 1回の喫煙で何本吸うかというところですが、連続吸いができて嬉しいと考える層ならどれだけ少なく見ても2~3本は吸うはずです。 何本吸うとどれぐらいの感じなのかイメージしてみましょう。 ・連続吸い2本までならタバコ休憩5回分、まぁこれなら十分かもしれません。 ・連続吸い3本までならタバコ休憩3回分です。 これで乗り切れる人もギリギリ居そうなラインでしょうか?• ・連続吸い4~5本となると、喫煙所に足を運べるのは2回分の充電しかありません。 1日で2回分のタバコ休憩しか持たない…ちょっと物足りませんね。 何本も 連続吸いできるメリットに対して、一度のフル充電で10本までしか吸えないのは、一気に連続吸いをするほど、ヘビースモーカーにとっては物足りないことになってしまっています。 1日に20本以上吸いたい場合は、どうしても 途中で充電を挟む必要があります。 充電で困っている人におすすめのアイテムがあった! 「アイコス3マルチ 結構良さそうだけど、 10本しか吸えないんだったらちょっと…」 ずっと外で仕事だから途中で充電なんてできないという人も居ますよね? なんと言っても、 連続吸いがスムーズにできることで、従来のアイコスよりも 吸う本数が増えるかもしれないという所に注目すると、1日 10本で乗り切るのは難しい…という人も多いはずです。 そんな追加充電で困っている人でもアイコス3マルチを思う存分使うには、今やスマホやタブレットでもすっかりおなじみとなった モバイルバッテリーを使用する方法があります。 アイコス3マルチに適したモバイルバッテリーは まずは容量を見ましょう。 アイコス3マルチのバッテリー容量から考えると、 10000mAh程度の容量のモバイルバッテリーなら十分と言えます。 MAX充電が4回できる程度の容量ですので、アイコス3マルチフル充電+モバイルバッテリーフル充電で 吸える本数は50本になります。 いくら何本も吸うと言ってもこれだけあれば大丈夫でしょう。 電流もしっかりチェック! もう一つはのポイントは 電流をチェックです。 モバイルバッテリーには出力があります。 アイコス3マルチの 充電の際の電流は2Aなのですが、モバイルバッテリーには2Aだったり1Aだったり、もしくは2種類ともついている物もあります。 商品によっては 2AのUSBポートは急速充電ポートなどと言われていたりもしますのでよく見てみて下さい。 モバイルバッテリーは 「2A」のものを選びましょう!1Aと2A両方のポートが付いている場合は2Aの方を使用しましょう! アイコス3シリーズ用の『USB-type-Cケーブル』にも注意 アイコス3マルチの充電関連や連続吸いについてまとめましたがいかがでしたでしょうか? アイコス3マルチは、 軽くてコンパクトで、何本も連続吸いができることが特徴でした。 およそ1時間15分でフル充電でき、フル充電されたアイコス3マルチではヒートスティック10本分吸うことができます。 朝、家を出てしまうと長時間充電ができないけど 1日に10本以上吸いたい!という人にとっては、 モバイルバッテリーを携帯するのがおすすめです! ただ、ポケットチャージャーとホルダーがセットになっている従来のアイコスシリーズと、アイコス3マルチ&モバイルバッテリーのセットで比較しても、連続吸いができるメリットの部分で優れていると考えると アイコス3マルチは優秀と言えそうですね。 アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL ジュール 』という電子タバコをあなたはご存知ですか? ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。 え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw 強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL ジュール 』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD リキッド のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。 勿論、 液漏れも一切しない凄いヤツですw.

