陰部 に 血豆。 陰部がかゆい(女性):医師が考える原因と対処法|症状辞典

赤いほくろの正体と原因を解説。癌の可能性は?除去した方がいいの?

陰部 に 血豆

デリケートゾーンの外陰部(毛が生えている部分)にできやすいのが毛嚢炎(もうのうえん)です。 これは顔のニキビと同様、毛穴がある部分にできるもの。 毛穴に細菌が入ることで皮膚が炎症を起こし、発症します。 炎症が悪化すると、「皮膚が赤くなる」「触ると痛い」などの症状が見られることも。 ただし、かゆみはありません。 部位としては、下着でこすれる部分にできやすいできものです。 (2)性器ヘルペス 性器ヘルペスは性行為によって感染します。 痛みやかゆみといった症状とともに、赤いブツブツや水ぶくれができたり、皮膚がえぐれた状態になる「潰瘍」になったりするのが特徴。 初めて発症した際には激しい痛みが伴い、その後は性交渉をせずとも疲れたときなどに発症することも。 2回目以降の発症では初回よりは痛みが軽減され、軽い痛みやかゆみ程度でおさまることが多いでしょう。 座るときやお小水のときに痛みを感じるならば、ヘルペスの可能性が考えられます。 (3)コンジローマ ヘルペスと同様、コンジローマも性交渉により感染する性病です。 症状は特になく、「デリケートゾーンにいぼができた」といった症状で受診される方が多いです。 小さないぼがひとつだけできるケースもあれば、何個もできるケースもあります。 放置すると、数が増えたり、大きくなったりすることも。 かゆみや痛みは特にないのが特徴です。 肩こり解消のため、整体に通ったりジムに通ったり……、さまざまな方法を試している人は多いと思います。 でも、自宅で簡単にできるストレッチが、肩こりに効果的な事を知っていますか? そこで、パーソナルトレーナーの武田敏希先生にストレッチの効果や具体的なストレッチ方法などをお聞きしました。 その理由を、肩こりの原因とあわせて、武田先生に教えていただきました。 だから根本的な解決には、肩を動かすよりも肩甲骨を動かすほうがよいのです。 肩甲骨はニュートラルポジション(外転、内転、挙上、下制いずれの状態でもない、本来の正しい位置)にあると肩の可動域が大きく、肩の動作に制限はありません。 けれど、それ以外のポジション、例えば猫背の状態から肩を上げると、肩の動作に制限が生じて可動域が本来の2~3割ほど減ってしまうのです。 こうした可動域が少ない状態から肩を上げようとすると負担が大きく、挙上(肩甲骨を上に引き上げる動作)という代償動作をするようになってしまいます。 こうした無理な動きを続けていると肩の位置が上がりやすくなったり、首の筋肉が固まりやすくなったりして、結果的に肩がこりやすい状況を作ってしまうのです。 肩こり解消のカギを握っているのは、実は「肩甲骨」だからです。 肩甲骨がニュートラルポジションにあり、肩の可動域が100%になるように、ストレッチで正しい場所に調整することが肩こりの解消に効果的なのです。 肩こりの原因と、肩こりの解消にストレッチが効果的な理由がわかりました。 では、実際に効果的なストレッチ方法を武田先生に教えていただきましょう。 ポイントは腕の動きより、肩甲骨の動きを意識することです。 即効性があるので、肩がこっていると感じたらすぐやってみましょう。 なので、ストレッチをする際に肩が上がらないようにすることがポイントです。 肩を上げずに腕を上げられるよう、鏡でチェックしながら練習するといいでしょう。 最後にストレッチをする際の注意点と、効果的なタイミングを武田先生に伺いましょう。 強度の高い運動の前には目的別に十分なストレッチが必要ですが、今回のように肩こりの解消が目的の場合は、ストレッチのための準備運動は必要ありません。 強いて言うなら、体を動かしたときにどこか痛くなったり、変な痛みはないかなどのチェックをするくらいで大丈夫です。 また、朝の運動は自律神経の活性化を促す効果があるそうです。 朝起きてすぐの運動というのはきついかもしれませんが、ストレッチなら簡単にできると思います。 いつでもどこでも手軽にできるので、肩こりになったらすぐストレッチをして、健やかで快適な日々を過ごしたいですね。

次の

写真でみる陰茎がん─初期症状や性感染症との違いとは?

