へそ 臭い 理由。 おへその臭い

おへそが臭いのが癖になる…!?においの原因はなに?【へそくさバトル】

へそ 臭い 理由

おへそのごまが臭いときの掃除法などをシェアしていきます! 1 そもそもおへそはなんであるの? 2 おへそのごまってなぁに? 3 おへそのごまが臭い理由は? 4 おへそのごまの掃除法は? 5 おへそのごまが取れないときはどうする? 夏になると水着を着る方もいますので、おへそのごまや臭い匂いなどを気にしている方もいると思います。 そんな方へ、この記事では、人間のおへそについていろいろと情報をまとめていきます! そもそもおへそはなんであるの? 人間におへそがある理由はシンプル、私たちは漏れなく母親の子宮から生まれてきました! ママの体内にいるときには、へその緒で母親と繋がっていて酸素や栄養をもらって育ち、しかも、胎児はこのへその緒の管の中に排泄物を出していき、母親の血液の中に流しています。 そうやって育った胎児は、10ヶ月後に子宮から生まれてきて自分で呼吸をするようになります。 そうなれば、へその緒は必要なくなるので、生まれた後は切り取りますが、このとき残ったへその緒は自然に切れていき、このときに出来るのがへそなのです! へそは、母親の体内で命を繋いてくれた名残なのです! しかも、へそは人によって形が違います、みんな違うのです。 では、でべそは一体なんでしょうか? これは、へその緒の切り方の問題ではなく、医学的には「へそヘルニア」と呼ばれていて、へその緒を切ってすぐに綺麗になるわけではないので、2歳くらいの赤ちゃんには珍しいものではないといいます。 完全に塞がったら、でべそは引っ込んでいくようです。 それでは、胎児だった頃は命綱のような大事なへその緒ですが、出産して出てきたあと、へそにはなんらかの役割があるのでしょうか? 実は、誕生するまでが仕事で、その後は特に役割はないのです。 しかも、人間の皮膚の中でおへそは唯一汗をかかない場所なのです。 おへそのごまってなぁに? ここからは、臭いといわれるおへそのごまについてまとめていきます。 おへそのごまには重要な役割は何一つなく、これは垢や石鹸カスがたまったもので、へそは皮膚が重なっているため、垢や石鹸カスがたまりやすいので出来ます。 子供の頃に、親に「おへそのごまを取るとお腹が痛くなるよ」と言われて、好奇心から触って取ってしまい、お腹が痛くなったらどうしようと青くなった人もいるかと思いますが、一般的にで、おへそのごまを取ってお腹が痛くなって受診したという例は見当たらないといわれています。 では、おへそのごまを取るとお腹が痛くなると言われたのはなぜでしょうか? 実は、おへその辺りにはお腹の臓器を包んでいる腹膜という膜があり、おへそのあたりを触りすぎると、この腹膜が刺激を受けて痛むことがあるのです。 おへそのごまが臭い理由は? このおへそのごまや、これが臭いということで気にしている方も多いようです。 なんでも、おへそのごまが臭いのはかなり大変な状態だと言われています。 理由はすでに書いたように、垢や石鹸カスなどが溜まったものなので、放おっておくと悪臭を放ち臭いと感じるようになります。 なんでも、人間のへそのごまに有害細菌があるのかどうかといった研究をしたところがあり、調べてみたら有害細菌が100万以上あったとか! 他には、便器よりも多くの細菌がいて、非常に不潔であるとも言われています。 ですから、定期的に掃除をしてあげないと臭い状態になり、悪臭を放つだけでなく、これらの細菌が悪さをしてしまうこともあるようですが、基本的には無害です。 これが、臭い匂いの原因でもあります。 ちなみに、おへそのごまという名称は、見たままそれが食物の黒ごまにそっくりだから付けられたそうです! おへそのごまの掃除法は? ここからは、おへそのごまの掃除法をシェア! 有害細菌が潜んでいる可能性もあるおへそのごまを、定期的に掃除しないと臭いだけでなく、有害細菌が悪さをする場合もあるようですから、しっかりと掃除法を理解していきましょう。 やり方は簡単です。 やりすぎは禁物なので、週に1度くらいの頻度で、お風呂に入ったときに石鹸がついたタオルでおへその中をぐりぐりと回すだけ。 これでおへそのごまや臭い匂いを気にする必要がありません。 綿棒にオリーブオイルなどのオイルを付けて、優しく(重要)おへその中を拭いていきます。 なんどか繰り返せば、奥の方に出来たおへそのごまも綺麗にとれます。 おへそのごまの掃除法の注意点もご紹介しておきましょう。 要は垢の塊ですから、臭い匂いも発しますので、取り除いたほうが良いと考えられます。 ちなみに、おへそにごまができやすい人は、次のような方だと言われています。 まぁるい黒いごまが出てきて驚きました! 意識して洗った覚えもなかったので、今回記事をまとめたことや、コラーゲンマシンでの経験から、定期的に個人的にもおへその掃除をしようと決意しました。 くれぐれもゴシゴシとこすらないようにしてくださいね、お腹が痛くなるだけでなく、皮膚を傷める原因にもなりかねません。 一度の掃除法で全部取りきろうと思わなくてもいいようです、何度かに分けて行ってもいいので、おへそが刺激を受けすぎないように注意して行い、臭い匂いを放つのを防いでください! 今回は、おへそのごまが臭い、掃除法はといった情報をまとめてシェアしました! mo88mo.

