納豆 コロナ ウイルス。 「コロナに効く」のトンデモ情報に気をつけろ!正露丸、納豆、花崗岩…

【2020年】納豆が売り切れ・品薄なのは新型コロナウイルスが原因?効果や免疫力アップについても

納豆 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスが世界中に蔓延している影響で、様々な製品が品薄・品切れとなっています。 その品薄・品切れ商品の一つが 納豆。 すでに買いだめや消費が増えたことで品薄や品切れとなってるスーパーもあるとか。 一体なぜ納豆の消費が増えているのでしょうか? 今回は納豆が 品切れ・品薄となっている理由や、 納豆が新型コロナウイルスに効果的なのかについてまとめていきます。 スポンサーリンク 新型コロナウイルスで納豆の品切れ・品薄が広がっている理由とは? 納豆の品切れ・品薄が広がっているのは、日本の新型コロナウイルス患者の都道府県別発生件数が原因です。 こちらが、2020年3月13日現在日本で報告されている新型コロナウイルス患者の都道府県別患者数。 北海道、愛知県、大阪府、東京都を中心に、新型コロナウイルスの患者数は増え続けています。 そんな中、 日本の中でもまだ新型コロナウイルス患者が出ていない県があるのです。 その1つが『 茨城県』。 千葉などの周りの県では多数の感染者が報告されているにもかかわらず、茨城県が未だ患者数ゼロの理由は何かあるのではないか。 そして、ネットで話題になったのが、 「 茨城県の名産である納豆が新型コロナウイルスの予防に効果があるのではないか」という噂。 注意していただきたいのが、この内容、何の根拠もないただの噂です。 ですが、この噂がネットで拡散され、納豆の品切れ・品薄が起きているようです。 東京では「お1人様1点限り」などの購入制限をしているスーパーもあるとか。 スポンサーリンク 納豆は新型コロナウイルス感染予防に効果があるの? 実際に納豆は新型コロナウイルス感染の予防効果があるかを調べてみました。 つまり、 納豆に効果があるかどうかは現時点ではわかっていないのです。 次に、納豆の栄養成分から、考えてみようと思います。 納豆の原料は、畑のお肉といわれるほどたんぱく質豊富な大豆。 たんぱく質以外にも脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれたバランスのいい食品。 また、ナットウキナーゼと呼ばれる、納豆のネバネバに多く含まれている酵素は、血液中の血栓を溶かして脳梗塞予防に繋がるとの報告があるほど。 そして、納豆を毎日食べた母親から生まれた子供は、納豆を食べない母親から生まれた子供に比べて、約3. 5倍もアトピー性皮膚炎になりにくい、という研究結果や、 日常的に納豆を食べている子供はo-157に感染しにくい傾向にある、などのデータもありました。 参考; これらのことから、納豆が新型コロナウイルスを直接的に予防する効果があるかどうかはまだ解明されていないことがわかりました。 ですが日本を代表するスーパーフードの納豆は、何らかのメカニズムで人間の身体を病気や菌から守ってくれるということは、データが出ているようです。 新型コロナウイルス予防というより、全般的な感染症や病気予防の為!というイメージですね。 スポンサーリンク まとめ 新型コロナウイルスの影響で、根拠のない噂一つで、様々なものが品薄になってしまいます。 こんな時だからこそ、本当に正しい情報なのかを冷静に考えて判断したいものですね。 新型コロナウイルスには、手洗いやうがいなどの感染症対策と、毎日バランスの良い食事・睡眠を摂って身体の免疫力を高めておくことが一番大切です!.

