北陸 新幹線 路線 図。 北陸新幹線 路線図・座席・料金

北陸新幹線 路線図・座席・料金

北陸 新幹線 路線 図

これまでの移管と比較してみる 「鹿児島本線」が移管された 九州新幹線や、「東北本線」が移管された 東北新幹線。 これらの移管路線はどれくらいの規模だったのでしょうか。 しかしながら今回は一度で4社・290kmの移管と、これまで以上の規模であることがわかります。 「青春18きっぷ」で日本海を横断できなくなる!? この広範囲で大規模な第三セクター移管により、3月14日からは 「青春18きっぷ」を利用して日本海沿岸を横断することができなくなります。 ここで「青春18きっぷ」をご存じない方のために、簡単にご説明します。 全国のJR路線の普通列車が1回あたり2,370円で1日乗り放題!• 「北陸新幹線」開業は待ち遠しいけど、「青春18きっぷ」を愛用する「18キッパー」にとって、290kmもの区間で「青春18きっぷ」が使えなくなるのは、本当に痛手をうけますね。 「青い森鉄道」に適用された特例ふたたび!? さて今回「北陸本線」が第三セクターに移管されることにより、全くJR路線と接続されない孤立路線ができます。 それが「」「」「」です。 「七尾線」「氷見線」「城端線」位置図 金沢から直江津までが第三セクターに移管されると、図のように接続のないJR路線となります。 必ず第三セクターの路線を乗り継ぐこととなり、別料金が発生してしまいます。 実は「東北新幹線」の開業時にも同じような状況があり、「青い森鉄道」では 青森駅・野辺地駅・八戸駅で普通列車・快速列車の乗降をする場合に限り、別に運賃を支払うことなく利用できるとの特例が設けられました。 その時と同様の特例が、今回「七尾線」「氷見線」「城端線」に採用されることになったのです。 特例の対象となる路線と駅(クリックすると鉄道路線図が開きます) ・IRいしかわ鉄道の 金沢~津幡間の普通列車(快速含む)を利用して「七尾線」に乗り継ぐ場合。 ・あいの風とやま鉄道の 富山~高岡間の普通列車(快速含む)を利用して「氷見線」「城端線」に乗り継ぐ場合。 ちなみに金沢方面から「氷見線」「城端線」に、富山方面から「七尾線」に「青春18きっぷ」のみで乗り継ぐことはできませんのでご注意くださいね。 試される「18キッパー」の手腕 特例ができたことは「18キッパー」にはうれしい限りですが、日本海沿岸を双方に行き来できなくなるのはかなり移動が制限されてしまいますね。 2016年に開業予定の「北海道新幹線」でも、「江差線(~間)」の第三セクター()移管が決まっており、ますます旅程の難易度があがりそうです。 この春の「青春18きっぷ」利用は3月1日~4月10日まで。 3月13日までは、新幹線の並行在来線である「北陸本線」や「信越本線」でもご利用になれます。 13日までに 移管される区間をおもいっきり乗り倒すも、14日から ルートを攻略しながら乗り継ぐのも、どちらも楽しいと思います。 「Yahoo! 地図」の鉄道路線図を見ながら、のんびりと「青春18きっぷ」でおでかけしてみてはいかがでしょうか。 の登録商標です。 の商標です。 All rights reserved. の商標または登録商標です。