次の

おへそのゴマが臭い。これって私だけですか?

へそ 臭い 理由

この記事の目次• おへそが臭い(くさい)原因 おへその臭い原因は一体何なのでしょうか? 臭くなる仕組み おへその臭いや、汗のにおいは何故起こるのでしょう?それは皮膚が高温多湿状態にあるため、細菌の住みかになっているからなのです。 汗は本来は臭いません。 しかし汗を掻いて臭いと感じる人は、皮脂、角質が汗と混じって、皮膚の常在菌が増殖・分解するために、臭いニオイがでるのです。 また裸でいるときは、それほど臭いにおいはしませんが、洋服など着ているときは、臭いにおいが強いと思います。 それは繊維に繁殖した雑菌がうつり、その中で繁殖し続けるからなのです。 細菌がおへそを住処にして、垢、皮脂、埃、石鹸のカスなどを餌にして、繁殖して臭いを出しています。 小さいころから「余りおへそを触ると、良くない」ということをきかされて、おへそは余り手入れをしない方が、多いのではないでしょうか?その言葉にも一理あります。 汚れた汚い指でおへそを触ると、そこから雑菌が入り色々な、おへその病気になって痛みが出てくるのを、防ぐための理由だったかも知れません。 おへそ臭い理由 おへそ臭いのは、おへそのケアをしていない事です。 おはそは肌ですので、皮脂や汚れや垢、埃などが溜まります。 皮膚の新陳代謝は通常28にです。 ですからおへそにはそのような老廃物が溜まりまので、それを住みかとしている細菌が繁殖しておへそ臭くなります。 へそごまを放置していると、悪臭を放つだけでなく、炎症を引き起こす可能性があると言われています。 またこのヘソゴマには、2368種類の細菌が住んでいるようです。 これはノースカロライナ州のノースカロライナ自然科学博物館の、共同研究グループによる研究で複数の人の、おへそから検出されたと発表されています。 へその臭い(におい)とワキガ アポクリン汗腺から放たれる臭いには、ワキガがあります。 このアポクリン汗腺は、へその周辺にもあるので、ワキガの臭いと同じにおいを、おへそから出しているのかも知れません。 これをすそわきがと呼びます。 すそわきが出ない方は、へそごまが乾燥しているからです。 すそわきがの場合は、水っぽくねっとりしています。 これはアポクリン汗腺によって、へそごまが汗で水分を含んだことにより、すそわきがの場合は汁が粘っこくなります。 おへそのごまをとるとお腹が痛くなる 確かにおへそのごまを取った時に、すごく痛くなることがありますよね。 あれはいったい何なのでしょう。 別に乱暴に刺激を与えてなくても、痛くなる時があります。 その理由はおへその下には、皮下脂肪も腹筋もありません。 腹膜というお腹の臓器を包んでいる膜ですが、腹膜が刺激されて、痛みを感じる事があります。 腹膜は薄いので敏感に神経が刺激を受ける場所です。 ですのでおへそのケアの方法としては、おへそを優しく手入れすることが必要です。 おへそのゴマを取らないほうが良いというのは、腹痛を起こしてまで取る必要はないと言うことでしょう。 へそゴマの下は皮膚でその下は腹直筋、その下に薄い腹膜、そして瘢痕組織となっています。 内臓を覆っている腹膜の神経は過敏で、へその約5mm下が瘢痕組織なので、刺激を受けると痛みを伴い、まして雑菌など侵入すると、臍炎を起こしたりもします。 おへそが臭い(くさい)のは病気かも? おへそ臭いと病気との関係はどの様なものがあるのでしょう。 おへそから膿が出る場合、臍炎、尿膜管遺残症、臍尿瘻、臍肉芽腫の病気が疑われます。 