次の

【説明書】アイコス3マルチ(IQOS 3 MULTI)の使い方マニュアル

アイコス マルチ

多くの方で賑わうアイコスストア銀座 発売から数カ月経過し、「そろそろ新型アイコス欲しいなー」と思っている方も多いのではないでしょうか。 そんな時に思い悩むことがあります。 新型アイコスは「IQOS 3」と「IQOS 3 MULTI」と、どちらが良いの? という気持ちです。 新型アイコス発表時もまさかの2種類!と話題になりましたが、どちらもなんだかんだで値段は張ります。 そりゃどちらも買いたいけどどちらかだけで良い・・と思うのが心情ですよね。 そこで、この記事では販売以前から新型アイコスを使い続けた上で、どちらの新型アイコスが良いのか参考にするためそれぞれ特徴やメリットデメリットなどを上げていきたいと思います。 スペックを比較する まずは、数字でもわかるスペックの比較を一覧して見てみましょう。 アイコス3 アイコス3マルチ 型 分離型 一体型 サイズ mm ポケットチャージャー — 高さ:114. 7 横幅:46. 3 奥行:22. 3 ホルダー — 高さ:92. 3 奥行:14. 4 高さ:119. 3 横幅:25. 4 奥行:15. サイズはもちろん異なりますし、連続使用ができるかできないかも大きな違いですね。 また、値段も2,000円差があり、1万円を超えるか否かは重大なポイントかもしれません。 ここからは実機を見ながら、例えば以下の重要なポイントを感想含めて比較していきます。 使い勝手• デザイン・大きさ・色• アクセサリ 3種類のアイコスの値段を比較 まず、どちらかを買おう!と思った時に気になるのは価格です。 なんだかんだ大きい。 決して安い買い物ではないですもんね。 先に参考価格ですが、いわゆる 旧型「IQOS 2. 4 Plus」の価格は、7,980円です。 アイコスストアに展示されているIQOS 2. 4 Plus 色は白とネイビーが通常カラーとなっていますが、どちらも7,980円が定価となっています。 これとそれぞれの価格を比較してみましょう。 IQOS 3の価格 アイコス3の価格は、10,980円です。 なので、 旧型アイコスよりも3,000円高い価格設定となっています。 アイコス2,4プラスでまだいいや・・と思うかどうかはこの3000円高い価格と使い勝手などを比較した上で検討する形になりそうですね。 IQOS 3 MULTIの価格 アイコス3マルチの価格は、8,980円です。 なので、 旧型アイコスよりも1,000円高い価格設定であり、 アイコス3よりも2,000円安い価格設定となっています。 この2000円が大きいとなるかどうかはアナタ次第! ここまでの価格をまとめると以下の通り。 デバイス 定価価格 10,980円 8,980円 7,980円 アイコス3が1万円の大台を超えているのが気になるところ!どんな良い特徴があるんでしょう? これら価格を前提に、それぞれの使い勝手など解説します。 それぞれの特徴・使い方 値段の次に、新型アイコスそれぞれの使い勝手を見ていきましょう。 IQOS 3の特徴 はじめにアイコス3です。 キャップを片手でキュッと取り外し。 簡単である。 使い勝手はこれまでのIQOS 2. 4 Plusとはまるで異なります。 なので、旧型アイコスを利用されている方にとっては、 全く新しいタバコデバイスを購入するという気概を持って臨むと良さそう。 より詳しいマルチのレビューは下記記事にまとめています。 クリーニング方法 アイコス3もアイコス3マルチも、どちらも 定期的なクリーニングが必須です。 掃除を適切に行わないと、味わいが落ちたり、さいあく健康被害が高まったり、色々な問題が起こります。 ただし、正しいクリーニング方法で掃除をしないと、 加熱ブレードが折れてしまうという故障が多発しているようです。 クリーニングツールと綿棒の利用方法は以下の記事にまとめていますので、購入時には必ずご覧下さい。 アイコス3マルチとポケットチャージャー アイコス3マルチは、連続吸いできる分電池の持ちはアイコス3に劣ります。 その補填としてのポケットチャージャーなのでしょう。 この相棒がいればかなりマルチライフは捗りそうです。 「IQOS 3」の良さ・こんな人におすすめ ここまでアイコス3とアイコス3マルチの特徴などを見てきました。 ここで改めてアイコス3の良さをまとめます。 アイコス3の良さはなんてったって、アイコス2. 4プラスが大幅改善されたところ! 故障しにくい構造になったり、コンパクトさが加わったり、なによりデザイン性が増してかなりスタイリッシュな印象になりました。 アイコス3はこんな人におすすめ これまでのアイコスに慣れていて、連続吸いなど必要ないという方にはアイコス3がおすすめです。 この綺麗な高級感ただよう完成されたフォルム・・スッと取り出せるホルダー・・斜めになったホルダーキャップ・・ これまでのアイコスが好き!という人ならアイコス3がやっぱりおすすめです。 「IQOS 3 Multi」の良さ・こんな人におすすめ 続いてアイコス3マルチの良さをまとめます。 アイコス3マルチの良さはなんてったって、連続吸いが可能なところ! これまでのアイコスとは、もうほとんど違うものと思って良いでしょう。 長く細いスタイルはよりこれまでの紙巻きタバコに近いスタイルになったと感じます。 使うとわかるのですが、カチッカチッとキャップの取り外しが片手で可能で、勝手に閉まります。 これがガラケー時代のパカパカに似ていてなんとなく癖になるw 機能性はよく考えられた設計になっていますよね。 アイコス3マルチはこんな人におすすめ これまでのアイコスとは違うものと思って良いでしょう。 連続吸いできると嬉しい!という方にはアイコス3マルチがおすすめです。 と、 アイコスにもっと気軽さが欲しいという人にマルチはおすすめです。 片手操作がずっと使っていると本当に効いてきます。 気持ちとしてはグローやプルームテックに近い。 が、そこに簡単なヒートスティックの抜き挿し操作を加えたらアイコスマルチ…そんな感じでしょうか。 いずれにせよ、気軽に何本も吸える設計になっています。 コンパクトではありますが、実はヘビースモーカーにこそマルチがおすすめなのかもしれません。 新型アイコス、あなたはどっち? 「IQOS 3」も「IQOS 3 MULTI」も、見てきたとおりそれぞれ良いところがあります。 この選択は一概にどっちがおすすめ!というより、 選択する人の嗜好によっておすすめ度は変わってくるかと思います。 ちなみに、、贅沢なあなたにはセット販売という手もあります。 割引価格でアイコス3もマルチもどちらも買えちゃう「アイコススマートセレクション」というセット購入。 詳細な下記記事にまとめていますので是非ご確認下さい。 また、通販販売もやっと増えてきました。 まだAmazonなどの外部通販は高い・・かもしれませんが、各通販サイトの値段はこちらから確認することができます。

次の