次の

コロナ禍の欧州で「納豆」効果が注目

納豆 コロナ ウイルス

【2020年】納豆が売り切れ・品薄なのは新型コロナウイルスが原因? なぜ納豆と新型コロナウイルスに関係してくるのでしょうか。 発端はある番組で「ヨーグルトや納豆は免疫力を向上させる」という旨の報道でした。 「新型コロナの予防に発酵食品は効果的か」というテーマで、ヨーグルトや納豆が紹介されたのです。 「ヨーグルトや納豆が売れている」という内容もあり、ますます影響されたのでしょう。 と言っても、 コロナ予防に効果的、というわけではないことは伝えられています。 専門家によれば、あくまで納豆などの発酵食品は免疫力を向上させるのに効果的なのだそう。 しかし、「早く買わないと」「無いよりはマシだ」という心理が働いてしまうのが人間の癖なのです。 納豆をよく食べる茨城県内からコロナ感染者が出ていないことも、品薄の原因の一つでしょう。 納豆の効果や免疫力アップについて 納豆が品薄になったのは、専門家が免疫力向上に効果的と伝えたことも要因となっています。 では、実際に納豆にはどのような効果があるのでしょうか? 納豆の効果や免疫力がなぜ向上するのか、について触れていきます! 納豆の効果 納豆は大豆を発酵させた食品で、大豆は元々健康に良い食べ物とされています。 大豆には以下の栄養素と効果が含まれており、納豆の効果でもあるのです。 タンパク質:血液や筋肉など、身体のほとんどを構成する重要な栄養素 大豆イソフラボン:女性ホルモンと似て、美容や骨粗しょう症の予防などにも効果的 大豆レシチン:脳内伝達物質や善玉コレステロールも増やす、肝機能を活性化させるのに効果的 大豆サポニン:抗酸化作用があり、脂肪や悪玉コレステロールの酸化を抑制 以上の栄養に加えて、納豆には次のような成分や効果があります。 納豆菌:大豆と合わせることで、ビタミンKやナットウキナーゼなどを作る ビタミンK:出血を止める作用や骨を形成するタンパク質を活性化させる効果あり ナットウキナーゼ:脳梗塞や心筋梗塞の原因である血栓を溶かして、血流を良くする効果あり 納豆菌は乳酸菌を増やし、腸内環境を整え、消化吸収をスムーズする効果あり レバン:アレルギー抑制作用あり ポリアミン:細胞を正常に保つことで老化を防止するだけでなく、動脈硬化を抑制する効果もあり つまり、納豆の中には多くの健康効果があり、天然の健康食品とも言える程なのです。 では、納豆は免疫力アップにもつながるのでしょうか? 納豆で免疫力アップ そもそも「免疫力」とはなんでしょうか? 免疫力とは、菌やウイルス、細菌などに対する体の抵抗力のことです。 免疫力を上げる方法として、基本的に次の3つが挙げられます。 腸内の善玉菌を増やす 腸は口を通して様々な物が運ばれてきます。 また、腸を体内の「トンネル」と考えるなら、体内にありながら「外」に最も近い器官です。 そのため、腸内には白血球などの免疫細胞の半分が配備されています。 加えて乳酸菌などの善玉菌も、腸内の健康状態を維持するのに非常に活躍しているのです。 因みに善玉菌が悪玉菌より多いと免疫力も高まるのですが、詳しい仕組みは分かっていません。 代謝を上げる 代謝とは体内における化学的な変換とエネルギーの変換のことを指します。 入浴などで体温を上げたり、運動したりすることで代謝を上げることが可能です。 また、筋肉量の増加や栄養摂取を心掛けるだけも基礎代謝の向上させることができます。 自律神経を整える 身体は自律神経である交感神経と副交感神経に従って機能しています。 頑張る時は交感神経を、休む時は副交感神経が優位になって、身体の機能を調節するのです。 つまり、自律神経が乱れれば、自然と身体の調子も崩れやすくなります。 自律神経を整えることが、免疫力を直接的に向上させるわけではありません。 しかし、健康維持のためには重要の条件のため、ないがしろにしてはいけないのです。 納豆は善玉菌を増やし、代謝を上げることで免疫力を上げることができる! 納豆は以上のように良い影響を与えてくれます。 納豆は善玉菌である乳酸菌が含まれ、ヨーグルト同様、 整腸作用があるのです。 納豆菌は乳酸菌などの善玉菌のエサになるため、善玉菌の増殖を促してくれます。 加えて、納豆にはタンパク質が多く、食べると体内で熱を作り、代謝を上げることが可能です。 納豆は血液をサラサラにする効果もあるため、血行が良くなり、基礎代謝も自然と良くなります。 しかし、免疫力は一朝一夕に向上するものではありません。 「納豆を食べていればいいよね」と考えるのは間違いですので、注意しましょう。 健康的な生活リズムと食事に加えて、納豆を食べると更に免疫力が高くなる、という話です。 納豆による免疫力アップは確かに期待できます。 テレビで専門家が「免疫力アップに効果的」と言ったのは正しいのです。 しかし、納豆に頼りすぎれば、栄養の偏りで体調の崩れに繋がることもあります。 食事による免疫力の向上は、焦らずに考えながら実施するのが適切です。 買いだめなどにより、周りの住民の健康的な食事生活に影響を与えないよう、気をつけましょう。 新型コロナウイルスに効果があるかは不明 さて、納豆がコロナウイルスに効果があるのかについてです。 結論として、 納豆が新型コロナウイルスに効果があるとは誰も言っていません。 あくまで、免疫力を上げるのに効果的な食材である、ということだけです。 治療法が確立されてはいませんが、健康であれば死に至るほど重い病気ではありません。 病院対応できる人数には限界もあるため、今は自分の健康を自分で管理することが大切です。 免疫力は腸がカギだ、とも言われますので、発酵食品などを食事に取り入れることをオススメします。 日々の生活を改善すれば、免疫力は上げられますので、情報に踊らされないよう注意しましょう。 adsense スポンサーリンク まとめ 本記事では、納豆の品切れや品薄の原因や納豆の効果や免疫力との関係について紹介しました。 納豆は安いうえに健康的にも十分魅力的な食材のため、長い間人気のあるのでしょう。 品薄になったのも、安いためにまとめ買いがしやすいのも原因だったのかもしれませんね。 これを機に、納豆を食べる人が増えるのなら、きっと悪いことではないでしょう。 しかし、日頃から納豆を食べる人にはたまったものではありません。 納豆がなくても生きることはできますが、今はコロナウイルスによって社会がピリピリとしています。 食事だけでもいつも通りであることで、ストレスは少なくなるはずです。 もし、テレビで免疫力が上がると言われても、周りの人々のことも考えて慎重に動きましょう。