次の

JR北陸新幹線(長野経由)の路線図

北陸 新幹線 路線 図

北陸新幹線は東京駅から金沢駅まで最短2時間28分で結ぶ新幹線です。 1997年に東京駅から長野駅までの部分開通から18年後の2015年に金沢駅まで開通しました。 開通を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。 更に京都・大阪間も繋がっていく予定の北陸新幹線。 今後も楽しみですね。 北陸新幹線の時刻表 北陸新幹線の種類はかがやき、はくたか、あさま、つるぎがあります。 かがやきは東京駅から金沢駅までを最速で結んでいます。 はくたかも東京駅から金沢駅までを結ぶ新幹線です。 かがやきが止まらない駅で下車する場合ははくたかを利用しましょう。 あさまは東京駅から長野駅までの新幹線です。 基本的には各駅停車です。 つるぎは富山駅から金沢駅を結んでおり、金沢駅で大阪・名古屋方面の特急に接続します。 下り東京駅発の中で金沢駅に1番早く着くのはかがやき6時16分です。 金沢駅には8時46分に着きます。 長野駅からなら、はくたか6時11分発で金沢駅着は7時38分です。 富山駅からなら、つるぎ6時12分発で金沢駅着6時35分着になります。 上りで、東京駅に一番早く着くのは長野発あさま6時02分で東京には7時40分着です。 金沢発は6時発のかがやきで東京駅8時32分着です。 一方、下りの終電は富山発つるぎ23時33分で金沢着23時56分です。 東京駅発では20時12分発はくたか20時12分発金沢駅着23時21分着です。 長野駅までなら東京駅あさま22時08分発長野駅着23時53分着があります。 上りの終電は金沢駅発21時かがやきで東京駅着23時32分着になります。 富山駅までなら金沢駅23時37分発つるぎで富山駅23時59分着になります。 北陸新幹線を利用することで日帰りでも十分に行くことができるようになりました。 北陸新幹線の料金 北陸新幹線はかがやきが全席指定席になっています。 かがやき、はくたか、あさま、つるぎとも全部同料金です。 通常期の場合(片道) 東京駅から指定席の場合、長野駅まで8200円、富山駅まで12730円、金沢駅まで14120円、自由席の場合は長野駅まで7680円、富山駅まで12210円、金沢駅まで13600円となっています。 指定席は閑散期が200円引き、繁忙期には200円増しになっています。 (自由席は通年同額)また、グリーン席では18750円、最上級グランクラスでは26970円で、金沢に行くことができます。 えきねっとでは限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」を購入できます。 対象の新幹線、席数、区間には制限がありますが、利用したい新幹線、区間であればお得に利用できます。 普通車指定席で10パーセント割引だったり、期間限定の「お先にトクだ値」対象なら、50%割引の場合もあります。 座席数に限りがあるほか、利用条件が通常きっぷとは異なるので条件を確認した上で、利用できるなら、お得に乗車することができます。 北陸新幹線を予約や空席状況 北陸新幹線を急に利用することになった場合、空席を手軽に調べることができる便利なサイトがJRサイバーステーションです。 (www. cyberstation. パソコン以外のスマホでも検索できるので出先でも空席状況や運行状況なども確認できます。 利用時間は6時30分から22時30分までです。 また、予約をしたい場合にはえきねっとでネットを使って予約ができます。 (www. eki-net. チケットの受け取りはえきネット表示のある券売機で受け取りができます。 その他にも指定席の他に、自由席、グリーン、グランクラスの運賃を確認できたり、予約変更を切符受け取りの前なら何度でも変更できたり、新幹線や特急列車の割引切符「えきねっとトクだ値」を申し込むこともできます。 また、指定席は窓口で乗車日1カ月前の午前10時から発売されますが、えきねっとでは1週間早く申し込むこともできます。 夏休みなどの混雑が事前に予想される時にはこの事前受付サービスが手軽で安心なサービスです。 スポンサーリンク 北陸新幹線の駅一覧 北陸新幹線の停車駅は現時点で金沢駅から東京駅までの18駅となっています。 駅一覧は以下の通りです。 東京駅 上野駅 大宮駅 熊谷駅 本庄早稲田駅 高崎駅 安中榛名駅 軽井沢駅 佐久平駅 上田駅 長野駅 飯山駅 上越妙高駅 糸魚川駅 黒部宇奈月温泉駅 富山駅 新高岡駅 金沢駅 車両によって、停車する駅、一部停車する駅、通過する駅があります。 2015年に開通した長野駅から金沢駅間には長野県1駅(飯山駅)新潟県2駅(上越妙高駅、糸魚川駅)富山県3駅(黒部宇奈月駅、富山駅、新高岡駅)石川県1駅(金沢駅)が新設されました。 富山駅には新幹線のホームが併設され、新高岡駅は新幹線開業に伴い、新しく作られた駅です。 金沢駅は、東口が新幹線側となっており、「もてなしドーム」がお出迎えします。 「雨の多い金沢で駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」をコンセプトにしたドームです。 新幹線開通に伴い、停車駅もそれぞれの状況に合わせて変化し、利用客を迎えているんですね。 北陸新幹線のルートや路線図 今は金沢駅間までのルートが完成されていますが、今後もルートが拡大され、金沢駅から敦賀駅をつなぐルートは平成34年度の完成、開業を目指して工事中です。 また、敦賀駅から、京都、大阪までをつなぐ計画も進んでいます。 平成28年には与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームにおいて、「小浜・京都ルート」で京都駅・新大阪駅を結ぶことが決定され、福井県小浜付近を経由するルートになることが決定しました。 また、京都、新大阪間のルートは北回りと南回りのルートが検討されてきましたが、平成29年に南回りルートに決定されました。 地震大国の日本。 太平洋側では東海地震などの発生が懸念されています。 もし東海地方で大きな地震があった場合に東海道新幹線の運航が停止してしまうので、東海道新幹線の代替補完機能を確保するためにも北陸新幹線のルートでの大阪までの全面開通が必要になってきます。 詳しい路線図や北陸新幹線の座席などはJR東日本のサイトから見ることができます。 jreast. html) スポンサーリンク.

次の

新幹線の建設予定と建設中の路線全リスト|新幹線旅行研究所

北陸 新幹線 路線 図

それ以来「長野新幹線」と呼ばれてきたが、3月14日の金沢延伸で正式名称が使用されることになった。 列車と停車駅 北陸新幹線では、4タイプの列車が運行される。 速達タイプの「かがやき」は、東京、大宮、長野、富山、金沢のみに停車(一部は上野にも停車)。 車両と座席 「かがやき」と「はくたか」は、全列車が新型車両「E7系・W7系」で運行される。 先頭1両は最上級座席「グランクラス」専用で、18席が横6列、縦3列(2列+1列)で配置される。 本革のシートには、45度まで傾斜できる電動リクライニング機能のほか、レッグレストや読書灯が付く。 専任アテンダントによる車内サービスが行われ、軽食やドリンク、菓子、アメニティグッズ、新聞・雑誌などが提供される。 グランクラス車両の隣はグリーン車。 2列+2列の座席は、グランクラス同様に電動リクライニングで、レッグレストや読書灯を備えている。 普通車は「あさま」用の「E2系」車両よりも前の座席との間隔が6センチ拡大。 さらに新幹線初の全座席電源コンセント付きで、利便性向上が図られている。 列車内の洋式トイレには洗浄機能付き暖房便座が採用され、車いす対応のトイレと洗面所も設けられる。

次の