陰部 に 血豆

外陰がんの代表的な症状は下記です。 しこり• 潰瘍・出血• 疼痛(とうつう)• 外陰部のほてり・かゆみ• 激しい痛み• おりもの 外陰がんでは外陰部にがんができるため、がんの腫瘍がしこりとなって現れます。 しこりといっても大きく盛り上げるようなものよりも、平たく硬くなるタイプのしこりが多く、気づきにくい場合があります。 また、周囲の組織を浸潤するため、潰瘍や出血もみられることがあります。 そのため、疼くような痛み(疼痛)を感じるケースも多いです。 また、かゆみが続く場合やほてる感じ(灼熱感)が続く場合も注意が必要です。 外陰がんだけでなく、他の外陰部の疾患の可能性もあります。 他にも、排尿の際に外陰部に尿が触れると激しく痛む場合や、おりものに血液が混じるケースもあります。 外陰部は身体の外側にあるため症状が現れやすいと思われがちですが、症状はそれほどわかりやすいものではないことや、恥ずかしさから受診をためらう方が多いことから、発見されたときにはすでに進行がんになっているケースも多く見受けられます。 異常を感じたら、すぐに婦人科を受診することが大切です。 外陰がんの前がん病変に気付き、早めの対応を 外陰がんを患う女性のなかには、初期症状を自覚しない方もいるようです。 自覚できる場合は上記のような諸症状が現れますが、そのころには、すでにがんが進行している場合が多いです。 そのため、悪化する前にがんの前触れである前がん病変(外陰上皮内腫瘍:VIN)にいち早く気付くことが大切です。 外陰がんの前がん病変として、見た目の異変が起きます。 具体的には、外陰部に茶色、白色、灰色、灰白色、赤色、褐色の斑点が生じてきます。 また、表面に隆起も見られることがあります。 最終診断には組織検査を必要とします。 病巣が小さければ切除したり、レーザーで消し去ったりすることができます。 外陰がんの症状は、その他の外陰部疾患とも似ているため、専門医でなければ正確に見極めることは難しいと思われます。 そのため、外陰部に何らかの違和感が生じた場合は自己判断で対応せず、産婦人科専門医を受診し、前がん病変の段階から対応を開始することが大切です。 外陰がんと似たような症状がみられる外陰部の病気 外陰部のトラブルすべてが外陰がんというわけではありません。 なかには、外陰がんと間違えやすい病気もあります。 外陰がんと間違えやすい外陰部のトラブルには次のようなものがあります。 ナプキンや下着によるかぶれ ナプキンやおりもの専用シート、また通気性の悪い下着を身に着けることで外陰部に痛みやかゆみが生じることがあります。 ナプキンやおりもの専用シートはこまめに替える、下着はコットン100%などの通気性のよいものを身に着ける、といったことで解消することができます。 腟炎 腟内が細菌やかびなどに感染し、炎症を起こした状態のことです。 症状としては、おりものの増加や悪臭、かゆみ、ヒリヒリ感などがあります。 大腸菌などによる細菌性腟炎、カンジタ菌によるカンジタ腟炎、トリコモナス原虫によるトリコモナス腟炎などが有名です。 ナプキンやおりものシートを当てたままにしたり、風邪や疲労、ストレスなどで免疫力が落ちていたりすると腟炎は起こしやすくなります。 治療では、腟座薬や軟膏、内服薬が用いられます。 外陰掻痒症(がいいんそうようしょう) 原因が特定できない外陰部のかゆみを総称して外陰掻痒症と呼びます。 抗ヒスタミン薬や副腎皮質ホルモン(ステロイド)が配合されたクリームなどでかゆみを抑えます。 性器ヘルペス ヘルペスウイルスに感染したことで、外陰部に水泡や潰瘍ができる病気です。 水泡が潰れると潰瘍になり、強い痛みが生じます。 性感染症のひとつとして知られています。 抗ウイルス薬による治療を行いますが、点滴や内服薬、外用薬などが用いられます。 バルトリン腺嚢胞・バルトリン腺炎 バルトリン腺とは、腟口部にある分泌腺で、ここに細菌が入って炎症が起きた状態をバルトリン腺炎、粘液の出口が詰まって粘液が溜まった状態をバルトリン腺嚢胞といいます。 バルトリン腺嚢胞では腟口の周りにしこりができますが、炎症などが起きていなければ痛みはありません。 バルトリン腺炎は、腫れて痛みを伴うため、抗菌薬を処方するほか、膿が溜まる場合は切開して排膿することがあります。 尖圭(せんけい)コンジローマ HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染が原因でイボ(乳頭腫)ができる病気です。 イボは、子宮頸部・大・小陰唇や腟前庭、尿道口、会陰、肛門のまわりや肛門内、腟などのさまざまな部位にできます。 大きさは数mm程度~数cmのものまでさまざまで、かゆみや痛みを伴うこともあります。 治療法としては、レーザーや電気メスなどによる切除のほか、外用薬の使用などもあります。 再発することもあるため、根気よく治療を続けていくことが大切です。