皮膚科で見てもらい、何らかの病気なら泌尿器科に回されますので、膿が出て痛みがある場合は、一度病院の皮膚科でご相談してみてください。 へそから膿が出る場合皮膚科を受診すると、一般的に治療方法は抗生剤の服用と、抗生剤軟膏を患部に塗布して炎症を止めます。 その時に尿膜管遺残症と疑われたりすると、泌尿器科に再診するように言われたり、泌尿器科に紹介されたりしますので、病院の指示に従って対処してください。 臍炎(さいえん) 臍炎とはおへそが炎症を起こすことです。 強くこすったり、必要以上におへそを触っていて、おへその皮膚が傷ついて細菌が侵入して、腫れや痛み、かゆみなどあり、悪化すると化膿して出血や膿の汁により、おへそから嫌なニオイを放つようになります。 臍炎の殆どは、抗生剤の服用や、消毒などで炎症を抑える治療を行います。 新生児がかかり易い病気で、おへその緒(臍帯)がはずれた直後のおへその症状は、最も細菌が侵入しやすくなっています。 大人でも同じで、おへその皮膚にできた傷口から、細菌が入り炎症を起こすことがあります。 雑菌が感染しておへその周辺の腹膜で、炎症を起こすことも起こりえますので、腹膜炎を起こすと命に関わる事にもなりますから、注意して予防してください。 この対処療法はおへそのケアーしかありません。 尿膜管遺残症 胎児期の赤ちゃんはお腹にいるとき、成人とは違った構造で、尿膜管が腹部の正中のおへそを通り膀胱に管が繋がっていて、いわゆる排尿の為におへそと膀胱を、繋いでいた管のことを尿膜管と言います。 この尿膜管は普通は、出生時には退化して閉鎖されるのですが、稀に2%のの赤ちゃんに管として、存在する場合があります。 これを尿膜管遺残と言います。 この尿膜管遺残症は、臍尿瘻ともいわれ、尿膜管開存とも言います。 尿管から細菌が感染し、腹膜や内臓にまで炎症が起こり、酷くなって膀胱と癒着し、おへそから膿が出たり、尿が漏れ出したりする、感染症を起こすことがあります。 発熱や腹痛もともない、感染症が悪化すると、腹膜炎を起こす可能性があります。 この残症の尿膜管遺残症の治療は、膿の排出及び尿管の摘出手術が行われます。 症状は患部が腫れて、激痛が走ったり、体がだるかったり高熱が出たりすることもあります。 再発が多いので、尿膜管摘出手術が根本治療となります。 2014年12月30日に緊急入院した男子フィギュアスケートの羽生結弦選手は、この尿膜管遺残症で手術したので、記憶にある方もおられるかもしれません。 酷くなる前に改善策としては、殺菌が入った時に消毒を施し、薬などを飲む対策をすれば予防できます。 臍肉芽腫 赤ちゃん特有の病気で、へその緒が取れた部分が肉が盛り上がり、血や浸出液がでたりして、放置すると細菌感染もしますので、気が付いたら簡単な処置で治りますので、小児科の先生に相談して、赤ちゃんの日々のケアの時に注意することが大切です。 おへその臭い(におい)の対策方法 さてそれではおへそのお手入れ、お掃除について見てみたいと思います。 悪臭を防ぐためには、何時も清潔に保つことが大切です。 おへそから悪臭がするのを防ぐのは、やはりおへそも、お手入れが必要となってきます。 ボディーケアはするけど、おへそのお手入れは余りしない方は多いと思います。 おへその皮膚は薄く、デリケートな部分なので、お手入れ方法も優しくやらないと、お腹を痛めてしまうことになります。 おへそのお手入れ方法 おへそに汚れが溜まっていても、爪を立てて取ったりすると傷がついて、そこから雑菌が入ることもあり、そのため炎症が起こったりします。 