次の

納豆菌がやっつける!?「初期症状に結膜炎の症例!」真実を紐解く

納豆 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品切れ状態が続くが、食品では納豆が品薄になっている。 水戸納豆などの名産地として知られる茨城県が16日時点で感染者が確認されていなかったことから、「納豆がコロナに効く」という情報もSNSで出回っている。 生産面にも影響が出る事態となっており、業界団体も困惑を隠さない。 SNS上では2月下旬ごろから「最近納豆すぐ売り切れるよな」などの声が聞かれた。 スーパーでも低価格品を中心に棚から姿を消す状況がみられる。 SNSなどで茨城県で感染者が出ていないことと納豆を関連付ける情報も流れ、「納豆菌のおかげ」「納豆菌がコロナウイルスをやっつけるんだって!」などの投稿も相次いだ。 観光客にも人気の水戸納豆 データを確認してみよう。 総務省の家計調査(2人以上の世帯)によると、都道府県庁所在市および政令指定都市で、納豆の2017〜19年の年平均支出金額1位は福島市(福島)で2位は盛岡市(岩手)。 水戸市(茨城)は3位だ。 さらに山形市(山形)、前橋市(群馬)、長野市(長野)、仙台市(宮城)と続く。 16日時点の感染者は福島県で2人、岩手、茨城、山形の各県はゼロだから「納豆効果」があるようにもみえるが、「ガセネタ」と断じるのは、全国納豆協同組合連合会の広報担当者。 品薄に至った経緯について、1月30日に国立がん研究センターが、「納豆の摂取量が多いほど循環器疾患死亡リスクが低い」という調査結果を公表したことも背景にあるという。

次の