徳島県軟式野球。 「徳島県高等学校優勝野球大会」7.11に開幕決定!大会概要も徹底紹介!

徳島県高校野球連盟:トップページ

徳島県軟式野球

鳴門高主将・田口史樹 5月20日(水)第102回全国高等学校野球選手権大会及び同地方大会、第65回全国高等学校軟式野球大会の中止決定を受け、「高校野球ドットコム」の通り、県独自大会開催の方針を打ち出していた徳島県高等学校野球連盟(以下、徳島県高野連)。 5月29日(金)には徳島県徳島市の県立城北高等学校で研究協議会を開き、以下の要綱で県独自の大会開催を決定した。 大会名:徳島県高等学校優勝野球大会 主 催:徳島県高等学校野球連盟 後 援:徳島県教育委員会 予定 ,日本高等学校野球連盟,朝日新聞社 【日程】 ・7月11日(土)開幕・12日(日) ・7月18日(土)・19日(日) ・7月23日(木・祝)~26日(日) ・8月1日(土)・2日(日) *予備日:8月3日(月)~5日(水) 【会場】 (徳島県鳴門市)が主会場 (徳島県阿南市)の開催日は7月18日(土)・19日(日)・24日(土) 予備日:7月25日(土)・26日(日) *基本は1日2試合。 7月18日(土)・19日(日)のオロナミンC球場は1日3試合、23日(木・祝)のオロナミンC球場は1日4試合。 抽選会:6月29日 月 15時より 会場:徳島ワシントンホテルプラザ(徳島県徳島市) *出席者は関係役員・各校部長。 県高野連は主将による抽選が実現するよう努力する。 【シード制について】春季大会のシード校をそのままシード校とする。 第1シード: 第2シード: 第3シード: 第4シード: 【開会式】実施しない ただし、での開幕戦に先立ち徳島県高野連登録選手中唯一の女子選手である:吉本 りりか選手(3年)による始球式を行う。 【ベンチ入り選手数】20名 ただし、今大会限りの特別ルールとして3年生のみ試合ごとの登録変更を認める。 *該当チームはの3年生28名。 *試合開始の整列の際,プラカードを持ったマネージャーも一緒に並ぶことができる。 原則・無観客試合で行う。 ただし、現時点では控え部員と部員の保護者は入場を認める予定。 そして新型コロナウイルス感染防止対策としては試合ごとのベンチ消毒や検温等はもちろんのこと、スタンドを選手待機場所として提供。 保護者もソーシャルディスタンシングを図り、メガホン等を使用しての応援は禁止。 また、本部運営は徳島県高野連監督会全面協力の下、本部役員によって行われることも示されている。 加えて軟式野球の部については6月28日 日 ・10時からJAアグリあなんスタジアムで「令和2年度徳島県高等学校軟式野球大会」富岡東vs鳴門を開催することも決まった。 なお、須崎 一幸・徳島県高野連理事長は大会開催決定に際し「甲子園という舞台はなくなってしまったが、徳島県高野連としては精いっぱい舞台を準備させて頂いた。 球児の皆さんは感染拡大防止を前提にできる限りの準備をしてほしい」とコメント。 また、夏の徳島県大会3連覇をかけて戦う・森脇 稔監督は「3年生にとって区切りの大会を開催してくれる徳島県高野連の皆さんには本当に感謝している。 徳島県の頂点に立つ目標ができたので、選手たちも3年生12選手にラインでメッセージを送ってくれた主将の(3年・遊撃手・右投左打・170センチ70キロ・徳島東リトルシニア出身)を中心に強い気持ちで闘ってくれると思います」と期待を寄せている。

次の

山城ファイターズ

徳島県軟式野球

徳島県在住の方• 大学・社会人チーム選手だったことがあり、もう一度真剣に野球に取り組みたい方• 遊びではなく勝つ為に真剣に野球に取り組める方• 土日に参加できる方• 年齢35歳ぐらいまでの方• ユーセイホールディングスに就職していただける方。 就職した際の職種等はご相談ください。 他の野球クラブ等に所属されていても構いませんが 試合や練習等はユーセイホールディングス 軟式野球部を最優先に参加いただける方を募集しています。 草野球では無く、軟式野球という競技で上を目指したい方、本気で勝つ野球をしたい方! まずは練習や試合などの見学からどうぞ! お気軽に以下のメールアドレスに連絡ください。 折り返しご連絡させていただきます。 連絡先: 監督 メールアドレス: baseball yuseikai. net 現在はポジションにかかわらず部員を募集しています。 レベルの高い勝ちにこだわる野球をしたいと思っている方、是非ご連絡ください。

次の

徳島県高校野球連盟:トップページ

徳島県軟式野球

こんにちわ。 鳴門高校軟式野球部です 先日,岡山まで遠征に行ってきました。 2日間に渡って計4試合に臨みました。 その結果をお知らせします。 厳しい結果となりましたが,普段対戦することの ないチームと試合できたことや,1日に2試合を経験でき,大変有意義な遠征となりました。 この結果を活かして次へ向けて練習していきたいと思います。 最後に保護者の皆さん,OBの古田君,いろいろと手伝って頂きありがとうございました。 11:11 投票数 7 6月25日 会場 鳴門市営球場 鳴門 3-2 鳴門渦潮 6月26日 会場 鳴門市営球場 鳴門 0-3 富岡東 6月25,26日と鳴門市営球場において選手権大会が行われました。 25日、1回戦の相手は総体のリベンジマッチとなる鳴門渦潮高校と 終盤まで同点で一進一退の好ゲーム。 八回裏に1点を勝ち越し 見事、総体のリベンジを果たすことができました。 26日、決勝戦は富岡東高校。 3点を追いかける展開となり、チャンスをつくるものの あと一本が出ずに敗退してしまいました。 今大会で3年生は引退となります。 惜しくも四国大会出場とはなりませんでしたが、 今後は自らの夢に向かって頑張ってもらいたいと思います。 07:45 投票数 3 Powered by NetCommons2.

次の