お風呂 おへその掃除方法は、お風呂の湯船につかって行うと、水分で皮脂汚れがふやけて落ちやすくなるので、おへその皮膚を傷めることなく、お手入れできますのでこれはおすすめです。 お風呂に入浴して毎日やる必要はなく、頻度は1~2週間に1度ぐらいが良いでしょう。 手入れ法としては、石鹸を良く泡立てて優しく、おへそを洗ってください。 ゴシゴシ洗う必要はありません。 泡立てて洗えば充分汚れが落ちますので、タオルでごしごしこすらない方が、おへその皮膚を傷めなくて済みます。 入浴の時に石鹸を含んでタオルで優しく2~3回、おへそを洗うだけで汚れは取れますので、おへそをごしごしこすらないことが大切です。 その時良く洗い流すことも必要に思います。 石鹸カスが残っていると、また新たにへそごまを作ることになります。 湯船につかる お風呂の湯船につかっている人と、シャワーだけで済ましている人とでは、おへその汚れの取れ方が違ってきます。 湯船につかっている人は、おへその周りも柔らかくなり、汚れが浮かんで取れることがありますが、シャワーだけの人は、意識しておへそを洗わないと、汚れが溜まって臭いが出る事があります。 おへそ臭いの対策としては、お風呂の湯船につかって、優しくおへそもケアすることで、へそゴマがふやけて浮いてくるので、優しくふき取って上げましょう。 オイルと綿棒 またお風呂上がりに、ベビーオイルで綿棒を使って取る方法もあります。 おへその中にベビーオイルを数滴たらし、10分程放置して、へそゴマが柔らかくなって浮いてきたら、綿棒や柔らかい布できれいに、ふき取るのも良いと思います。 またベビーオイルや綿棒を使って取っても良いです。 おへその中にベビーオイルを数滴たらし、10分程放置して、へそのゴマが柔らかくなって浮いてくるので、綿棒や柔らかい布できれいにふき取ると良いと思います。 この時ベビーオイルだけでなく油(オリーブオイル、ワセリン、乳液、グリセリン等)の入っているものなら、おへその肌を傷めることもないと思います。 この様なものをおへそに垂らして取り除くか、綿棒に付けて取り除くと良いと思います。 間違っても爪でへそごまを取り除かないように、おへそは敏感な繊細な肌ですので、目の周りのケアと同じように優しく取り除いてくださいね。 お掃除キット 現在は何でも売っていますね。 おへそお掃除キットなるものが販売されています。 おへそ臭い改善策としては、このおへそお掃除キットなるものは、おすすめできるかも知れません。 ベビーオイルやオリーブオイルで作られたもので、綿棒に付けておへそを掃除すると、ヘソゴマが取れます。 垢がゴマになっているので、ベビーオイルやオリーブオイルなら、肌を傷めずに取り除くことが出来ますね。 おへそのケア方法としては、おすすめですね。 おへそが臭い(くさい)のを予防する方法 おへその臭いを予防する方法を紹介します。 食生活の改善 おへそだけでなく、体臭や口臭の臭いは、食生活と大きく関係があります。 食事の改善方法の対策として、ジャンクフードや香辛料、脂質、乳製品、卵などは極力控えると良いでしょう。 体臭は食事内容が、肉や乳製品を多量に摂取すると、おへそ臭い症状が出てきますので、魚や野菜を多くとることで、体臭改善ができます。 脂質の多い食生活になると、体臭が強くなります。 揚げ物や肉料理ばかり食べていると肥満の原因となって、おへそ臭いが酷くなります。 