次の

外陰炎について

陰部 に 血豆

毛嚢炎の症状をチェック! まずは、本当に陰部にできているぶつぶつが毛嚢炎なのかチェックしていきましょう。 赤いぶつぶつができている 毛嚢炎は毛穴にウイルスが感染して炎症を起こしてしまう病気です。 これにより、赤いぶつぶつができてしまうのが特徴です。 悪化すると、ひとつひとつのぶつぶつが膿をもつようになり、膿疱(のうほう)というものができてしまいます。 さらに悪化すると、これらのぶつぶつは硬くなり、痛みが生じたり熱を持ったりすることになります。 かゆみがある 毛嚢炎になるとかゆみ・痛みを生じる場合もあります。 症状が進行していない場合は、赤くブツブツしたニキビのようなできものができるだけでかゆみを伴わないことも多いです。 ただこのようなブツブツを放っておくと次第にかゆみが出てきてしまいます。 しこりがある しこりのようなものを感じる場合は、比較的症状が悪化してしまっている段階であると考えられます。 赤いぶつぶつが硬くなってしこりのようなものができてしまうのです。 膿を持っていたりすると、ウイルスや細菌が感染してしまっているサインになりますので後述するような対処をしていきましょう。 毛嚢炎が陰部にできる原因 毛嚢炎はブドウ球菌や緑膿菌という菌が皮膚に感染してしまう皮膚病です。 これらの菌は普段も私たちの肌に存在している菌なのですが、ある条件下では、 毛嚢炎の症状を起こしてしまう原因の菌となってしまうのです。 その条件とは以下のようなものがあげられます。 毛穴が傷ついたとき• 運動をして汗をたくさんかいたとき• 生理のとき• 食生活の偏り それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。 毛穴が傷ついたとき 何らかの原因で毛穴に刺激が加わってしまったときやカミソリ負けをしてしまったときに毛穴に傷がついてしまいます。 その傷ついた部分から毛嚢炎の原因となる菌が入り込み感染してしまうのです。 運動して汗をたくさんかいたとき 汗をたくさんかくと、皮膚が湿った状態になります。 菌は湿度と温度が高い、高温多湿の環境で感染力が最も強くなります。 したがって、汗をかきやすい夏場に毛嚢炎になってしまう人が特に多いです。 生理のとき 汗をかいた場合と同様に、皮膚が湿った状態となります。 この環境下では、菌が繁殖しやすく 毛嚢炎を起こしやすくなってしまうのです。 食生活の偏り 食生活が偏っていても、毛嚢炎の原因となります。 野菜を全然食べないような食事を毎日繰り返していると 肌が荒れてしまう原因となります。 その結果、毛穴に傷がつきやすくなり、感染してしまうのです。 毛嚢炎の治し方 以上のような原因で発症してしまう毛嚢炎ですが、どうやって治療を行えばいいのでしょうか? 初期の段階では、 湿疹のような赤いブツブツができますが、かゆみや痛みはほとんどありません。 初期段階でも 軽度な膿やしこりのようなものができてしまう場合もあります。 