おへそ臭い改善方法としましては、食生活の見直しで肉などの、脂質の多い食事は避けて、魚や野菜中心の食生活を行うと、おへそのにおいは違ってきます。 肉やチーズなどの脂質の多い食事をしていると、加齢臭もひどくなります。 おへそ臭いだけではなく、体全体の体臭も臭くなりますので、食生活の改善はおへそ臭い人にとってはとても大事だと思います。 ダイエット おへそ臭いを減らすには、太らないことも大切です。 太り気味の人がダイエットすることで、皮下脂肪を減らすと、皮脂腺やアポクリン汗腺の機能が弱められて、においが和らぐ効果があります。 肥満の人は汗を掻く人が多く、汗や皮脂の分泌が多いので、汚れやすい体質になります。 痩せる事がおへそ臭い症状を、緩和することになります。 太ってくるとどうしてもおへそが蒸れて、またおへその手入れ法も、余りきれいにできないので、どうしても細菌が繁殖しやすくなります。 ストレスを回避する 精神的なストレスは、交感神経を刺激するので、汗の量が増えたり、内臓の機能が低下することで、体内に嫌なにおいのガスが溜まり、アンモニア臭等の臭いとなりますので、おへそも当然そのような臭いとなります。 精神的にリラックスして、ストレスを回避すると、アポクリン汗腺や、皮脂腺の働きが弱くなりますので、おへその臭いも気にならなくなります。 適度な運動 汗を普段書かない人は汗腺が鈍るため、におい安い汗が分泌されますので、適度な運動をすることで、自然な汗を掻くこともできるようになります。 汗腺をを鍛えることが出来ますから、汗臭の改善をすることが大事になります。 おへその形 おへその形によって汚れが溜まりやすいのと、溜まりにくいのがあります。 横に長くなって深くゆがんでいるおへそは、ゴミが中に溜まりやすいです。 形が悪いと奥のごみがケアーしていても取れなくて、表面上の汚れだけしか取れないそうです。 ですから形の悪い人は特に予防として、定期的な手入れが必要となります。 まとめ 如何でしたでしょうか?余り普段気を付けてない場所ですが、おへそ臭いということは余り褒められたものでもありません。 早速私も試してみました。 ここ3ヶ月ほど皮膚科に通っていまして、先生が毎日のケアに石鹸を使わないでください。 と言われはじめとても信じられませんでした。 しかし一度試してみようと思い、(私は何事も試すのが好きで、一度やってみて良いか悪いか判断してやめることが多いので)数日試してみました。 ところが本当に驚くほど肌の調子が良いのです。 今まで高い石鹸を購入して、時間をかけ泡を作りそれで顔を洗っていました。 それでも悪くはなかったのですが、病院で「石鹸を使うな」と言われてやってみたら本当に肌はしっとりとして、石鹸で洗ったときのすぐ乾燥する感覚がなくなりました。 それで先生はとにかく頭、顔、体全て石鹸を使わないとのことでしたので、最初顔から始まり、身体、頭とやっていきましたら、顔もとってもしっとりしてきて、身体も前は乾燥肌でしたが、今の乾燥している時期でも、かゆみがなくなりました。 そして頭は髪の毛が歳とともに寝てきていたのが、根本が立ってきたのです。 その代わり石鹸を使わないだけ、とても丁寧に洗っていますのでもう少し続けてみたいと思います。 そこでおへそに戻りますが、おへそも全くケアしていなかった割に、可なり奥まで掃除しましたが、へそゴマは余り取れてきませんでした。 本当に驚いています。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらを読んでおきましょう。