もし顔などの目立つ場所にできていないようなら、 自宅のケアで自然治癒させることも可能です。 このケア方法については後で詳しく紹介します! しかし、重度化していくと膿やしこりのようなものが悪化していきます。 これにともなって、かゆみや痛みも出てきますので、こうなった場合は皮膚科に受診して治療しましょう。 毛嚢炎の原因となる菌を退治する抗生物質を処方してもらえるはずです。 それでは、自宅での毛嚢炎の治し方について紹介していきます! こまめにシャワーを浴びる 毛嚢炎になってしまうのは、衛生状態が悪く、高温多湿な環境があるからです。 したがって、こまめにシャワーを浴びることにより清潔を保ちつつ、高温多湿の環境をリフレッシュすることができます。 特に、夏場はこまめにシャワーを浴びることが大切です。 1日に何回も浴びることは難しいと思いますので、朝と夜の計2回は浴びたいですね!寝ている間は特に蒸れるので、朝のシャワーも大切です。 下着を交換する 下着を1日に1、2回交換するのも効果的です。 衛生面を保つことができ、 皮膚が長時間湿った状態でいるのも防ぐことができます。 また、通気性のよい下着を身に着けるようにしましょう。 これだけで、皮膚の表面の湿気が変わります! 健康的な食生活を心がける 日頃から健康的な食生活をおくることも大切です。 バランスの偏った食事ばかりしていると免疫力が低下してしまい、毛嚢炎が発生しやすくなってしまいます。 お肉中心の食生活になってしまっていないでしょうか。 肉類は脂質が多く含まれており、毛穴に脂がたまってニキビや毛嚢炎ができやすくなってしまうのです。 また、ビタミンなどを摂取していないと、 肌は荒れやすくなり、傷つきやすくなってしまいます。 特に ビタミンCの摂取が一番大切です。 ビタミンCは柑橘系の果物や緑黄色野菜に多く含まれています。 ストレスや疲れをためないようにする ストレスや疲れがたまると、体の免疫力が落ちてしまいます。 菌に対する抵抗力がついていれば、 それだけ感染しにくくなります。 ストレスをためないために、睡眠をしっかりとるなどして十分な休養をとるようにしましょう。 毛嚢炎に効く治療薬 最後に、毛嚢炎に効果的な治療薬を紹介したいと思います。 ゲンタシン軟膏 ゲンタシン軟膏は陰部にできた毛嚢炎に特に、効果的です。 刺激や副作用が比較的少ない治療薬なので、 陰部に使用しても問題ありません。 ゲンタシン軟膏については以下で詳しく説明しているので、ぜひご覧ください! 参考: リンデロンvg軟膏 リンデロンというステロイド薬も有効です。 リンデロンvg軟膏の効能や副作用については 以下で詳しくお伝えしています! 参考: まとめ 毛嚢炎ができる原因や治し方についてお伝えしました。 デリケートゾーンに発疹が出て、かゆみや痛みがでたら すぐに治したいですよね。 最初のころは自宅でケアすることで治ることもありますが、悪化してきたら病院へ行くようにしましょう。

次の