次の

おへそが臭い

へそ 臭い 理由

スポンサーリンク みなさんは、おへそから黄色い汁や膿(うみ)が出てしまった経験はありませんか? なんか臭いし、気持ちが悪い・・・でも、なんだろうと思っても、いざその時になってみるとどう対処するべきかよく分かりませんよね。 けれど、この黄色い汁や膿は放っておくとよくないのだそうです。 そこで今回は、おへそについて見ていきたいと思います。 へその臭いの原因は? そもそもどうしておへそから黄色い汁や膿が・・・?と思いませんか。 この黄色い汁・・・実は、 膿(うみ)なんです。 おへその形が人によって色々あるのはみなさんもご存知かと思いますが、そのためか、お手入れもなかなか難しいのが現状です。 膜一枚で内臓と繋がっているおへそは、無理に掃除をすると、傷つけてしまう可能性も出てきますし、けれど、お手入れをしないのも良くないし・・・。 そう考えるとやはりお手入れが疎かになりがちなんです。 それでは現状はさておき、この臭いがどのようにして起きているのか見てみましょう。 おへそから臭いが起きるのは、汗や垢、汚れが溜まり、これらを栄養素とする細菌や雑菌が繁殖して炎症を起こしているからなのです。 見えないところだからこそ、気をつけなければいけないのかもしれませんね。 スポンサーリンク へそから汁や膿が出るのは病気なの? 臭いの原因から見ても、とても健康的ではないのは分かりますが、実際にこれらが出てしまうということは何かの病気のサインなのでしょうか? おへそから出る黄色い汁・・・つまり膿は「 へその細菌感染」という炎症が原因だと考えられています。 また、臭いに合わせて痛みが生じると、「 尿膜管遺残」という病気の可能性も出てくるのだそうです。 これを放っておくと、おへその奥がかゆくなりはじめ、尿膜管に感染した細菌が炎症を更に悪化させ、腹膜や内臓にまで広がってしまう恐れもあります。 それを考えただけでも恐ろしいですが、その症状が酷くなると膀胱と癒着して、なんと「へそ部から膀胱の尿が漏れる」という<へそ尿痩>という病気にまでなりうるのです。 この病気になってしまうと、尿膜管の摘出手術なども検討しなければなりませんから、おへその炎症が長引いたり不安に感じたら、消化器外科や小児外科などの受診をしてみてはいかがでしょうか? へその掃除のやり方は? それでは、おへその奥の炎症を起こさないためには、どのようにおへその掃除をするのがよいのでしょうか? デリケートな部分ですので、掃除の際も注意が必要です。 その掃除の方法をご紹介します。 綿棒やガーゼ+ベビーオイルで拭き取る ベビーオイルなどをおへそに垂らして、少しおくことでへその垢が柔らかくなってきます。 そうしたら、綿棒やガーゼを使って優しく垢を取り除きます。 綿棒やガーゼなどの清潔で柔らかいものならば何でもよいのですが、綿棒で力強く奥まで突っ込むのはやめましょう。 心配な方は、力加減もしやすいガーゼのほうがいいかもしれません。 そして、汚れがなかなか取れない、と思っても無理強いは絶対に禁物です。 常に「優しく」を心がけてぜひ実践してみてくださいね。 また、おへその周りのお手入れも忘れずにしてください。 入浴時に泡で優しく洗う 手やスポンジで優しく洗うだけでもへそ垢の蓄積される量は変わってきますし、病気の予防にもなりますので、入浴の際に意識的にへそを洗うようにしましょう。 シャワーを利用されることが多い方は特に湯船に浸かる習慣をつけると良いと思います。 湯船に浸かって優しくおへその周りを洗うだけでも、汚れの対処には効果が出てくるはずです。 そして、お風呂から上がったらしっかりと水気を取りましょう。 そのままにしているとせっかくきれいにしてもまた細菌の繁殖を促す羽目になってしまいますからね。 オロナインをへそに詰めて寝る 就寝前にオロナインをおへそに詰めてそのまま寝て、翌朝オロナインを拭き取ってから綿棒で掃除をすると垢が驚くほど取れます。 詰めたオロナインを拭き取るときは、やはりおへそを傷つけないように優しく拭き取ることを心がけましょう。 へそピアスは危険 今はそれほどではありませんが、以前はおへそにピアスをする人も多くいました。 へそピアスは、おへそに穴を開けてさらにそこに金属を通すので、おへそに傷がついて雑菌が繁殖しやすくなります。 ちゃんと病院で開けてもらい、なおかつ消毒なども定期的におこなえばそこまで心配する必要はないかもしれませんが、やはりおへそに傷をつけるという意味ではできれば避けたいものです。 まとめ 新生児期にへその緒が取れたあとに傷口から入る細菌によって、おへそやおへその周りが赤くなって腫れてしまう病気があるのは知っていましたが、大人になってまで発祥するとは知りませんでした。 しかし、いざへそから黄色い汁が出はじめて、下着につき、悪臭を感じるとぞっとします。 「どうしてこんなところから?」とか「何か良くない病気なのかも?」とか、よからぬことばかり考えて・・・。 そして、出来ることから色々実践した結果、悪臭もなくなり、もちろん汁も出ることはなくなりました。 お手入れを疎かにすること、それが招いた現実に今はお手入れも欠かせません。 「私に限ってそんなこと・・・」とは思わないで、出来ることを実践してみませんか? 誰にでもかかりうる病気なんだということを決して忘れないでくださいね。

次の